唐峠の滝

唐峠の滝(からかいのたき)
愛媛県 東温市

基本データ▼
ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・段瀑
水系・・重信川
落差・・50m(推)
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★★★☆☆
体力・・・★★☆☆☆
時間・・・入口から15分程
ーーーーーーーーーーーーーー
完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的にハイペースで進んだ場合に基づいています。

目次
|▶行き方・場所・アクセス
|▶遊歩道
|▶唐峠の滝
|▶Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

H30.8.4
R2.7.31

 


行き方・場所・アクセス▼

唐峠の滝は四国最高峰の石鎚山系の西側、松山市最大の河川である重信川水系の表川の源付近に位置します📍

愛媛の東温から高知の須崎へグニャグニャと伸びる国道494号線黒森峠の西側にその入口があります🌳

国道494号線へは、四国の主要道である国道11号線が東温市から西条市へ抜ける山間に入る手前付近にある東温市則乃内交差点や、面河川沿いの愛媛県道212号線 (東川上黒岩線) などから入ります🛣

 

 


遊歩道▼

唐峠の滝の入り口と駐車場▼
ぐるりとカーブするところで何台か車が停めれるスペースと石碑みたいなのがあり、すぐ分かると思います(‘ω’)

 

入口に入ってしばらくは広めの遊歩道です(=゚ω゚)ノ
ココは唐峠の滝の上流、ホントに川の発生源のすぐ近くで、横に流れるのは川なのか水溜まりなのかといった雰囲気🌳
途中山の上の方へ行く道と分岐しますが、滝は下の方へ下る道です🐾

分岐を右手の下流に向かう方へ進むと、急に日当たりの良い感じになります☀
そして行き止まりっぽくなったところに看板があります(=゚ω゚)ノ
そこから滝前の方へと降りていきます🐾

 

この看板の先からは細い遊歩道で、急に木々や草が生い茂り下り始めます🐾🌳
茂みを抜けたら傾斜が急になりますが、その先に滝が待っています٩( ”ω” )و

 

 


唐峠の滝▼

H30.8.4


なかなか特徴的な岩壁をした滝です( *´艸`)
ゴーロを登って行けば滝の目の前まで行き、滝に触ることもできます(∩´∀`)∩

この日は八月初旬の快晴☀、下の方は気温も高く熱いのですがこの辺りは標高も高いので涼しく、何より水がめちゃくちゃ冷たいです( *´艸`)
分かりにくいですが、滝は段になっていてこの滝の上に上段がわずかに見えます👀🌊

 

ーーーーーーー

R2.7.31


相変わらず源流感が半端ない雰囲気です🍃
奇怪な岩壁に反して深々と流れる音と流れが非常に心地よいです🌊
真夏でもひんやりとした空気もまた居心地をよくします( ゚Д゚)

 

 

ーーーーーーー

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

ここは川の発生源のすぐ近く🌊 #唐峠の滝 #四国山地 #愛媛 #東温 #水の秘境

児玉雄太郎(@musclecat5)がシェアした投稿 –

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★☆☆
幻想度・・・・★★★☆☆
清流度・・・・★★★★★
到達感・・・・★★☆☆☆

キレイで静寂な雰囲気を持った滝で、ゆっくりと静かに時が流れる感じがします。
水は透明で澄んでおり何より真夏でも非常に水温が低く、おそらくは水質はかなり良いのではないかと思います。

ちなみに水の冷たさに思わずバシャバシャ頭からかぶったのですが、その後がビックリ( ゚Д゚)
顔がスベスベに!
私は超乾燥肌で、水をかぶった後乾いたら乾燥することはあれどスベスベになる事は滅多に無いのに…。
いったい水の成分は何のだろう(´・ω・)?

 

 


Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

ーーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

愛媛県の滝に戻る
山陽山陰・四国の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

 

TOPに戻る