カンピレーの滝(西表島)

カンピレーの滝(かんぴれーのたき)
沖縄県八重山郡竹富町

基本データ▼
ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・渓流瀑
水系・・浦内川
落差・・200m(長さ)
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★★★☆☆
体力・・・★★☆☆☆
時間・・・入口から45分程
ーーーーーーーーーーーーーー
完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的にハイペースで進んだ場合に基づいています。

目次
|▶行き方・場所・アクセス
|▶ルート
|▶カンピレーの滝
|▶Information


H30.5.23

 


行き方・場所・アクセス▼

カンピレーの滝は沖縄県でも、離島の西表島浦内川に掛かり、マリュウドの滝の上流に位置します📍
なので那覇空港へ飛んでも行く事はできません (飛行機を乗り継げば行けますが…) ✈

西表島への詳しい行き方や宿、車等については▶コチラに記載しています。

国内航空券が安い!エアトリ
国内格安航空券ならさくらトラベル!
大黒屋トラベルの国内格安航空券

東運輸HP
安栄観光HP

 

ーーーーーーー

カンピレーの滝へは、西表島の北西部にある浦内川河口付近の大きな橋 (浦内橋) の近くにある遊覧船乗り場から遊覧船で遊歩道入口へ向かいます🚢
船の時間だけは確認しておきましょう👀

県道215号線をぐるっと回って浦内川河口付近まで行きます🐾
遊覧船乗り場までは、港や宿からは (宿は場所にもよりますが…) レンタカーレンタルバイクバスなどでで行く事になります🚘🏍🚍

西表島交通HP
👉路線バス
・・・(浦内川下車)

浦内観光HP 遊覧船定期便スケジュール

 

 

遊歩道に入るとまずはマリュウドの滝へ(=゚ω゚)ノ
マリュウドの滝の展望所から奥へと遊歩道は続いて行くので進んで行きます🐾

ココではマリュウドの滝展望所からカンピレーの滝までを見てみたいと思います👀

遊歩道の入り口までの行き方や途中までの詳しいルートは▶マリュウドの滝を参照してください

 

 


ルート▼


▲展望所から見たマリュウドの滝👀🌊🌳
遊歩道はこの先も続き、カンピレーの滝の手前で終点です(‘ω’)

遊歩道入口からの参考平均タイム、
マリュウドの滝まで30分⌚
カンピレーの滝まで45分⌚

まぁぶっちゃげ相変わらず1本道なので迷うことはないと思います🐾
写真▼の小屋が見えたらもう目の前です(∩´∀`)∩

 

 


カンピレーの滝▼

遊歩道はココまで🌳
無理やりですが川まで降りることができます٩( ”ω” )و

ココからさらに遡り、山を越えて大原まで抜けていく人もいるみたいですよ🐾

川原を歩いていると、所々にポコポコ穴が開いているのが分かります👀
いわゆるポットホールというやつでしょうか(‘ω’)⁇

 

 

一番下流側と一番上がハッキリと段になっています🌊
下から・・・▼「


 

渓流瀑は日光の龍頭の滝のように細くも風流のあるものなどもあり、案外バリエーションにも富みます(∩´∀`)∩
カンピレーの滝に関してはやはりこの広大さが見応えかもしれません👀✨
この上流も広々とした川が続きます(‘Д’)

 

ーーーーーーー

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★☆☆
幻想度・・・・★★★☆☆
清流度・・・・★★☆☆☆
到達感・・・・★★★☆☆

広い川幅に僅かな段差や傾斜がついた、ある意味では渓流瀑のあるべき姿のような滝です。
一見これは滝なのかと思うでしょうが、地質学上滝なのです。
それにしても山奥にあるにしては本当に広大で迫力はあり、下流のマリュウドの滝に引けを取らないものがあります。
この二つの滝は同じ川にあってもまた違うタイプなので、そこもまた良いです。

 

 


Information

おすすめホテル予約サイト▼

☆Hotels.com☆~世界最大級のホテル予約サイト
「一休.com」~心に贅沢させよう
「ゆこゆこネット」~日本の温泉はゆこゆこで

 

ーーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

沖縄県の滝に戻る
九州・沖縄の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

 

国内旅行~旅ぶらり~
沖縄 八重山の観光

 

TOPに戻る