安倍の大滝

安倍の大滝(あべのおおたき)
静岡県静岡市葵区

ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・直瀑
水系・・安部川
落差・・80m(公)
日本の滝100選
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★★☆☆☆
体力・・・★★☆☆☆
時間・・・入り口から15分程(別ルート)
ーーーーーーーーーーーーーー
アクセス▼
国道1号線、千代田上土I.Cから県道74号線に入り、トンネルを抜けて新東名高速の新静岡I.Cの手前でkwン同27号線に入ります。
県道27号線 (途中から29号線) をまっすぐ。
1号線から県道74号線へ入るところが見落としやすいので注意。

静鉄バスが静岡から出ていますが、本数はかなり少ないです。
静鉄バス
・・・安倍線 116梅ヶ島温泉行 (安倍の大滝入口 停留所下車)


H29.5.5


県道27号線に入ってしばらく行くとトンネルを抜けます🚘🏍
その後、川沿いに進み橋を通り過ぎて県道29号線に変わります(=゚ω゚)ノ
ココまで来ればあとは道なり👀

まっすぐ進むと赤水の滝があり、さらに上流の方へ進んでいくと安部川の温泉街と共に、入り口や駐車場があります🚘🏍
ただ、安倍の大滝の入り口はバス停の奥の温泉施設?の奥にあり、非常~~に分かりにくいです。

ココへ来る途中の
赤水の滝👉

コチラもなかなか良い滝で、道路沿いの駐車場からすぐ入ったところに展望所があります。
一瞬で滝を見れる所まで行けるので、ぜひ一緒に見てみてください!!

これをさらに上流の方へと進んでいきます٩( ”ω” )و
すると温泉街が出てきます♨


が、しかし、ココまで来たら行き過ぎです(;’∀’)
入り口はもう少し手前のバス停▼のところにあります🚍
他に看板らしきものも無く、普通に走っていたら平気で見落とします👀


ちなみにココの駐車場は有料らしいです💰
なので私のような貧乏な人は、ちょっとだけ歩きますが周辺に駐車できそうな所がたくさんあるのでそちらに駐車します🏍

さて、先ほどのバス停のところまで行きます٩( ”ω” )و
バス停の奥が入り口になっています🌊


最初の吊り橋を越えた所までは良かったのですが…。
その先の吊り橋からは、耐久性と安全上の問題から一人づつしか渡ることができず、行く人と帰る人が交互に一人づつ渡る事のなるので、なかなか進みません(;´・ω・)

どうも調べてみたらシーズン中や連休中はかなり混雑するとの事(;’∀’)
これを待っていたら何時間かかるか分かりません⌚
この後他にも周らなければならないところもあるので、仕方なく強行手段に出ます(=゚ω゚)ノ

先ほどの温泉街の突き当りに、右側へ林道に入る道があります🌳
その先に遠望できるところと、安倍の大滝までの効果ポイントがあります🐾
危険度が増すのと急な勾配ではありますが、時間的にはコチラの方が圧倒的に早いです。

安倍の大滝の遠望👀
木と木の隙間からホントにちっちゃくですが見えます🌊

そしてこの近くに降り口がありますが…。

そんなことを言われても困ります(´_ゝ`)
覗いて見て本当にダメそうだったら諦めます。
外からでは確かに一見、降下は不可能そうに見えます👀

入ってみたら細いですが踏み跡がしっかりとあります🐾
なので強行突破させていただきます。
慣れない人は決して真似をしないように!!
もし行く場合は自己責任でお願いします。

確かに踏み跡は狭く、倒木や崩れかけている所もありますが、この時の時点では全く通れないほどではありません🌳

しばらく踏み跡に沿って降りていくと、滝の流れる音がどんどん大きくなっていきます(´・ω・)

確かに通れないことはないですが、かなり急なことは急です🍃
ある程度降りると茂みの隙間から滝の姿も確認できます( *´艸`)

ココまで来たらあと少しで滝の前まで降り立てます🌊


安倍の大滝▼



滝の前には小屋があり休憩しながら見れるようになっていますが、人もかなり多いです。
そして大きな滝ではありますが、80mはなさそうかな~(´・ω・)
しかし、それでもさすがに日本の滝100選に選ばれた滝🌊
見応えはあります( ゚Д゚)

 

ちなみに先ほどの降下ポイントの少し林道を登った所に、鯉ヶ滝 (恋仇) という滝があります🌊

ココも一応安部川で、安倍の大滝の上流になります( *´艸`)
滝というより崖崩れに水が流れてる感じですが、高さは結構ありなかなか面白い滝です🌊

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★☆☆
幻想度・・・・★★☆☆☆
清流度・・・・★★☆☆☆
到達感・・・・★★☆☆☆

大きく爽快な直瀑です。
車があればアクセスしやすく、程よい運動になるのも良いです。
ただし、吊り橋手前の人だかりは勘弁です。
もしせっかく行くなら休日、祝日、連休などは避けた方が良いかもしれません。

静岡県の滝に戻る