敬天の滝

敬天の滝(けいてんのたき)
愛媛県四国中央市

ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・直瀑
水系・・浦山川⇒関川
落差・・70m(推)
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★★★★☆
体力・・・★☆☆☆☆
時間・・・すぐ
ーーーーーーーーーーーーーー
アクセス▼
高松から松山を結ぶ国道11号線、伊予土居と関川の間の県道131号線に入ります。
四国山地へ向かって登っていきますが、途中から道路の舗装がなくなり路面が非常に悪いため、運転は注意です。
林道の終点まで行くと駐車場所があり、その先の橋から川の方へ入ると敬天の滝が見えます。


H30.8.4


敬天の滝の手前の駐車場所▼
この先の橋から少し上流の所に敬天の滝がそびえ立ちます🌊


なのですが…、
地図上に道路の表記が無かったため、何も知らぬ私はそのかなり下流の橋から川に入り、川を直接登るという(;´・ω・)
まぁキレイな川原なのでよかったのですが、途中からアブがうじゃうじゃ出てきて大変でした(;´Д`)🐝


橋は脇から無理やり降りますが、注意が必要です⚠
せっかくなのでココから敬天の滝までも紹介します٩( ”ω” )و
川に入るとすぐに小滝が現れます👀
真夏なので水を浴びながら登っていきます🐾
何とも言えぬ心地よさです( *´艸`)


少し進んだところで大量の木が横たわっており、自然の恐ろしさを感じます🌳

これをくぐり抜けたところくらいからでしょうか、
「ブンブン、ブンブン」
1匹2匹とブンブン丸があれよあれよという間に物凄い数(;´Д`)

ちなみにアブとの格闘は敬天の滝を見て道路を下り、再びバイクの所まで戻るまで続きます🏍💦

もうとにかくここからは必死です(;´・ω・)
立ち止まったらアブの餌食になるので、常にタオルを振り回しながらハイペースで動き続けなければなりません🐾
写真を撮る一瞬だけ止まります📷


しかしこの川も見どころと言える小滝が非常に多く、逆行価値は高いです(=゚ω゚)ノ
しかしブンブンブンブン🐝
幸い大きく巻くような箇所はなく小滝の傾斜も比較的緩めで、考えている間がないのでほぼ全て直登です🐾(;´Д`)





アブから逃げ続け40分くらいたったくらいかな(´・ω・)⁇
滝壺の美しい滝を巻き上がり緩めの廊下を越えた先で突如現れた橋…。
ココで初めて林道がココまで来ていることを知った(;´・ω・)

ただ、橋まで行ってもそこからきれいに滝が見えるわけではありません(‘ω’)
全景を見るには少し中に入る必要があります👀
そんなわけでそのまま橋をくぐって先へ行きます(=゚ω゚)ノ
前衛の小滝を登っていきますが、ココがなかなか危険なので基本的には手前から見るようにしてください⚠

 

敬天の滝▼

これは苦労してきた甲斐がある立派な滝です(∩´∀`)∩
下の段を上るところが非常に危険です⚠
登りは何とか直登できますが帰りは横の茂みを使いましょう🌳

この滝を段瀑とするなら100mクラスになってくるでしょう( ゚Д゚)
まだアブがブンブン纏わりつきます(;´・ω・)
しかし標高の影響か気温が少し低くなってアブの動きが鈍くなっています(‘Д’)
しかしここでは逃げ場も少ないので早々に退散します🐾
高さに対して狭くえぐられた滝壺が美しい色合いをしています( *´艸`)


ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★★☆
幻想度・・・・★★★☆☆
清流度・・・・★★★☆☆
到達感・・・・★★☆☆☆

狭い川原の先に天から零れ落ちるように流れています。
滝から滝前に掛けて荘厳な岩壁が立ちはだかりますが、それを登り滝前に出た所の眺めは絶景です。
ちなみによけいなことをしなければアブの心配はそれほどないと思います。

愛媛県の滝に戻る

苗名滝(上越)

苗名滝(なえなたき)
新潟県妙高市

ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・直瀑
水系・・関川
落差・・55m(公)
日本の滝100選
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★☆☆☆☆
体力・・・★☆☆☆☆
時間・・・入り口から5分程
ーーーーーーーーーーーーーー
アクセス▼
長野県 長野市と新潟県 上越市を結ぶ国道18号線、妙高山の南東側の県境を新潟側に越えてすぐの所から笹ヶ峰方面へと伸びる県道39号線に入ります。
39号線を進み、途中で県道280号線へ入ります。案内があったと思います。
その先で280号線がぐるりと180度カーブし橋を渡って県道119号線へと変わるところで、川沿いの林道の方へとまっすぐ入っていきます。
そのまままっすぐ行くと苗名滝の駐車場があります。

北しなの線、妙高はねうまラインの妙高高原駅、関山駅からバスもあるようです。
頸南バス


H29.8.14


苗名滝の駐車場▼
かなり広いです。そしてお盆と言うのもあって人もかなり多いです👫
道路もきれいで設備の充実しています🚘🏍



下流側▲
上流側▼

見ての通り整備が行き届いています( ゚Д゚)
人が多い訳ですね(´_ゝ`)
それにしても川幅もあり、かなり大きな川です🌊

この大きな堰堤を越えたら苗名滝が見えてきます👀
川を見ればわかりますが、すごい水の量です⊂⌒~⊃。Д。)⊃

 

苗名滝▼





それにしてもすごい水量です( ゚Д゚)🌊
幅も相当ありますね( ゚Д゚)

岩壁はほとんど垂直で、断崖とは正にこの事ですね( *´艸`)

滝が落ちる所だけぽっかりくぼんでいます凹

滝壺も相当でかいです🌈
落ちたら水面まで二度と上がってこれなさそうです(;´Д`)

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★★★
幻想度・・・・★★☆☆☆
清流度・・・・★☆☆☆☆
到達感・・・・★☆☆☆☆

川の大きさからも分かる通り、水量がすさまじいです。
多分日本の滝100選で一番水量あるのでは❓
落差も55mと大きいですが、幅もかなりあり滝壺も相当でかいです。
近づくのは万死に値するため、少し離れた所から見ることになりますが、それでも轟音というより地響きに近いものが伝わってきます。
まさに恐ろしいくらいの迫力です。

新潟県の滝に戻る

称名滝・光明滝(上越)

称名滝・光明滝(しょうみょうたき・こうみょうたき)
新潟県 妙高市

ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・直瀑・連瀑
水系・・関川
落差・・90m (50mと40m) (推)
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★★★☆☆
体力・・・★★★☆☆
時間・・・入り口から45分程
ーーーーーーーーーーーーーー
アクセス▼
長野県 長野市と新潟県 上越市を結ぶ国道18号線、妙高山の東側の県境付近から妙高山・燕温泉方面へと伸びる県道39号線に入ります。
39号線を最も奥へ行った所に温泉街と駐車場があります。
その奥の遊歩道から行くことができます。

北しなの線、妙高はねうまラインの妙高高原駅、関山駅からバスもあるようです。
頸南バス


H29.8.14


県道39号線は途中で分岐して、片方は燕温泉の宿場の方へ、もう片方は国道18号線のもう片方の入り口へと戻ります🚘🏍
宿場手前の駐車場と温泉街▼


宿場町の奥の方に入り口と登山道があります🗻
惣滝方面と露天風呂黄金の湯方面のどちらからでも行けます٩( ”ω” )و

ぶっちゃげると露天風呂方面から行く方が安全で楽です♨
しかしこの日は惣滝を見た後によるルートを取ったのでそちらを紹介します。

惣滝方面に進んでいくと、途中で妙高山方面へ分岐します( ゚Д゚)
これを登っていくと途中で滝へ行く道と分岐します🌳

道中はそれほど迷うようなところは無く、地図を見ながら行けばたどり着けると思います🐾



結構急な登りがあり、遊歩道があるとは言え結構しんどいです(;´Д`)
鎖場などもあり、道が細く転倒したら取り返しがつかなそうな所もあるので油断しないようにしてください(=゚ω゚)ノ

何か霧がすごいことになってきました(;´・ω・)
ま、歩けないことはないです⊂⌒~⊃。Д。)⊃
そうこうしているうちに川が出てきます(‘Д’)🌊


どうやら滝の上流に出てきたようですね(‘ω’)
この川が流れているあたりだけ赤い岩肌です。
多分温泉混じり何でしょう♨

と、いう分けでココからは下りに差し掛かります٩( ”ω” )و



下っていく途中でかわいい花が咲いているなぁと、思っていたら…
大きな滝が⁉⊂⌒~⊃。Д。)⊃

さあ❕近づいていきましょう٩( ”ω” )و
これはなかなか大きそうです(∩´∀`)∩

 

称名滝▼



赤い岩肌が特徴的な、何とも言えぬ不思議な滝です🌊
高さも十分あり、形も非常に美しいです( ゚Д゚)✨
しかし、滝壺も実に興味深いです(。-`ω-)


ご覧の通り、明らかに温泉らしきものがわき出ています♨
硫黄の匂いこそありませんが、かなり透明度は高いですが極めて薄く白濁しているのが分かります(‘ω’)
何より岩肌の色がもはや普通の水でないことを物語っています( *´艸`)


上流はもっと透明度が高かったので、この辺りから湧き出ているのでしょう(´・ω・)
その証拠に所々水があったい箇所があります☁☁☁
反対側は光明滝の落ち口です( ゚Д゚)

 

称名滝のすぐ下に光明滝が落ちています🌊
光明滝▼

光明滝の滝壺へはココからは行けません(;´・ω・)
下の方から草をかき分けて回り込んでくる必要があります🌳

この下流に赤倉温泉の源湯があります♨
完全にフリーの温泉ですが、何とかしたらお湯を溜めて浸かれそうです( *´艸`)


コレ▲はたしか熱くなかったような気がします(;´・ω・)❓
ココに▼天然素材?の風呂桶がありますが栓がありません🛁

この傍らに厚い温泉の源泉がちょろちょろと地面を張っています♨
これを風呂桶の方に入れて温度を調節できれば浸かれそうです☁☁

ただし❕、熱湯です。
かなり熱いので直接触ったら火傷します(;’∀’)

そして奥の方には川が流れています🏞
コレを踏まないように奥の川原へ出ると、そこは光明滝の下流です٩( ”ω” )و



川へ落ちないように、草を分けながら慎重に進んでいきます(‘Д’)

が、右の写真の小滝に阻まれました✖
水に濡れても大丈夫なら無理やり登れそうなのですが…

残念ながら想定外だったので、この日は沢登りの用意をしてきてませんでした(ノД`)・゜・。
残念ながら今日はココまで(´・ω・)



そのまま川沿いを下っていくと、駐車場みたいなとこに出ます🚘🏍
ココまで車で来れるのかな(´・ω・)❓❓
そのままコンクリで舗装された道を下れば温泉街へ戻ります🏡

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★☆☆
幻想度・・・・★★★★★
清流度・・・・★☆☆☆☆
到達感・・・・★★★☆☆

赤い岩肌が特徴の称名滝・光明滝ですが、どちらも落差はかなりあり連瀑になっているので、遠目に見るとかなりの落差です。
上段の称名滝は比較的すぐに滝壺まで行けて、真下から見上げるとなかなかの迫力があります。
称名滝の上流に比べて光明滝の下流の方が、水が白く濁っているのも見どころです。

日本の滝100選の▶惣滝もすぐ近くにあり、すぐ見に行けるので一緒に見るのがおすすめです。

新潟県の滝に戻る

惣滝(上越)

惣滝(そうたき)
新潟県妙高市

ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・直瀑
水系・・関川
落差・・80m(公)
日本の滝100選
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★★★☆☆
体力・・・★☆☆☆☆
時間・・・入り口から15分程
ーーーーーーーーーーーーーー
アクセス▼
長野県 長野市と新潟県 上越市を結ぶ国道18号線、妙高山の東側の県境付近から妙高山・燕温泉方面へと伸びる県道39号線に入ります。
39号線を最も奥へ行った所に温泉街と駐車場があります。
その奥に惣滝への入り口があります。

北しなの線、妙高はねうまラインの妙高高原駅、関山駅からバスもあるようです。
頸南バス


H29.8.14


県道39号線は途中で分岐して、片方は燕温泉の宿場の方へ、もう片方は国道18号線のもう片方の入り口へと戻ります🚘🏍
宿場手前の駐車場と温泉街▼


宿場町の奥の方に入り口と登山道があります🗻
案内に沿って惣滝の方へと進みましょう٩( ”ω” )و


途中で妙高山方面と分岐します( ゚Д゚)
とりあえず惣滝の方へと進みます🌊

反対側は、妙高山方面と▶称名滝・光明滝へと続きます( *´艸`)

それにしても、駐車場についた時点から物凄い霧が勝ってきたけど大丈夫かな(´・ω・)?

途中に、支流の細いそうめん滝と惣滝の前衛の権現滝があります(*‘∀‘)


しばらく行くと、緑と共に多数の湧水が🌊✨
そして、その中には…

一カ所、明らかに温泉が流れ出ています♨
温泉の成分か、水もといお湯が流れている所は岩肌の色も変色しています(‘Д’)

写真では分かりませんが、流れていった先で所々湯気が立っています☁☁
温泉独特の硫黄に匂いも立ち込めています(‘ω’)

そりゃ温泉宿もできるわけですね( *´艸`)
ちなみに他の支流にも温泉が出ている所があります(´_ゝ`)

さらに進んでいきますが、ココから先は崩れていてほとんど道がない箇所もあり注意が必要です(;´Д`)
この日はそんな滑りやすい危険な所に蛇までいましたw🐍
この辺りまで来ると、水の轟音と共に遠目に惣滝が見えます(∩´∀`)∩🌊



一応遊歩道はココまでです(´・ω・)
まだ少し遠いです。
無理やり滝壺まで出られますが、滑落転倒、落石など何があるか分からないので気を付けてください🍃


 

惣滝▼



霧がだいぶヤバ目ですが、これはこれで直に見ると幻想感があって良いです( ゚Д゚)
ぎりぎり落ち口が確認できるかな❓🌊
温泉が混ざっているのか、水は少し白濁しているように感じます。




ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★★☆
幻想度・・・・★★★☆☆
清流度・・・・★★☆☆☆
到達感・・・・★★☆☆☆

落差、水量共に申し分ない規模です。
80mの高さを一気に落ちる直瀑で、遠目にもその迫力が伝わります。
水の飛沫もすごいので、近くまで行くとかなり濡れます。
辺りの岩壁は温泉の影響か、どことなく独特な雰囲気です。

新潟県の滝に戻る