ケン渕滝(小木森谷)

ケン渕滝(けんぶちたき)
三重県北牟婁郡紀北町

ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・直瀑
水系・・往古川
落差・・60m(推)
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★★★★☆
体力・・・★★★☆☆
時間・・・入口から120分程(沢登)
ーーーーーーーーーーーーーー
アクセス▼
紀伊半島をぐるりと回る国道42号線、鷲尾の少し北側の船津の手前あたりの往古川の橋から小木森林道へ入ります。
小木森林道は舗装されておらず、途中から非常にデコボコで路面が悪く、車によっては進めないかもしれません。
小木森林道を進んで行くと、右に登りながら180度カーブするところがあり、そこが入り口となります。
カーブミラーが目印です。


H30.7.14


入口となるヘアピンカーブ(=゚ω゚)ノ
曲ったところで駐車やUターンができます🚘🏍
ただ、林道は路面がめっちゃくちゃ悪いので運転は慎重に⚠
場合によっては車はもっと手前でとめて歩いた方が良いかもしれません(´・ω・)

カーブミラーのあたりから川の方へ降りられますが少し踏み跡が不明瞭なので、帰りは迷わないよう注意が必要です(;´・ω・)
降りたところに堰堤がありますが、堰堤の上に降り立ちます(=゚ω゚)ノ

堰堤の上にはでっかい岩?があり、この奥で真砂谷が流れ込んでいます🌊
小木森谷は本流で、この川に沿ってまっすぐです(‘ω’)

最初はこのまままっすぐ川沿いに進んで行きます🐾

しばらく川沿いを進んで行くと川が正面側と左側の二手に分かれます🌊
小木森谷は左側です(=゚ω゚)ノ

正面側には堰堤が見えます👀
本流が90度左に曲がるため一見正面側の流れが本流っぽく見えますが、堰堤を登った先辺りから流れが細くなり消えていきます( ゚Д゚)

左側の本流に入るといきなり越えるのが少し難しい小滝が出てきます(;´Д`)
ココは滝を浴びながら、岩にしがみつき手足を突っ張り越えていきます(。-`ω-)

これを越えると本格的に渓谷らしくなってきます(‘ω’)
この小木森谷は険しい道のりですが、見応えのある名瀑が掛かるため頑張って進みましょう٩( ”ω” )و🐾

小木森谷の水はかなり澄んでいて美しいです🌊✨
そして序盤からこの美しい水面を泳ぐことになります(=゚ω゚)ノ


しばらく進むと、ピョンピョンと脈打つように流れ出すちっちゃい滝があります( *´艸`)
段の上で水面が波打つような動きになっているためです🌊
面白い動きです(*´Д`)


そこから少し進むと、キレイな水面の渕があります( ゚Д゚)✨
その先に右岸 (向かって左側) から40mくらいの支流の滝が流れ込みます(=゚ω゚)ノ


これもなかなか立派な滝です(∩´∀`)∩
名前とかないのかなぁ(´・ω・)⁇
他の場所にあれば名前くらいあったかもしれません🗻



この先もまだまだ美しい渓谷は続きます(=゚ω゚)ノ
小滝もあり気が抜けません🌊


少し行った所で大きめの美しい釜があります✨✨
またまた右岸 (向かって左側) から支流が流れ込み、その先に40m程の中規模の滝があります( ゚Д゚)

ただ、こちらは先程と違って少し入り込まないと見れません👀
巻きも必要なので、体力や時間に余裕があれば見に行くのも良いでしょう🌳

ココまで来ればだいぶ近づいてきてます🐾
もう少し頑張りましょう!٩( ”ω” )و

岩を登った先に大きな釜🌊
そして左側に大きな滝が見えてきます👀✨✨

 

ケン渕滝▼



アッと驚く美しい景観です🏞✨
大きく水量もあり、大きな滝壺が日を浴びて輝いています⊂⌒~⊃。Д。)⊃
くの字に曲がった姿が特徴的なこの滝は、うえに小木森滝がなければ頭になれる器です( *´艸`)



広々とした滝前空間は、滝対岸で休憩できます(∩´∀`)∩
天気が良いと辺りの木々も緑輝き滝を引き立てます🌳🌊🌄

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★★☆
幻想度・・・・★★★☆☆
清流度・・・・★★★★☆
到達感・・・・★★★☆☆

小木森滝の前衛滝で登竜門の様に君臨するこの滝は、清々しい景観とは裏腹にその高さと水量と岩壁で行く手を阻みます。
滝としての規模も大きく、美しい大きな滝壺と逆くの字に曲がった姿が特徴的で、別の谷にあればメインの滝になったであろう素晴らしさです。

ここから▶大渕滝と▶小木森滝へ行くにはこの滝を越える必要があります。
なかなか危険なので心してかかりましょう。

三重県の滝に戻る