赤滝(上)(十津川)

赤滝(あかたき)
奈良県吉野郡十津川村

ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・分岐瀑
水系・・十津川⇒熊野川
落差・・50m(推)
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★★☆☆☆
体力・・・★★★☆☆
時間・・・駐車場所から1時間程
ーーーーーーーーーーーーーー
アクセス▼
国道168号線を旭ダム方面の林道へ曲がりまっすぐ進んでいきます。結構距離があります。
旭ダムを越えてしばらく走ると、少し路面がきれいになり開けた感じのところで釈迦ヶ岳の登山道へ登っていく道と、左側へ下る分岐があります。

それを下り川の方へ出ますが、分岐に入ってすぐ路面がでっこぼっこで車両は通行困難なので開けたところのどこかに駐車します。


H30.3.25


少し開けた釈迦ヶ岳登山口方面との分岐点▼
車を止めれそうなスペースは十分にあります。

これを左側の方を下っていくと川へ出ます。
この先少し行った所で路面が崩壊している上にUターンのスペースはないので、ここで車はおります🚘🏍

相変わらず放棄された感がすごい道です( ゚Д゚)
以前来た時よりも荒れてる感じがします👀🍂

30分~40分ほど歩くと中の川へ渡る恐怖の吊り橋が出てきます(;´Д`)
いつ見ても恐ろしいですが、遂にバリケードが張られています⚠
この対岸の出会い滝の上流には▶地獄滝や▶極楽滝をはじめ、いくつかの名瀑がかかります🌊

そしてこの恐怖の吊り橋を過ぎたあたりから道の荒廃具合がかなり増してきます(;´・ω・)
崩れた箇所もですが、倒木の数が相当多く狭い隙間を縫って進まなければなりません🌳🌳

こんな所にも大きめの堰堤があります👀
この道は昔これを築くために整備されたのかな?
それにしてもよくこんな所に造ったものです(;’∀’)

林道を走っている途中でダムがあります🌊
あれを造る時に出来たのでしょうか・・・

どちらにせよこの道はそれ以来完全に放置何でしょうな~

 

赤滝(上)▼

荒廃しきった足場のむっちゃくちゃ悪い道をひたすら進んでいくと、突如大きな滝が右側に現れます👀🌊✨
高さもありますが幅もかなりあるので大パノラマのようです。


赤みがかった岩肌を幾重にも分岐して複雑に流れ落ちます(‘Д’)
まるでがけ崩れに水が根枯れているような感じです( *´艸`)
滝壺という滝壺はなく、落ちてきた水はそのまま道を流れさらに川の方へと流れていきます。






ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★☆☆
幻想度・・・・★★★☆☆
清流度・・・・★★★☆☆
到達感・・・・★★☆☆☆

道沿いにいきなり現れるので一瞬あっけにとられますが、すぐにこの滝の出立にテンションが上がります↺
何本にも分岐している分、流れは優しいですが高さが結構あるので迫力はあります。
名前通り赤みがかった岩壁がベースで、形も相まってなかなかインパクトの強い滝です。

ちなみにこの先で川へ降りれます。降りた先には▶南谷滝があります。

奈良県の滝に戻る