金引の滝

金引の滝(かねひきのたき)
京都府宮津市

ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・分岐瀑、段瀑
水系・・大手川
落差・・30m(公)
日本の滝100選
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★☆☆☆☆
体力・・・★☆☆☆☆
時間・・・入り口からすぐ
ーーーーーーーーーーーーーー
アクセス▼
県道9号線から宮津高校の南角を曲がります。
あとは看板が出ているのでその通りに行くのみです。

宮津駅等からバスも出ているようです。
丹海バス・・・上宮津線(金引の滝口 停留所下車)


H27.10.11


宮津駅▼

車やバイク以外だとココからバスか歩くかになります🚌
バスは本数が少ないですが、歩きは歩きで結構かかります(;´Д`)
私は歩くのはかなり早い方ですが30分くらいかかったと思います🐾
歩くのが好きな人にはちょうど良いかもしれませんが、真夏などは堪えるでしょう。

宮津高校の横を曲ったあたりから案内が出てきます▼


案内はほとんど道が分岐するごとにあるので、見逃さない限りは迷うことはないと思います👀

車で来る場合は、道が結構細いので注意が必要ですが、金引の滝の入り口のすぐそばまで来れます🚘🏍
滝も入り口に入ってちょっとの所にあります👀
金引の滝入り口▼


入り口を入るとすぐに二つほど小さい滝があります🌊
その奥へ登っていくと、お待ちかね日本の滝100選、金引の滝です٩( ”ω” )و

 

金引の滝▼



ちなみに見えているこの丸っこいのは金引の滝の一番下の部分で、写真では分かりにくいですが結構上の方まで滝自体は続いています🌊
上手くすれば多分登れます🌳

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★☆☆☆☆
幻想度・・・・★★☆☆☆
清流度・・・・★★☆☆☆
到達感・・・・★☆☆☆☆

この滝の独特の丸っこい形は他にはあまり見ない面白い形と言えます。
この丸っこい部分の上に上段の滝があります。

滝の感じと滝壺の砂の感じが非常に特徴的で妙に幻想的な雰囲気を帯びており、不思議と居心地の良い空間を作っています。
京都府内で唯一日本の滝100選になった滝です。

車だとココから天橋立へもすぐに行けます。

京都府の滝に戻る