源助滝(立間戸谷)

源助滝(げんすけたき)
三重県熊野市
ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・段瀑
水系・・熊野川
落差・・30m(推)
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★★★★☆
体力・・・★★★☆☆
時間・・・入り口から40分程(沢登)
ーーーーーーーーーーーーーー
アクセス▼
熊野川 (新宮川) の北岸側にあるため、国道168号線の対岸へ渡る必要があります。
国道168号線と国道169号線が合流するところより少し新宮側へ行った所の、ぐるりと回って渡る三和大橋から熊野川 (新宮川) の北岸の県道740号線に入ります。
三和大橋を渡ったら下流側へ走り、しばらく行ったら低い橋に左側から伏流した川が出てきます。それが源助滝のある立間戸谷の入り口です。


H29.4.23


三和大橋を渡って熊野川を下流側へ走っていくと、徐々に道も細く茂みに入っていき路面も悪くなってきます(´・ω・)
木々に囲まれた道路沿いに入り口があります👀

橋のすぐ横に登山道の入り口があります🗻☀
ココから入渓していきます(=゚ω゚)ノ
水は最初伏流していますがほどなくして水が現れ始めます🌊

しばらく赤テープを頼りに進んでいくと、次第に巨岩帯へと変貌していきます( ゚Д゚)

壮大な岩壁絶壁が広がる爽快な光景です( *´艸`)✨
この辺りからはどんどん川や巨岩を直接登っていきます٩( ”ω” )و


夢中でしばらく登っていると大きめの滝が岩の間から見えてきます✨

どんどん登っていくと、左側から何やら昔思いっきり崩れたであろうかの様なガレ場が出てきます(‘Д’)
この上流へはこれを登っていきますが、とりあえず源助滝へはこれを渡ったらすぐに到達することができます🌊
崩れやすい箇所もあるので注意してください❕

 

源助滝▼

滝壺を囲むようにい岩壁がそそり立ちます( ゚Д゚)

この谷はこの上流にさらに巨大な滝が二つあります🌊
プロはこの源助滝を直登するようですが、ハーケンやピトンがないと草付きだけでは多分登るのは無理です。

先ほどのがけ崩れの跡から上流へ登っていきます(=゚ω゚)ノ
がけ崩れの向かって右側にルートがあります。

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★☆☆
幻想度・・・・★★☆☆☆
清流度・・・・★★★☆☆
到達感・・・・★★★☆☆

水量は多いです。滝壺も深く真下まではいけません。
まるで人口の堰堤かのようなきれいな形です。
滝前は程よく広く休憩するのにもってこいです。

ココまで来たら自上流の二つの大滝を見て帰らないと損です٩( ”ω” )و
屏風滝へ進む
牛鬼滝へ進む

三重県の滝に戻る