湯川大滝(屋久島)

湯川大滝(ゆーごおおたき)(ゆーごのたき)
鹿児島県熊毛郡屋久島町

ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・段瀑
水系・・湯川
落差・・100m(推)
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★★★★☆
体力・・・★★☆☆☆
時間・・・入口から45分程(沢登)
ーーーーーーーーーーーーーー
アクセス▼
屋久島は九州本土から隔たれているため、入島するにはフェリーか高速船、もしくは飛行機で行く必要があります。
詳しい屋久島への行き方や宿などについては▶コチラに記載しています。

湯川自体は県道78号線沿いに現れるのですが、最も近い入渓ポイントは滝から一番近い少し下流に掛かる橋となります。
これと言って分かりやすい案内もないので、地図を見ながら進む感じになります。


H30.6.3


多分県道78号線の橋のあたりから直接登ってくることも可能かもしれませんが、特に見どころもなさそうなので一番近いユーゴ橋まで行くのが良いでしょう(=゚ω゚)ノ

ユーゴ橋周辺は比較的道も新しく、車も通りやすそうです🚘🏍
橋の近辺に何カ所か駐車できそうな所もあります(‘ω’)

橋の東側はかなり高さもあり降りるのは難しそう…(;´・ω・)
逆に橋の西側は地続きになっていそうです🌳
が、草がすごい…(;´・ω・)

ココから入るのか・・・💧
と、うんざりしそうな草の生え方は最初だけ( *´艸`)
少し中に入るといらっしゃいと言わんばかりに川まで出られます🐾

橋よりやや上流の所へ出てきます(´・ω・)
そして橋からは全く見えないのですが、この少し進んだところで前衛滝がお出迎えしてくれます🌊



この深く岩が切れた前衛滝は35m (推) ほどの中規模の滝で、直登はまず無理でしょう(;´Д`)
結果的にはこの滝は右岸 (向かって左側) から巻きますが、直接手前の岩付から登っていくと行き止まります✖🗻
ただ、撮影ポイントとしては良いかもしれません📷

しかし前衛とは言え、この滝もメインでとりあげて良いほどの滝です🌊
大きさ、流れ、岩の迫力など素晴らしいです✨✨

この前衛滝の右岸 (向かって左側) に支流のような細い流れがあります👀👉
ココから木や草付きを利用して無理やり登っていきます🌳

なかなかの茂り具合ですが、緊張する箇所もあり油断はできません(‘Д’)

前衛滝の落ち口を見下ろしながら上流へと進んでいきます🐾
この先で川が二つに分かれていますが、右側が本流で正解です(=゚ω゚)ノ

右側の流れの方へ行くとすぐにきれいな滝壺にスライダープールの様な小滝が出てきます🌊
ココは滝壺を左岸 (向かって右側) から回り込み、そのまま左岸から巻き上がっていきます(=゚ω゚)ノ
泳いで左岸にとりつくのもアリでしょう(‘ω’)
右岸 (向かって左側) からの方が一見登りやすそうですが、途中で川へ降りられなくなります(;´Д`)

ココからは爽快なゴルジュ帯となります( ゚Д゚)

距離はないですが、高低差はあります🗻
そのまま左岸 (向かって右側) の岩場から登っていきますが、足場は狭くかなり危険です⚠

ちなみに湯川大滝は隠れているので目の前に行くまで見えません👀🌊


湯川大滝▼


ゴルジュの一番上にそびえ立つこの異形の段瀑はかなりの高さがあります( ゚Д゚)
途中で岩の間を抜けて滝壺へ落ちるという面白い姿をしています( *´艸`)
こんなに大きいのに陰に隠れて正面に行かないと見えません(´_ゝ`)


さすがにこれだけの大きさがあると迫力もあります(∩´∀`)∩
切り立った岩の中にここだけきれいな滝壺とそれを眺めるスペースがある不思議な空間です( ゚Д゚)✨






ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★★☆
幻想度・・・・★★★★★
清流度・・・・★★★★☆
到達感・・・・★★★☆☆

屋久島で最も高さのある龍王の滝にも匹敵する大きさがあり、その迫力と見応えは危険を押して見に行く価値が十分にあります。
前衛滝も合わせ、二つの大きな滝が見れるのもうれしい点です。
また、大きさだけでなく滝のある場所や景観、岩の間をくぐって流れる特殊な姿など、神秘的であり面白い滝でもあります。

鹿児島県の滝に戻る

湯滝(日光)

湯滝(ゆだき)
栃木県日光市

基本データ▼
ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・分岐瀑
水系・・利根川
落差・・50m(公)
🏆奥日光三名瀑
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★☆☆☆☆
体力・・・★☆☆☆☆
時間・・・すぐ
ーーーーーーーーーーーーーー
完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的にハイペースで進んだ場合に基づいています。

目次
|▶行き方・場所・アクセス
|▶駐車場・滝前
|▶湯滝
|▶湯ノ湖へ
|▶奥日光の温泉・ホテル
|▶Information


R2.1.1

 


行き方・場所・アクセス▼

湯滝は日光白根山の東側、湯ノ湖の流出口に掛かります🌊

周辺は秘境百選に選ばれるほど山奥で標高の高い場所にありますが、ぶっちゃげ道のりは単純で国道119号線および国道120号線をまっすぐ進むだけです🐾

また東武バスが湯滝の入り口まで来ており、公共交通機関でのアクセスもしやすくなっていることからも、観光滝としても有名です٩( ”ω” )و

 

ーーーーーーー

でアクセスする際に覚えて置く主要道路は、宇都宮・日光駅から日光東照宮の南側の神橋のT字交差点まで伸びる国道119号線、コレを左折するとこから起点になる国道120・122号線🛣

その先の細尾大谷橋で国道122号線が足尾方面に分岐し、国道120号線はそのままいろは坂へ入ります(=゚ω゚)ノ

日光宇都宮道路を利用すれば、終点の清滝I.Cで降りれば国道120号線 いろは坂の少し手前に降ります🚘🏍

いろは坂を越えたら中禅寺湖で、そのまま国道120号線を湯元方面へ進み、竜頭の滝戦場ヶ原を越えて湯ノ湖の手前に湯滝の駐車場の入り口が出てきます🅿

 

ーーーーーーー

東武バス東武日光駅JR日光駅から湯元温泉行のバスに乗り、湯滝入口のバス停まで行きます🚌

途中バスの中から見える戦場ヶ原や男体山は非常に良い眺めで、余裕があるならこの辺りも見てみたくなります👀✨

本数は少なめで、湯元温泉行のみ (中禅寺温泉止まりのバスはココまで来ません) になります(‘ω’)

東武バス 時刻表
👉日光エリア
・・・日光エリア 湯元温泉行
・・・(湯滝入口下車)

 

ーーーーーーーー

日光へのアクセス詳細は▶コチラ参照👈

 

 


駐車場・滝前▼

前回は朝一で雲竜瀑、そして歩くこと寂光の滝、裏見の滝、バスに乗って華厳の滝、竜頭の滝、そして戦場ヶ原から歩いてココまで来たので、さすがに日の短い時期で
17時過ぎで日が暮れてしまいましたが…(;’∀’)💦

今回はちゃんと朝一で来たので明るく清々しいです٩( ”ω” )و✨


バス停を降りるとすぐに湯滝駐車場の方へ降りる道があります🐾
車で下流側から来た場合はココから少しだけ下ったところにも入り口があります🛣

国道120号線から中に入ったら駐車場の方へ進みます(=゚ω゚)ノ
ちなみに駐車場は有料🅿
雪や凍結具合によっては冬季は開いてないこともあります⛄


雪がなかなか積もってますがテクテク歩いて行きます🐾
駐車場の奥に木の小屋が見えてきます🏡
滝まではすぐです(∩´∀`)∩

 

ーーーーーーー

小屋は湯滝レストハウスで、正月だからか早朝だからかこの時は開いていません (前回も正月北野でやってなかったです💧) 🚪
建物はキレイなので普段はやってると思います☕


ココから湯川沿いに遊歩道で小田代ヶ原や戦場ヶ原、赤沼などの方へ抜けていけるみたいです🌳

そして湯滝レストハウスの前は滝見台になっていて、真正面に湯滝を見上げることができます(∩´∀`)∩✨

 

 


湯滝▼

前回はも暗くなっててはっきり見えなかったので実質これが初めて見ますが、落差も幅も思ってたよりずいぶん大きいですね( ゚Д゚)✨







一番上は段になっていてそこから徐々にほぼ対象に広がって流れていく様子は美しく、見ててあきません🍃

大きさもさることながら、流れ方も非常に面白い滝です🌊
上が湖になってるだけに水量はかなり多いですね( ゚Д゚)

 

ーーーーーーー

観瀑台は奥の方で下に降りれるようになっています🐾
見る角度が変わればまた違った表情を見せるので、撮影ポイントの幅は広い方が良いですね(∩´∀`)∩




滝も良いですが、その下流の流れも見惚れる美しさです✨✨
湯滝が落ちた所から横に流れすぐにぐるりと180度曲って流れていきます🌊

降りた先から湯滝の真下まで行けそうなのですが…
足元ミスった(;´・ω・)
あまり雪に突っ込みすぎるとあとで後悔しそうなのでやめとこぅ…




 

ーーーーーーー

さて小屋の前に戻りましょう🐾
意外と滝前に奥行きがないから全景を移すのが案外難しいです📷💦




滝の落ち口、中程、下部と、どこを見ても面白く、いつまでも見ていられそうです(´・ω・)
日光の観光滝でも最も奥に位置するのでここまで来る人がどれくらいいるか分かりませんが、近くまで来たなら是非立ち寄ってほしいですね(‘ω’)




出来るだけ奥の方まで下がって俯瞰すれば全景を見やすいのですが、手すりがすごく邪魔です(;´Д`)

上の方は段、中程から下にかけては滝というよりは急な渓流といった感じの流れ方で、水質と跳ね返りで白さが際立ち素晴らしい美しさになります✨✨



 

 


湯ノ湖へ▼

湯滝の手前の階段から湯の湖の方へ登っていくことができます🐾
落差50mの湯滝ですから、十数階のビルを一気に登るようなもので良い運動になります(*‘∀‘)

 



階段をのぼりながら、少し木が邪魔ですが湯滝の流れ落ちる様を横から見れます👀
また上の方まで来ると奥日光の山々や木々も眺められ、眺望もよいです🌳🏔
こうしてみると湯滝の傾斜が正面から見るよりもずいぶん緩いのが分かります🌊


 


なかなか登っても登っても上まで辿り着きませんが、湯滝の流れや山々の景色が退屈させないのであまりしんどさは感じません٩( ”ω” )و
犬の足跡がありますが、だれかこんな朝早くに散歩させてたのでしょうか❓🐾


やがて登り階段も終わりを迎え、湯滝の落ち口の横から国道120号線と湯ノ湖遊歩道へと出ます(=゚ω゚)ノ
ココからの眺めは絶景です✨✨

 

ーーーーーーー

湯の湖畔▼


この湯ノ湖の遊歩道もなかなか良いですが、冬の時期は雪が多いと通れません(´・ω・)
が、国道120号線もほぼ湯ノ湖沿いに通っていて湯ノ湖を眺めながら歩けます🐾
湯ノ湖の奥には白根山や外山や五色山などの山々が連なり、ココもとても素晴らしい景色です✨

 

ーーーーーーー

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★★☆
幻想度・・・・★★★☆☆
清流度・・・・★★★☆☆
到達感・・・・★☆☆☆☆

滝にしては緩めの傾斜でまるで急渓流のような流れ方をする湯滝は、非常に面白い流れ方をする滝で見ていて飽きません。
また落差も幅もあり、流れ方などから白さが際立ってかなり大きく見えます。
滝のすぐ近くまで車やバスで来れることから多少時間はかかれどアクセス性は悪くなく、奥日光まで来たなら是非立ち寄りたいところ。
湯ノ湖と合わせて見て回るのも良いですね。

ココから戦場ヶ原奥日光 湯元温泉も近くにあり、バスで1本で日光東照宮にも出れるので、その辺りもせっかくなので寄ってみても良いですね。

 

 


奥日光の温泉・ホテル▼

湯滝から上流側には湯ノ湖を挟んですぐに湯元温泉があります♨
温泉街としての規模も決して小さくはないので近くで宿は取りやすいと思います🏨
ただ、湯元温泉には歓楽的要素がほとんどないので、中禅寺温泉や日光駅周辺まで戻るのもアリでしょう📍



画像はリンク先からの引用です。時期や提携状況によっては画像の宿がない場合もありますのでご了承ください。

 

ーーーーーーーー

おすすめホテル予約サイト▼

☆Hotels.com☆~世界最大級のホテル予約サイト
「一休.com」~心に贅沢させよう
「ゆこゆこネット」~日本の温泉はゆこゆこで

 

ーーーーーーーー

飲食店予約サイト▼

「ぐるなび」~宴会 グルメ情報検索・レストラン予約
「ホットペッパーグルメ」~飲食店ネット予約
「一休」~レストラン予約プログラム

 

ーーーーーーーー

その他ツアー等▼

「asoview!(アソビュー)」~遊び予約・レジャーチケット

 

 


Information

ページ先頭へ戻る

栃木県の滝に戻る
関東・甲信越の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

お手軽 観光滝一覧に戻る

 

TOPに戻る

竜頭の滝(日光)

竜頭の滝(りゅうずのたき)
栃木県日光市

基本データ▼
ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・渓流瀑
水系・・鬼怒川⇒利根川
長さ・・210m(全長)
🏆奥日光三名瀑
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★☆☆☆☆
体力・・・★☆☆☆☆
時間・・・すぐ
ーーーーーーーーーーーーーー
完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的にハイペースで進んだ場合に基づいています。

目次
|▶行き方・場所・アクセス
|▶竜頭之茶屋
|▶竜頭の滝
|▶奥日光の温泉・ホテル
|▶Information


R1.12.31

 


行き方・場所・アクセス▼

竜頭の滝は湯元・湯の湖から流れてくる湯川がちょうど中禅寺湖に流れ込むところの少し上流に位置し、国道120号線が中禅寺湖から奥日光方面へ上がるところあたりに入り口があります📍

竜頭の滝の前には茶屋があり、看板もあるのですぐにわかると思います(=゚ω゚)ノ

入り口まで東武バスも来ていますが、やや本数は少なめで湯元温泉行のみの停車になります

 

ーーーーーーー

で来る場合は、日光宇都宮道路の終点の清滝I.Cで降り国道120号線をそのままいろは坂を登って中禅寺湖沿いに進んで行けば入り口や案内が出てきます🚘🏍

国道120号線が中禅寺湖から北に少し離れていった所の竜頭滝交差点の分岐を入れば駐車場ですが、それほど広くはありません(´・ω・)

 

バス東武日光駅・JR日光駅から湯元温泉行 (中禅寺温泉止まりのバスはココまで来ません) のバスに乗ります🚌

日光駅から1時間程で運賃は1000数百円になりますが、すぐ近くまで行けます🐾

東武バス 時刻表
👉日光エリア
・・・湯元温泉方面行
・・・(中禅寺温泉下車)

 

ーーーーーーーー

日光へのアクセス詳細は▶コチラ参照👈

 

 


竜頭之茶屋▼

バスを降りて少し下ったところで、すぐに入り口が見えてきます👀
車の入り口はココからもう少しだけ下ったところになります🚘

ちなみにこの竜頭の滝入口の道路を挟んで向かいの分岐は中禅寺湖の方へと降りていき、千手ヶ浜へにける遊歩道につながっています🌳

バス停側の入り口はすぐに湯川に掛かる橋になっており、ココから湯川が中禅寺湖に流れていく様子や、竜頭の滝の片鱗が微妙に見えます( *´艸`)

 

ーーーーーーー

橋を渡るときれいな茶屋が見えてきます🍵
ココの奥に滝見台があり、竜頭の滝の終着部がきれいに見えます👀✨

この日は時間が無かったのでスルーでしたが、当然茶屋ではちゃんとお茶も食事もできます🍴
非常に良い雰囲気の所なので次来ることがあればここで一服したいですね~(´_ゝ`)


 

茶屋の横には竜頭観世音があり、半分茶屋と竜頭観世音は一緒に建ってるみたいな感じになっています🐉

 

 


竜頭の滝▼

竜頭の滝の正面へは、茶屋の真ん中が抜けれるようになっており、奥に観瀑台がちゃんとあります٩( ”ω” )و

 

ーーーーーーー

滝見台から▼
ココからの竜頭の滝が一般的に最もよく知られている姿ですね(=゚ω゚)ノ
竜頭の滝の下流側の最端になります🐉



ちなみに竜頭の滝は冒頭のデータでも記載してますが、ココから上流200m程に掛けて全て渓流瀑として竜頭の滝になります🌊

 

ーーーーーーー

竜頭の滝 遊歩道▼

茶屋と観世音の間から、その奥にある竜頭の滝歩道に出れます🐾
歩道は国道120号線へ続き、竜頭の滝の始点まで続いています(=゚ω゚)ノ
この日はまさかの補修工事中で抜けれませんでしたが…(;´・ω・)





この遊歩道は四季折々の姿があり、非常に風流だと聞いています🌸🍁⛄
渓流とそれに溶け込む周りの景色は、その季節の魅力を引き出します👀

 

ーーーーーーー

朝の竜頭の滝▼
余談ですが、この日の朝は中禅寺湖西端の千手ヶ浜へ向かうため竜頭の滝バス停で降り、ついでにココも少し寄り道しました( *´艸`)




日の当たる昼間とはずいぶん雰囲気が変わりますね( ゚Д゚)
時期的になんか冬感が増して良いです⛄

 

ーーーーーーー

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★☆☆☆☆
幻想度・・・・★★☆☆☆
清流度・・・・★★★☆☆
到達感・・・・★☆☆☆☆

細く長く美しい流れは渓流瀑の代名詞のような滝です。
渓流瀑は一見退屈だと思われがちなのですが、その流れや景観は美や動に満ちており一気に落ちる滝とはまた違った楽しみがあり飽きません。
茶屋も竜頭観世音もとても良い雰囲気で、この滝の雰囲気にもぴったりです。
迫力のある豪快な華厳の滝等とは対照的に風流という言葉が似合います🐉🐍

ちなみにココから戦場ヶ原奥日光 湯元温泉も近くにあり、日光東照宮にも出やすいので、その辺りもせっかくなので寄ってみてはいかがでしょうか?。

 

 


奥日光の温泉・ホテル▼

竜頭の滝は中禅寺湖から湯元温泉へのちょうど登り口にあるため、中禅寺温泉にも湯元温泉にも行きやすく、最寄りの宿となるとそのどちらかへ行くことになるでしょう

バスに乗れば1時間ほどで日光駅や東照宮にも出れるので、他にどこを観光して回るかによって決めると良いとです🐾



画像はリンク先からの引用です。時期や提携状況によっては画像の宿がない場合もありますのでご了承ください。

 

ーーーーーーーー

おすすめホテル予約サイト▼

☆Hotels.com☆~世界最大級のホテル予約サイト
「一休.com」~心に贅沢させよう
「ゆこゆこネット」~日本の温泉はゆこゆこで

 

ーーーーーーーー

飲食店予約サイト▼

「ぐるなび」~宴会 グルメ情報検索・レストラン予約
「ホットペッパーグルメ」~飲食店ネット予約
「一休」~レストラン予約プログラム

 

ーーーーーーーー

その他ツアー等▼

「asoview!(アソビュー)」~遊び予約・レジャーチケット

 

 


Information

ページ先頭へ戻る

栃木県の滝に戻る
関東・甲信越の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

お手軽 観光滝一覧に戻る

 

TOPに戻る