立会川大滝(吉野 熊野)

立会川大滝(たちあごうおおたき)
奈良県 吉野郡 十津川村
和歌山県 東牟婁郡 北山村

基本データ▼
ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・分岐瀑・洞窟瀑
水系・・北山川⇒新宮川
落差・・35m(推)
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★★★★☆
体力・・・★★★☆☆
時間・・・入口から120分程(沢登)
ーーーーーーーーーーーーーー
完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的にハイペースで進んだ場合に基づいています。

目次
|▶行き方・場所・アクセス
|▶ルート
|▶大滝(まぼろしの滝)
|▶Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

H29.8.20

 


行き方・場所・アクセス▼

立会川の大滝は奈良県南東端、和歌山の北山村との境界に流れる立会川に掛かります🌊

奈良吉野は大峰山の笠捨山の南側に位置し、立会川はこの笠捨山を源とし、読み方は「たちあごう」📖

吉野の主要道路の一つ国道169号線、和歌山県の北山村と奈良県の十津川村の境界線付近にある有蔵トンネル東野トンネルの大きな橋 (立会川大橋) の脇 (有蔵トンネル側) に入り口があります🌳
車を止めるスパースは、橋の両脇に1台づつくらいです🅿

立会川は8割ほどが北山村と十津川村の境界を流れますが、源流部分と入り口の河口付近は奈良県の十津川村に位置すします📍

 

立会川大橋▼
大きな橋から壮大な渓谷が広がっています( ゚Д゚)
コレだけでも都会者には絶景です🗻🌳🌊

 

ーーーーーーー

大峰や高台は険悪な立地なため自然災害も多いので、道路交通情報は見ておいた方が良いでしょう🚘
奈良県 道路規制情報
和歌山・奈良・三重 合同道路規制情報

 

 


ルート▼

立ちあ号大橋とその横にある駐車スペース▼
ホントにトンネルのすぐ横なので駐車する際は注意が必要⚠

東側、北山川の上流側のトンネル (有蔵トンネル) の方の横の駐車場所の奥▲:に入り口があります(=゚ω゚)ノ

車が一台やっととめれるスペースです🚘🏍
一応反対側のトンネルのとこも1台くらいなら停めれたような気がします(´・ω・)

遊歩道の入口に入るとすぐに下り坂になります🐾
川沿いに上流に進んで行く道もありますが、大滝へはまず川に降りて直接川から逆行して行く必要があります🌳

急な下りで一気に橋を上に見上げる高さまで下ります👀
この景色もなかなか絶景(∩´∀`)∩
そのまま踏み跡をたどっていくとはま松滝の看板があります(‘Д’)

ここから踏み跡らしきとこをたどって無理やり川へと降り立ちます٩( ”ω” )و
途中から踏み跡らしきものは消え、そこからは降りれそうなとこから無理やり降りるので、どこら辺に降りてきたかしっかり覚えておいてください👀

 

ーーーーーーー

はま松滝▼

川に降りて上流側に進むとすぐに浜松滝が出てきます🌊
深くて大きな滝壺が特徴的👀
これは右岸 (向かって左側) から越えていきます(=゚ω゚)ノ

はま松滝を越える途中で小さい細い支流が流れています(‘Д’)
この辺りは滑りやすいので注意してください🐾

 

ーーーーーーー

浜松滝の落ち口に立ったら今度は広いナメです✨
両岸木々が生い茂るも広々とした川原で心地よい場所です🌳

しかしこの先でまた深い釜に阻まれて右岸 (向かって左側) を巻いていくことになります(‘ω’)
今度の巻きはしばらく絶壁で川に降りれません(;´・ω・)


写真が濁ってて分かりにくいですが、本流は流れが緩くなり小さい瀞のようになっているのが見えるとともに、左手に支谷が出てきます🌳

ちょっと無理やりにですが支谷の弱点から降りていきます٩( ”ω” )و
本流の方に降りたら、ココからは泳ぎが必要です🌊

キレイな水面をバサバサ泳いで渡ります🐟🐠
ココからは両岸とも切り立っていて巻くのは相当面倒です(;´・ω・)
なので要所要所で、泳いで直登!泳いで直登!で非常に楽しい沢登りになります(∩´∀`)∩


何度か泳いで登って、そしてココ👉が最後の泳ぎとなります🌊

川が左にカーブし、迫り来るかのような岩壁の麓に小さいけど深い釜があり、これも泳ぎ渡ります(‘Д’)

そしてその先に轟音と共に大きな釜があるのが見えます( ゚Д゚)
川は右に曲がり、大滝を掛けます🌊

目の前に見える岩々は大きくえぐられて洞窟のような空間を形成しているのが分かります👀✨
水に深さがあるのでキレイなエメラルド色をしています(∩´∀`)∩

 

 


立会川大滝(まぼろしの滝)▼

半筒状のようになった岩間を滑り落ちる大滝(*‘∀‘)✨
岩を深く大きくえったような空間と、そこに刺す光が岩や木々を輝かせる、極めて美しい景観です(*‘∀‘)



これはまた個性の強い滝ですな~⊂⌒~⊃。Д。)⊃✨✨
大きな滝壺ですが、滝の前でゆっくり休憩できるだけのスペースがあるのもうれしいです (ただし落石注意❕)。
天然のスライダープールのようです (傾斜はいかついですが…) (*´Д`)


完全な洞窟ではなく、実は半洞窟状です(‘ω’)
上を見上げるとずいぶん高いところに地面があります🌳
一体どうやったらこんな地形が生まれるのか、ホントに自然の力と言うのはスゴイです🍃



滝やその周辺に洞窟状の岩場を持つ滝は他にもいくつか回りましたが、ここまで大きい空間があるのは極めて少ないと思います( *´艸`)🌈
滝メグラーとしてはトップクラスの印象深い滝ですね🌊



 

ーーーーーーー

 

ーーーーーーー

ちなみにこの辺りは天気が変わりやすく、以前来た時は晴れてたのにいきなり雨になりました(´・ω・)
そんなことも山奥ではよくあるので気を付けなければなりません⚠

 

ーーーーーーー

ちなみにこの立会川の大滝へは遊歩道からは、看板があるくせに音だけで姿を見ることができないので川を直接登らないといけません(;´・ω・)

しかし、水量が多く流れが急な個所が点々としているうえ、さらに泳がないと進めない箇所もあるので、もし訪れる場合は天候や水量を十分考慮して挑んでください🌊
天候が悪くなると川は一気に表情を変えます⚠

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★☆☆
幻想度・・・・★★★★☆
清流度・・・・★★★☆☆
到達感・・・・★★★☆☆

圧倒的な岩壁と大きな釜、滝の規模、洞窟瀑の規模ではかなり大きいです。
滝前の空間も辺りの景観も極めて素晴らしく、いつまでも眺めていられます。
ただ、直接川を登る以外に到達するのは極めて困難で泳ぎも必須になってくるため、到達できる人は限られてきます。
その分、非常に到達価値の高い、滝好きの方は是非一度は見てほしい滝です。

 

 


Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

ーーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

奈良県の滝に戻る
和歌山県の滝に戻る
近畿の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

 

TOPに戻る