四十三万滝(菊池渓谷)

四十三万滝(よんじゅうさんまんたき)
熊本県 菊池市

基本データ▼
ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・滝群
水系・・菊池川
落差・・6m(四十三万滝)(公)
🏆日本の滝百選
🏆名水百選
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★★☆☆☆
体力・・・★★☆☆☆
時間・・・入口から30分程(広河原)
ーーーーーーーーーーーーーー
完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的にハイペースで進んだ場合に基づいています。

目次
|▶行き方・場所・アクセス
|▶掛幕の滝・入口
|▶黎明の滝
|▶紅葉ヶ瀬
|▶竜ヶ渕・天狗滝
|▶四十三万滝
|▶広河原
|▶Information


R2.4.14

 


行き方・場所・アクセス▼

四十三万滝は菊池渓谷に掛かる滝群の一つで、景勝地投票で43万票取ったとか水量が43万石だとか、一応名前の由来のまつわる話もあるようです📚

菊池渓谷は阿蘇山の北西側に位置し、阿蘇の高原地帯が水源となっています📍

阿蘇九重は火山や温泉地でも有名ですが名水地でもあり、数多くの湧水群を持っています💧

菊池渓谷も全国的に有名な清流で、名水百選にも選ばれています(=゚ω゚)ノ

 

宇佐から熊本を結ぶ国道378号線と、中津から阿蘇を結ぶ国道212号線の間、熊本県道45号線 (菊池阿蘇スカイライン) に渓谷入口があります🌳

熊本市側からは国道378号線を登り、菊池水の駅の堰の先から県道45号線へ入れます🐾

阿蘇山、九重山方面からは、阿蘇くじゅう国立公園やまなみハイウェイミルクロードを通り県道45号線へ出ますが、この道は極めて景観の素晴らしい道路でドライブやツーリングにはとても良いです🚘🏍

 

付近に高速道路が無いため、九州自動車道熊本I.Cなどに出て国道57号線経由で国道378号線に入るか、大分自動車道九重I.Cで降り夢大吊橋を越えて飯田高原からやまなみハイウェイ経由で県道45号線 (ミルクロード) を経て菊池渓谷へ進みます🏔



▲やまなみハイウェイ
この辺りの眺望の良さはホントに抜群で、折角近くまで来たなら時間があればブラっと回りたいところ(*‘∀‘)

 

ーーーーーーー

ちなみにこの日は由布院、震動の滝・夢大吊橋に立ち寄ってきたので、阿蘇九重のやまなみハイウェイとミルクロード経由です🏍

県道45号線に入り、国道212号線を越えた所でミルクロードは終わって菊池阿蘇スカイラインに切り替わり、景観も一気に高原の見晴らしの良い道路から普通の林道へと変わります🌳


しばらく進むと上の方の駐車場が出てきますが、そこは通過👀
その先しばらく下ったところでカーブしながら菊池川を渡り、そこに菊池渓谷の本入口があります🚪

ちなみに入口の正面に駐車場っぽいのがありますが、駐車場ではありません✖
入口から少し下ったところに広い駐車場があるので、そちらに停めます🅿
駐車場から入り口までは少し歩きます🐾

 

 


掛幕の滝・入口▼

まずは入り口の手前で掛幕の滝がお出迎えしてくれます(∩´∀`)∩
この滝は下に回る事はできず、橋から見下ろす感じになります👀

落差は20m(‘Д’)
ぶっちゃげこの渓谷で一番大きな滝です🌊
岩壁もなかなか雰囲気があり、下まで降りてみたくなります(´・ω・)

 

ーーーーーーー

では入口入ります٩( ”ω” )و
ココは広葉樹の原生林に覆われた渓谷美の極致とも言われる場所🌳
絶対に汚さないよう気を付けましょう❕


 

堰を越えたら橋を渡ります🐾
右岸左岸とも遊歩道はありますが、渓谷の見どころを見るならどちらかと言うと右岸 (上流に向かって左側) がメインです🌳
このまま基本は右岸を進みます٩( ”ω” )و


 

 


黎明の滝▼

まずは黎明の滝を目指します٩( ”ω” )و
ちなみに通行止めになってるこの階段は、多分先ほどの上の駐車場から降りてくる道でしょう👀


さすがは名水の谷、菊池渓谷🌊
水は澄み切っており極めて美しいです( ゚Д゚)✨
夕方なのであまり日が当たっていませんが、これ正午くらいだったらもっとキレイだろうなぁ~🍃



少し進んだところで美しい滝壺の木滝が見えてきます(‘Д’)
黎明の滝の下にある滝ですが、コレも名前を付けても良いくらいのクオリティです👀
岩壁に挟まれ、ゴルジュのようになっています🌊


 

そしてそのすぐ上流に黎明の滝が掛かります(=゚ω゚)ノ
水量が少ないからか、看板の写真のように2条にはなっていません💧
が、これもキレイな滝です✨


滝壺は深く、蒼く、岩と緑も溶け込んで神秘的な様相です🍃
ココは水の色がエメラルドやウォーターブルーと言うよりは、ホントに青( ゚Д゚)
なかなか他に類を見ない色合いです👀


 

 


紅葉ヶ瀬▼

さらに遊歩道を進んで行きます٩( ”ω” )و
原生林の生い茂る道中は歩くだけで癒しです🐾
木々の隙間から抜ける光は夕方でも緑を輝かせます✨


 

続いて現れるのが紅葉ヶ瀬です🍁
浅めの淵で、青草の中にも透明感がより伺えます👀
紅葉の時期にはどんな感じになるのか、見てみたいですね~(∩´∀`)∩


 

 


竜ヶ渕・天狗滝▼

そこからさらに進んで行くと次は竜ヶ渕です٩( ”ω” )و
ココには橋が掛かり左岸側へ渡れます🐾
そして橋から竜ヶ渕と天狗滝の姿が見えます🌊


 

ココは両岸岩に挟まれ釜は深く、ゴルジュのようになっています🌊
深さがあるので、青がより濃いです👀
幅も広く水量もあるので迫力があります🌳


 


橋を渡った先には木のベンチなどが並び、ちょっとした休憩場所みたいのなっています🍃
この日は左岸はココより上流側は通行止めになっていましたが、竜ヶ渕の展望小屋などがあります👀




そんな訳で橋を戻り再び右岸側 (上流に向かって左側) から進んで行きます٩( ”ω” )و
川側を見ると先ほどの竜ヶ渕と天狗滝が見えます🌊
ココからも緑に包まれて美しい川原が続きます🌳

 

 


日本の滝百選 四十三万滝▼

テクテクと遊歩道を進んで行きます🐾
振り返ると長老みたいな木が夕陽をバックにしてニョキニョキと元気にこちらを見ています🍃




この辺りも渓流瀑のような小滝と淵がいくつか見られます🌊
当然どれも青く美しいです✨

ほどなくして四十三万滝の看板が見えてきます👀
川原の方へ降りて目の前まで行けます٩( ”ω” )و


 

ーーーーーーー

ゆる~い傾斜に流れる2条に分かれた滝です🌊
ココは何がすごいって、滝の手前の淵の蒼さがヤバめです✨




ココから広河原までは、原生林が生い茂る菊池渓谷でも開けており、水面がキレイに見えます✨✨

程よい深みが真蒼の中にも透明感を生み出し、素晴らしい水の色を創っています💧
苔むしてデカいまりもみたいになった岩もいい感じです🌱



 

 


広河原▼

最後に広河原です٩( ”ω” )و
四十三万滝の横から上流の方へ登ります🐾


登った先は名前通り広々とした川原🌊
非常~に美しい渓流です⊂⌒~⊃。Д。)⊃
正面には橋が掛かり、左岸側へ渡れます🌳


点々とある深みが蒼く輝き、苔と岩の河原にたたずみます🌊
ホントここが秋になったらどんな感じになるのか気になります(*‘∀‘)✨
ココは川原をウロウロできますが、水にはまらないように十分気を付けましょう🍂



この先も木々に囲まれた青の河原は続いて行きます(´・ω・)
橋を過ぎたら水神様が現れ遊歩道は終わりです🐾

左岸側に渡った先は休憩場所があります(∩´∀`)∩

 

ーーーーーーー

帰りは途中から左岸側を通って帰りましたが、こっち側も良い感じですね~🌳
所々に川原の方へ降りれるところもあります🌊

 

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★☆☆☆
幻想度・・・・★★★★☆
清流度・・・・★★★★★
到達感・・・・★★☆☆☆

名水の菊池渓谷は原生林に囲まれた、谷全体が天然記念物のような場所です。
水は極めて美しく、非常に青の濃い色をした珍しい水面です。
渓谷にいくつかある滝は基本的に非常にキレイな滝壺を持っており、落差は無いですが風情があり、木々や水の美しさも相まって素晴らしい景観です。
滝が基本的にどれも小ぶりなため、渓谷全体で大きな渓流瀑、ゴルジュのような感じもします。

 

 


Information

おすすめホテル予約サイト▼

☆Hotels.com☆~世界最大級のホテル予約サイト
「一休.com」~心に贅沢させよう
「ゆこゆこネット」~日本の温泉はゆこゆこで

 

ーーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

熊本県の滝に戻る
九州・沖縄の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

日本の滝100選に戻る

 

TOPに戻る