仙人滝(那智勝浦)

仙人滝(せんにんたき)
和歌山県 東牟婁郡那 智勝浦町

基本データ▼
ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・段瀑・分岐瀑
水系・・太田川
落差・・60m(推)
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★★☆☆☆
体力・・・★★☆☆☆
時間・・・入口から30分程
ーーーーーーーーーーーーーー
完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的にハイペースで進んだ場合に基づいています。

目次
|▶アクセス
|▶ルート
|▶仙人滝
|▶Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

H29.10.1

 


行き方・アクセス▼

和歌山県道43号 (那智勝浦古座川線)和歌山県道45号線 (那智勝浦本宮線) がちょうど南側から合流した所の少し西側に入り口があります🌳

住所で言えば「色川」、地図上で見れば那智の滝の少し西側にあります(=゚ω゚)ノ

太田川の上流部、熊瀬川の源流付近に仙人滝はあります🌊
周辺の道は細くて路面の悪いところが多いので注意して運転してください⚠

県道43号線は那智勝浦方面からくると、なかなか展望が良いです👀✨
逆に国道168号線方面や古座方面からくると、路面が非常に悪く難儀します(;´・ω・)

展望の良いところから森の中に道が入っていきます(‘Д’)🌳🌳
それを抜けたら集落と県道45号線の合流地点です(=゚ω゚)ノ
そこから少し西側に入り口が出てきます👀🐾

 

ちなみに入り口には看板も何もないので、写真の場所▼を探してください👀
熊瀬川に掛かる小さな橋の少し西側にあります(‘ω’)
バス停も付近にあるので見たらだいたい分かると思います🚌

 

 


ルート▼

県道43号線と県道45号線が合流したあたりに地図みたいな看板が立っています(=゚ω゚)ノ
ココから少し西へ進むと熊瀬川が現れます🌊

ぶっちゃげ小さな川なので見落とさないようにしましょう👀


仙人滝の掛かる川▼
ホントいうと最初入り口がどこか分かりませんでした(;´・ω・)
理屈的にはこれをずっと登って行けばたどり着きます(´・ω・)
そんなわけで、川に降りて直接進みましたが、この少し西側に正規の入り口があります٩( ”ω” )و

少し進むと陸に上がれるのですが…、
あっち行ったりこっち行ったり、ろくでもないです(;´・ω・)
とにかく川に沿って進みます(;’∀’)🐾


川に沿って進んでいった先に堰堤があります( ゚Д゚)
ちなみにココまで来て正規ルートと合流します(‘ω’)

 

ーーーーーーー

本当の入り口はコチラ▼

確か目の前のあたりにバス停▼があったはずです🚍
本数はかなり少ないですね~…(;’∀’)
しかしのどかな所ですね( *´艸`)


これをずっと進んでいくとどんどん山の中へと入って行き、最終的に先ほどの堰堤の前に着きます( *´艸`)

 

ーーーーーーー


林道の終点▲
川から来てもこの堰堤を越えるためココに出ます📍
この堰堤の前の林道終点の左側から作業道へ入っていくことができます(=゚ω゚)ノ


見渡せば切り立った岩々に深い山々( ゚Д゚)
この先も道がちゃんと続いています🏞
しかし不明瞭な箇所もあるのでしっかり踏み跡を確認しましょう(‘ω’)


入口には無かったのに途中から看板も出てきます(‘Д’)
今さらな気がしますが…(;’∀’)
しかし、この辺りから道は荒れてはいますが少し分かりやすくなります👀


 

 


仙人滝▼


大きな滝ですが、流れはやや優しめです( *´艸`)
どちらかというとナメ滝の部類に入りそうです(´・ω・)

少し傾斜がついているからか、落ち口付近ははっきりと見えません👀🌊

なかなか独特の容姿で、大きさもあるので見応えはあります( ゚Д゚)

 




 

ーーーーーーー

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★☆☆☆
幻想度・・・・★★★☆☆
清流度・・・・★★★☆☆
到達感・・・・★★☆☆☆

滝の規模は大きく、独特の形をした面白い滝です。
傾斜はきついですがナメのような見た目で、さらに比較的控えめな水量から大きさに対してとても大人しい流れ方をしています。
民家の合間から堰堤の先の作業道の奥で木々に囲まれてヒッソリ静かに流れる、心地よいせせらぎの音で心地よい滝前空間です。
高さはあるので水量が増すとかなり迫力が増しそうです。

 

 


Information

その他那智勝浦の滝▼


那智大滝

貴久滝

 

ーーーーーーー

宿・温泉情報▼

ぶっちゃげ仙人滝の周辺には何もないですが、那智駅の方へ出ると紀伊勝浦方面へ向けて温泉宿が点々と続きます
勝浦は南紀でも白浜などに次ぐ温泉街です(∩´∀`)∩

また勝浦はマグロも名物で、宿泊先の料理には使われていることも多いでしょう🍴
日本一の滝、温泉と海、おいしいマグロ、魅力がたくさんありますね(*‘∀‘)

 

ーーーーーーーー

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

ーーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

和歌山県の滝に戻る
近畿の滝一覧に戻る
日本の滝一覧に戻る

 

国内旅行~ぶらり旅~
和歌山・那智熊野の観光へ
関西・近畿の観光へ

 

TOPに戻る

貴久滝(那智勝浦)

貴久滝(きくたき)
和歌山県 東牟婁郡 那智勝浦町

基本データ▼
ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・分岐瀑
水系・・太田川
落差・・30m(推)
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★★★☆☆
体力・・・★★☆☆☆
時間・・・入口から30分程
ーーーーーーーーーーーーーー
完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的にハイペースで進んだ場合に基づいています。

目次
|▶アクセス
|▶ルート
|▶貴久滝
|▶Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

H29.10.1


行き方・アクセス▼

那智から古座川へ抜ける和歌山県道43号線 (那智勝浦古座川線) 沿いに入り口があります🌳
和歌山県道45号線 (那智勝浦本宮線) が南側から合流する少し東側、地図上で言えば那智の滝の少し西側にある県川の源流部になります🌊

県道43号線は那智勝浦方面からくると、なかなか展望が良いです👀✨
逆に国道168号線方面や古座方面からくると、路面が非常に悪く難儀します(;´・ω・)

展望の良いところから森の中に道が入っていきます(‘Д’)🌳🌳
森の中の道路を走っている途中で県川と34号線が交差しますが、そこにひっそりと入り口を示す看板が立っているので、注意して見ていると分かります👀

周辺の道は細くて路面の悪いところが多いので注意して運転してください⚠

 

 


ルート▼

喜久滝入口の看板▼
上流側の道路脇に立っています(=゚ω゚)ノ
車も2台くらいなら停めれそうなスペースがあります🚘🏍

で、早速入っていきます٩( ”ω” )و
最初っ非常に分かりにくいですが、一応踏み跡が分かります🐾


道中は弱々しい踏み跡に所々案内看板が所々に立っています▼
しかし草もかなりボーボーで、かなり不明瞭な個所も多いので踏み跡をよく確認して進みましょう👀🐾🌳
何度か川を渡る場面もあります🌊

最後の方は道はもかなり分かりにくく面倒なので、ほとんど川を直接登りました( ゚Д゚)
特に大きな段差などもないので、膝くらいから下が濡れても良いようにしておけばそれほど難しくはありません(=゚ω゚)ノ

 

 


貴久滝▼





それほど大きな滝ではないのですが、緑が非常に豊富で岩の感じや周りの景観も何とも言えぬ、極めて美しい滝です( *´艸`)
まるでジブリ映画にでも出てきそうな幻想的で神秘的な雰囲気を纏っています( ゚Д゚)✨

 



そして滝の下の方には看板に書いてある通り、虹ができています( *´艸`)🌈
あまり日は出てませんでしたが、これで虹が出たという事は日がもっと出ていればかなり期待できそうです(∩´∀`)∩✨

 

ーーーーーーー

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★☆☆☆
幻想度・・・・★★★★☆
清流度・・・・★★★☆☆
到達感・・・・★★☆☆☆

慮y側から木々が迫る林道の奥でひっそりと流れるように静かで落ち着いた雰囲気をしており、バランスとれた容姿で緑や黄緑が輝く非常にキレイな滝です。
立地条件や向きなどから虹ができやすいのでしょうか?
楓の葉も見かけたので紅葉の時期なども非常に良さそうです。
周辺の緑と岩肌のコケや水草が幻想的な空間と秘境感を演出します。

 

 


Information

その他那智勝浦の滝▼


那智大滝

仙人滝

ーーーーーーー

宿・温泉情報▼

ぶっちゃげ喜久滝の周辺には何もないですが、那智駅の方へ出ると紀伊勝浦方面へ向けて温泉宿が点々と続きます
勝浦は南紀でも白浜などに次ぐ温泉街です(∩´∀`)∩

また勝浦はマグロも名物で、宿泊先の料理には使われていることも多いでしょう🍴
日本一の滝、温泉と海、おいしいマグロ、魅力がたくさんありますね(*‘∀‘)

 

ーーーーーーーー

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

ーーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

和歌山県の滝に戻る
近畿の滝一覧に戻る
日本の滝一覧に戻る

 

国内旅行~ぶらり旅~
和歌山・那智熊野の観光へ
関西・近畿の観光へ

 

TOPに戻る

那智の滝(南紀 熊野)

那智の滝(なちのたき)
和歌山県 東牟婁郡 那智勝浦町

基本データ▼
ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・直瀑(大滝)
水系・・那智川
落差・・133m(公)
👑一段落差日本一の滝
🔱
🏆日本三大名瀑
🏆日本三大神瀑

🏆日本の滝百選
🏆
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★☆☆☆☆
体力・・・★☆☆☆☆
時間・・・入口からすぐ
ーーーーーーーーーーーーーー
完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的にハイペースで進んだ場合に基づいています。

目次
|▶アクセス・行き方
|▶ルート
|▶那智大滝
|▶Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

H29.10.1

 


行き方・アクセス▼

那智の滝は和歌山県南東部、那智山のふもとに位置し、那智四十八滝の一つでありその中で最大の滝です📍

和歌山から松坂まで紀伊半島をぐるりと回る国道42号線から、県道43号線・県道46号線に入ります🚘🏍
那智勝浦道路 (無料) 那智勝浦I.Cで降りると46号線に出ます(=゚ω゚)ノ

最終的には県道46号線 (那智山勝浦線) を那智川沿いに道なりに進んで行くと、大門坂・那智の滝駐車場へと出ます🐾🌳

 

高速道路は紀勢自動車道になりますが、すさみから尾鷲の間は通っていないため、その区間は一般道やバイパス道路などを走ることになります🛣

 

ーーーーーーー

公共交通機関は鉄道の最寄り駅はJR紀勢本線 那智駅🚋
ただし那智駅から歩くのは少々大変💦

JR那智駅JR紀伊勝浦駅から熊野交通バスが出ています🚍

バスも電車も本数はあまりないので、時間は確認しておいた方が良いかもしれませんね👀

JR紀勢本線 時刻表
・・・和歌山市駅~亀山駅
・・・(紀伊勝浦駅or那智駅下車)

 

熊野交通
👉MENU👉路線バス
・・・31番系統 那智山線
・・・(那智の滝前下車)

高速バスの予約等詳細

 

 


ルート▼

駐車場と観光通り▼
那智の滝の駐車場自体は入り口前の数台分だけみたいですね🚘🏍
あとは入り口前の通りに並ぶ飲食店やお土産屋さんの駐車場に止めることになります(‘Д’)
何百円かくらいですが有料っぽい?💰

駐車場まで来る間の途中にある大門坂▼
バスで来る場合、ココで降りて大門坂を登ってくるのも良いです( *´艸`)
下の入り口▼:
上の入り口▼:

 

ーーーーーーーー

那智大滝への入り口▼


入り口から鳥居をくぐって階段を降りていきます(=゚ω゚)ノ

まあぶっちゃげ滝自体は大きすぎて林道からでも見えますが…👀🌊
でもやっぱり下に降りてみた方が、迫力と景観が違いますね( *´艸`)

 

 


日本三大名瀑 那智大滝▼



しかし流石に大きいですね~(*´Д`)✨
そして鳥居がよく似合います
こんなに近くまで人の手が入っているにしては水がとてもきれいです🏞

 

ちなみに滝の正面まではぶらりと行けますが👀、延命長寿のお瀧水と滝に最も近づける場所へは有料です(;´・ω・)

まったく…
商売上手なんだから(∩´∀`)∩


この先へ進むともう少しだけ滝へ近寄ることができます🐾👀
左下側からになりますが、やはり少しでも近くに行った方が迫力も臨場感も増します🌊
⊂⌒~⊃。Д。)⊃


滝の形も非常に美しいので、神社の赤基調の造形物との相性が非常に良いです( *´艸`)
もちろん周りの緑とも荘厳な岩壁ともよく合います🌳🍃
そして岩壁はほぼ垂直で、絵に描いたような直瀑です(*‘∀‘)✨


 

この那智の滝は落差は一段で落ちる滝では日本一ですが、何がすごいって…、
源泉となる那智山は900m台の山なんですよね🗻

山の規模としては決してそれほど大きくはないんです( ゚Д゚)
そこに日本一の、水が流れる断層があるってのが神がかっています🌊

切り立っているというのもありますが、山が含んでいる水や降水量も多いという事ですね🌳

 

ーーーーーーー

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★★☆
幻想度・・・・★★★☆☆
清流度・・・・★★★☆☆
到達感・・・・★☆☆☆☆

やはり何度見ても見ごたえのある滝です。
滝が神格化されるのが改めて理解できますね。

すぐ横にある熊野那智大社は熊野三山の一角ですが、本宮・新宮と異なり那智滝を神聖視する原始信仰が起源とも言われています。
那智大滝と共にユネスコの世界遺産に登録されています。

ちなみに予約制でお金もかかりますが、お祓いなどをしてもらいこの那智大滝の上にある二の滝 三の滝や、那智四十八滝を周ることができるそうです。

熊野那智大社・青岸渡寺

国内旅行~旅ぶらり~

 

 


Information

その他那智勝浦の見所▼


那智海水浴

弁天島・浦島大蛇浦隧道

国内旅行~旅ぶらり~

 

ーーーーーーー

その他那智勝浦の滝▼



仙人滝


貴久滝

 

ーーーーーーーー

宿・温泉情報▼

那智の滝から那智駅の方へ下ると、紀伊勝浦方面へ向けて温泉宿が点々と続きます
勝浦は南紀でも白浜などに次ぐ温泉街です(∩´∀`)∩

また勝浦はマグロも名物で、宿泊先の料理には使われていることも多いでしょう🍴
日本一の滝、温泉と海、おいしいマグロ、魅力がたくさんありますね(*‘∀‘)

 

ーーーーーーーー

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

ーーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

和歌山県の滝に戻る
近畿の滝一覧に戻る
日本の滝一覧に戻る

日本の滝100選に戻る
お手軽 観光滝一覧に戻る

 

国内旅行~ぶらり旅~
和歌山・那智熊野の観光へ
関西・近畿の観光へ

 

TOPに戻る