弥勒の滝(スヌーピーの滝)

弥勒の滝(みろくのたき)
青森県 三戸郡 田子町

基本データ▼
ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・分岐瀑
水系・・熊原川⇒馬淵川
落差・・30m(推)
🏆日本の滝百選
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★☆☆☆☆
体力・・・★☆☆☆☆
時間・・・入口から5分程
ーーーーーーーーーーーーーー
完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的にハイペースで進んだ場合に基づいています。

目次
|▶アクセス・行き方
|▶親水広場
|▶遊歩道
|▶みろくの滝(スヌーピーの滝)
|▶Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

R2.9.29

 


行き方・場所・アクセス▼

みろくの滝は青森県南端付近、十和田湖の南側の秋田県との境界付近に位置します📍

八戸から鹿角へ抜ける国道104号線 (しらはぎライン) 、十和田湖の南側付近でみろくの滝の掛かる熊原川沿いに伸びる林道が分岐します🌳

国道104号線へは十和田湖や秋田市側からは国道103号線、八戸や岩手側からは国道4号線から入ります🛣

林道の入り口には案内もあり、林道に入ればあとはまっすぐ進むと入り口と駐車場があります🅿

 

 


親水広場▼

みろくの滝・親水広場の駐車場▼
駐車場の奥に広がるのが親水広場です🌳
特に何かあるという分けではないのですが、キレイな流れと芝生はのんびりしたい時には良さそう( *´艸`)




 

 


遊歩道▼

駐車場から林道の方へ少し引き返したところで遊歩道の入口があります(=゚ω゚)ノ
ちなみに入り口はなぜか至近距離で2ヵ所あります👀
サラサラと流れる川の流れと遊歩道の両脇の森林がとても癒しの雰囲気です🌳


入口に入るとすぐ橋があります(=゚ω゚)ノ
そして左側にぐるっと回る道が分岐してますが、そちらはもう一方の入口で続いています🌳
みろくの滝へは橋を渡りまっすぐ奥へ進みます🐾


ぶっちゃげ遊歩道と言ってもあっという間に滝へ着きます(=゚ω゚)ノ
最初の橋の所から先は道も1本道🌳
言ってる間にサラサラと流れ落ちる滝の音と共に滝見小屋が見えてきます👀

遊歩道は幅もあり舗装こそないですが比較的歩きやすく、辺境地にあると言えど観光向きの滝と言えます(∩´∀`)∩
それもそのはず(*‘∀‘)
この滝はみんなが知ってるあのキャラクターみたいに見える面白い滝だからです🌊

 

 


みろくの滝(スヌーピーの滝)▼

滝見小屋まで来たらその正面に滝が流れています(=゚ω゚)ノ
ご存知の人も多いでしょうが、この滝はその岩壁の形がスヌーピーに似ていることから、別名スヌーピーの滝とも言われている滝です( *´艸`)





いや~(´・ω・)
自然が作り出す情景ってホントに様々ありますね👀
滝の前の豚さんのベンチも可愛いですね( *´艸`)

こうして角度を変えて見てみると丸っこい岩壁から流れ落ちる普通の滝なんですけどねぇw( *´艸`)
これはこれで風流のある景色でいい感じです🌳

 





部分部分で見てみても流れ方が異なるので面白いです(*‘∀‘)
ホントにサラサラと流れるといった感じで、やさしい流れです🌊
景観も音も豊富な緑とよく溶け合っています🍃

 

滝見小屋もいい位置にありますね(∩´∀`)∩
実際に実物を見てみると写真で見た印象よりも大きいです🌊
それにしてもホントに面白い形してますね~(*‘∀‘)


 

ーーーーーーー

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★☆☆
幻想度・・・・★★★★☆
清流度・・・・★★★☆☆
到達感・・・・★★☆☆☆

超個性的なみろくの滝ですが、かわいい見た目に反して大きさが意外と大きいので、真近くで見ると意外と迫力もあります。
ベンチや看板、滝見小屋にも妙な愛らしさがあってホッコリします。
流れが優しく緑も多いので癒しの空間色が強く、親水広場や遊歩道にもそんな雰囲気が漂います。
かなり山深い所にあるイメージですが、十和田湖からは思いのほか近く、林道もしっかりしておりはしりやすいので、奥入瀬渓流や十和田湖へ訪れたら合わせて訪れたいところです。

 

 


Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

ーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

青森県の滝に戻る
東北の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

お手軽 観光滝一覧に戻る

 

TOPに戻る

くろくまの滝

くろくまの滝(くろくまのたき)
青森県 西津軽郡 鰺ヶ沢町

基本データ▼
ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・段瀑
水系・・赤石川
落差・・85m(公)
🏆日本の滝百選
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★☆☆☆☆
体力・・・★☆☆☆☆
時間・・・すぐ
ーーーーーーーーーーーーーー
完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的にハイペースで進んだ場合に基づいています。

目次
|▶アクセス・行き方
|▶遊歩道
|▶くろくまの滝
|▶Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

R2.9.29

 


行き方・場所・アクセス▼

くろくまの滝は青森県西部、富士山の様にきれいな三角を描く岩木山の西側に流れる赤石川上流域に位置します📍

秋田から津軽地方南部の沿岸を通り青森市街へと伸びる国道101号線、深浦町から鰺ヶ沢町へ入った少し先で赤石川沿いに伸びる青森県道190号線へ入ります🛣

国道101号線と県道190号線の間に微妙に県道3号線が挟まっていますが、交差点辺りからは案内も出ているので、それに従うと良いでしょう👀

道なりに進んでいると県道190号線から191号線に切り替わり、イトウ養殖場の所で林道へと切り替わり、そのまま林道をずっと進んで行くと、くろくまの滝の駐車場と入り口へ到達します🌳

 

イトウ養殖場の先の白神大然河川公園の先はゲートがあり、気象状況などによっては通行止めになる事もあるようです🚘

実際その先は道もかなり細くなり、山間を抜ける林道となります🏔
ちなみに公園には自然観察館ハロー白神や、白神キャンプ場などもあります⛺

キャンプ場情報等はコチラ▼
あじ行く?HP

 

ちなみに余談ですが、9月終わりごろから10月頭頃の県道190号線、191号線は稲の収穫時期で、道路の両脇の黄金色がとてもキレイです🌾
田舎の景色をあまり見ることのない人にはぜひ一度見てもらいたいですねぇ(∩´∀`)∩

 

 


遊歩道▼

くろくまの滝駐車場▼
川沿いの細い林道を進んで行くとポカンと開けた駐車場が現れます🅿
林道はこの先も続いて行きますが、くろくまの滝へはココで駐車します🚘

駐車場のすぐ先にくろくまの滝の掛かる川を渡る橋があり、その横に遊歩道の入口があります(=゚ω゚)ノ
ココからざっくり10分~15分といったところ🐾

 

以前はくろくまの滝の上流の二の滝や支流の三の滝へも急傾斜の遊歩道が伸びていたようですが、現在は遊歩道崩壊のためかそちらは閉鎖されています🌳
いつか機会があれば是非力づくでそちらへも回り込んでみたいですねぇ(*‘∀‘)



そんな訳で遊歩道もほぼ1本道(=゚ω゚)ノ
道に迷う心配はまぁないかと思います🌳

 

 


日本の滝百選 くろくまの滝▼



やがてくろくまの滝が見えてきたら遊歩道終点です🌳
見事な巨瀑で、少し離れた遊歩道の終点地点からもその迫力がヒシヒシと伝わってきます🌊
高さもですが幅もかなりあります( ゚Д゚)

 

せっかく関西くんだりから青森まで来たので、滝の前まで行ってみようと思います🐾
策の先にも踏み跡はありますが、すぐに足場が陥没している所があり危険⚠
草もボーボーで正面も足場も見えにくく、危ないのでマネしないでください✖

川まで降りたらボーボーの両脇の僅かな踏み場やヌルヌルの岩伝いに奥へ進んで行きます٩( ”ω” )و
近付くほどに見上げる首の角度もどんどん変わってきます( *´艸`)


川は滝の正面で思いのほかグニャりと曲っており、滝の下部分を遮るようにキレイな緑の丘が張り出しています🍃
所々に小さな花なんかも咲いており、とてもいい感じ🌼


 

滝の正面はものすごい水しぶき💦
滝壺の前に出たら一瞬でビッチャビチャです(;´・ω・)
遠目に見るよりもずいぶん水量は多いようです🌊
そこに高さと傾斜があるためスゴイです(∩´∀`)∩





ストーンと落ちる滝にはその良さがあるように、岩肌を広がりながら流れる滝はこの幾筋の純白の水の流れの軌道という特有の美しさがあります(*‘∀‘)✨
霧のようになって岩から離れていく部分、その下で岩壁を彩るように流れる部分、流れのはやい部分遅い部分と、どれを見てても飽きません🌊



 

ーーーーーーー

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★★☆
幻想度・・・・★★★★☆
清流度・・・・★★★☆☆
到達感・・・・★★☆☆☆

壮大な岩壁を幅いっぱいに流れてくる様子は爽快な眺めです。
水量も基本的にしっかりしており、その岩壁にもかなりの力強さと迫力があり、またそれを取り囲む木々は美しい緑の輝きを与え、壮大にして優雅な景観を織り成しています。
日に照らされ真っ白に輝きながら岩壁を伝い流れる水の流れは非常に美しく、その大きさがより一層そんな美しさを引き立てています。

 

 


Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

ーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

青森県の滝に戻る
東北の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

日本の滝100選に戻る

 

TOPに戻る