袋田の滝

袋田の滝(ふくろだのたき)
茨城県 久慈郡 大子町

基本データ▼
ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・段瀑、分岐瀑
水系・・久慈川
落差・・120m(公)
日本の滝100選
日本三大名瀑
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★☆☆☆☆
体力・・・★☆☆☆☆
時間・・・入口からすぐ
入場料・・・大人300円・子供150円
ーーーーーーーーーーーーーー
完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的にハイペースで進んだ場合に基づいています。

目次
|▶アクセス・行き方
|▶ルート
|▶袋田の滝
|▶Information


H31.4.29


行き方・アクセス▼

茨城県の水戸から福島県の須賀川まで、茨城県北部を縦断するように走る国道118号線、福島県との県境にある大子町の袋田から国道461号線へ入ります(=゚ω゚)ノ

461号線に入って少し走ると袋田温泉があり、そこから県道324号線 (袋田駐車場四度ノ滝線) に入ります🚘🏍
あとはまっすぐ進むと駐車場がいくつか出てきますが、ほとんど有料です💸

近くに高速道路は走っていませんが、茨城県の超有名観光スポットなので国道118号線の所からすでに案内などもあり、分かりやすいと思います。

 

公共の交通機関では、JR水郡線袋田駅からバスが出ていますが、本数は少ないです(;´・ω・)🚌
袋田駅からは歩くと1時間はかかります🐾
ツアーなど以外は車がある方が便利です(=゚ω゚)ノ

茨城交通
・・・(滝本 停留所下車)

 

 


ルート▼

駐車場などが立ち並ぶ通りの奥にロータリーみたいなところがあります👀
多分、一般車はココでしか行けないと思います🚘🏍

この先で川を渡ります🐾
ちょうどゴールデンウイーク中で、橋からは川に掛かるこいのぼりの大群がきれいに泳いでいます( *´艸`)🎏
橋を渡った先も主背が並び、とても良い感じです👀✨


川沿いの道を突き当たったところで、ぐるりと折り返して坂を登っていきます🐾
この辺りは時期によっては、桜を始め花々が飾られておりキレイです🌺(*‘∀‘)


 

袋田の滝トンネル▼
坂を登った先に袋田の滝へ続くトンネルの入り口があります(=゚ω゚)ノ
実質ココが袋田の滝入口と言えるでしょう🐾


トンネル内には社などもあります⛩
ちなみにココは恋人の聖地にも選ばれています💕
そして奥へ進んで行くと右側に滝見台が現れます👀🌊

 

 


袋田の滝▼

トンネルの奥へ行くと滝見台 (第1観瀑台) と屋上展望台 (第2観瀑台) があります(=゚ω゚)ノ
まずは滝見台 (第1観瀑台) から👀🌊
まず感じるのは、思っていたよりずっと大きいという事ではないでしょうか( ゚Д゚)







下流側には吊り橋が見えます👀
大きく素晴らしい迫力ではありますが、水が今一つキレイではないのだけが玉にキズです(;´・ω・)

 

屋上展望台(第2観瀑大)▼
さて滝見台からトンネルへ戻り、さらに奥へ進んで行きます🐾
ココから奥には社とエレベーターがあります(=゚ω゚)ノ

屋上展望台から見た袋田の滝▼
壮大な自然のスケールを感じ取ることができます( ゚Д゚)
またココからが最も全景が見えやすいです👀
ちなみにこの袋田の滝は冬は氷瀑で有名ですね⛄






この日はお天気は良かったですが、水量は少なめ☀
水量が多い時は真ん中の段が二筋以上になります🌊



 

吊り橋から▼
展望台に来るまでのトンネルの途中に、吊り橋方面へ行く分岐もあります🐾
この吊り橋からも素晴らしい眺めを楽しめます(∩´∀`)∩



滝見台の大きさと比較すると、いかに袋田の滝が大きいかが良く分かります🌊
奥の岩壁も凄いですね( ゚Д゚)

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★★☆
幻想度・・・・★★☆☆☆
清流度・・・・★☆☆☆☆
到達感・・・・★☆☆☆☆

日本大三名瀑および日本の滝100選に選ばれている袋田の滝は、その格付けに恥じぬ壮大で素晴らしい景観を持っています。
落差120m、幅73mのスケールは、実際に見るとより大きく見えることでしょう。

整備や施設状況は良く、観光スポットとしても非常に良いです。
ちなみに水戸光圀公 (水戸黄門様) も訪れたそうです。

 

 


Information

ページ先頭へ戻る

 

茨城県の滝に戻る
関東・甲信越の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

日本の滝100選に戻る
お手軽 観光滝一覧に戻る

 

TOPに戻る