竜神の滝(松本乗鞍)(紅葉)

竜神の滝(りゅうじんのたき)
長野県松本市

ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・潜流瀑
水系・・千曲川⇒信濃川
落差・・5m(推)
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★☆☆☆☆
体力・・・★☆☆☆☆
時間・・・一瞬
ーーーーーーーーーーーーーー
アクセス▼
福井から長野の松本までをつなぐ国道158号線、上高地入口の東側の県道300号線へ入ります。
300号線は斜めに分岐し、国道158号線の下をくぐって白骨温泉方面へと延びます。
急な登りもあり、凍結などには要注意です。

一応公共交通機関もありますが、しっかり時間を見合わせる必要があります。
松本電鉄・・・(松本⇒新島々駅 バス乗換)
アルピコバス・・・(新島々⇒白骨温泉 停留所下車)
高山・上高地方面からのアクセス

白骨温泉で降りたら、すこし下り側へ歩いたところにあります。


H30.10.23


色付いた乗鞍岳周辺🍂🍁
高山側よりも松本川の方が紅葉は早いみたいです( *´艸`)

国道158号線から県道300号線に入って進んで行くと白骨温泉へと辿り着きます🐾
竜神の滝はその途中にあります🌊
白骨温泉入り口▼


午前7時過ぎごろ⌚バス停▼
気温は1℃(;´・ω・)❅
158号線からかなり標高を上げ、気温も少し下がります🌡
この先はもはや紅葉もやや散っています🍁

白骨温泉にもいくつかの温泉と宿があります♨
ココから少し158号線方面へ下ったところに竜神の滝はあります(=゚ω゚)ノ

 

竜神の滝▼




温泉混じりの潜流瀑が幾筋も岩の中から流れ出しています🌊
岩を覗き込むと、ザーザーと勢いよく流れ出しているのが分かります👀
この岩の形も凄いです( ゚Д゚)







見上げると独特の岩の形が得意な景観を作っています( *´艸`)
道路から下流側を見ると、かなりあちこちから流れてきて水量もなかなかのものに名ています🌊
歩いていると少し離れた所からも流れ出したりして、結構広範囲にわたることが分かります(‘ω’)

ココへ来る途中の紅葉はちょうど見頃で、カエデなどの赤くなる種も多いので非常にキレイです🍂🍁




ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★☆☆☆
幻想度・・・・★★★☆☆
清流度・・・・★★★☆☆
到達感・・・・★☆☆☆☆

一体どこからこんなに流れてきているのか、潜流瀑とは見るたびに不思議なものですが、この滝はこの辺りだけ岩の形も独特で、より不思議な感じです。
決して大きい滝でも迫力のある滝でもありませんが、独特の雰囲気のある面白い滝です。

長野県の滝に戻る

番所大滝(乗鞍岳)

番所大滝(ばんどころおおたき)
長野県松本市

ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・直瀑
水系・・千曲川⇒信濃川
落差・・40m(公)
乗鞍三滝
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★★☆☆☆
体力・・・★☆☆☆☆
時間・・・入り口から5分程
ーーーーーーーーーーーーーー
アクセス▼
乗鞍岳の東側、梓湖沿いの国道158号線のトンネルとトンネルの間に乗鞍岳方面に伸びる県道84号線があります。
この県道84号線沿いにずっと進んでいくと、看板と共に入り口と駐車場があります。
乗鞍スノーリゾートまで行くといきすぎです。

ちなみに電車からだと何度か乗り換えがいりますが、バスも出ているようです。
アルピコバス・・・停留所不明


H29.8.13


日もだいぶ落ちてきました🌛
カメラの電池が無くなったのでほとんどスマホ写真です📱

道路沿いに駐車場がありその奥に入り口があります(=゚ω゚)ノ
近辺の三本滝や善五郎滝の駐車場と比べると雑です(´・ω・)

入り口に入るとすぐに左手に下り階段とまっすぐの道に分岐します🌳
本命は階段を下ります🐾

入り口に入ってすぐに大滝の落ち口が見えます🌊
なかなかの迫力です(‘Д’)

ちなみに階段を下りずまっすぐ進むと番所小滝に出ます🌊

 

番所大滝▼

滝へはすぐに行けますが、階段は結構急なので気を付けてください(´・ω・)
階段を下りた先に滝見台があり、そこからきれいに全貌を眺めることができます✨
滝壺までは降りれません✖


ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★☆☆
幻想度・・・・★★★☆☆
清流度・・・・★★★☆☆
到達感・・・・★★☆☆☆

規模も大きく水量が多い滝です。
緑が多めの岩壁も大きく広がり、滝に迫力を与えています。
勢いよく落ちるので、滝壺は大きめでかなり深そうですが、水面がきれいです。

ちなみに近辺にある
三本滝
善五郎滝
と共に乗鞍三滝とされています。

長野県の滝に戻る

善五郎滝(乗鞍岳)

善五郎滝(ぜんごろうたき)
長野県松本市

ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・直瀑
水系・・千曲川⇒信濃川
落差・・30m(公)
乗鞍三滝
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★★☆☆☆
体力・・・★☆☆☆☆
時間・・・入り口から15分程
ーーーーーーーーーーーーーー
アクセス▼
乗鞍岳の東側、梓湖沿いの国道158号線のトンネルとトンネルの間に乗鞍岳方面に伸びる県道84号線があります。
この県道84号線沿いにずっと進んでいくと、乗鞍スノーリゾートが出てきます。
その辺り入り口と駐車場があります。

ちなみに電車からだと何度か乗り換えがいりますが、バスも出ているようです。
アルピコバス・・・停留所不明


H29.8.13


善五郎滝の入り口▼
県道84号線がぐるりとカーブするところにあり、広めの駐車場もあります🚘🏍


道中は案内通り遊歩道沿いを進んでいくだけなので楽勝です٩( ”ω” )و
上流の三本滝もそうでしたが、ここも水面がきれいです🌊✨

 

善五郎滝▼


落差もですが幅がすごいです🌊
水量もあるので迫力もありますし水の飛沫がすごいです( ゚Д゚)

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★☆☆☆
幻想度・・・・★★★☆☆
清流度・・・・★★★☆☆
到達感・・・・★☆☆☆☆

幅が広く綺麗な長方形をした滝です。
水量が多いので迫力もあり、滝壺も広いので全体的に大きく見えます。
林道は整備されていて駐車場から近いのもうれしいところです。

ちなみに近辺にある
三本滝
番所大滝
と共に乗鞍三滝とされています。

長野県の滝に戻る

三本滝(乗鞍岳)

三本滝(さんぼんたき)
長野県松本市

ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・滝群
水系・・千曲川⇒信濃川
落差・・50m~60m(公)
日本の滝100選
乗鞍三滝
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★★☆☆☆
体力・・・★★☆☆☆
時間・・・駐車場から20分程
ーーーーーーーーーーーーーー
アクセス▼
乗鞍岳の東側、梓湖沿いの国道158号線のトンネルとトンネルの間に乗鞍岳方面に伸びる県道84号線があります。
この県道84号線沿いにずっと進んでいくと、乗鞍スノーリゾートが出てきます。
その先に三本滝の入り口と駐車場があります。

ちなみに電車からだと何度か乗り換えがいりますが、バスも出ているようです。
アルピコバス・・・(三本滝 停留所下車)


H29.8.13


三本滝レストハウスと駐車場▼

この奥に三本滝への入り口があります🌊
ズイズイと進んでいきましょう!(=゚ω゚)ノ

そこし進んだところで道が二手に分かれます🌳
ココはどちらからでも行けます(=゚ω゚)ノ

この先で茂みへと入っていきます🌳
日にもよるでしょうが、道がべちゃべちゃなところがあります(‘Д’)

しばらく行くと川と合流します🌊
景観も谷に入ってきたという感じになってきます✨

川の水はキレイなのが分かります✨
所々高さのあるとこがあるので、滑らないように注意してください❕


しばらく行くと吊り橋が出てきます👀
ココまで来たらあと少しです٩( ”ω” )و

写真👉の黒い岩の滝は三本滝の一番右側の滝の下の部分です🌊

 

三本滝▼

先客がいますw( *´艸`)


一番右の滝は黒い岩が特徴の分岐瀑です。
こいつが最も高さがあります(‘Д’)

真ん中の滝はキレイな直瀑です✨
赤い岩と緑のコントラストが美しい滝です🌳

左の滝は…?

ありました(∩´∀`)∩
細く弱々しいので一見分かりませんでしたw。
高さはまあまあありそうです(‘Д’)


ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★☆☆
幻想度・・・・★★★★☆
清流度・・・・★★★☆☆
到達感・・・・★★☆☆☆

三本滝の名前の通り、至近距離で3つの滝が隣り合っています。
コレだけ近くで規模の大きい滝が掛かる様子は爽快で、見る価値が非常に高いです。
ただ、3本同時にカメラに収めるには、相当広角なレンズのカメラが必要です。
駐車場から遊歩道を下り、足場のやや悪いところもありますが、距離はそれほどなく到達しやすいのでおすすめです。

ちなみに近辺にある
善五郎滝
番所大滝
と共に乗鞍三滝とされています。

長野県の滝に戻る

平湯大滝(乗鞍岳)

平湯大滝(ひらゆおおたき)
岐阜県高山市

ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・分岐瀑
水系・・神通川
落差・・65m(公)
日本の滝100選
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★☆☆☆☆
体力・・・★☆☆☆☆
時間・・・駐車場から5分
ーーーーーーーーーーーーーー
アクセス▼
乗鞍岳、平湯温泉スキー場のリフトのところに駐車場があります。
その奥に平湯大滝へ続く道があります。
滝までの道は整備されていて、滝までは非常に行きやすくなっています。


H29.8.13


平湯温泉スキー場の所にある食事何処🍴
でかでかと看板があり大きな駐車場があって開けているのですぐ分かります( *´艸`)

その奥に平湯大滝の駐車場があります🚘🏍
駐車場の横にはスキー場のリフトがあります⛷

駐車場に入る手前に平湯大滝への入り口があります🏞
車は侵入できないので、駐車場に止めてください🌳

滝への道はちゃんと舗装までされていて、若干の上り坂ですが距離もなく滝まではすぐに到達します(=゚ω゚)ノ

 

平湯大滝▼
入り口から川沿いを進んでいくと、次第に滝が遠めに見えてきます🌊

一応道は滝の目の前までは続いてはおらず、滝壺まではいけません。

水量が多いのが遠目にもわかるので、不用意にいろんな人が近づくと危なそうですね(‘Д’)

歩道の終点からはキレイに滝の全景が見え、とても良い感じです( *´艸`)

もう少し滝に近づいていきましょう!!🌊


滝の前で写真が撮れるようになっています📷
休日・祝日はそこそこ人も多いようです( *´艸`)

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★☆☆
幻想度・・・・★★★☆☆
清流度・・・・★★★☆☆
到達感・・・・★☆☆☆☆

落差もありますが、横幅も水量もあり遠目にも迫力が伝わります。
この日はお盆で夏ですが、スキー場があるくらいで基本雪の多いところです。
乗鞍岳自体がそもそも水源の豊かな山であることが分かります。
車やバイクがあれば到達しやすい滝なのでおすすめです!。

岐阜県の滝に戻る

銚子の滝(乗鞍岳)

銚子滝(ちょうしのたき)
岐阜県高山市

ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・直瀑
水系・・神通川
落差・・20m(公)
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★☆☆☆☆
体力・・・★☆☆☆☆
時間・・・すぐ
ーーーーーーーーーーーーーー
アクセス▼
乗鞍岳、平湯スキー場へ向かう国道158号線沿い、乗鞍岳の西側に案内が出てきます。
158号線から林道に入って進むと駐車場があります。



H29.8.13


川沿いに林道がありその先に駐車場があります🚘🏍


駐車場から川沿いに進んでいくと滝があります🌊
車から降りてすぐに見れるのでいろんな人が見ることができます( *´艸`)

 

銚子の滝▼
滝前に出ると適度に開けた空間と滝壺が出てきます🌳

落差は20mとやや小ぶりですが、横幅があり大きく見えます🌳

そして何より周りの緑との調和が良いです🏞

下流側を見るときれいな川原が続いています✨

滝前へ降りる際は気を付けてください🐾




ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★☆☆☆
幻想度・・・・★★★☆☆
清流度・・・・★★★☆☆
到達感・・・・★☆☆☆☆

滝前の緑のはえ方が美しく、滝の前まで駐車場からすぐに出られるのでうれしいです。
横幅もありますが水量も多く、滝前に出ると水の飛沫がすごいです。
まさにマイナスイオンを感じられる場所です。

国道158号線を乗鞍岳方面へ行くと、日本の滝100選の▶平湯大滝があります。
コチラも比較的すぐに見れるので、是非立ち寄ってみてください!。

岐阜県の滝に戻る

称名滝・ハンノキ滝(立山)

称名滝(しょうみょうだき)
富山県中新川郡立山町

ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・段瀑
水系・・常願寺川
落差・・350m(公)
日本の滝100選
世界100名瀑
落差日本1
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★☆☆☆☆
体力・・・★☆☆☆☆
時間・・・駐車場から10分程
ーーーーーーーーーーーーーー
アクセス▼
富山駅よりもしばらく東側、県道6号線に入り6号線沿いに進む。6号線は途中から常願寺川と合流して川沿いに上っていきます。
立山黒部アルペンルートの入り口を通り越して県道170号線に入り進むと駐車場があります。
富山駅から富山地鉄立山線の立山駅からも行けますが、本数が少なく駅から多分結構歩きます。
富山地方鉄道


H28.5.5


駐車場▼

ココからは歩きになります🐾
この日はゴールデンウィークの終わりごろで、晴れていたのですが山の中に入ると雲がかかっていました☁
そんなことよりも何よりも寒いです。多分5℃ありません🌡


もうすでに奥の方に何やら巨大な滝が見えています👀
アレが期間限定の最強の滝、ハンノキ滝です🌊。
しかしこの辺りの岩壁は迫力があります🗻


 

称名滝・ハンノキ滝▼
しばらく歩いていくと、橋と展望台と共に称名滝が顔を出します🌊
さすがにでかいです( ゚Д゚)
落ち口がはるか遠くに見えます( *´艸`)
この道はやや上り坂ですが歩きやすく、運動不足の人にも良い運動になると思います🐾


二つの超巨瀑がきれいにVの字になって落ちる光景はここを置いて他にないでしょう🌊
実際に見ると、大きすぎて水の落ちるスピードがかなりゆっくりに見えます👀
とても不思議な光景ですので、ぜひ一度実際に見てほしいものです(;’∀’)

5月くらいではまだでっかい氷塊が残ります❅
遠目に見ると巨岩が転がっているように見えますが、雪の塊です
(‘Д’)⛄⛄⛄


称名滝は全部で5段になっているみたいですね٩( ”ω” )و
上から、
30m・40m・58m・96m・126m…
全てが大滝と言える規模です(‘Д’)
最下段の126mなど、それだけでなかなかお目にかかれないクラスの大きさです🌊

ちなみに称名滝と対になる右側のハンノキ滝ですが、落差は500mだそうです( ゚Д゚)
上部が雲で隠れるほどの凄まじい高さです。世界的に見てもかなりの規模です🌊
これだけはっきり表れたのはラッキーです✨( *´艸`)
しかし雪解けのこの時期や大雨の後など水量上の条件がそろわないと出現しないことから正式にには日本1の落差を語れないのです(´・ω・)

写真では分かりにくいですが、さらにこの右側にそうめん滝というのがわずかに流れています。もっと水量が多いとはっきりと出現するようです💧
多分そちらも500m近くの落差になります(=゚ω゚)ノ

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★★★
幻想度・・・・★★★★☆
清流度・・・・★★★★★
到達感・・・・★★☆☆☆

落差もさることながら水量もすさまじいです。
展望所は滝から少し離れていますがそれでもしぶきが飛んでくるくらいです。
そして水質もかなりきれいです。もともと寒い所なので菌も微生物もかなり少ないのでしょう。

100mを越えるような大きな滝には共通して言えるのですが、さすがに特に滝の水がゆっくり見えます。落ち口から滝壺まで落ちるのに時間がかかるのです。それだけ大きいという事です。
同じ滝つぼに超巨大な滝がVの字になって落ちる様は痛快無比です。

富山県の滝に戻る