中の滝(下多古)

中の滝(なかのたき)
奈良県吉野郡川上村

ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・段瀑、分岐瀑
水系・・吉野川⇒紀の川
落差・・40m(推)
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★★★☆☆
体力・・・★★★☆☆
時間・・・入り口から70分程 (沢登)
ーーーーーーーーーーーーーー
アクセス▼
国道169号線、下多古口から林道へ入りまっすぐ登っていくと駐車場所へ着きます。
林道は細く急な登りやカーブがあるので注意です。
近鉄 大淀駅の奈良交通バスの大淀バスセンターから下多古林道の前までバスが来ていますが本数は少ないです。


H28.6.5


下多古林道入り口▼
国道169号線は、川上村に入ったあたりから下北山村のきなりの湯のあたりまではドライブやツーリング、サイクリングにはもってこいの道路です。

この下多古川沿いの林道をずっと上がって行きます(=゚ω゚)ノ
しばらく登ったら山の神様と、その先に開けた車を止めるスペースが出てきます🚘🏍
駐車場所は結構広いです👀

駐車場所の入り口付近に遊歩道の入り口があります(=゚ω゚)ノ

琵琶の滝まで1㎞🐾
その上流に中の滝はあります🌊
看板があるのですぐに分かると思います👀

クマの看板があるので、きっちりクマ鈴はつけていきましょう❕🐻

遊歩道に入ったらすぐに川へ降りれるポイントがあります(=゚ω゚)ノ
ちなみに遊歩道も川沿いにずっと続いているので、沢登りでなくても滝は見れます👀
無理だと思ったら遊歩道へすぐ出られるので、この下多古コースは、沢登りを始めたばかりの人には打ってつけのコースです٩( ”ω” )و
ちなみに私も沢登りを本格的に始めたのはココが最初です(∩´∀`)∩


川へ降りてしばらく進むと琵琶の滝が出てきます🌊
中の滝はこの少し上流にあるため、途中までの行き方は▶琵琶の滝を参照してください(=゚ω゚)ノ
遊歩道もありますし、そう難しいコースではありません🐾
ちなみに遊歩道から行く場合は滝見小屋から先も遊歩道は続いています🌳

琵琶の滝へたどり着いたら、左側に細い支流の滝が見えます👀
琵琶の滝を左岸 (向かって右側) から越えるのは無理そうなので、そこらへんをよじ登って遊歩道へ出ます(=゚ω゚)ノ

琵琶の滝の上▼
川へ降りたら落ち口まで行けます(´・ω・)

私の様に高いとこが好きな人には最高の絶景です⊂⌒~⊃。Д。)⊃
落ち口周辺は滑ります(;’∀’)
落ちないように気を付けてください⚠

この沢でおそらく最も危険なのが川から直接琵琶の滝を越えるところです(‘ω’)

結構難しい所もあるので、無理だと思ったら引き返して遊歩道へ出ましょう(=゚ω゚)ノ
辿り着く先は同じです🌳

琵琶の滝を越えると山も深くなり、より深い自然の中へと入っていきます🍃

ただ、琵琶の滝を越えてしまえば中の滝まではそんな難しい所はなく、距離も近いのであと一息です٩( ”ω” )و


中の滝▼


特異な形の中の滝が目の前に広がります。
中の滝はちゃんと全景を見るには川へ降りなければなりません。

遊歩道沿いに行けば中の滝の落ち口まで行けます。
遊歩道はこの先も続いており、この谷の核心部へ入ります。
しかし大きな滝はココまです。

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★☆☆
幻想度・・・・★★★☆☆
清流度・・・・★★★☆☆
到達感・・・・★★★☆☆

斜めに入って途中で枝分かれして、また集まって段差になって落ちるという面白い形をした滝でずっと眺めていたくなります。
すぐ下にある琵琶の滝も素晴らしい滝なのでぜひ一緒に見てみてください。

奈良県の滝へ戻る