笛貫の滝(早池峰)

笛貫の滝
(ふえぬきのたき)

目次
|▶アクセス・行き方
|▶ルート
|▶笛貫の滝
|▶Information

種類
・・潜流瀑
水系
・・岳川⇒北上川
落差
・・10m(推)
危険
・・★★☆☆☆
体力
・・★☆☆☆☆
時間
・・入口から5分程
【🚘】【🏞】【
【🍁】
【🍂】R2.10.1

落差や滝種などは完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的に休憩なしのハイペースで進んだ場合に基づいています。

 

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

 


行き方・場所・アクセス▼

岩手県 花巻市

笛貫の滝は盛岡市を流れる北上川の支流の岳川上流、稗貫川に掛かり、早池峰山の南西に位置します📍

国道4号線から盛岡市の南側で分岐する国道396号線から、大迫で分岐する岩手県道43号線 (盛岡大迫東和線) に入ります🚘

そのまま県道43号線を進むと早池峰ダムで早池峰山の南側を抜ける岩手県道25号線に合流するので、そのまま県道25号線を進みます🌳

途中で七折の滝の入口や早池峰神社早池峰ロッジ大迫笠詰キャンプ場を過ぎ、細い道を進んで行くと笛貫の滝の入口があります👀

 

笛貫の滝の入口には小さく看板が立っていますが、非常に見逃しやすいです(;´・ω・)
川側に看板が立っているので付近に来たらよく見ておきましょう👀

ロッジやキャンプ場から笛貫の滝入口までの間に、道路沿いに名前の付いた小さな滝が2つほど掛かっており、これを過ぎたらもうすぐです🌊

付近は車を止めて置くスペースは無く、少し下ったところに1台か2台ほど停めれそうな所があります🅿

 

 


ルート▼

道路沿いに建つ笛貫の滝の看板の所から川の方へ降りていくのですが、これが非常~~に分かりにくいです(´・ω・)
一歩入り込むと案内看板が倒れていました👀


一応通り道は良~く見たら分かりますが、終始不明瞭です🌳
足元もベッチャベチャの箇所があり、気を付けないとハマります💦

ぶっちゃげ川まで降りるだけですぐに辿り着きますが、あまり油断できません🍃
最後川の手前のぬかるみはすごかったです(;´・ω・)


川辺まで降りたら対岸に笛貫の滝が見えています(*‘∀‘)
帰り迷わないようにしっかり道を覚えておきましょう⚠

 

 


笛貫の滝▼



川は笛貫の滝の正面は2条に分かれています🌊
手前の川を渡ります🐾
岩伝いに行けますが滑らないよう注意しましょう❕

非常にキレイな水面を通り過ぎると、正面の笛貫の滝が近づいてきます👀
3つくらいに分かれて流れています( ゚Д゚)



白くキレイな流れの筋がとても美しいです✨
その斜め上の色付いた木がまたいいアクセントになりますね🍁

主瀑の両サイドには枝分かれした流れ🌊
奥の方は木々や岩に隠れて見えず、横に広い滝の印象👀


滝の正面の流れは岩伝いに渡るのは無理そう(´・ω・)
膝から下が濡れても良ければ渡れそうです🐾
今度来るときは服装もちゃんとして岩に隠れた部分も見に行ってみたいですね👀

滝の正面には面白い穴あき岩( *´艸`)

 


 

ーーーーーーー

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★☆☆☆☆
幻想度・・・・★★★★☆
清流度・・・・★★★★☆
到達感・・・・★☆☆☆☆

源流を感じさせる清流と静寂の雰囲気は形容し難いものがあり、決して派手な滝ではないこの流れには、そういった独特の良さがあります。
川へ降りる途中のベチャベチャの足場も源流部の特徴の一つで、いったいの土壌が水分が豊かな証拠です。
川の水も美しく、直接すぐ近くで川に流れ込む潜流瀑というのは清流の美しさをより綺麗に見せる力がありますね。

 

 


Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

ーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

岩手県の滝に戻る
東北の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

 

TOPに戻る

七折の滝(早池峰)

七折の滝
(ななおれのたき)

目次
|▶アクセス・行き方
|▶林道・登山道
|▶七折の滝
|▶Information

種類
・・段瀑
水系
・・岳川⇒北上川
落差
・・40m(推)
危険
・・★★★☆☆
体力
・・★★☆☆☆
時間
・・入口から30分程
【🚘】【🏞】【
【🍂】R2.10.1

落差や滝種などは完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的に休憩なしのハイペースで進んだ場合に基づいています。

 

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 


行き方・場所・アクセス▼

岩手県 花巻市

七折の滝は盛岡市街なん東部、早池峰山の西側に位置します📍

盛岡市の南側で国道4号線から分岐し、遠野市方面へ抜ける国道396号線から分岐する岩手県道25号線同県道43号線 (盛岡大迫東和線) へ入ります🌳

県道25号線と43号線は早池峰ダムで合流しますが、県道43号線の方が走りやすくおすすめ🚘

早池峰ダムより上流は早池峰山の南側を通る県道25号線沿いに進みます⛰
入口は県道25号線沿いにありますが、2箇所あります👀

 

一つは早池峰神社の手前
コチラは駐車場がありますが、距離があります🐾
小さく看板があります(=゚ω゚)ノ
ちなみに早池峰神社の先はロッジやキャンプ場などがあります⛺

 

もう一つはそれより少し手前 (下流側) にあります(=゚ω゚)ノ
ちなみに今回はこちら側から行ってます🐾

県道25号線沿いに路面舗装のない道路が分岐し、小さく看板が立っています🌳

距離的にはコチラの方が近いですが、林道はやや荒れています(´・ω・)

2020年10月時点では走れないほどではないですが、心配な人は途中で車は停めて歩くか上流側のルートを通りましょう🌊

 

 


林道・登山道▼

七折の滝入口分岐▼
グルっと曲がって川を渡る林道の横から道が分岐します(=゚ω゚)ノ
林道はそのまま早池峰神社方面は抜けていきます (通行止めとかでなければ)🌳


この先もしばらく林道のようですが、もはや車が走れる状態ではありません(;´・ω・)
どこかから同じような荒廃しきった林道が合流して来たら林道終了🌳
この先は完全な山道になります🐾
実質ココが入り口になるのかな❓

 

川沿いに道が続いていますが、かなり足場が悪いです(;´・ω・)
所々でやや不明瞭な個所もあり、しばらく手入れがなされていない感じ🍂
おそらくこちら側のルートはあまり使われていないのでしょう👀


ちょいちょい案内が立っているので良い目印になります(∩´∀`)∩
荒廃して不明瞭な道中にはかなり安心材料ですね🍃
足元がベチャベチャの所もあるので注意しましょう❕


しばらくして川を渡ります🌊
橋などは無く岩の上を直接渡るので滑らないように⚠
川を渡ったらその先で道が分岐しています👀


「岳」と書いてありますが、これは地名📖
ちなみに通ってきた道は嫁ヶ渕方面(=゚ω゚)ノ
上流側の入口から来るとココで合流するようです📍

全体的に緩やかな登りの道中ですが、この分岐からやや登りがきつくなる感じ🌳
川沿いに道の細いところが多くのなるので滑落しないように気を付けましょう❕


川沿いにしばらく進むと右側が緩やかになり、岩壁に穴が見えます👀
その先川側に大きな岩🌳
ココまで来るとラストスパートです٩( ”ω” )و


前衛となる傾斜を巻き上ります🐾
そして御堂?社?が見えてきたら七折の滝が姿を現します(‘ω’)

 

 


七折の滝▼




ピョコンとヒョングった独特の形状は直に見るとホントに面白いですね🌊
けっこう奥行きがあり一番上の段はかなり離れています👀

岩は狭まって段々になっており、ハッキリ全部を見るのは難しそう(‘Д’)
七折の滝という名前ですが、見る範囲では3段か4段(´・ω・)
全部で何段あるのかな❓




足元かなり滑りますが、滝壺の前まで降りることができます(∩´∀`)∩
段瀑あるあるですが、見る位置がこれだけ変わると形も少し変わって見えます🌊

ヒョングリの部分は特に見る位置で変わりますね(*‘∀‘)
それにしても元気の良い流れ方ですね( *´艸`)


 

間近で見るのも良いですが、社の所からの俯瞰もかなりいい感じです(∩´∀`)∩
真下ではなく中程の高さからだと上の方もある程度見通しが良く、全体的にバランス良く見えるのが良い所です🌊

 




 

ーーーーーーー

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★☆☆
幻想度・・・・★★★★☆
清流度・・・・★★★☆☆
到達感・・・・★★☆☆☆

静けさの漂う空間に流れ落ちる異形の段瀑、七折の滝は一度見ると忘れられない姿をしていますね。
岩壁に隠れるような位置にあり、音は聞こえてきても近くまで行かないとその姿を見ることができません。
勢いよく飛び出る真ん中の部分は見る位置で表情を変え、全体の景観もまた違った形に見えます。
全体の俯瞰と真下からの大局的なアングルで楽しめるのも良い所です。

 

 


Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

ーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

岩手県の滝に戻る
東北の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

 

TOPに戻る

不動の滝(八幡平)

不動の滝
(ふどうのたき)

目次
|▶アクセス・行き方
|▶桜松神社
|▶不動の滝
|▶Information

種類
・・直瀑
水系
・・安比川⇒馬淵川
落差
・・15m(公)
危険
・・★☆☆☆☆
体力
・・★☆☆☆☆
時間
・・駐車場から5分程
🏆日本の滝百選
】【🚘】【🏞
.⛩】【🍁】
【🍂】R2.10.1

落差や滝種などは完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的に休憩なしのハイペースで進んだ場合に基づいています。

 

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

 


行き方・場所・アクセス▼

岩手県 八幡平市

不動の滝は盛岡市の北西側、岩手県内陸部の八幡平の北東に位置します📍

盛岡から小坂方面へ伸びる国道282号線荒屋新町駅と小屋の畑駅の間にある桜松神社大鳥居の交差点から、踏切を渡り分岐する道へ入り道なりに進みます🌳

踏切を越えて安比川を渡り高速道路をくぐった先、途中右へ分岐する道へ入りますが、ココは案内も立っているので分かるかと思います(=゚ω゚)ノ

高速道路は東北自動車道 安代I.Cで国道282号線へ降りるので、滝沢森岡方面へ少し南下したところで大鳥居の交差点です🛣

国道に高速道路が近く、車でのアクセスは比較的便利です🚘
鉄道も一緒に並走していますが、鳥居の交差点はちょうど駅と駅の間で、そこからも距離があるため現実的ではないです🚈
ゆっくりと1時間~1時間半程歩いても良いなら駅から歩くのも良いでしょう🐾

 

 


桜松神社▼


不動の滝および桜松神社の駐車場▲
この奥の鳥居の先に桜松神社、その奥に不動の滝があります🌊

駐車場の向かいは桜松公園です🏞
ほんのり色付いていい感じになっています🍂

 

ーーーーーーー

桜松神社▼

駐車場と入り口の間🅿
日本の滝百選の碑があります👀


境内に入るとそれまでとは一転し、木々に囲まれます🌳
とても心地よい雰囲気の神社です⛩

小さい門があり、その先に手水舎👏
右側に拝殿と御本堂があります🐾



入口付近も緑深いしんとした雰囲気ですが、奥へ行くほど心地よい静けさが増してきます🍃
狛犬とこの静けさ、木々の深さが妙によく合います🌳

この先さらに道が続いています🐾
またまた門をくぐって苔の感じがとても美しい道を通ります🌱

 

ーーーーーーー

不動堂▼


門をくぐると目の前に広がる美しい緑色の空間( ゚Д゚)
縁結びの木があります🌳

この雰囲気と静かに聞こえる水の音がたまらなく良いです💧
この先で道が分かれています👀

まずは右上の方、不動堂へ行ってみます٩( ”ω” )و
と言っても、すぐですがw



岩壁にはまり込むようにして立つ不動堂(‘Д’)
よくこんな所に建てれましたね🌳
この岩壁もすごく風格がありますねぇ⛰

では分岐に戻り左下の方へ🐾
すぐに不動滝が見えてきます(=゚ω゚)ノ

 

 


日本の滝百選 不動の滝▼


不動の滝はビューポイントが何ヵ所かあります👀

先ほどの分岐からそのまま真っすぐ来ると滝の横へ出ます🌊
お賽銭入れがあります💰

 

階段を降りるとその先に橋がありますが、その途中にも道が分岐して滝の方へと続いています🐾
ココは滝の真ん前へと出ます🌊




 

そして階段を降りて橋から(=゚ω゚)ノ
ココからの全体の俯瞰がやはり一番良いかも( *´艸`)
しかし日本の滝百選に選ばれているだけに、決して大きな滝ではないですが良さがあります🌊

 

橋を渡った先も道はどこかへ続いているようです👀
少し橋から離れたところで、更に俯瞰できます(=゚ω゚)ノ
ココから朱色の橋と一緒に写すのも良い感じです(∩´∀`)∩

 

ーーーーーーー

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★☆☆☆
幻想度・・・・★★★☆☆
清流度・・・・★★★☆☆
到達感・・・・★☆☆☆☆

岩手県唯一の日本の滝百選の滝、不動の滝。
落差はわずか15mと決してそれほど大きな滝ではなく、データだけ見ると「なぜ?」と思う人もいる事でしょう。
しかし桜松神社や木々に囲まれ苔むした緑の雰囲気、静寂に包まれた落ち着いた空間に抜群に溶け込んだこの滝は、実際に見るとその魅力は日本の滝百選の一角になるだけのものがある事が実感できるかと思います。
静かな緑と朱色の橋が非常によく似合い、水もキレイなこの滝は到達何度も優しく、抜群の観光滝、寺社仏閣のパワースポットでもあります。

 

 


Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

ーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

岩手県の滝に戻る
東北の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

日本の滝100選に戻る
お手軽 観光滝一覧に戻る

 

TOPに戻る