大樽の滝

大樽の滝(おおたるのたき)
高知県 高岡郡 越知町

基本データ▼
ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・直瀑
水系・・坂折川⇒仁淀川
落差・・42m(公)
🏆日本の滝100選
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★★☆☆☆
体力・・・★★☆☆☆
時間・・・駐車場から20分程
ーーーーーーーーーーーーーー
完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的にハイペースで進んだ場合に基づいています。

目次
|▶行き方・場所・アクセス
|▶遊歩道
|▶大樽の滝
|▶Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

H30.4.30
R2.8.18

 


行き方・場所・アクセス▼

大樽の滝は高知市の西側、越知町を流れる坂折川流域に位置し、坂折川が仁淀川に合流する少し上流にある支流に掛かります📍

東温市から須崎市まで四国西部を縦断する国道494号線が越知町で仁淀川と並走しますが、並走部の南側、越智橋東詰越知町10区交差点から坂折川沿いに分岐する高知県道18号線 (桐見ダム方面) へ入ります🛣

この県道18号線は少しだけ国道494号線と縦走し、反対側は仁淀川沿いに伸びていますが、そちらではないので間違えないように✖
越知町10区交差点の分岐には大樽の滝の案内も出ているので分かると思います👀

 

坂折川沿いに伸びる県道18号線に入ったら、しばらく進んだところで大樽の滝入口へ伸びる林道の分岐と案内が出てきます(=゚ω゚)ノ

林道に入ると道幅がかなり狭く、すれ違いポイントでないと車同士の交差もできない感じになるので注意🚘
林道の距離自体はそれほどありません🌳

ちなみに林道分岐の所には越知町民バスのバス停がありますが、本数は少なく毎日運行しているわけではなさそうなので、車がある方が望ましいです🚏

 

 


遊歩道▼

大樽の滝入口▼
林道を進んで行くとやがて終点、駐車場と共に入り口が現れます🅿

駐車場の奥にお手洗い🚻
その横から遊歩道が伸びています🐾
ざっくりココから大樽の滝まで15分~20分程(=゚ω゚)ノ




しばらく遊歩道を歩いて行くと滝見小屋みたいなので出てきます👀
ココまで基本的に1本道なので楽勝です🌳
ちなみにこの小屋からはあんまり滝は見えなかったと思いますな(´・ω・)

道はそのまま小屋の前を通り過ぎて上へと続いています🐾
この先橋が出てきますが、そこまで行くとゴールです(∩´∀`)∩
ちなみに橋の下の方へ行ってもいい感じに大樽の滝が見えます🌊

 

 


日本の滝百選 大樽の滝▼

H30.4.30

思っているよりも町からすぐ近くにあります(‘Д’)
自然の造形物ではありますが、遊歩道の整備具合からまるで庭園のようです🏞

下流側から来るとまず橋越しに滝が見えますが、こう見たら公称落差よりも大きく見えます( ゚Д゚)

この滝は夏場でも緑が輝きますが、紅葉の時期に来たら非常に美しくなりそうです🍁

ちょっと強引に橋の下をくぐって行った所が最高のアングルかもしれません( *´艸`)

 

ーーーーーーー

R2.8.18

前回と同じ夏ですが、今回の方が天気が良いですね(∩´∀`)∩
前回の方が葉っぱが紅かったような気もしますが、一面緑のベースも良いです🍃
今回はもう一歩踏み込んで滝壺の真ん前へ🐾





橋から見た滝もいい感じですが、滝壺から見た橋もまたいい感じです( *´艸`)
滝壺まで行くと飛沫が思ったよりすごいです💦
岩場は滑りますし、滑ったらちょっとヤバ目な個所もありますが、案外簡単に滝壺までは行けます🐾

しかしこの大樽の滝周辺は切り立っていて傾斜もかなりきついのに、ココだけポカンんと大きめの滝壺になっている感じはホントに不思議です(‘Д’)
そしてホントに緑豊かな水辺です🌱



 

滝前を堪能したら、当然橋の下の方にも行ってみましょう٩( ”ω” )و
小屋の所から川の方へ寄って行けますが、途中から草ボーボーで足場も悪くなるので注意です🐾


前回来た時も思いましたが、ホントに少し下流側の落差が加わるのと離れたところからの俯瞰になるだけでずいぶん違って見えます( ゚Д゚)
岩壁の切り立ち具合もあって、かなり高さが増して見えます👀

公称落差に対して一見そう見えないことはたまにありますが、これほど見る位置や角度で変わるのですから、落差を推測するのはホントに難しいです🌊


 

ーーーーーーー

 

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★☆☆
幻想度・・・・★★★☆☆
清流度・・・・★★☆☆☆
到達感・・・・★★☆☆☆

町から程離れていない標高も低い位置にある滝ですが、滝自体はなかなか見事なものです。
落差42mは規模としても大きめで迫力もありますが、山奥の壮大な絶壁に掛かるような巨瀑とは違い、どちらかと言えば風流のある粋な滝といった感じで、独特の美しさが感じられます。
橋の手前に掛かる橋、楓の木、遊歩道の雰囲気や花々が滝とそれを構成する岩壁と見事に調和しています。

 

 


Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

ーーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

高知県の滝に戻る
山陽山陰・四国の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

日本の滝100選に戻る

 

TOPに戻る