北精進ヶ滝

北精進ヶ滝(きたしょうじんがたき)
山梨県北杜市

ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・直瀑
水系・・釜無川⇒富士川
落差・・121m(公)
日本の滝100選
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★★★☆☆
体力・・・★★☆☆☆
時間・・・入り口から20分程
ーーーーーーーーーーーーーー
アクセス▼
国道20号線日野春駅らへんから県道612号線へ入ります。
ここからは道が複雑ですが、所々に案内板があるのでそれと地図を見ながら進めばたどり着けると思います。


H29.5.4


のどかなところです( *´艸`)
南アルプスの山々がまだ雪をかぶっています☃

県道612号線に入って進んでいくと、林道へ誘う様に看板がちょこちょこ出てきます。
正直、地図を見てもらっても分かりますが、道はゴチャゴチャ巡っていてハッキリ言ってどこをどう通ったか覚えていません(;´・ω・)
ただ、看板に従っていくと迷うことなく行けたのは覚えています。

林道に入ってしばらくすると、北精進ヶ滝が超遠望できるところがあります👀🌊

しばらく看板に従って林道を登っていくと駐車場と入り口に着きます🚘🏍

入り口は大きな吊り橋です。
駐車場は結構広いです✨
道路は落ち葉が積もっている箇所などはありますが、比較的路面は悪くないです。

吊り橋から山の方を眺めるとすごいところに橋が架かっています(‘Д’)
人類の技術はすごいですね٩( ”ω” )و

ちなみにココから滝は1mmも見えません👀


入り口に入ったら川沿いに進んでいきます🌊

程なくして1の滝2の滝3の滝が出てきます(‘Д’)

ここは2の滝が最も大きく、それを越える階段▼はハシゴ並みに急なので気を付けて登りましょう❕

3の滝は、白い岩盤何か砂利の蓄積なのか、独特の白い滝壺をしています(*‘∀‘)

これを過ぎたらまた落ち着いた川原に戻ります(=゚ω゚)ノ
正直、北精進ヶ滝の手前の九品の滝の前まではそんなに苦労するところはないと思います🌳

しばらく川沿いに進んでいくと、九品の滝とその上の北精進ヶ滝の連瀑が姿を現します(∩´∀`)∩🌊

さすがに爽快な眺めです( *´艸`)
しかし北精進ヶ滝の目の前まで行くとこんなものではありませんよ~( *´艸`)

九品の滝の前は独特の白い砂地帯で、まるで庭園のような美しさです✨
とても不思議な空間です( ゚Д゚)

 

九品の滝▼

九品の滝の右岸 (向かって左側)の方によく探すと赤テープがあります👀
実際右岸側から九品の滝を巻けますが、赤テープはあるだけで道はありません🌳

傾斜の緩いとこを縫って力づくで進まなければならず、慣れない人には少し危険なので控えた方が良いと思います⚠

ちなみに冒頭のタイムや危険度などはココまでの程です🐾
ココからは危険度★★★★☆といったところ。
タイムも、もう20分くらい伸びます⌚


途中にも庭園のような美しい光景が見れます▲
九品の滝の落ち口▼

適度なところから川へ降ります(=゚ω゚)ノ

 

北精進ヶ滝▼

最後の岩場を登っていきます٩( ”ω” )و



巨大な岩肌を物凄い量の水が流れてきます(∩´∀`)∩
雪解けの時期だから水が多いのか、それとも本来こんなものなのか…。
なんせ大きいうえに水量もあります🌊
高さ121mは直瀑としては国内トップクラスです👑


辺りは飛散した水が飛び交い、カメラもすぐに濡れてしまいます(;´Д`)



滝壺周辺には5月というのに雪塊が残ります☃
確かにこの辺りは九品の滝の下と比べてもかなり気温が落ちたのが分かります。



しばらく滝前にいたら衣服がビチャビチャになってしまします( *´艸`)
寒いのでほどほどに。




ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★★★
幻想度・・・・★★★★☆
清流度・・・・★★★☆☆
到達感・・・・★★★☆☆

さすが南はアルプス。
水量、落差、姿形、景観すべてが高次元で揃っている素晴らしい滝です。
水しぶきがかなりすごいので、滝の近くにいると気が付けば水かぶったみたいになります。

山梨県の滝に戻る