苗名滝(越後 上越)

苗名滝
(なえなたき)

目次
|▶アクセス・行き方
|▶遊歩道
|▶苗名滝
|▶Information

種類
・・直瀑
水系
・・関川
落差
・・55m(公)
危険
・・★☆☆☆☆
体力
・・★☆☆☆☆
時間
・・入口から5分程
🏆日本の滝百選
】【🏞】【♨】
【🍃】H29.8.14

落差や滝種などは完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的に休憩なしのハイペースで進んだ場合に基づいています。

 

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

 


行き方・場所・アクセス▼

新潟県 妙高市

苗名滝は妙高山の南東麓、長野県のと県境を流れる関川上流部に位置します📍

上越信州越後の主要道の一つ、国道18号線から新潟県道39号線 (妙高高原公園線) へ入り、その先の杉野沢入口停留所の交差点で新潟県道280号線 (杉野沢黒姫停車場線) に入ります🚘

県道280号線は関川沿いに沿っており、途中で180度カーブして関川を渡りますが、そこからさらに関川沿いに伸びる分岐を進むと苗名滝の駐車場と入口があります(=゚ω゚)ノ

ちなみに県道39号線は3カ所ほど国道18号線と交差しますが、最も南側の杉野沢入口交差点から笹ヶ峰方面に曲がります🛣

 

ーーーーーーー

公共交通機関は、えちごトキめき鉄道 妙高はねうまライン関山駅から妙高市営バスが出ています🚍
多分冬季閉鎖があるかどうかは分かりません⛄
各自で確認してください👂

北陸新幹線 時刻表
・・・東京駅~金沢駅
・・・(上越妙高駅下車)

えちごトキめき鉄道 妙高はねうまライン 時刻表
・・・妙高高原駅~直江津駅
・・・(関山駅下車)

 

妙高市HP
👉くらし・手続き👉交通
👉公共交通👉妙高市市営バス
・・・妙高山麓線
・・・(苗名滝下車)

 

 


遊歩道▼

苗名滝の駐車場と入口▼
かなり広いです。そしてお盆と言うのもあって人もかなり多いです👫
道路もきれいで施設も充実しています🚘🏍


駐車場の奥から遊歩道が伸びています(=゚ω゚)ノ
早速大きな堰堤の前の橋を渡ります🐾
下流側▼
上流側▼

 

見ての通り遊歩道は整備が行き届いています( ゚Д゚)
人が多い訳ですね(´_ゝ`)
それにしても川幅もあり、かなり大きな川です🌊

 

この大きな堰堤を越えたら苗名滝が見えてきます👀
川を見ればわかりますが、すごい水の量です⊂⌒~⊃。Д。)⊃
この日はそのうえ水量は多めなようですね🌊


その先でまたまた橋が掛かります👀
その奥に展望小屋のようなのがありますが (人が多いのでそこまで行ってないですが…) 、橋からもきれいに見えます(∩´∀`)∩

 

 


日本の滝百選 苗名滝▼



ゴーゴーと飛沫と地響きを上げて流れ落ちます( ゚Д゚)
滝の名前の由来説に、地震 (なゐ) からその名が付いたというのがありますが、まさに大地を揺らす滝です🌊
上流には二の滝から四の滝があるそうで、いずれ訪れてみたいものです🐾



それにしてもすごい水量です( ゚Д゚)🌊
幅も相当ありますね( ゚Д゚)

岩壁は見るからに火山岩を思わせる柱状節理でほとんど垂直です(‘Д’)
断崖とは正にこの事ですね( *´艸`)

滝が落ちる所だけぽっかりくぼんでいます凹
が、大昔は真ん中に岩があって分岐して流れていたそうです📚

滝壺も相当でかいです🌈
ものすごいしぶきが立ち込めています💦
もし落下地点に落ちたら水面まで二度と上がってこれなさそうです(;´Д`)

 

ーーーーーーー

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★★★
幻想度・・・・★★☆☆☆
清流度・・・・★☆☆☆☆
到達感・・・・★☆☆☆☆

川の大きさからも分かる通り、水量がすさまじいです。
多分日本の滝100選で一番水量あるのでは❓
落差も55mと大きいですが、幅もかなりあり滝壺も相当でかいです。
近づくのは万死に値するため、少し離れた所から見ることになりますが、それでも轟音というより地響きに近いものが伝わってきます。
まさに恐ろしいくらいの迫力です。

 

 


Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

ーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

新潟県の滝に戻る
関東・甲信越の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

日本の滝100選に戻る

 

TOPに戻る