田岡谷大滝(北山村)

田岡谷大滝(たおかたにおおたき)
和歌山県東牟婁郡北山村

ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・段瀑、分岐瀑
水系・・北山川⇒熊野川
落差・・50m(推)
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★★★★☆
体力・・・★★☆☆☆
時間・・・入口から45分程(沢登)
ーーーーーーーーーーーーーー
アクセス▼
奈良の五条から和歌山の新宮を結ぶ国道168号線、和歌山の飛び地である北山村の道の駅おくとろの少し西側、169号線が90度カーブするところに掛かる支流が田岡谷です。
入口の手前に2台分くらい車を止めるスペースがあります。


H30.10.3


駐車スペース▼
急カーブするところに微妙に路肩が広くなっている所があります(=゚ω゚)ノ


駐車スペースの対面側、カーブの外側の方に入渓口があります🌳🐾
入口に入り川へ降りたら国道169号線の下らへんに出ます(∩´∀`)∩


谷に入ると早速渓谷らしい感じです🌊
しかし、そのまま川沿いに進んで行くと写真👉の滝に阻まれて進めません(;´・ω・)✖

この滝は少し手前の左岸 (向かって右側) 側から大きく高巻いていきます٩( ”ω” )و

入口から少し進んだ所で、右手に微妙に登れそうな所があります🐾

拡大して見てね(=゚ω゚)ノ

ココへよじ登り、徐々に狭まり斜めになる足場を進んで行きます🐾🌳
これを進んで行くと、ガレの様な土砂の様な崩れた感じの所が出てきます👀


正面は岩壁になるので、川の方へ降りるか崩れた所を登るかのどちらかです(;´Д`)
ココは滑らないように注意しながら崩れた所を登っていきます(=゚ω゚)ノ
川の方へ行くと行き詰ります✖

少し登った所で、左側に上流の方へ寄っていけそうな所が出てくるので、よじ登っていきます🐾
すると非常に草が多くて不明瞭ですが、踏み跡みたいになったところがあるので、それに沿って上流側へ進んで行きます(=゚ω゚)ノ🍃


進んで行くと赤テープも出てきます👀
そして対岸に細い支流の滝が見えます(´・ω・)
この辺りまで来ると川へ降りられます🐾


しかし、ココで降りると今度はこの微妙にヒョングった滝▼に阻まれます(;´・ω・)
コレも左岸 (向かって右側) から越えていきます(=゚ω゚)ノ


上から見るとピョンと跳ねているのが良く見えます( *´艸`)
この滝を越えたら大滝までもうそれほど難しいところはないと思います(∩´∀`)∩


滑りやすい所は多いので足元にはしっかり注意しましょう(=゚ω゚)ノ
ナメの様な細まった少し独特の渓流を直接進んで行きます(∩´∀`)∩


渓流を進んで行くと右側に日当たりの良い開けた所が見えてきます👀☀
そして大滝の音が徐々に響いてきます٩( ”ω” )و

 

田岡谷大滝▼


この日は水量が多いですね~(∩´∀`)∩
普段は何筋にも分かれて静かに流れる滝なのですが、この感じも非常に良いです🌊



何とも気持ちの良い景観です( *´艸`)
いろんなデータでは50mとなっていますが、正直それほど高さはなさそうです👀🌊
しかし、キレイな滝という言葉が非常に当てはまる素晴らしい滝です🌳






滝前は日当たりも良く広々としているので、休憩にはもってこいです(∩´∀`)∩
清々しい景観と美しい流れはいつまでも見ていられます👀✨
⊂⌒~⊃。Д。)⊃

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★☆☆
幻想度・・・・★★★★☆
清流度・・・・★★★☆☆
到達感・・・・★★★☆☆

岩の滑り台を滑り落ちるような独特の流れは非常にキレイで、周りに木々や晴れた空と非常によく合います。
やさしく落ち着いた流れで、正に癒し系の滝です。
最初の滝を越えるところは危険ですが、それさえ越えてしまえば難易度は低く距離もそれほどないため、沢登りになれた人であれば比較的到達はしやすいと思います。

和歌山県の滝に戻る