玉簾の滝(羽前 出羽)

玉簾の滝
(たますだれのたき)

目次
|▶アクセス・行き方
|▶ルート
|▶玉簾の滝(春)
|▶玉簾の滝(紅葉)
|▶Information

種類
・・直瀑
水系
・・日向川
落差
・・63m(公)
危険
・・★☆☆☆☆
体力
・・★☆☆☆☆
時間
・・入口から5分程
🏆飽海三名瀑
【💦】【🚘】【
【🌺】R1.5.1
【🍂】R2.10.22

落差や滝種などは完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的に休憩なしのハイペースで進んだ場合に基づいています。

🔗外部リンク
酒田市HP▶https://www.city.sakata.lg.jp/index.html

山形県 道路規制情報

 

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

 


行き方・場所・アクセス▼

山形県 酒田市

玉簾の滝は秋田県と山形県の海側の県境にある鳥海山の南側に流れる日向川の支流、滝の沢に掛かります(=゚ω゚)ノ

まずは国道344号線国道345号線から、日向川沿いに走る山形県道366号線へ入ります🐾

県道366号線をしばらく真っすぐ走ると、山形県道368号線に切り替わり、日向川を渡った先で玉簾の滝の案内看板があります👀

それに従い進んで行くと玉簾の滝の駐車場が現れます🚘🏍

 

ちなみに366号線の途中で▶開運出世の滝の滝の近くを通ります🐉

そちらもすぐに見ることができる滝なので、行きがけか帰りがけにでも立ち寄ってみてはいかがでしょう?(=゚ω゚)ノ

 

 


ルート▼

玉簾の滝への入口は駐車場を出てすぐの所にあります(=゚ω゚)ノ
ルートもすぐに分かると思うので説明するまでもないと思います🐾




ちなみに玉簾の滝は時期によってはライトアップされています✨✨
期間中は日没頃に言ってみるのも良いですね🌇

入口から少し行った所で道が二手に分かれていますが、どちらからでもすぐに玉簾の滝まで行けます🐾٩( ”ω” )و



右側のルートでは途中でポンポン石や目洗石などを見て社へ出ます👀🗻
とても良い雰囲気です(∩´∀`)∩

 

ーーーーーーー

御嶽神社▼




玉簾の滝の手前には御嶽神社があります⛩
手水舎がまたいい感じです🐉

そして社の奥に玉簾の滝が流れ落ちています🌊
ココまで来ると滝の音も聞こえます(‘ω’)

 

ーーーーーーー

ちなみに左側のルートでは、川の流れと4月終わりごろには桜を楽しむことができます🌸🌊🌲
こちらもとても良い雰囲気なので、行きと帰りで違うルートを通るのがよさそう(‘ω’)

 

 


玉簾の滝(春)▼

社の裏側の方へ進むと、すぐに滝と滝前の広場が出てきます(=゚ω゚)ノ
雪解けで水量が増しています(*‘∀‘)
63mの直瀑で、さすがに水の飛沫も凄く足元が滑りやすくなっていることも多いので気を付けましょう🐾⚠


 



玉簾の滝は滝壺の目の前まで行くことができます٩( ”ω” )و
63mから落ちる直瀑からの水しぶきで、カメラのレンズがすぐに曇ってしまいます(;´Д`)
この規模の滝が、こんなに手軽に目の前で見れるというのはなかなかお得です(∩´∀`)∩






上を見ても下を見ても、この規模の滝だと迫力が出てきます(*´Д`)
ましてや直瀑なので下から上まで全景が良く見え、満足度も高いです🌊
滝壺も周辺の木々や草とよくマッチングしています🌳🍃



 

滝前は広く、わりと回り込むこともできます🐾
少し滑りやすくて危険ですが、滝横の小高くなったところから角度を付けて撮影することもできるので、映し方の幅も広いです(=゚ω゚)ノ📷



 

 


玉簾の滝(紅葉)▼

変わって秋🍂
春とはずいぶん雰囲気が異なります👀
鳥海山の様子も全然違います⛰

 

滝に近づいて行くとけっこう木が赤や黄に染まっているのが分かります(*‘∀‘)
表側の方はあまり目立ちませんでしたが、滝の周りはけっこう紅葉するみたいですね~👀🍁




雪解けの春先とは違い水量は落ち着いています🌊
通常はおそらくこれくらいなのでしょう(=゚ω゚)ノ
これから冬になると氷瀑も見れるそうです(‘Д’)
春には桜、夏には深緑、秋には紅葉、冬には氷瀑、四季折々全ての表情を見てみたいものですね( *´艸`)



 

ーーーーーーー

 

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★★☆
幻想度・・・・★★★☆☆
清流度・・・・★★★☆☆
到達感・・・・★☆☆☆☆

広々とした滝前空間に落差の高い直瀑と、滝を見るのに好条件的な要素が詰まっています。
さらには四季折々の姿やがあり時期問わず楽しめる滝でもあります。

この規模の直瀑になると少なからず山を登ったり川を登ったりと手間のかかるものですが、この玉簾の滝は駐車場までちゃんと道路は舗装されており、入り口からは心地よい遊歩道を5分ほどと言う破格のお手軽条件で、さらには滝壺の目の前まで行けるというお得感です。

子供から年配の人まで楽しみやすい、おすすめの滝です。

 

 


Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

ーーーーーー

ページ先頭へ戻る

山形県の滝に戻る
東北の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

お手軽 観光滝一覧に戻る

 

TOPに戻る

開運出世の滝(不動滝)(羽前 出羽)

不動滝
(ふどうたき)
開運出世の滝
(かいうんしゅっせのたき)

目次
|▶アクセス・行き方
|▶開運出世の滝(不動滝)春
|▶開運出世の滝(不動滝)秋
|▶Information

種類
・・分岐瀑
水系
・・日向川
落差
・・25m(推)
危険
・・★☆☆☆☆
体力
・・★☆☆☆☆
時間
・・一瞬
【🚘】【
【🌺】R1.5.1
【🍂】R2.10.22

落差や滝種などは完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的に休憩なしのハイペースで進んだ場合に基づいています。

🔗外部リンク
山形県 道路規制情報

 

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

 


行き方・場所・アクセス▼

山形県 酒田市

秋田県と山形県の県境付近にある鳥海山の南側、日向川へ流れ込む支流に御滝神社があり、その奥に掛かります⛩

国道344号線国道345号線から、日向川沿いに走る県道366号線へ入ります🐾

開運出世の滝は本来は不動滝という名らしく、案内は直前まで出てきません👀

県道366号線を進んだ先の奥には玉簾の滝があり、その途中に位置するので基本的に最初は玉簾の滝の案内を頼りに進みます(=゚ω゚)ノ

366号線をしばらく走っていると、御滝神社・開運出世の滝の案内看板▲が見えてくるのでそちらの道へ入ります(=゚ω゚)ノ

後は林道を少し進むと、こじんまりとした神社とその奥に開運出世の滝が現れます👀

神社側の側道に数台分くらいの駐車スペースがあります🚘🏍

 

 


開運出世の滝(不動滝) 春▼

御滝神社▼
なかなか歴史を感じさせる風貌です(‘ω’)
手水舎の龍がかなりいい感じです( *´艸`)






背の高い杉の木がいっそう神社の雰囲気を作り上げています🌲
静かな山のふもとの神社という感じで、ガヤガヤした所よりも落ち着いて参拝したいという人には滝抜きでも良いところかもしれません⛩

そして社の後ろに滝が見えています👀
滝の方へは普通に回り込めます٩( ”ω” )و



思っていたよりもずいぶん立派な滝で感動(*‘∀‘)✨
微妙に取水ホースみたいなのがありますが、滝幅も結構あり見応えは十分🌊
そもそもこの滝はご利益を受けに来るのが目的ですが…( *´艸`)

手水舎の龍ではありませんが、どことなく龍を連想させるような外観をしているのも面白いところです🐉

 

 


開運出世の滝(不動滝) 秋▼

変わって秋の開運出世の滝🐉
と言ってもこの辺りはあまり紅葉する木々が無いようで、あまり変化がないかも💦
落ち口の方に若干色付いた葉が見えます(*‘∀‘)

とは言えやはり境内自体が深々とした良い雰囲気なので、秋の少し冷たくなった空気既に季節を感じます🍂
周りに何もないのでよけいに静寂感が増しますね(∩´∀`)∩

 

ーーーーーーー

 

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★☆☆
幻想度・・・・★★★★☆
清流度・・・・★★☆☆☆
到達感・・・・★☆☆☆☆

神社の奥に落ちる滝ですが、意外と大きさがあるため入り口からもすでに目視することができます。
神社などに付属する滝は正直クオリティに欠けるものが多いですが、この滝は十分に滝メインでも訪れることができます。

なんせ縁起の良い名前で、受験やその他試験などの前にお参りに来る人も多いようです。
滝好きなら、ある意味一度は訪れたい滝ですね。

ちなみに近くには落差60mの▶玉簾の滝もあるので、ついでに訪れてみてはいかがでしょう?。

 

 


Information

ページ先頭へ戻る

山形県の滝に戻る
東北の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

お手軽 観光滝一覧に戻る

 

TOPに戻る