高瀑

高瀑(たかたる)
愛媛県西条市

ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・直瀑
水系・・加茂川
落差・・132m(推)
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★★★★☆
体力・・・★★★☆☆
時間・・・入口から60分(沢登)
ーーーーーーーーーーーーーー
アクセス▼
高松から松山を結ぶ国道11号線を伊予氷見のところから県道142号線へ入ります。
142号線を進むと黒瀬湖に出たところで県道12号線を右へ進み、道なりに黒瀬湖の上流方面へ進みます。
しばらく道なりに走っていくと、橋を越えたところでまた分岐しますがココは右、案内の高瀑13㎞の方へ進みます。
少し行った所に登山口と駐車場があります。
この先から道路の舗装はなくなり、非常に路面の悪い危険な林道になるため普通の車やバイクはココで駐車して入り口まで歩く方をおすすめします。
ただ、歩くとなると入り口まで10㎞以上あり、早くても2時間半くらい見ておいた方が良いでしょう。


H30.8.5


県道12号線の分岐▼
ココは当然右の高瀑方面です(=゚ω゚)ノ

この先少し走った所あたりで道が細くなりだし、まず最初の駐車場があります🚘🏍
そこからは鬼のような林道で、とりあえず行けるだけ行ってみようと走っているうちに入り口に着きました⊂⌒~⊃。Д。)⊃
しかし普通の車ならまず腹を擦ると思います⚠
バイクも基本オフロード以外は走らない方が良いと思います✖
我ながらよく一度もこけずに行って帰ってこれたと思います(;´Д`)

入口に入ると、その先に遊歩道が続いています(´・ω・)
しかし、川から行く場合は入口に入ってすぐに川に出ます(=゚ω゚)ノ

川に入ると早速澄んだキレイな水が出迎えてくれます🌊
最初はナメ床です(‘ω’)


ナメ床も徐々に凹凸などの変化が表れ始めます( ゚Д゚)
浅むなって岩肌が出たところは苔が生え、深みになったところはキレイな水色です( *´艸`)

ポットホールみたいなのも見られます💧
そしてだんだんとナメ床からごつごつした地表へ変わっていきます(=゚ω゚)ノ

ナメが終わると小滝が現れ始めますが、最初の方は直登か小さく巻いて進んで行きます٩( ”ω” )و🐾


それにしてもホントに蒼く澄んだ深みで、水が冷たく気持ちが良いです(∩´∀`)∩

水に浸かる箇所が多いと、沢登りをしてる感があって良いです🐾

そしてだんだん傾斜が強まり、小さい小滝から中くらいの小滝が増えてきます(=゚ω゚)ノ



小滝もこれくらいの大きさになってくると少し見応えが出てきます(∩´∀`)∩

少しづつ越える難易度は増してきますが、コースを外れるような巻きはなく、中には直登できるものもあり比較的滝の近くを快適に巻き上がっていけます🐾


どの小滝もそこそこ深い滝壺があり、キレイな色をした水面が広がっています( *´艸`)
色んな意味で飽きさせない、とても充実したコースです٩( ”ω” )و



基本的に左岸 (向かって右側) から巻いていく場面が多いです🌳
そしていくつかの中規模の小滝を越えた先に橋が見えます👀
ココでいったん遊歩道と合流です🐾

橋のすぐ奥に大きめの小滝があります🌊
これは直登は無理で、左岸 (向かって右側) の遊歩道を使います(=゚ω゚)ノ

途中から遊歩道を外れて川へ寄っていきましたが、ココはかなり危険です⚠
無理だと思ったら遊歩道をそのまま進むようにしましょう🌳


川原に出たらまた川を進んで行きます🐾
少し進んだらまた大きめの小滝が現れます(=゚ω゚)ノ
この辺りも滝壺の水面が非常にキレイです( *´艸`)

この滝も直登は難しく、左岸 (向かって右側) の岩場から巻き上がります٩( ”ω” )و
湧水のように水が滴り流れ岩に生えた草が非常に美しいです( *´艸`)🍃

ココを越えれば高瀑まであと一息です٩( ”ω” )و
左下に川を見ながら降りれそうな所を探します👀
おそらく川が分岐し、ちょっとだけ深みになったところに降ります🐾🌊

分岐をまっすぐ行くと小滝が出てきます👀
ココからまっすぐは上級者のみに許された石鎚山への登山道です🗻

道らしい道はなく、おそらくかなり不明瞭です🌳


高瀑へはまっすぐではなく左側の方へ進みます🐾
岩の床に木々のトンネル、その先に何やら開けた所がありそうです(‘Д’)
大滝の予感がします( *´艸`)
ちなみに遊歩道を登ってくるとこの辺りに出てくるはずです(=゚ω゚)ノ

 

高瀑▼




でかい( ゚Д゚)✨✨
正直残念ながらこの日の水量は少ないですが、それでも大迫力の大きさです⊂⌒~⊃。Д。)⊃
見上げるような大きさとは正にこれのことですね👀(∩´∀`)∩



この滝は1段132mで、これより大きいのは国内ではおそらく和歌山県の▶那智の滝くらいでしょう🌊
その差はわずか1m、そしてこの高瀑は滝の真ん前まで行けます(∩´∀`)∩
滝に触れることもできます( *´艸`)

それにしても滝前は大きく開けています( ゚Д゚)
岩壁の大きさは物凄いですね~(´・ω・)


ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★★★
幻想度・・・・★★★★☆
清流度・・・・★★★★☆
到達感・・・・★★★★☆

木々や岩に挟まれた空間が突如開けて、比が差し込むと共に目の前に姿を現した時はまさに圧巻驚きの大きさです。
130mを越える滝は段瀑ですらそれほど見かけることはありません。
この高さと景観は、水量や天気など条件が多少悪かったとしても一見の価値があり、是非一度は見ておきたい滝です。
目の前まで行けて実際に触る事の出来る1段の滝としては日本一ではないかな⁇。

愛媛県の滝に戻る

不動滝(氷ノ山)

不動滝(ふどうたき)
兵庫県 養父市

ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・滝郡、連瀑
水系・・円山川
落差・・45m(推)(最下段)
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★★★★☆
体力・・・★★☆☆☆
時間・・・入り口から15分程(最下段)
ーーーーーーーーーーーーーー
アクセス▼
国道9号線を八鹿から氷ノ山の方へ進むと、ハチ北方面へカーブするところにまっすぐ伸びる県道87号線が分岐するので、そちらに入ります。
87号線をしばらくまっすぐ行くと上り坂になってきますが、途中で左斜め前に降りる分岐があります。
この分岐を左へ入り少し行くとぐるりとカーブするところがあり、福定親水公園があり、そこが駐車場と入り口になります。

ちなみに、全但バスがJR八鹿駅から87号線と林道の分岐の所まで来ています。
本数は少なく、冬季はダイヤの乱れもあると思うのでバスで行く際は確認しておいた方が良いかもしれません。
全但バス
・・・15 八鹿~関宮~八伏線(氷ノ山八伏口 停留所下車)


H30.7.30


林道が180度カーブするところに、福定親水公園の入り口が見えます🌳
車は公園の入り口の所に停めれます🚘🏍


ココは氷ノ山への登山口でもあります(=゚ω゚)ノ
何やらキャンプ場のような施設もありまず⛺

入口に入るとしばらく川沿いに進みます🐾
石がゴロゴロしています(;´・ω・)

しばらく川沿いに進むと、左側から堰堤を越えて川が合流している所があります🌊

不動滝へはこの堰堤を越えて左の川の方を登っていきます🐾(∩´∀`)∩

ちなみにまっすぐ遊歩道を進むと氷ノ山と▶布滝方面です(´・ω・)

堰堤は右岸 (向かって左側) から越えていけます(=゚ω゚)ノ
その先は人の手の入っていない渓谷です🐾
ココは緑がとても美しいです🌳

少し行った所で不動滝の一番下の滝が姿を現します👀
この不動滝は一番上の滝を言うようですが、どうも展望所 (と言っても障害が多くて見えませんが…) からは方角や高度的にどう考えてもそこではないので、私は4つある滝全てで不動滝と解釈しています。

 

不動滝▼

岩と岩の間から一番下の滝が現れます( ゚Д゚)
4つある滝の中でこの滝が最も大きいです🌊
少し緩めの傾斜に最後はスライダープールのように流れています( *´艸`)




この滝は右岸 (向かって左側) の岩月を直登していきますが、かなり危険です⚠
無理そうな場合、岩月よりも外側の茂みから巻いて2つ目の滝の途中か落ち口に出ます🌳


滝の落ち口▲
1つ目の滝を登ったら、廊下の様なインターバルと2つ目の滝の下の方が見えてきます👀(∩´∀`)∩


2つ目の滝はほとんど滝身を直登します(=゚ω゚)ノ
滝壺右側から取り付いてよじ登っていけるはずです🐾
ココも滑りやすく危険なので注意です⚠


2つ目を上から見下ろすと今度は川が右に曲がり3つ目の滝が見えてきます👀
先ほどとは変わって滝前が広いです🌳

3つ目の滝は、4つある滝の中で最も小さく傾斜も緩いため快適に登れます(‘ω’)
右岸 (向かって左側) の岩付きから登っていきます🐾


下の滝を登り切ったら小さい滝壺を挟んで上の段です🌊

上の段もそのまま越えていきます(∩´∀`)∩
この辺は切り立っておらず広々と登れます( *´艸`)

3つ目を登り切ったらやや大きめのインターバルを挟んで最上段の滝の前に出ます🌊👀
この滝を不動滝としている見解が多いですが、位置関係的にココは木々が無くても展望所からは見えないんじゃないかな(´・ω・)⁇


滝壺の周辺は広々と緑に囲まれた空間です🌳
いつまでも休憩していられそうな居心地の良さです( *´艸`)
休憩やビバークするには良さそうですね(∩´∀`)∩


 


この日は思ったより早く滝が越えられて時間的に少し余裕があったので、この上にも行ってみることに٩( ”ω” )و
この滝は何度か岩付を登って試みましたが、岩の所から直登するのは厳しそう…(;´・ω・)
ココは右岸 (向かって左側) の茂みから巻き上ります🐾(=゚ω゚)ノ


不動滝を登った先はしばらく傾斜の非常に緩い平坦な広い森林地帯が続きます🌳🗻
一見何もないようなところですが、岩壁の縞模様やコケなどの自然の姿が見られます👀(´・ω・)


しばらく平坦な所を進んでいると川が二手に分かれます🌊
まっすぐ上り詰めていくと、氷ノ山と氷ノ山越の間に出ます🐾


上に行くほど水が洗練されてキレイになってきます🌊
そして気温がかなり下がってきます🌡
魅力的な小滝もまだいくつか存在します(∩´∀`)∩


ちなみにこの日はまっすぐの方からは戻ってきて、分岐を右の沢の方へ進み途中から法弘の水へ抜けました🐾
こっちもなかなかです🌳


だんだん道が狭くなって草や葉っぱが増えてきます🍃🌳
水は分岐した時点で少なめですが、さらに少しづつ減ってきます🌊
その代わり洗練されて美しく、そして冷たくなっていきます(=゚ω゚)ノ

しばらく行くと傾斜が強まってきます(;´・ω・)
そして緑であふれた情緒あふれる小滝が連続し始めます🌳( ゚Д゚)



この辺りから左岸 (向かって右側) をしばらく上り詰めていくと法弘の水へたどり着きます٩( ”ω” )و
まっすぐ川の方を上り詰めると氷ノ山越の近くに出ます🐾

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★☆☆
幻想度・・・・★★★★☆
清流度・・・・★★★☆☆
到達感・・・・★★☆☆☆

個性的な中規模の滝が近い間隔で連続する様は見応えがあります。
道中はキレイな草やコケなど、植物の美しさを垣間見ることができます。
危険ですがほとんどの滝はほぼ直登できるため、スリルもあり楽しめるコースかもしれません。

兵庫県の滝に戻る

布滝(氷ノ山)

布滝(ぬのたき)
兵庫県 養父市

ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・分岐瀑
水系・・円山川
落差・・30m(推)
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★★★☆☆
体力・・・★★☆☆☆
時間・・・入り口から15分程
ーーーーーーーーーーーーーー
アクセス▼
国道9号線を八鹿から氷ノ山の方へ進むと、ハチ北方面へカーブするところにまっすぐ伸びる県道87号線が分岐するので、そちらに入ります。
87号線をしばらくまっすぐ行くと上り坂になってきますが、途中で左斜め前に降りる分岐があります。
この分岐を左へ入り少し行くとぐるりとカーブするところがあり、福定親水公園があり、そこが駐車場と入り口になります。

ちなみに、全但バスがJR八鹿駅から87号線と林道の分岐の所まで来ています。
本数は少なく、冬季はダイヤの乱れもあると思うのでバスで行く際は確認しておいた方が良いかもしれません。
全但バス
・・・15 八鹿~関宮~八伏線(氷ノ山八伏口 停留所下車)


H30.7.30


林道が180度カーブするところに、福定親水公園の入り口が見えます🌳
車は公園の入り口の所に停めれます🚘🏍


ココは氷ノ山への登山口でもあります(=゚ω゚)ノ
何やらキャンプ場のような施設もありまず⛺
布滝はこの登山道のう回路にあります🌊

入口に入るとしばらく川沿いに進みます🐾
石がゴロゴロしています(;´・ω・)

しばらく川沿いに進むと、左側から堰堤を越えて川が合流している所があります🌊

布滝へは道なりにまっすぐです(´・ω・)
左の川の方を登っていくと▶不動滝があります(∩´∀`)∩


また少し進んだところで、今度は氷ノ山方面へ登る道と布滝方面と分岐します(=゚ω゚)ノ
布滝へは遊歩道も案内もあるので、迷いはしないでしょうと思います(‘ω’)
さらに進むと遊歩道は川を渡りますが、そこで橋の所から布滝が見えます👀🌳

少し危ないですが、橋の下へ降りれないことはないです🐾
もう少し滝身に寄ってみましょう٩( ”ω” )و

 

布滝▼

あまり近寄ると手前の小滝で見えなくなります👀
この小滝は滝壺の手前あたりから左岸 (向かって右側) をよじ登れます🐾
ただし、滑りやすく足場が非常に狭いので危険です⚠

登った先では優雅に曲がりながら落ちる布滝が目の前に現れます(∩´∀`)∩
末広がりの岩壁です( *´艸`)


名前通り布みたいな滝です👘🌊
デコボコはしていますが、傾斜は比較的緩くナメ滝みたいな感じです(‘Д’)
滝前はいい感じに広く、居心地の良い空間です(´・ω・)

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★☆☆
幻想度・・・・★★★★☆
清流度・・・・★★☆☆☆
到達感・・・・★★☆☆☆

緑が意外と多く心地よい滝前空間です。
名前の通り白い布のような見た目をした滝で、末広がりの緩やかなカーブと落ち着いた流れ方で、静かな時が流れます。
滝前まで行くのは危険なので慣れない人は川へ降りないようにしてください。

兵庫県の滝に戻る