岩屋谷子滝

岩屋谷子滝(いわやたにこたき)
奈良県吉野郡上北山村

ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・直瀑
水系・・北山川⇒熊野川
落差・・・45m
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★★★★☆
体力・・・★★★★☆
時間・・・入り口から180分程(沢登)
ーーーーーーーーーーーーーー
アクセス▼
国道169号線、上北山村の集落の南側の白川又林道へ入ります。
林道入り口は橋のすぐ横にあり、川沿いに林道が続いています。
細い林道をしばらく進み、橋を越えたところを左側へ。
ただし、左側へ入ったところは落石などもあり車両は極めて進むのが困難なうえ、ろくにUターンをする場所もないため、その手前のどこかで駐車するしかありません。

白川又川林道の近くまで奈良交通バスが来ているようですが本数は少ないです。


H27.7.17


白川又林道入り口▼

林道を進んでいくと白川又川本谷と支流の岩屋谷に分岐していて、岩屋谷に橋が架かっています(=゚ω゚)ノ
橋を渡ったとこを左へまっすぐ行くと入渓できます🌳
ちなみに林道は橋を渡った先で通行止めです✖




橋を渡ったら左側の林道を進んでいきます🐾
最初伏流していますがすぐに水は出てきます💧

途中で騙しみたいに川へ降りる道がありますがハズレです(´・ω・)
👈当たりの道はこの林道です٩( ”ω” )و
途中で林道は切れ、そこからは無理やり進みます(。-`ω-)
林道が切れたあたりは意味の分からない産業廃棄物でにぎわっています(´・ω・)
この先で川原へ出られます👀

最初はいかにも掘削された感じの川原ですが、支流などは自然の姿を感じます(‘ω’)

この岩屋谷最大の雄滝は、分岐瀑で日本の頂点に立つ滝です🌊✨
徐々に人の手が入った感じが薄れてきて、この悪渓の姿が露わになってくる感じは何とも言えません(∩´∀`)∩

だんだんと渓谷っぽさがでてくると共にただならぬ雰囲気を感じます🌳🐉


長々と川原を進んだ先に小滝が出てきます🌊
この滝を越えたら本格的にそれらしくなってきます🗻🌳
ちなみにこの谷は長いうえかなり危険です⚠
進むほど引き返すのも困難になります(;´・ω・)
基本的に最終の雄滝まで行かないと帰りのルートも無いに等しいのでその前提で紹介します。
覚悟して進んでください❕

少し行くと川が左へ直角に曲がっている所があります👀
ココまでは難なく来れると思います(=゚ω゚)ノ
少し休憩…、(。´・ω・)ん?何かいる

めっっっちゃ小さいカエルがいます🐸

さて、進みましょうか🐾
この直角のすぐ先に小滝👉
あれを越えるのが少し苦労しました(;´Д`)
左岸 (向かって右側) の岩をトラバースしていきます(=゚ω゚)ノ

泳げばすぐいけるかもしれませんが、滝壺は深くまあまあ恐いです(;´・ω・)

この先から難易度が増してきます⚠
正直、余裕もなかったので道中はあんまり写真も撮ってませんし、大きなとこ以外はどうやって越えたかあんまり覚えてません(;´・ω・)



きれいな小滝が連続し、素晴らしい情景です🏞
しかしその分難易度も高いです。

特に、確か右下の写真の小滝▲だったかな?回行き詰りましたね(‘Д’)
10mか15mくらいですが手を付けれるところがほとんどありません(;´・ω・)
結果的には右岸 (向かって左側) から必死に草をつかんで登りました🌳
ある程度登るとスッと行けたのですがかなり危険です⚠

その他の小滝も危険な個所はかなりありましたが、あっち巻きこっち巻きでなんとか行けたと思います🐾

支流の滝も涼しげできれいです🌳

先ほどの危険な小滝を越えたらもう少しで岩屋谷子滝🌊だったと思います。多分。

子滝の上に岩壁の隙間から大きな滝発見!!(*‘∀‘)
神々しい姿が見えてきます🌊✨

 

岩屋谷子滝▼

この上流の雄滝雌滝に霞んでしまって、表に出て来ることが無く、ぶっちゃげ無名瀑です🌊

岩屋谷子滝とは勝手に私が名付けただけです(=゚ω゚)ノ

おそらく他の場所に存在していれば名前の一つもついていたでしょうし、日本の滝100選とかに入ってもおかしくはないクラスの滝です( ゚Д゚)

非常にきれいで優雅な滝です( *´艸`)✨

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★☆☆
幻想度・・・・★★★☆☆
清流度・・・・★★★★☆
到達感・・・・★★★★☆

全体的に何とも納まりの良い美しい滝です。
間近で見るとどことなく父親の雄滝に似ている気がします。
この日はあまり天気は良くありませんでしたが快晴だとかなりいい感じになりそうです。

ちなみに雄滝雌滝は川以外から何とかして行けるようですが、この滝だけは川を直接行かないと見ることはないと思います。
そんなわけで上流の▶雌滝、▶雄滝に続きます(=゚ω゚)ノ

奈良県の滝に戻る