七ツ滝(月山)

七ツ滝(ななつたき)
山形県 鶴岡市

基本データ▼
ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・段瀑、分岐瀑
水系・・梵字川⇒赤川
落差・・90m(公)
日本の滝100選
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★☆☆☆☆
体力・・・★☆☆☆☆
時間・・・すぐ(遠望)
ーーーーーーーーーーーーーー
完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的にハイペースで進んだ場合に基づいています。

目次
|▶アクセス・行き方
|▶七ツ滝
|▶Information


R1.5,1


行き方・アクセス▼

山形県の中程、月山の東側に七ツ滝は位置します(=゚ω゚)ノ
山形市から酒田市を結ぶ国道112号線月山ダムの上流付近から田麦川を渡って七ツ滝公園へ進みます🐾

高速道路は山形自動車道がすぐ近くまで来ていますが、月山を境に鶴岡側と山形川で一旦途切れます(;´・ω・)
最寄りは鶴岡側の終点、湯殿山I.C🚘🏍

 

月山ダムの上流、高速道路 (山形自動車道 鶴岡側) が途切れた少し先で、国道112号線から川の方へ下る抜け道が分岐します(=゚ω゚)ノ

分岐もいくつかありますが基本的に川の方へ、登りの方には入らず道を下っていきます🐾
下り切ったら田麦川を渡ります🌊

川を渡ると道は登りに転じ、道なりに林道を登っていきます🐾
川を渡ったあたりからは分岐はありますが、本当に道なりで分かりやすいと思います(‘ω’)

この辺りから看板などもあるので良く見ておきましょう👀

 

田麦川を渡って登り道に入ると、七ツ滝公園まではすぐです🏞

ただ、月山自体は五月でも雪がまだ積もっており、雪崩注意の看板なども所々に見られるので注意しましょう⚠(;’∀’)

 

 


七ツ滝▼

下流側から七ツ滝の滝壺へも何とかして行けるようですが、滝自体の俯瞰を楽しむなら基本的には七ツ滝公園からの遠望による全景の眺望になります👀🌊

 

七ツ滝公園▼
林道を進んで行くと右手に七ツ滝公園が見えてきます(=゚ω゚)ノ
ココから七ツ滝の全景を見渡すことができます(∩´∀`)∩
やや近めの遠望で、遠目に滝を眺めるには最高の距離感かもしれません🌳


ちなみに林道は五月でもまだ除雪作業などで通行止めになっていたりします✖
中途半端に雪が解ける時期が、ある意味では最も雪崩が起きやすいのかもしれません⛄

林道はずっと進んで行くと、再び国道112号線と合流、または湯殿山神社本宮方面などに続きます🐾

見渡せば非常にのどかな田舎🌲
この辺に住んでいる人は真冬は一体どんな風に暮らしているのだろう(´・ω・)❓
大阪に住む私には想像もつきません⊂⌒~⊃。Д。)⊃

 

七ツ滝▼
七ツ滝公園から遠望した七ツ滝の全景▼
この日は雪解けもあってか、かなり水量は多いようです🌊
水の流れの音がとても心地よいです( *´艸`)






中程で一度大きく広がって、また一つにまとまって流れる、面白い形の滝です( *´艸`)
ココからだとちょうどよく全景が見えます👀✨
滝壺の方にも行ってみたいですが、ココからでは多分無理でしょう(;´・ω・)
ただ、滝壺からでは間違いなく中程から上は見えないでしょうね~…(´・ω・)
通常の水量では中段部分は3筋きれいに分かれて流れます🌊
右横の方にも細くですが流れがあります(‘Д’)
滝の上の方はまだ雪がわりとどっしりと残っています( ゚Д゚)



ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★★☆
幻想度・・・・★★★☆☆
清流度・・・・★★☆☆☆
到達感・・・・★☆☆☆☆

なかなか特徴的な形をした七ツ滝ですが、落差90mは遠目に見てもその大きさが分かり、基本的に水量も多く迫力があります。
七ツ滝公園からはその特徴的な風貌が一望でき、”滝を見る”という観点からすればベストスポットかもしれません。
夏場以外の時期は積雪や路面凍結には注意⚠

 

 


Information

ページ先頭へ戻る

 

山形県の滝に戻る
東北の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

日本の滝100選に戻る
お手軽 観光滝一覧に戻る

 

TOPに戻る