ピナイサーラの滝(西表島)

ピナイサーラの滝(ぴないさーらのたき)
沖縄県八重山郡竹富町

ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・直下型
水系・・ヒナイ川
落差・・54m(公)
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★★★☆☆
体力・・・★★☆☆☆
時間・・・入口から90分程(陸路)
ーーーーーーーーーーーーーー
アクセス▼
ピナイサーラの滝は沖縄県でも離島の西表島にあります。
なので那覇空港へ飛んでも行く事はできません (飛行機を乗り継げば行けますが…) 。

西表島への詳しい行き方や宿、車等については▶コチラに記載しています。

ピナイサーラの滝へ行くには・・・、

■カヌー・カヤックのツアーに申し込む
■ヒナイ川の西側から陸路でいく

の2通りあり、ココでは陸路の紹介をします。
陸路はベテラン向けコースで体力がいるので、普通はカヌーを申し込んでガイドさんと一緒に行きます。

カヌーの申し込みはコチラ▼
石垣島、西表島(八重山諸島)のレジャー

陸路でいく場合は、上原港から215号線を少し大原方面へ進むと海部から一旦丘の方へ坂になります。
坂を上ると十字路になっていて、道なりに左側へ行くと大原方面、滝入り口へはまっすぐさらに登っていきます。

その先は道なりにず~っと進んでいくと遊歩道の入り口へたどり着きます。
距離があるのでレンタカーやレンタルバイクを利用した方が良いです。
ちなみに陸路からだとピナイサーラの滝の上流に出るので、滝壺まで行くと帰りに方がしんどいです。


H30.5.23


十字路の終点に入り口と駐車場があります🚘🏍


入り口に入るとすぐ分かれ道ですがすぐに分かります(=゚ω゚)ノ
左は行き止まり✖
その先の建物の奥へと進み、板張りじゃない方へ進みます(‘ω’)
板張りの方は何処に行くのかな(‘ω’)⁇

このあたりは足場がべちゃべちゃで滑りやすいので気を付けて進みましょう!(*‘∀‘)


途中川らしきところを2~3ヵ所越えていきます🏞
この辺りから何て名前か忘れたけど独特の根っこを持つ木がちらほら出てきます👀🌳
山を一つ越えるためそれなりに体力がいります(;´Д`)
不明瞭な個所はありますが、基本1本道なのでまだ分かりやすい方かと思います🌳

登り切ったところで枝に何やラ・ポンポンみたいなのが付いた木があります🌳
ココで分かれ道(=゚ω゚)ノ

左の方へ降りると滝壺方面🌊
まっすぐ進むと滝上方面🗻
まずは滝壺へ向かってまっしぐらでしょう٩( ”ω” )و

道に迷うような感じではありませんが、かなりガッツリ下ります(。-`ω-)
帰りが少しうんざりします(´・ω・)
下りきった先でヒナイ川の河口側からの道と合流します🐾
どっちから来たかちゃんと覚えておきましょう!

ココから上流に向かって進んでいくと、先ほどの平らな根っこの木がだんだん増えてきます🌳
そしてだんだんジャングル感が増してきます(∩´∀`)∩


所々でカヌーが泊めてあったりします🚢
この辺りでもまだ川幅も深さもあります( ゚Д゚)
ピナイサーラの滝らへんから一気に河から沢らしくなります🌊
この辺りまで来たらもう少しです٩( ”ω” )و

 

ピナイサーラの滝▼

かなり大きいです( ゚Д゚)
54m以上あるんじゃないかな~👀⁇
岩壁がまたすごいです⊂⌒~⊃。Д。)⊃


ちなみに滝に打たれることもできますが、近づいていくとどこかのカヌーの人に「危ないですよ!」と注意されてしまった・・・(;´・ω・)
実際メチャクチャ滑るので危ないです⚠



しばらく滝に見惚れていると徐々に人気が無くなってきて私一人に・・・
チャンス⁉✨
今のうちに滝の真下へ行かいでか⁉٩( ”ω” )و
半分直下型になったピナイサーラの滝は途中から霧みたいになって上からも横からも水滴が降り注ぎます🌊⊂⌒~⊃。Д。)⊃




ピナイサーラの滝の上▼

先ほどのポンポンの付いた木まで戻り、今度は滝上の方へと進みます(∩´∀`)∩
滝上へはあそこから少し降りたところにあります🌳

ココからの眺めはまさに絶景です👀🏞
適度に開けて岩場があるので、お弁当を食べるのにも持って来いです(∩´∀`)∩
ただ、雨かと思ったら風に巻き上げれた滝の水滴が少し降っています( ゚Д゚)

ココは割とすんなり来れます🐾
当然手すりなどはありません(;´・ω・)
落ちたらまっすぐ天国へ行けそうです👼

上流側▼
ココからはおとなしい源流といった感じです🌊

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★☆☆
幻想度・・・・★★★★☆
清流度・・・・★★☆☆☆
到達感・・・・★★★★☆

ピナイサーラの滝は沖縄県では最も落差のある滝で、他の滝よりも一際神格化され、特別な滝のようです。
公称落差は54mとなっていますが、もっとありそうに見えます。
滝自体の大きさや水量もさることながら、滝を形成する断層もすごく迫力があります。
大パノラマの様な岩壁がより一層大きく神秘的に見せます。

沖縄県の滝に戻る