奥香肌峡・蓮ダム(櫛田川)

奥香肌峡(おくかはだきょう)
蓮ダム(はちすだむ)
三重県 松阪市

基本データ▼
・ダム
・湖
・渓谷
・櫛田川水系
🏆日本の秘境百選

・撮影時期・・・春

目次
|▶アクセス・行き方
|▶蓮ダム
|▶奥香肌湖
|▶蓮八滝
|▶奥香肌峡の名瀑群
|▶桜の名所 松阪R166
|▶Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

R2.4.5

 


行き方・アクセス▼

奥香肌峡及び蓮ダムは三重県松阪市の内陸部、関西の避暑地 台高山脈の北部の東側の麓に位置します📍

主に明神平系、池小屋山系、迷岳系からの流れが集まり蓮川を形成し、蓮ダムによって奥香肌湖が形成されます🌊

日本の秘境百選に選ばれていますが、水は美しく木々はや山々は深く、正に秘境と呼べる美しい自然の景観を持っています🏔
ちなみに実はなかなかの桜の名所でもあります🌸

 

奥香肌峡は山間に位置する秘境ではありますが、都心からの距離以外の観点で見れば案外アクセスはしやすいです(=゚ω゚)ノ

国道166号線、高見山の東側の櫛田川に名倉川が合流する所から三重県道569号線 (蓮峡線) が分岐しているので、それを進んで行くだけです🐾

国道166号線は、大阪の羽曳野から奈良の高田、桜井、宇陀南部を通り、台高山脈北部の高見の郷を通り松阪市内へとつながる道路です🛣

なんせ付近に全く高速道路等が無いので、まずは国道166号線へ出ましょう(=゚ω゚)ノ
ちなみに名倉川は蓮川の下流に流れる川で、蓮川もこれに合流します🌊

 

ーーーーーーー

公共交通機関は、JR紀勢本線 松阪駅から三重交通バスが近くまで出ています🚌
最寄りバス停は宇藤木停留所で、蓮ダム展望所まで約1.5km、蓮ダム下まで約2km程で、徒歩だいたい30分~40分くらいだと思います🚏

松阪市のコミュニティバスも県道569号線の入口まで来ていますが、こちらは松阪駅までは乗り換えが必要です🐾

JR紀勢本線 時刻表
・・・和歌山駅~亀山駅
・・・(松阪駅下車)

 

三重交通HP
👉路線バス
・・・松阪管内 飯南波瀬線
・・・(宇藤木下車)

松阪市HP
👉くらし・コミュニティ交通
・・・飯南波瀬・森コミュニティバス
・・・(森診療所下車)

 

 


蓮ダム▼

国道166号線から県道569号線へ入るところには、ガソリンスタンドがあり (閉店しなければ) 、信号のないT字交差点になっています👀

交差点には東屋があり、その先に櫛田川を渡る鉄橋があります(‘ω’)
案内もあったと思いますが特徴を知っていればすぐ分かります(=゚ω゚)ノ

東屋からは櫛田川に名倉川が合流するのが見えます🌊
また、奥香肌峡の全体案内図の看板も立っています(∩´∀`)∩

 

県道569号線は進んで行くにつれ急傾斜の山々がどんどん姿を現します🏔
ちなみに県道569号線はそのまま蓮ダムの北岸を通り、さらにその奥の蓮川沿いまで続いています🐾

蓮ダムへ向かう途中で、川沿いの方へ道が分岐します📍
そのまま登って行くと蓮ダム展望台および奥香肌峡最深部へ(=゚ω゚)ノ
分岐を降りていくと蓮ダム下正面へ出ます🐾

 

ーーーーーーー

蓮ダム展望台▼

県道569号線をそのまま進んで行くと蓮ダムの上へと出ます(=゚ω゚)ノ
ココには駐車スペース、お手洗い、自動販売機などもあり、観光と休憩の両方のポイント要素を持っています🅿


蓮ダムは特定多目的ダムで、調節や利水、発電などの色んな機能を持ち、主に南勢や志摩への給水をしているそうです💧
そしてダムの上を渡ることもできます(*‘∀‘)✨



ダムを渡ると奥香肌湖の南岸を通り、まっすぐ県道を進むと奥香肌湖の北岸を通り、どちらも蓮川の源流部へと続いて行きます🐾
南岸の林道は最終的には北岸に渡り道は合流します🌳

 



蓮ダムの下流側は迷岳系の山々が高々と並びます🏔
ダムの横には蓮ダム管理所と展望台があります👀

展望台からの眺めは最高です(∩´∀`)∩
では登ってみましょう❕



階段の途中の時点でずいぶん視界が開けて眺めが良くなってきます👀✨
下流側もこうして俯瞰すると、すごく谷になってるのが分かります🌳

そして展望台▼
蓮ダムは観光も目的に入っているようなので、道路等の整備も行き届いててきれいです(‘ω’)

 

ーーーーーーー

蓮ダム下・正面▼

一方先ほどの分岐を左側へ降りて川沿いを進んで行くと、蓮ダムの下へ出ます🐾
上から見るのとまた違いますね~( ゚Д゚)

蓮ダムの前には吊り橋があります🐾
吊り橋を渡った先は登山道になっており、急傾斜を登り正面の山を越えて裏側の布引谷へと出ます🌳



道は蓮ダムの手前で行き止まりとなります✖
この辺りも桜が並んでいます🌸
白っぽい色味のソメイヨシノは4月頭頃、ピンク色の濃い小さめの木の方の桜は3月終盤頃が見頃👀

 

ーーーーーーー

 

 


奥香肌湖▼

ココからは観光ではなく秘境の奥香肌峡です٩( ”ω” )و🍃
ダムからの眺望だけでも十分見応えはありますが、せっかくここまで来たので奥香肌湖を回ってみましょう🐾



蓮ダムの所から正面に山 (入道ヶ塚) が湖のど真ん中に見えます👀
あそこで南側 (左側) の蓮川と、北側 (右側) の青田川に分かれます🌊
北岸の県道569号線からだと途中の分岐で青田川沿いに進み、飯高 栃谷で国道166号線へ出ます(=゚ω゚)ノ

 

ーーーーーーー

花見の名所 津本公園▼

奥香肌湖南岸、蓮ダムを渡った先の林道を進んで行くと、春には桜まみれの津本公園が現れます🌸
人のいない早朝に行ってみます(=゚ω゚)ノ


ちなみにですが、蓮ダムまでは整備の行き届いていた道路も、ダムより奥は徐々に路面が荒れてきます(;´・ω・)
特に南岸の方の道路はダムを渡ってトンネルを抜けた先すぐから路面が悪く、車同士のすれ違いもポイントポイントでしかできないので注意しましょう

 

ーーーーーーー

三重県道569号線 (蓮峡線) ▼


北岸の県道569号線の方はまだしばらくそれほど路面も悪くはなく、基本的に眺望が開けているのもこちらの方です👀
北岸側からは南岸からの支谷の姿も所々に見られます🍃

徐々に蓮ダムから離れていきます(‘Д’)
少し進んだところで津本公園が対岸側から見えます🌸
基本的に奥香肌湖沿いに点々と桜の姿は見えますが、奥の方へ行くにつれて桜の姿は見えなくなっていきます🌳


山々に囲まれた湖の姿はどの位置から見ても美しく、ぶっちゃげ桜の時期に限らず非常にキレイな眺望が楽しめます(∩´∀`)∩
蓮ダムから少し奥に入れば、すでにそこには秘境と呼べる景観が広がります🏔

 

しばらく進んだところで湖が二手に分かれます👀
そして県道569号線は、青田川側の湖に掛かる辻堂橋へと曲ります(=゚ω゚)ノ
橋を渡らず真っすぐ進むと国道166号線の方へ続きます🐾


橋を渡ってそのまま蓮川沿いを進んで行くと徐々に湖の幅は狭まっていき、しだいに奥香肌湖が終わり川となります( ゚Д゚)
水深も浅くなり底が近づいたこの辺りの水の色はとてもキレイです✨✨


 

ちなみに南岸からの林道はこの辺りで県道569号線へ合流し、その先で舗装がなくなりヌタハラ谷の辺りで車両通行止めとなります🌳

 

 


蓮八滝▼

奥香肌湖沿いには色んな支谷がありますが、その中でも道路沿いですぐに見ることのできる滝があります(=゚ω゚)ノ
それが蓮八滝で、名前通り八つの小滝です🌊

 

萌芽の滝 (一の滝) ▼



蓮ダムを渡って少し進んだところにある一の滝(=゚ω゚)ノ
結構高さもあり、八滝の中では最も迫力があるかと🌊
ただ流れは弱いので天候状況などによっては涸れるかも…

 

枯淡の滝 (二の滝) ▼



こちらもなかなか見応えあり🌊
一の滝と二の滝は共に見やすい所に掛かり、車で走っていてもすぐ分かります👀

 

紅蓮の滝 (三の滝) ▼



細い流れが特徴的な三の滝💧
高さはそこそこあります🌳

 

胡蝶の滝 (四の滝) ▼



この四の滝がおそらく八滝で最も大きい滝だと思いますが、道路からちょっと入り込まないと見えません(´・ω・)
しかし入り込んだ先は少々危険なので無理しないように⚠

 

屏風の滝 (五の滝) ▼


この辺りまで来ると湖の幅が少し狭まってきているのに気づきます👀
グニャグニャと走って行くと四角い岩壁に今にも消えてしまいそうな屏風の滝が掛かります🍃
よく見てないと見逃してしまいそうです(;´・ω・)

 

郷関の滝 (六の滝) ▼



蓮川はもはやダム湖は終わり川となっています🌊
ココまで来るとずいぶん奥まで来た感があります🌳

そして山手側の少し奥の方で郷関の滝が流れています(‘Д’)

 

蓮の滝 (七の滝) ▼



六の滝から少し進んだところで南岸の林道は終了し、川を渡って県道569号線へ合流するので、下流側、蓮ダム方面へ折り返します🐾

蓮の滝という「蓮」の名を冠した滝ですが、残念ながらかなり見えにくい所に掛かります(;´Д`)

 

清瀬の滝 (八の滝) ▼



そして最後の清瀬の滝🌊
やや奥まっていますが、静かなせせらぎ感のある良い雰囲気の滝です🍃

 

1の滝~6の滝までは蓮川南岸、7の滝と8の滝は蓮川北岸に掛かります🌊
案内看板などにも場所と名前は記載されています📍
良かったら探してみてね(∩´∀`)∩

 

 


奥香肌峡の名瀑群▼

奥香肌峡の支谷には素晴らしい名瀑が掛かり、熊野川流域や大杉谷と並び、三重の名瀑地帯となっています🌊
全国的に見てもココは滝と沢登りの聖地です🐾

その名瀑たちの一端を紹介したいと思います(∩´∀`)∩

ただし、これらの滝への到達には非常に危険を伴う箇所もあります (遭難死亡事故の例もあり) ⚠
最低でも登山や沢登にある程度精通していることが入渓の条件です⚠
間違っても観光気分で支谷には入らないようにしましょう❕


布引滝

(布引谷)

五ヶ所滝

(絵馬小屋谷)

風折の滝

(宮ノ谷 風折谷)

高滝

(宮ノ谷)

猫滝

(宮ノ谷)

夫婦滝

(ヌタハラ谷)

布引滝は総落差210mでおそらく三重県最大🌊
五ヶ所滝はおそらく三重県の滝で最も奇怪👀
他に滝も個性のある素晴らしい名瀑です🌳

三重県の滝 一覧

 

 


桜の名所 松阪R166▼

さて変わってコチラはルンルン観光目的です(∩´∀`)∩
蓮ダム周辺や県道569号線沿いも桜がすごいのですが、この国道166号線も櫛田川上流付近~高見の郷周辺まで桜がすごいです🌸

奥香肌峡からは外れますが、紹介しないのも勿体ないので見てみたいと思います👀
目移りするので運転には集中しましょう🚘🏍

 



桜の木はけっこうな大きさのものもあり、白っぽい奴からやたら色の濃い奴まで様々生息しています🌳
個体によって満開の時期が1週間くらいズレがありますが、4月頭頃がほぼ満開で見頃です🌸





 

ーーーーーーー

ちなみに生息しているのは桜だけではありません(=゚ω゚)ノ
コチラの花桃も素晴らしく、思わず目が行ってしまいます( ゚Д゚)




同じ木に二色の花が咲いています(*‘∀‘)
白っぽいのだけ赤っぽいのだけの花もあれば、色が混合している花もあります✨

その麓にはかわいい芝桜が👀
ちなみにココ飲食店の横なのですが、お店の人が育ててるのかな(´・ω・)❓

 

ーーーーーーー

ツバキなど他にもいろんな花が咲いている場所もあります🌺
春はホントに花の季節ですね~(∩´∀`)∩



 

ーーーーーーー

綺麗でルートも整った観光的要素の強い蓮ダム🌊
秘境で深くまで踏み込めば難易度の高いレジャーもある奥香肌峡🍃
景観がとても良く心地の良い場所であると共に、色んな楽しみ方ができる場所でもあります(∩´∀`)∩
桜の名所であり夏には水と緑が美しく、秋には色付いた木々に冬には雪をかぶった山々と、四季折々の姿も楽しめます🌳

 

 


Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

ーーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

 

TOPに戻る

千手ヶ浜(日光)

千手ヶ浜(せんじゅがはま)
栃木県 日光市

基本データ▼
ーーーーーーーーーーーーーー
区分・・・湖畔・公園

危険・・・★★☆☆☆
体力・・・★★☆☆☆
時間・・・遊歩道入口から60分程
ーーーーーーーーーーーーーー
完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的にハイペースで進んだ場合に基づいています。

目次
|▶行き方・場所・アクセス
|▶遊歩道
|▶千手ヶ浜
|▶奥日光の温泉・ホテル
|▶Information

R1.12.31

 


行き方・場所・アクセス▼

千手ヶ浜は奥日光の中禅寺湖の西端の湖畔の浜辺の事を指します📍
先に述べますが、乗用車では行くことはできません✖

中禅寺湖の中でもひときわ秘境感の強いこの場所には、戦場ヶ原・三本松園地の手前の赤沼から出ている低公害バスに乗るか、竜頭の滝入口菖蒲ヶ浜から遊歩道を通る必要があります(=゚ω゚)ノ

赤沼と菖蒲ヶ浜はどちらとも駐車場およびバス停があるので、そこまでは車や公共交通機関で来ることができます🐾

ただし赤沼からの低公害バスは冬季はでておらず、前者のルートは4月終わり頃~11月頃までのみになります📅

 

ーーーーーーー

の場合、基本的に入り口までは宇都宮・日光駅から東照宮の南側の神橋まで伸びる国道119号線、神橋交差点を左折し清滝方面へ伸びる国道120・122号線に変わります🛣

そこから細尾大谷橋で足尾方面へ伸びる国道122号線と分岐し、そのままいろは坂を登って奥日光へ伸びる国道120号線を通ることになります(=゚ω゚)ノ

また、遠方からの場合は東北自動車道宇都宮I.C日光宇都宮道路へ入り終点の清滝I.Cで降りると、いろは坂の少し手前、国道120号線に直接出ます🚘🏍

いろは坂を登ったらそのまま国道120号線をまっすぐ進み、竜頭の滝入口か赤沼まで行きます🐾

 

ーーーーーーー

公共交通機関東武日光駅・JR日光駅から東武バス湯元温泉行のバスに乗り、竜頭の滝入口赤沼で降ります🚌
中禅寺温泉止まりのバスは竜頭の滝入口および赤沼までは来ないので注意⚠

赤沼ルートの場合は、赤沼停留所で低公害バスに乗り換え千手ヶ浜停留所まで行きます🚍

ぶっちゃげバスが使える時期なら、時間さえ見合わせておけば割と簡単に行くことができると思います(‘ω’)

東武バス 時刻表
👉日光エリア
・・・湯元温泉・中禅寺温泉方面行
・・・(竜頭の滝入口下車 or 赤沼乗換)

日光交通 小田代原低公害バス
・・・(千手ヶ浜下車)

 

 


遊歩道▼

この日は大晦日です🌛
当然低公害バスは出ていないため遊歩道を歩きます🐾

夜明けの朝日が正面に見える男体山に反射してすごくいい感じです٩( ”ω” )و

冒頭に述べた通り、まずは竜頭の滝入口までバスで向かいます🚍▼:
竜頭の滝入口の向かいにはまっすぐ遊歩道へ続く道が分岐し🐾▼:

 



そのまま日光山荘や竜頭山荘などの建物を横目に通り過ぎていくと、千手ヶ浜へ続く中禅寺湖の遊歩道の案内看板が出てくるので、それに従い道路から右手に入っていきます🌳


空地のようなところから奥に遊歩道が続いています👀
幅がやや狭く手摺のない箇所も多いので注意しましょう⚠
陽が出だすと中禅寺湖に反射してすごく良い光景です🌅

 

ーーーーーーー

基本的に遊歩道は1本道で中禅寺湖沿いにひたすら進んで行くだけなので、分かりやすいと言えば分かりやすいですが、道幅の細い所も多いので気を付けましょう🍂


途中途中に木の隙間がやや開けて日が差したり中禅寺湖がきれいに映るポイントや、おもむろに中禅寺湖のビューポイントになっている所があります📍
思わず足を止めてしまいますね( *´艸`)

午前8時半ごろ⌚
日もだいぶ昇り遊歩道も随分明るくなってきました👀
湖側が開けると何度見ても飽きないほど美しい光景です✨✨


基本的にすぐ下に水面が見えるくらいに湖沿いなのですが、中盤から少し湖から中に入り込んだ個所が出てきます🌳


そういった箇所はやや不明瞭なところもあるので、踏み跡や案内看板などをよく確かめましょう🐾
しばらく行くとまた湖畔へ出て素晴らしい湖の情景が広がります✨✨

 

ーーーーーーー


さてさて美しい水面とそこに映る太陽を堪能したら、遊歩道も後半戦に差し掛かってきます٩( ”ω” )و
ひたすら遊歩道を進んで行きます🐾


水面から少し離れた高い位置を通るのが多い前半とは違って、後半は湖に近い湖畔沿いを通ることが増えます🌊
その分シャッターチャンスも増えますが、気が付くと対岸が少し近づいていきています(‘Д’)


途中でこの遊歩道の唯一の分岐、高山へと昇っていく分岐があります🌳
ココを越えるとラストスパート٩( ”ω” )و
途中で正面に開けた湖畔 (千手ヶ浜) が確認できます👀



 

 


千手ヶ浜▼

素晴らしき千手ヶ浜の眺望(∩´∀`)∩
雪だらけで早朝で誰もいませんが、この雪景色がたまらなく良いです⊂⌒~⊃。Д。)⊃
正面にきれいに見える男体山がすごくいいです✨✨

この男体山ですが、中禅寺温泉から見た時と大きさがそれほど変わりません👀
距離が変わってもそれほど見た目に大きさが変わらないほど大きいという事ですね( ゚Д゚)✨

そのまま湖畔沿いを進んだら仙人庵や黒檜岳登山口があり、そこからさらに中禅寺湖南側の遊歩道を経て中禅寺温泉の方へと周回します🐾

まっさらな踏み跡のない、真っ白の湖畔(*‘∀‘)✨
雪の少ない地方に住む人なら寒いけどずっと眺めていられます⛄


千手ヶ浜遊覧船乗り場に乗船券売り場がありますが、当然この日は冬季閉鎖中でやっていません(´・ω・)
そのうち暖かい時期に来ることがあれば乗ってみたいですね~🚢

 

ーーーーーーー

ちなみにココから山側へ道が続いています🐾
そちらを進んで行くと小田代原低公害バスはの千手ヶ浜バス停方面へ🚏


さらに進んで行くと奥日光自然の家や西の子入り口などがあり、究極言えば赤沼や小田代原、戦場ヶ原や湯滝の方まで続いています🛣

 

ーーーーーーー

中禅寺湖の西端の千手ヶ浜は、秘境感満載で遊歩道の時点でも見所と言える箇所が多いです(=゚ω゚)ノ
どっしりとそびえる男体山に水面に反射する太陽の光、素晴らしい景色が広がります✨✨
自然あふれる場所なので、この時期に関わらず他のいろんな季節にでも楽しめそうですね🌺🍂
ちなみに赤沼からは自家用車等が進入禁止で歩きや自転車なら通行可能みたいですが、歩くのであれば竜頭の滝の所から入る遊歩道が最も早いでしょう🐾

 

 


奥日光の温泉・ホテル▼

千手ヶ浜も奥日光地区に属し、遊歩道入口や赤沼まで戻ってきたら湯元温泉や中禅寺温泉はすぐに出れるでしょう🐾
遊歩道歩きで疲れた所に温泉や美味しい料理は至福の時ですね(∩´∀`)∩



画像はリンク先からの引用です。時期や提携状況によっては画像の宿がない場合もありますのでご了承ください。

 

ーーーーーーーー

おすすめホテル予約サイト▼

☆Hotels.com☆~世界最大級のホテル予約サイト
「一休.com」~心に贅沢させよう
「ゆこゆこネット」~日本の温泉はゆこゆこで

 

ーーーーーーーー

飲食店予約サイト▼

「ぐるなび」~宴会 グルメ情報検索・レストラン予約
「ホットペッパーグルメ」~飲食店ネット予約
「一休」~レストラン予約プログラム

 

ーーーーーーーー

その他ツアー等▼

「asoview!(アソビュー)」~遊び予約・レジャーチケット

 

 


Information

ページ先頭へ戻る

 

TOPに戻る

古座川逆行記

古座川町の観光・ぶらり旅
神秘の清流・古座川を逆行しながら古座川町の見所を紹介!!
和歌山 南紀の異質な自然景観、日本屈指の特異なぶらり旅スポット!

 

古座川町は、ぶっちゃげるなら決して都会ではなく田舎ですw🌳

都市部の様な夜景や人口造形物、リゾート地のようなテーマパークなどこそありませんが、代わりに素晴らしい大自然が満喫できます(=゚ω゚)ノ

静かに自然の造形物を見て回りたい、自分探しがしたい、大自然に触れてみたい、そんな願望をおそらくは叶えてくれるであろう地です🐾

 

古座川町のインフラや宅地は基本的に古座川流域沿いに沿っており、見どころとなるポイントも基本的にはその近辺に存在しています📍

古座川は河口から源流部までそれほど距離はなく、半日ほどあれば車で行って帰ってこれるでしょう (全部見て回るとなると多分一日では足りないですが…) 。🚘🏍

そんなわけで、ココではその古座川を逆行しながら見所・観光などを紹介したいと思います٩( ”ω” )و

基本データ▼
・二級河川
🏆日本の秘境百選

目次
|▶1.古座川河口付近 高池
|▶2.下流部中腹
|▶3.国道371号線
|▶4.上流部・源流部
|▶information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

 


1.古座川河口付近 高池▼

古座川は河口を渡る国道42号線から、右岸側 左岸側 両方共から入れます🐾
右岸側に和歌山県道38号線 (すさみ古座線) が走り、七川まで古座川沿いに伸びる古座川町に主要道路となります🛣

古座川河口▼

最下流付近でも水は日を浴びて蒼く光ります🌊
河口に掛かる国道42号線は赤い橋が特徴👀

河口からまっすぐ海側を見ると、紀伊大島が正面に見えています🌳

 

右岸側にあるJR古座駅👉
電車で来る場合、古座川町の玄関となる駅です🚋
ただし、ココの住所はまだ串本町になります📍

古座川沿いへは右岸からでも左岸からでも入れますが、少し遡ったところで左岸へ渡ることになります🐾

 

左岸側、和歌山県道228号線へ入りJRの線路をくぐると古座川町に入ります📍

この辺りは古座川の右岸側は串本町、左岸側は古座川町になっています👀

古座川町の町はこの河口付近に集約されており、役場等もこの河口付近に位置しています(=゚ω゚)ノ

この辺りの住所は高池になります📍

 

 

古座川沿いへは県道228号線をまっすぐ進みますが、役場の所の分岐を曲ると高池の虫食い岩へたどり着きます🐾

 

高池の虫食い岩▼

古座川の奇岩の一つ、虫食い岩( ゚Д゚)
道の駅も併設された古座川の名所です(∩´∀`)∩


高池の虫食い岩
詳細はコチラ

 

 

この少し先で県道38号線が左岸側に渡り、川は西側へ大きく曲がります🌊
川が曲った先、この辺りからすでに古座川弧状岩脈の岩々の姿がチラホラ見受けられます( ゚Д゚)

 

 


2.古座川下流部中腹▼

ココからは、しばらく古座川沿いの県道38号線 (すさみ古座線) をずっと進んで行きます🚘🏍

勝手に下流部 中腹としていますが、ココでは古座川が西へ曲がり、右岸も左岸も古座川町になった地点から国道371号線が合流する所までを見ていきたいと思います(=゚ω゚)ノ

ちょうど真ん中あたりで古座川の支流、小川が分岐しています🌊
そちらの方も少し見てみたいと思います🐾

 

 

まずは小川が分岐するまでの前半(=゚ω゚)ノ
この辺りは川沿いに民家や会社などがまだ点々としており、田舎町と言った印象👀

この辺りではカヌーを楽しんでいる人が見かけられる他、山なのか岩なのと言うような山?の姿が見られます⛰


巨大な岩山のすぐ横に流れるエメラルド色の古座川▲
この辺りはカヌー・カヤックを体験するには確かに良さそうですね( *´艸`)

地図を見てるとそれらの施設なども出てくるので二つほど挙げておきます📍
古座川アドベンチャー倶楽部
古座観光協会

 

 

しばらく進んで行くと、古座川と小川が分岐します(=゚ω゚)ノ
道路は県道43号線 (那智勝浦古座川線) が小川沿いに伸びます🚘🏍
その先には中津谷の滝滝の拝などがあります🐾

川の分岐点は朝陽が当たると非常にキレイです


この辺りまで来るとずいぶん建物が無くなり、所々で秘境感ろ感じさせる所も出てきます🍃
明神橋を渡って北側が小川沿いの県道43号線、南側が古座川本流沿いの県道38号線になります(‘ω’)

中津谷の滝▼


小川の支流に掛かる3段の滝🌊
詳細はコチラ

滝の拝▼


道の駅併設の小川本流に掛かる滝🌊
詳細はコチラ

 

 

小川との分岐を越えさらに古座川を逆行して行くと、今度は上流に向かって右側にもう一つの奇岩、牡丹岩が出てきます📍

牡丹岩は虫食い岩と違い道の駅などはなく、少し意識していないと見逃してしまうかもしれません(´・ω・)

 

牡丹岩▼

古座川弧状岩脈の奇岩の一つ、牡丹岩👀
虫食い岩と少し似ていますが、岩の浸食部分の上部の方が牡丹の花のように見えるのだとか🌺


牡丹岩
詳細はコチラ

 

牡丹岩を過ぎて少し進んだところで、南側から国道371号線が合流してきます📍
そこからは県道38号線と国道371号線がしばらく重なります🛣

 

 


3.国道371号線▼

古座川を渡り国道371号線が合流すると、そこから古座川はグニャグニャと蛇行するように流れます🐍

国道371号線はココから七川貯水池のところまで県道38号線と重なります🛣

集落や建物も点々と存在していますが、この辺りからは古座川らしさがどんどん出てきます👀

 

 

ちなみに国道371号線を南側 (国道42号線側) へ少し下り、折り返すように合流する林道を少し進んだところに吐生の滝があります🌊

 

吐生の滝▼

だいたい涸れてますが、増水している時なら見応えがありそうです👀

 

 

さてでは古座川沿いに上流へ進んで行きましょう٩( ”ω” )و🐾

トンネルを2つほど抜けて、まず現れるのが古座川の一枚岩です👀
日本有数の巨大な一枚岩で、道の駅の他、川辺の広場の一枚岩キャンプ場などもあります⛺

巨大な岩が道路沿いにそびえ立ち、道の駅からダイレクトの見れるため、古座川の観光スポットの中でも訪れやすく有名なスポットです📍

 

古座川の一枚岩▼

古座川流域でも人気のスポットなのですが、駐車場はそれほど広くありません(´・ω・)
ただ非常に雰囲気は良く、南紀の観光でもおすすめのスポットです(*‘∀‘)


古座川の一枚岩
詳細はコチラ

 

 

古座川の一枚岩を過ぎてトンネルを抜けると、今度は右岸側すぐに天誅岩が見えます( ゚Д゚)

天誅岩は道の駅などはなくポツンと存在しているだけですが、コレも非常に大きいので普通に目が行きます👀 (わき見運転注意⚠)

駐車スペースはあるので、写真を撮る際はいったん停車しましょう❕

ちなみにこの辺まで来ると水の色も美しいです✨

 

天誅岩▼

道路沿い、古座川の対岸に大きく張り出し、通るものの目に映ります👀

 

 

天誅岩を過ぎてしばらくは川沿いをずっと走っていきます🚘🏍
所々に秘境らしい風景が広がります🌳

だいぶ遡ってきたようで、この辺りは実はまだ古座川全体の半分までも来ていません(´・ω・)

 

 

七川ダム▼

しばらく上流側へ向かって遡っていくと、七川ダムが出てきます(=゚ω゚)ノ
規模は小さいダムですが、雰囲気はあります🌲

写真:▲から少し上流側へ向かって道路を進んで行くと、七川ダム湖が目の前に広がります👀✨

 

 

七川ダム湖の上に国道371号線及び県道38号線の橋が掛かります(=゚ω゚)ノ
川もここで古座川本流と平井川に分かれます🌊

橋を渡った先で国道371号線と県道38号線は再び分かれ、それぞれ紀伊田辺、すさみ町方面と向かいますが、古座川本流沿いは橋を渡らずに手前の和歌山県道229号線 (古座川熊野川線) へ入ります🐾

 

 


4.上流部・源流部▼

七川ダムを過ぎると、どんどん山深く入っていきます🐾
しばらくは点々と民家などの建物もありますが、一層秘境感が増してきます🍃

しばらくそのまま県道229号線を走っていると、西川の集落があります🏡

突然ぽつんと何軒か民家や畑などの集まったところがあり、この西川の少し先辺りが最後の集落となります📍

 

 

西川の集落の真ん中あたりにある西川郵便局の所から分岐する林道を進んで行くと、まぼろしの滝方面へと出ます(=゚ω゚)ノ

 

まぼろしの滝▼

基本水量は少なめですが、古座川流域で最も落差のある直瀑です🌊
まぼろしの滝は支流に掛かるため、立ち寄る場合は一旦古座川本流から離れなければなりません🐾

紅葉の時は一際良い感じ( *´艸`)
後は水量がもうちょっとありそうな時に訪れられるともっと良いですね🌊

まぼろしの滝
詳細はコチラ

 

 

では古座川逆行に戻りましょう٩( ”ω” )و
松根区民館ら辺を過ぎたらその先はほとんど建物が無くなります🌳
そして代わりに秘境感が増します🍃

実際辺り一面山や木ばかりで、川の流れも美しいです🌲
そして山奥の源流に近づくため、傾斜も少し増してきます(´・ω・)

そして極端に折り返すようなへピンカーブの所で古座川に並走する道路はなくなり、代わりに源流へと降り立つ遊歩道が出てきます🐾

 

この遊歩道は大塔山へ続く登山道でもありますが、途中で古座川源流に掛かる極めて美しい2つの滝を見ることができます👀✨

ハリオの滝▼


まるで別世界の様な色鮮やかな神秘の滝
詳細はコチラ

植魚の滝▼


洞窟の様な岩間に掛かる古座川の秘瀑
詳細はコチラ

 

古座川はココらが源流となり、しばらく進んだ先で水は途絶えます💧
しかしこの源流部は素晴らしい清流で、個人的には少なくとも近畿関西で最も神秘的だと思っています🍃

膝下は濡れる覚悟がいりますが、到達難易度はそれほど高くはないのでおすすめですが、入り口のところにクマ注意の看板があります⚠

そんな訳で、古座川逆行はココまでになります(=゚ω゚)ノ
いかがだったでしょうか?
最後までお付き合いいただきありがとうございます❕

 

 


Information

古座川の観光や周辺情報については別ページでもまとめていますので、良かったらそちらもご覧ください❕
古座川観光まとめ

ちなみにアクセスや行き方やホテル、宿泊情報なども、まとめページに載せてますので良かったら参考にしてみてください📖
古座川町へのアクセス・交通
古座川周辺 (南紀) のホテル

 

ーーーーーーーー

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

ーーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

和歌山県の滝に戻る
近畿の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

 

国内旅行~旅ぶらり~
和歌山・古座川の観光へ
関西・近畿の観光へ
国内旅行~ぶらり旅~へ

 

TOPに戻る

胴腹滝(鳥海山)

胴腹滝(どうはらたき)
山形県 飽海群 遊佐町

基本データ▼
ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・潜流瀑
水系・・月光川⇒吹浦川
落差・・3m(推)
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★☆☆☆☆
体力・・・★☆☆☆☆
時間・・・駐車場から5分
ーーーーーーーーーーーーーー
完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的にハイペースで進んだ場合に基づいています。

目次
|▶アクセス・行き方
|▶ルート
|▶胴腹滝
|▶Information


R1.5.1


行き方・アクセス▼

鳥海山の南東側、国道345号線から庄内こばえちゃラインに入り月光川沿いに伸びる県道60号線に入ります(=゚ω゚)ノ

国道345号線付近は、5月頃にはまだキレイに雪をかぶった姿を見ることができます👀⛄

県道60号線に入るとあとは道なりに進んで行くのみです🐾
ちょこちょこ分かれ道はありますが、どちらが主要道路かはれば分かると思います(‘ω’)

しばらく走っていると徐々に道路は林道化していきますが、駐車場までちゃんと舗装はされています🚘🏍

 

 


ルート▼

ルートは非常に簡単ですぐに胴腹滝までつきますが、入り口から先はぬかるんでいたりする箇所もあり滑りやすいので注意⚠

駐車場を出たらすぐに入り口があります(=゚ω゚)ノ
案内や看板があるので、どこがいり口かは駐車場を出たらすぐに分かると思います🌳

 

入口に入るとすぐに湧き出した水の流れや美しい緑が現れます(*‘∀‘)

胴腹滝までの間にある流れも非常にキレイで、よく見たら土の下や岩の下などいろんなところから水が流れ出ています🌊

水温も冷たく、いかにも雪解け水が濾過されて地中を流れてきたといったところですね( *´艸`)

ココを通り過ぎるとすぐに鳥居が見えてきます⛩
そのすぐ先に胴腹滝と社が出てきます(=゚ω゚)ノ

 

 


胴腹滝▼

とても落ち着いた雰囲気の滝前空間( ゚Д゚)
実際道路からそれほど離れていないにもかかわらず、とても神秘的な雰囲気を持っています🌲⛩


胴腹滝と社の少し手前のぽっかり開けた滝前には水汲み場があります🌊
水のせせらぎと木々やコケの緑の美しく、休憩にも持って位の場所です🐾


ココの水も鳥海山に伝わる不思議な伝説の一つだとか( *´艸`)

八合目の水源から数日もの間岩の隙間を縫って流れ出す水の流れの水質は非常によく、観光者の他にも水を汲みに来る人のっ姿も見受けられます💧


水汲み場と社の間は少し傾斜になっていて、苔むした岩の間を心地よい音を立てながら流れます(‘ω’)
その岩の上に何体かの石像があります👀
どれも優しげで楽しげな表情で癒されます(∩´∀`)∩


流れの横を登っていくと社の目の前まで行くことができます🐾
その後ろにきれいに2つに分かれた湧き口が見えます💦
⊂⌒~⊃。Д。)⊃



これは全て伏流水です(=゚ω゚)ノ
この上に川は存在しません( ゚Д゚)
下流側を見るとこれまた美しい光景(*‘∀‘)✨



ここら辺は屋久島も顔負けのコケ感です🌱
それだけ土にも水分が多いのでしょう(‘ω’)





ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★☆☆☆☆
幻想度・・・・★★★★☆
清流度・・・・★★★★★
到達感・・・・★☆☆☆☆

潜流瀑にも色々ありますが、白糸の滝のような豪快で滝感の強い潜流瀑とは違い、この胴腹滝は静かで落ち着いた雰囲気のいかにも湧水といった感じです。
派手な滝も良いですが、こういう系統の滝も心が洗われるようで非常に良いものがあります。

ちなみに県道60号線を進んで行くと二の滝を始めいくつかの滝があります。

 

 


Information

ページ先頭へ戻る

 

山形県の滝に戻る
東北の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

お手軽 観光滝一覧に戻る

 

TOPに戻る

布引五本松ダム(布引貯水池)(神戸)

布引五本松ダム(ぬのびきごほんまつだむ)
兵庫県 神戸市 中央区

基本データ▼
・ダム
・公園

・撮影時期・・・初秋

危険・・・★★☆☆☆
体力・・・★★☆☆☆
時間・・・茶屋から30分程(ダムまで)

完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的にハイペースで進んだ場合に基づいています。

目次
|▶アクセス・行き方
|▶猿のかずら橋
|▶五本松隠れ滝
|▶五本松ダム
|▶市ヶ原堰堤
|▶Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

H30.10.9

 


行き方・アクセス▼

新神戸駅から布引の滝方面へ進み、布引の滝(雄滝)の上流をさらに進んで行きます🐾
ルートはいくつかありますが、最短は布引渓流を逆行していくルートだと思います🌊

どのルートを通っても案内が点々と出ているので、わざわざココで長々説明することも無いかと思います👀

新神戸へは神戸最大のターミナルである三ノ宮駅から神戸市営地下鉄 西新・山手線 で一駅です。

 

※五本松ダムは日本の滝100選・布引の滝の上流にあります。
途中までの詳しい生き方は▶布引の滝(神戸)を参照してください

左:布引の滝(雌滝)
中:布引の滝(雄滝)
右:高徳院

 

 


猿のかずら橋▼

布引の滝 雄滝まで出たらそのすぐ上のおん滝茶屋まで上がります🐾
おん滝茶屋の先からルートは一旦渓流を離れて迂回します(=゚ω゚)ノ
まずは案内に従って猿のかずら橋を目指します٩( ”ω” )و


程なくして布引渓流の方へ寄っていきます🐾🌊
遠目にロープウェイと猿のかずら橋が確認できます(=゚ω゚)ノ
ココからはほぼ一本道なので迷うことはないかと思います👀



渓流沿いに少し進むと猿のかずら橋の前まで出ます(‘ω’)
五本松ダムへは橋は渡らずそのまま遊歩道を進みます🐾🌳

 

ーーーーーーーー

ちなみにこの橋を渡って少し進むと…(;´・ω・)


非常~~に展望の良いところに出ます👀🏙
天気が良いと素晴らしい眺めです✨✨
三宮より少し東向きで、大阪の方を向いています(´・ω・)
反対側を見ると布引ハーブ園の中間駅が見えます🌼


ロープウェイはすぐ真上を通って行きます⊂⌒~⊃。Д。)⊃
中から子供が手を振ったりしているのも見えます( *´艸`)
ココは色んな意味で絶景ですよ(∩´∀`)∩

 

 


五本松隠れ滝▼



ココは道なりに進んで行くだけなので特に説明するところもないと思います(=゚ω゚)ノ
しばらく歩いたら一つ堰堤を挟んで五本松隠れ滝がひょっこり顔を出します( *´艸`)
この滝も落差はそこそこあります🌊

 


ぶっちゃげココまで来ると、もう五本松ダムが見えています👀

 

 


五本松ダム▼

五本松隠れ滝を横目に階段を上っていくと、ダムの全景が見渡せてきます👀✨
ちなみに運が良ければ放流が見られるかもしれません🌊
放流したら一体下流の流れはどんな感じになるのかな(∩´∀`)∩⁇

 

ダム上▼
ココまで結構歩きますが、ほとんど登りなので歩き慣れない人には少々疲れるかもしれませんね🐾
ココは一休みするにはちょうど良さそうです( *´艸`)






ダムの周りには水天宮など小さな神社があります( *´艸`)
野鳥なども多くいるみたいですね🐦
山間部の広~いダムと違い、布引渓谷の急傾斜の上にあり、こじんまりとした雰囲気です👀🌳


ダム横のキレイな遊歩道を奥へと進んで行くと、一層渓谷感が増してきます🌳
このまま進んで行くと市ヶ原堰堤へと出ます(=゚ω゚)ノ🐾
途中で▶布引ハーブ園の方へ抜ける道もあります🌼

 

 


市ヶ原堰堤▼

五本松ダムの横をずっと進んで行くと、分水堰堤が現れます👀
そこに紅葉茶屋などがありますが、現在はやってません(;´・ω・)
遊歩道自体は自然に囲まれたとても良い感じの道です(∩´∀`)∩



程なくして分水堰堤が出てきます👀
途中、階段と遊歩道に分かれますが、上流へ向かって進んで行けば結局のところ同じ所に出ます🐾


▲紅葉茶屋
今はやってる気配がありません💧🍁
期間限定なのかな❓

そこから少し進むと市ヶ原堰堤です🐾
しかし、この辺りは確かに紅葉は名所かもしれませんね🍁🍂

 

ーーーーーーーー

市ヶ原堰堤▼



上流へ行くほど水の透明度は増してきます🌊
日が当たってきらきらする水面がとても美しいです✨
木の感じとかもいいですね~( *´艸`)


ココは広々としており日当たりも良く、休憩したり、ご飯食べたり、散歩してる人たちもいます☀🍴

ちなみにココから橋を渡ると再度公園方面へ出るようです🐾🌳

 

ココより先、上流側へ進んで行くと山歩きになります🌳
摩耶山や六甲山、裏六甲方面へと出るようです🐾

ざっくり新神戸からある程度手軽に行って帰ってこれるのはこの辺りまでだと思います(=゚ω゚)ノ
都心からかなり近くにありながら、非常に良い眺望と自然と触れ合える場所はあまりないことだと思います🌳🌊

 

 


Information


布引の滝へ戻る

新神戸へ戻る

布引ハーブ園へ進む

 

ーーーーーーー

神戸の観光▼


有馬温泉街をぶらり

北野の町をぶらり

 

ーーーーーー

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

ーーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

 

TOPに戻る