御来光の滝

御来光の滝(ごらいこうのたき)
愛媛県上浮穴郡久万高原町

ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・段瀑
水系・・仁淀川
落差・・87m(推)
日本の滝100選
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★★★★☆
体力・・・★★★★☆
時間・・・展望所から150分(沢登)
ーーーーーーーーーーーーーー
アクセス▼
石鎚山系の西側を縦断する国道494号線から県道12号線 (石鎚スカイライン) へ入ります。
石鎚スカイラインに入ったら一カ所だけ面河渓へ向かう分かれ道がありますが、道なりに石鎚スカイラインを進みます。
面河渓方面へはゲートがあり、どっちが道なりかはすぐ分かります。
しばらくそのまま進むと、石鎚山と御来光の滝の展望所とその駐車場がぐるっとカーブするところに現れます。
このカーブの所から川の方へと降りていきます。


H30.5.1


展望所の駐車場▼
ココに車やバイクは停めておきます🚘🏍
石鎚スカイラインはここまでちゃんと整備されていて走りやすいです(∩´∀`)∩
ちなみにこの先につつじが非常に綺麗なスポットがあるとの事🌺
また機会があれば言ってみたいものです( *´艸`)


かなりの遠望で、肉眼だとココからでは御来光の滝は全然見えません👀
ガードレールの奥に看板が立っています(=゚ω゚)ノ
ハッキリ言って茂み過ぎでホントにココから降りれるんかいな⁉ と、言う感じです(;´Д`)
しかし他に何も見当たらないので無理やり降ります٩( ”ω” )و🐾

遠望でも川のある方向はだいたい分かるので、進行不可能な傾斜や絶壁が無い限りGPSがあればだいたい最寄りの位置に降りれます(´・ω・)
で、ハッキリ言いますと降りるのは滑落しないよう気を付けながら降りれば行けます。

問題は帰りです。
必ず目印になるものを覚えておいて、来た通り戻りましょう。
展望所の所までちゃんと迷わず登ってこれるかが、ある意味このコースの最も重要ポイントです。

ちなみに、帰りに気づいたのですが展望所の先にもしかしたら入れるところがあるかもしれません。
川の周辺から所々に赤テープがあり踏み跡が続いていますが、展望所からは大きく逸れていきます。
なのできっちり来た通り戻って展望所まで出ないと、どこにたどり着くか分かりません。
笑い事ではないのでココだけはしっかり押さえてきましょう!

茂みに入って降り始めたらもはや道はなく、力づくで進まなければなりません(。-`ω-)
大きな倒木や目立った段差などは、遠目にも確認でき良い目印となります🌳
が、似たようなのも多いので注意です(=゚ω゚)ノ

ありがたいことに途中から水の流れがあります🌊
これに沿って降りていけば、帰りもこれに沿って登ると少なからずここまでは来れます。
沢登りにおいては、川沿いに進めばそうそう迷うことはないですが、高巻きなどで川から大きく離れる時には、目印をちゃんと作ってしっかり道を覚えておかなければなりません。

程なくして川に降り立ちます(=゚ω゚)ノ
ここが日本一の清流、仁淀川の源流で本流の面河川です🌊✨
さすがにメチャクチャ水がきれいで、コレだけでも見る価値があります( *´艸`)

先ほどの流れ沿いに降りて来るとちょうどこの堰堤の前に出てきます(=゚ω゚)ノ
これはすぐに超えれるので問題なしです(‘Д’)

堰堤を越えたら水は伏流しています👀
赤テープが見えますが、これに従って登ると展望所からそれてしまいます。
一体どこに続いているのか・・・(‘ω’)


すぐに水が現れ始めます🌊
そして大きな分岐があり、御来光の滝へは左側の石鎚山の方へ伸びる本流です(=゚ω゚)ノ
この分岐を過ぎるとだんだん本格的な渓谷へと変わります(∩´∀`)∩

ぶっちゃげて言うと普通の登山より危険ですし距離こそあるものの、基本的にラストスパートまでは比較的平坦で、巻きという巻きも一カ所くらいでコース自体としては全体的に難易度は低いです(*‘∀‘)
川に降り立つまでと川から展望所へ登るとこ以外では、それほどベテランでなくても楽しめるコースではないかな(´・ω・)?



道中は見事な水のきれいさに目を奪われる場面が幾度となくあります👀✨
清流という観点ではココはまさに名渓中の名渓、日本一かもしれませんね( *´艸`)

この谷で御来光の滝の手前まででは唯一の巻きが必要な滝で、滝らしい滝👉

岩に囲まれた所を流れ、深い釜を持ちますが、この滝壺がまた絶世の美しさです( ゚Д゚)

日の当たる時間帯だとこの世のものとは思えないくらいの美しさを見せてくれます。
吸い込まれそうな蒼です
⊂⌒~⊃。Д。)⊃

加工一切なしです (基本的に加工した写真は掲載してません) 。
ニコ渕や三樽権現滝、那賀川やその源流部にある大釜滝の青さも驚愕ですが、ココに限ってはそれ以上です(=゚ω゚)ノ
なぜ水を絵に描いた時に青色に塗るのかが理解できます( *´艸`)



この谷は終始水がきれいで、まだまだ見どころは続きます(∩´∀`)∩
シャッターポイントが多すぎてなかなか先に進めないこともしばしばw
随分奥へ入ってきたところで、パッと開けてきます🌳☀
そして巨大ゴーロ帯となり傾斜が急に出てきます( ゚Д゚)
そして奥には大きな滝の影が見えます👀✨


ラストスパートで小滝や中規模の滝が重なり、ここはややルート取りが肝心になります(=゚ω゚)ノ
もう目の前に御来光の滝が見えているので半分力づくです٩( ”ω” )و

 

御来光の滝▼

ラストスパートの岩場をよじよじ登っていくと滝の目の前まで行けます(∩´∀`)∩
滝の大きさも見ものですが、辺りの岩壁も見ものです(*‘∀‘)



御来光の滝は高さはありますが、水量はやや少なめで流れ方は非常にやさしいです🌊
その大きさに対して浅い滝壺は若干蒼く、まるで鏡面の様に光っています✨✨



見上げれば御来光の名前通り日の光を受けて岩壁ごと光を反射しています☀
この日はまさに快晴で、絶好の滝日和となりました⊂⌒~⊃。Д。)⊃







帰りがけ、正午を少し過ぎて日の当たり方が変わるとまた谷の雰囲気も変わります(´・ω・)



ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★★☆
幻想度・・・・★★★★☆
清流度・・・・★★★★★★
到達感・・・・★★★★☆

日本一の清流の源に落ちる巨瀑、御来光の滝はとても日当たりの良い開けた空間にあり、滝や辺りの風景はまさに絶景の一言に尽きます。
石鎚山の自然の壮大さを目の当たりにすることができます。
ちなみに御来光の滝はやや東向きなので、行くなら正午までに行くのがおすすめです。
御来光の滝の名の通り晴天時は非常に日を浴びて優雅に流れる滝ですが、この谷自体が基本的に日当たりは良く、終始気持ちの良いコースでもあります。
また、日本一の清流でしかもその源流部であることから、他に類を見ない水の美しさで、これもまた終始水の美しさを保ったままの谷でもあり、日本の水の美しさに誇りを持てる空間でもあります。

愛媛県の滝に戻る