大倉滝(高山)(紅葉)

大倉滝(おおくらたき)
岐阜県高山市

ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・滝群、段瀑
水系・・宮川⇒神通川
落差・・30m(推)
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★★☆☆☆
体力・・・★★☆☆☆
時間・・・入口から30分程
ーーーーーーーーーーーーーー
アクセス▼
福井から長野の松本までをつなぐ国道158号線、高山清美道路(無料区間)の南側の県道73号線沿いに入り口があります。
入り口付近には大きな看板も、そば床清美庵などもあり、走っているとすぐに分かると思います。


H30.10.22


県道73号線を走っていると、付近まで来たらでかでかと看板が立っています(=゚ω゚)ノ
道路もしっかりしており、車でのアクセスはしやすいです(∩´∀`)∩

駐車場も広くてきれいです🚘🏍
ちなみに道路挟んで反対側にも入り口と駐車場があります(‘ω’)


このそば床の奥に入り口があります🐾🌳
この遊歩道は大倉トンネルの上を通って本入口の所までつながっています(=゚ω゚)ノ



遊歩道を進んで行くとココへ出ます▲
もう一つの入り口からだと直接ここへ来ます(=゚ω゚)ノ
早いのはもう一つの駐車場からです🚘🏍

ココからは本格的に大倉滝遊歩道です🐾
比較的整備は行き届いていますが、山歩きになるので最低でも靴は考えてください🌳
途中いくつかの滝や橋があります🌊






大倉滝の前衛ともいえる登竜門滝🌊
これまでの小滝とは違い、なかなか見応えがあります(∩´∀`)∩

細長く伸びた流れの上にもう1段あります🌊
総落差にしたら大倉滝より少しだけ高いかもしれません( *´艸`)
ココまで来たらあと少し❕ラストスパートです٩( ”ω” )و




 

大倉滝▼

小屋が見えてきたら大倉滝です👀🌳
滝の前は気のベンチなどもあり、ゆっくり滝が見れます(∩´∀`)∩
ちょっとした小さな広場みたいです🏞




この大倉滝はなかなか面白い流れ方をしています( *´艸`)
ちょうど紅葉し始める時期で、色付いた木々が所々に目立ちます🍂🍁
正面の岩壁はなかなかの迫力です👀
遊歩道はこの先もまだどこかに向かって伸びています🐾🌳




ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★☆☆☆
幻想度・・・・★★★☆☆
清流度・・・・★★★★☆
到達感・・・・★★★☆☆

独特の流れ方をしている大倉滝ですが、高さもそこそこあり景観はとても美しいです。
また、大倉滝に到達するまでにも個性的な滝、橋、岩など他にも見どころがあるのも良いです。
コース自体は本登山とまでは行かないトレッキングと言った感じで、入り口までは車でアクセスしやすいので、家族や恋人同士、女性同士にもおすすめです。

岐阜県の滝に戻る

白水の滝(大白川)(紅葉)

白水の滝(しらみずのたき)
岐阜県大野郡白川村

ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・直瀑
水系・・庄川
落差・・60m(推)
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★★☆☆☆
体力・・・★☆☆☆☆
時間・・・入口から15分程
ーーーーーーーーーーーーーー
アクセス▼
富山の高岡市から岐阜市までを結ぶ国道156号線 (飛越峡合掌ライン) から、白水湖へ伸びる県道451号線へ入ります。
県道451号線の終点の少し手前に、キャンプ場へ伸びる林道との分岐の所に駐車場と入り口があります。
もう少し進んだところにも入り口がありますが、少し遠くなります。


H30.10.22


県道451号線を登っていくと、ずらりと横長の駐車場が現れます🚘🏍
ここから白水の滝の展望所まで行けるようです(=゚ω゚)ノ

秋の白水湖▼
駐車場を越えて県道451号線を終点まで行くと、白水湖と白水露天温泉があります🏞
白水湖は温泉混じりの独特の淡い水色が特徴的です( ゚Д゚)

この日は先に白水湖へ寄ったため、奥の方の入り口から進みます(=゚ω゚)ノ
どちらから行くにしても遊歩道沿いに行くだけです🐾
ただ、奥の方からいく場合は人気があまりないのと若干不明瞭な個所があります👀


時期的には紅葉7分咲きといったところ🍂🍁
それでもずいぶん色付いていて、日が当たると黄色やオレンジ色に反射します( *´艸`)


 

白水の滝▼


白水の滝展望台▲
基本的に葉遠望のみです👀
滝壺まで行こうと思ったら、かなり回り込まなければならなさそうです🐾
それはまたの機会に撮っておきましょう( *´艸`)


遠目にも迫力が十分に伝わってくるほどの凄まじい岩壁です( ゚Д゚)
高さもかなりありそうです🌊
次回来るときは是非あの滝の裏側まで行きたいですね~٩( ”ω” )و

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★★☆
幻想度・・・・★★★☆☆
清流度・・・・★★★★☆
到達感・・・・★★☆☆☆

少し離れた展望台にもその迫力は十分に届いています。
あの大きな岩壁はまるで付け入るスキがなさそうです。
展望所からは見事にちょうど良い感じに滝が一望でき、その高さや岩壁の荘厳さの全景を見ることができます。
ちなみに白水の滝はかつては日本三大名瀑布だったそうです。

岐阜県の滝に戻る