ナル谷大滝(吉野)

ナル谷大滝(なるたにおおたき)
奈良県 吉野郡 上北山村

基本データ▼
ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・直瀑
水系・・北山川⇒熊野川
落差・・60m(推)
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★★☆☆☆
体力・・・★☆☆☆☆
時間・・・駐車場所からすぐ

ーーーーーーーーーーーーーー
完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的にハイペースで進んだ場合に基づいています。

目次
|▶行き方・場所・アクセス
|▶川への降り口
|▶ナル谷大滝
|▶Information


H28.7.17

 


行き方・場所・アクセス▼

ナル谷大滝は名瀑自治体としても名高い奈良吉野の上北山村の南端に位置します📍

台高山脈南部、池原貯水池に流れ込む備後川に流れ落ちるように掛かり、かろうじて上北山に所在することになっていますが、ほぼ下北山村と三重県熊野市との三つの境界部に掛かります🌊

国道169号線音枝トンネルの南側の交差点から、下北山村のきなりの湯の上、池原ダムの上を通る国道425号線へ入ります🐾

そのまま国道425号線をしばらく進んでいくと、本流の池原ダム上流側へと向かう橋と備後川沿いに伸びる林道との分岐出てきます👀

橋の横にナル谷林道の入り口があり、林道に入りしばらく進んで行くと対岸に大きな滝が見えてきます(=゚ω゚)ノ

ちなみに池原ダムは関西近畿でも最大規模のダムで、水上スキーなどを楽しんでいる人たちの姿も見受けられます🌊

国道425号線はこの先、千尋の滝坂本貯水池不動滝・銚子滝隠れ滝など台高南部の見所となるポイントを通り、三重県の尾鷲へと抜けていきます🛣
ただ、通行止めが非常に多い道路でもあります(;´・ω・)

 

ーーーーーーー

台高山脈南部を縦断する国道425号線は特に自然災害も多いので、道路交通情報は見ておいた方が良いでしょう🚘
奈良県 道路規制情報
和歌山・奈良・三重 合同道路規制情報

 

 


川への降り口▼

ナル谷林道の入り口▼
池原ダムを渡る備後橋と、その横から備後川沿いに伸びる備後川林道(=゚ω゚)ノ

以前はこの橋が老朽化の工事で通行止めで、この先は上北山郵便局の所から迂回しなければならなかったのですが、R1.5月現在は通れるようになっていました🐾

 

林道に入ってしまえば、細くて路面もかなり悪いので注意ですが、一本道なので迷うことはないと思います🌳

林道をずっと進んで行くと、入り口付近ではまだダム湖の状態だったのが終わります🌊

グニャグニャと進んで行き、トンネルを抜けてさらに進んでいくと、ぐるりとカーブをした先で対岸から大きな滝が姿を現します( ゚Д゚)✨

思わず目が行ってしまうので事故しないように気を付けてましょう⚠
対岸からでも十分な迫力が伺えます👀

 

この少し先で、ホントに車1台か2台分ですが川側に駐車スペースがあります🚘🏍
多分Uターンもこの辺はココでしかできなさそうです💦
路面舗装があるのがまだ救いです(‘Д’)

 

ーーーーーーー

この駐車スペースから少し進んだあたりで、川へ降りれそうなポイントが何ヵ所かあります🐾

真下から見上げるには、短い距離ですが川へ降りて泳ぐ必要があります🌊

まぁとりあえずは川へ降ります(‘ω’)
そして川へ降りたら滝の方へ向かって進みます٩( ”ω” )و

この辺りはホントに林道以外何もなく、非常に秘境感があふれています🌳
川の水は非常にきれいで美しい色をしています✨

少し進むと滝の端っこが見えてきます( *´艸`)
がしかし、どうしても水を避けていくのは無理そうです💧
どこを見渡しても歩いて渡れそうな所はなく、泳ぎを強いられます(;´・ω・)

なので少なくとも増水時などは諦めてください⚠
滝とは対岸側の方の岩壁伝いに行けば、ほとんど流れはなく摑まるところも多いのでまだ安全です٩( ”ω” )و

 

 


ナル谷大滝▼

道路沿いでも川沿いでも不意に現れるナル谷大滝🌊
一筋ですが、下から見上げると微妙にカーブを描きながら落ちるのが特徴的です( ゚Д゚)


しかし大きな滝です( ゚Д゚)
真下から見上げたら一番上が見えません👀
というか、滝に触れるくらい近くまで行けるのがうれしいですね( *´艸`)


上流側の方を振り返ると物凄い岩場です(‘Д’)
滝も辺りの景観もまさに絶景です🗻🌳🌊

大きな割には全体としての雰囲気はとても落ち着いており、ホントに秘境という言葉がよく合います🍃

 

ーーーーーーー

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★★☆
幻想度・・・・★★☆☆☆
清流度・・・・★★★★☆
到達感・・・・★☆☆☆☆

この滝は80mとか90mとか言われたり60mと言ったりムラがありますが、対岸から実際に全景を見るとかなり大きく見えます。
100mクラスくらいに見えます。

おそらくその理由はこのすぐ上に30mくらいの滝があり、対岸からだとそれも含めて見えるため大きく見えます。
つまりこの滝を段瀑とするなら90m・100mになってきます。
一応直瀑として紹介してますが、どっちが正しいかは分かりません。
しかしどちらにせよ大きな滝であることに変わりはなく、その天から落ちてくるような形状はかなり迫力があります。

 

 


Information

台高南部R425沿いの名瀑▼


ツキ谷大滝

千尋滝

不動滝

銚子滝

隠れ滝

 

ーーーーーーー

おすすめホテル予約サイト▼

☆Hotels.com☆~世界最大級のホテル予約サイト
「一休.com」~心に贅沢させよう
「ゆこゆこネット」~日本の温泉はゆこゆこで

 

ーーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

奈良県の滝に戻る
近畿の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

 

TOPに戻る