猫滝(奥香肌)

猫滝(ねこたき)
三重県松阪市

基本データ▼
ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・直下型
水系・・櫛田川
落差・・20m(推)
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★★★★☆
体力・・・★★★☆☆
時間・・・入口から120分間程(沢登)
ーーーーーーーーーーーーーー
完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的にハイペースで進んだ場合に基づいています。

目次
|▶アクセス・行き方
|▶高滝越え
|▶猫滝
|▶Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

H30.4.1

 


行き方・アクセス▼

猫滝は松阪市の内陸部、台高山脈の北東部の池小屋山のふもとの宮ノ谷に位置します📍

櫛田川源流部の蓮ダム・奥香肌峡の一角である宮ノ谷へは、まず国道166号線から三重県道569号線 (蓮峡線) 、奥香肌峡の蓮ダムへ進みます🚘🏍

蓮ダムのさらに上流、ダムが分岐した南側の蓮川本流に沿って上流に向かって走っていくとダムが終わり、その先で川を渡り宮ノ谷へはいる林道が分岐します🌳

 

ちなみに猫滝のすぐ下流には高滝が掛かり、まずは高滝を越える必要があります🐾

猫滝へは林道終点から池小屋山への登山道へ入り、まずは風折の滝高滝の分岐へ、これを高滝方面へ進み高滝へ(=゚ω゚)ノ
その後高滝を越えて猫滝へ到達します(‘ω’)

ココでは高滝から猫滝までの道のりを見てみたいと思います👀
途中の詳しいアクセスやルートは▶風折の滝および▶高滝を参照してください

 

 


高滝越え▼

轟音を立てて流れる高滝👉
その高滝の手前に上に登るルートがあります(=゚ω゚)ノ

ただ、かなり急傾斜で滑りやすく道がめちゃくちゃ細く非常に滑りやすい箇所もあるので十分注意が必要です( ゚Д゚)

この登山道は高滝手前までは良いのですが、高滝越えから急に険相を呈します🌳

踏み跡は何となくは分かりますが、不明瞭なところもあるので、滑らなさそうか確かめる意味も兼ねてよく確認しましょう👀


硬度が上がるにつれて徐々に眺望もよくなります👀
鉄の祠▲みたいなのが出てきたら概ね登ってきたサインですが、ココがまた足場が悪くて怖いです(;´・ω・)

 

さらに進んで行くと川の方へ寄って行き、高滝の落ち口とその上の小さいゴルジュが見えます( ゚Д゚)🌊
高度感もあり良い眺め⊂⌒~⊃。Д。)⊃
けっこう高滝の上って段々になってます👀

 

 


猫滝▼

ストーーンと落ちる猫滝( ゚Д゚)
落差はそれほどありませんが、この形状は見応えありです✨


ご覧の通り滝の中に入れます(=^・・^=)
完璧に近い裏見の滝です٩( ”ω” )و

釜はキレイに丸くまとまっており、深さはけっこうありそうです👀🌊
滝の中はぼちぼち高さがあり、そこから見る滝壺は不思議な感じです( *´艸`)



 

ーーーーーーー

ちなみに猫滝も上まで行けます(=゚ω゚)ノ
というか、道中で猫滝の方による感じなので、道なりにそのまま登って行けば上流に出ます🐾
落ち口から見る景色は高度感があり非常に良い眺めです(∩´∀`)∩

 

ーーーーーーー

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★☆☆☆
幻想度・・・・★★★☆☆
清流度・・・・★★★★☆
到達感・・・・★★★☆☆

高滝のすぐ上は岩に囲まれたゴルジュになっているため、狭くて深い釜と連瀑になっておりその一番上に猫滝があります。
ゴルジュの上段という事でなかなか両岸迫った狭いところに流れ落ち、荘厳な景観となっています。
キレイな水と形の滝壺を持っていて、滝の中にも入れるというサービスの良さといい、高さ自体はそれほどありませんが見る価値は高い滝です。
しかし一体なぜ猫滝というんだろう(=゚ω゚)??

 

 


Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

ーーーーーーーー

奥香肌峡・宮ノ谷の滝▼


高滝へ戻る

風折の滝

 

奥香肌峡・蓮ダム(櫛田川)

 

ーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

三重県の滝に戻る
近畿の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

 

TOPに戻る