摺子谷左俣大滝

摺子谷左俣大滝(すりこだにさまたのおおたき)
奈良県吉野郡下北山村

ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・段瀑
水系・・北山川⇒熊野川
落差・・180m(推)
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★★★★☆
体力・・・★★★★☆
時間・・・入り口から50分程(沢登)
ーーーーーーーーーーーーーー
アクセス▼
国道169号線、下北山村のきなりの湯を越えてしばらく進むと三重との県境付近にティーズオンと言うレンタルボートの入り口があります。
橋を渡って169号線がカーブするところに大きめの駐車場と共に出てきます。
このレンタルボートの奥に摺子谷への入り口があります。


H30.9.28


貸しボートへの入り口▼
広い川に掛かる橋と広めの休憩駐車場みたいなのが目印です👀
見落としやすいので地図を見ながらよく確認して進みましょう(=゚ω゚)ノ

貸しボートの方へ入っていき泊まりまで行くと入り口があります🏞
ココからは廃道を歩いて進みます🐾


廃道をしばらく歩いていると木々の間から廃墟となった発電施設が見えます👀⚡
この辺りで道は右に曲がりまたすぐに左に曲がりますが、そこで大きく土砂崩れを起こしています( ゚Д゚)

この土砂崩れの前、左にカーブする手前の所らへんがまだ川に降りやすくなっています🌳
下手に土砂崩れを越えるよりは良いと思います(;´・ω・)

川へ降りたらそのまま摺子谷の方へ進みます(=゚ω゚)ノ
降りたら目の前に橋が架かっているのですぐ分かります👀
しかし普段はこの辺りは完全に伏流しているのですが、強はかなり水量もありそうです🌊

橋をくぐって谷へと入っていきます🐾
すぐに堰があり、その少し先にも堰堤がありますがココは難なく進めると思います(‘ω’)

堰堤を越えた少し先で本流は左へ曲がります(=゚ω゚)ノ
正面から右方面へ伸びるのは支流で、▶右俣大滝へ行く場合はそちらへ入ります🌊
左俣大滝へは本流に従います🐾

本流をしばらく進むと左俣の分岐が現れます👀
この日は増水気味で水が流れていますが、普段はほぼ伏流しているため非常に見落としやすいです(=゚ω゚)ノ

この分岐は右岸 (向かって左側) 側から出合います(‘ω’)
左側に注意しながら進んでいれば、伏流していても明らかに流れがあった形跡があるので分かると思います👀
あとはGPSなどで確認しましょう❕

分岐に入ると傾斜が急にきつくなります🗻
途中で流れは右側に曲がり、そこからさらに傾斜がきつくなります(=゚ω゚)ノ
伏流している場合もその辺りから水が出てき始めます🌊👀


距離はそこまで遠くはありません🌳
頑張って岩を攀じよじ登りましょう٩( ”ω” )و
そして開けた所が見えてきたら見上げるような大滝が見えてきます🌊

 

摺子谷左俣大滝▼


思わずあっと見上げる高さです👀( ゚Д゚)
⊂⌒~⊃。Д。)⊃
さっきまでのゴーロがウソの様な開けた滝前空間です🌊
右俣大滝の方も100m超えの高さですが、高さではこちらの方が上です(∩´∀`)∩






かなり高さのあるこの摺子谷左俣大滝ですが、滝壺は可愛いです( *´艸`)
途中で曲がる感じもそれを作る岩壁も美しいです(∩´∀`)∩

ちなみにこの滝前から見えているのは全部ではありません👀
少し離れてみると上にもう1段あるのが分かります⊂⌒~⊃。Д。)⊃🌊
ココから見えている部分だけでも相当高さがありますが、上の段も合わせたらすごいことになりそうです( *´艸`)
いずれ機会があればあそこまで登ってみたいですね~🐾

ちなみに前回来た時の写真▼
こちらの方が水量は少ないですが移りが良いので載せます(=゚ω゚)ノ

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★★☆
幻想度・・・・★★★★☆
清流度・・・・★★★☆☆
到達感・・・・★★★☆☆

摺子谷は大きな滝が二つありますが、この左俣大滝の方が総落差では上です。
上り詰めていくと、いきなり目の前に出てくる巨瀑に圧倒されます。
間近で見ることができ見上げるほどの高さを感じますが、実はまだその上にも続いているため、相当な高さが伺えます。
左俣に入ってからは傾斜がきつくなりますが、高巻いたりするような箇所はなく比較的難易度は高くはありません。

奈良県の滝に戻る