迷い滝(吉野)

迷い滝
(まよいたき)

目次
|▶行き方・場所・アクセス
|▶沢登りルート
|▶遊歩道ルート
|▶迷い滝
|▶Information

種類
・・分岐瀑
水系
・・十津川⇒熊野川
落差
・・80m(推)
危険
・・★★★★☆
体力
・・★★★★☆
時間
・・入渓から150分程(沢登)
【🚘】💧 【🍃】H30.7.10

落差や滝種などは完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的に休憩なしのハイペースで進んだ場合に基づいています。

🔗外部リンク
奈良県 道路規制情報
和歌山・奈良・三重 合同道路規制情報

 

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

 


行き方・場所・アクセス▼

奈良県 五条市

迷い滝は奈良吉野、五条市南東端の明星ヶ岳の西側の日裏谷本谷に掛かる秘瀑にして名瀑です📍

国道168号線ふれあいトンネル南側の交差点から篠原方面へ入る奈良県道235号線へ入ります🛣

県道235号線は舟ノ川沿いに伸び、ずっと進んで行くと支流に掛かる小さな橋と共に道が分岐します👀

ここで舟ノ川の方へ降りる道を進み、途中土砂崩れを直したようなところを通りますが、車で通れるのでまだ先へ進みます🚘


しばらく行くと、左の舟ノ川には壊れかけの堰堤、正面には火の用心の布と広場、道は斜め右方面へと続く少し開けた場所に出ます(=゚ω゚)ノ
ここで駐車し川へと入ります🐾

ココから堰堤の上に行くことができ、堰堤から川へと入っていきます🌊🐾
ちなみに堰堤を渡ったら半分荒廃した遊歩道があり迷い滝まで行けますが、序盤から激しく崩壊しており、通れないことはないですが非常に危険です⚠

 

 


沢登りルート▼

川から直接行く場合、日裏谷雄滝まで行き、これを巻くためそこから遊歩道へ登ります(=゚ω゚)ノ
沢登りルートに関しては、途中までは▶日裏谷雄滝を参照してください🐾

 

迷い滝に匹敵する規模を持つ名瀑、日裏谷雄滝👉
この滝の右岸 (向かって左側) から遊歩道へ上がります٩( ”ω” )و

右岸側へ巣こそは行った所にガレのような崩れた感じになったところがあります👀
そこから登っていきます(=゚ω゚)ノ

傾斜がきつく滑りやすいので気を付けてください⚠
しばらく登っていくと石積みが見えてきて、その上に遊歩道があります(∩´∀`)∩🌳

遊歩道の途中で垣間見える迷い滝▲
遠目に見てもその圧倒的存在感が伝わってきます👀(‘ω’)
しばらく歩くと徐々に川の音が近づいてきます🌊

そして遊歩道の行く手を支流の流れが遮ります(‘Д’)
ココから再び川へ降ります٩( ”ω” )و

ちなみに遊歩道をさらに進むと、迷い滝の右岸のどこかに出るのだと思います🌊🗻

ココからは小滝が連続し、巻きと直登の連続となります🐾
しかし下流付近と違い日当たりが良く、とても気持ちの良いコースです(∩´∀`)∩

少しずつ明らかな断崖絶壁が見えてきます🌳🗻
最後は岩をどんどん登っていきます🐾٩( ”ω” )و

 

 


遊歩道ルート▼

帰りは遊歩道を通りましたが、何カ所かはだいぶ派手に崩れています(;´Д`)
まあ帰ってこれたんで、行けないことはですけど…🐾
遊歩道から行く場合は基本的に崩れた箇所に十分注意する事⚠


特に遊歩道に入ってすぐの所が一番足場が悪いかな👀❓
踏み跡は崩れてながらもよく見れば分からないことはないと思います(‘ω’)
分岐もなく一本道ですが、最後の最後でかなり不明瞭になるので、川に入る方が分かりやすいかも🌊

 

 


迷い滝▼






これは聞きしに勝る超名瀑ですね~( ゚Д゚)
前衛の日裏谷雄滝も想像以上でしたが、やはりこいつがトップですね( *´艸`)
見る価値大いにアリです🌊✨✨



美しい分岐瀑ですが、微妙に段になっています( ゚Д゚)
それにしてもかなりでかいです(‘Д’)👀
本当に80mかな~?もっとあるように見える(´・ω・)
とりあえず下段を登っていきます٩( ”ω” )و🐾



滝の中ほどまで岩をよじ登ったところで、滝の目の前を横切ります(∩´∀`)∩
2手に分かれ幅も広いため、かなり大きいです🌊
水量もかなりあり、確実に十津川水系で一番の名瀑でしょう⊂⌒~⊃。Д。)⊃



岩場の所々に花が咲いています🌺
それにしてもすごい岩場です👀
ホントに自然の力とはすごいですね( *´艸`)🌳



どれだけいても何度見ても飽きません👀( *´艸`)
写真撮りすぎちゃったよ(´・ω・)
でもそれだけ素晴らしい滝です(∩´∀`)∩



 

ーーーーーーー

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★★★
幻想度・・・・★★★★★
清流度・・・・★★★★☆
到達感・・・・★★★★☆

大きさも水量もあり、恐ろしいまでの整った大きな岩壁、辺りの緑など、どれをとっても名瀑の要素を踏まえており、個人的には十津川水系で1番の滝です。
大きな岩の両側から落ちる特異な容姿で、名前通りの迷い滝です。
そこに水量もあるため、左右に広がり高さも相まってかなり大きく見えます。
また、真下から見上げてもすさまじい迫力ですが、遠望でもとてつもない存在感を放っています。
奈良県には全国でもトップを争うほど名瀑が存在しますが、その中でもトップクラスの名瀑ではないでしょうか。

 

 


Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

ーーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

奈良県の滝に戻る
近畿の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

 

TOPに戻る