大栃谷大滝 五の滝(吉野 大峰)

大栃谷大滝 五の滝
(おおとちたにおおたきごのたき)

目次
|▶データ
|▶行き方・場所・アクセス
|▶ルート
|▶大栃谷大滝 五の滝
|▶Information

 

データ▼


分岐瀑
落差…40m(推)
・吉野川⇒紀ノ川水系
・大峰山脈系
危険
・・★★★★☆
体力
・・★★★☆☆
時間
・・林道終点から120分程
R4.6.2

落差や滝種などは完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的に休憩なしのハイペースで進んだ場合に基づいています。

🔗外部リンク
大峰や高台は険悪な立地なため自然災害も多いので、道路交通情報は見ておいた方が良いでしょう🚘
奈良県 道路規制情報
和歌山・奈良・三重 合同道路規制情報

 

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

🐾🐾

 


行き方・場所・アクセス▼

奈良県 吉野郡 天川村

大栃谷大滝 五の滝は奈良県吉野の天川村の北東端付近に位置します📍

吉野川源流域の一つ、上多古川の支流の大栃谷に掛かる大滝連瀑の上から二つ目の大滝になります🌊

所在地こそ天川村になりますが、アクセスは川上村国道169号線から上多古林道になります🌳

上多古林道終点の先、天竜の滝の辺りから上多古川本流へ入り少し下ったところで大栃谷が合流するので、これに入渓します🐾


上多古口▲左上 ⇒林道終点▲右上
⇒上多古本流▲左下 ⇒大栃谷出合▲右下

 

🐸

 


ルート▼

大栃谷は林道終点および矢納谷出合の少し下流で上多古川に合流し、壁の様に切り立つ勝負塚山へ向かって登っていきます👀

最終的に勝負塚山の手前で左に曲がり稜線に沿うように伸びていきますが、御覧の通りその過程で極めて急傾斜を呈しており、幾多の滝が掛かります🌊

中でも印象強い大滝が6つ、それぞれ一の滝から六の滝と名付け紹介しています(=゚ω゚)ノ

▼一の滝、二の滝


▲三の滝、四の滝

このページではの滝から五の滝までを見ていきます(=゚ω゚)ノ
四の滝までの詳細は▶一の滝、▶二の滝および▶三の滝、▶四の滝を参照してください🔍

 

ーーーーーーー

四の滝越え▼

さてまずはこの四の滝を越えます٩( ”ω” )و
四の滝は右岸 (向かって左側) 、むしろ四の滝の左横から越えるというのが正しいでしょう🐾

写真▲右を見てもらうと分かる通り、四の滝の落ち口付近の岩壁が少し段になっているのが分かるかと思います👀
アレを利用して上流へ登ります🐾

 

右岸から▼

まずは右岸から来た場合です(=゚ω゚)ノ
四の滝の少し下流から右岸のガレに入り途中で川から離れすぎないよう登ってきますが、最終的には四の滝から続く岩壁にぶち当たります🐾


途中で右岸から見渡す四の滝▲
さらにそこから上流側へヨジヨジと登っていきます🐾
急傾斜で崩れやすいので十分注意しましょう❕
四の滝の横に来ると進むべき岩壁の段差が見えてきます👀


ココはガレ、しかもなかなかの急傾斜です(;´・ω・)
慎重に進みましょう💦

 

左岸から▼

左岸から来た場合は四の滝の正面を渡り右岸側へ🐾
そのまま岩壁の段差まで登っていきます(=゚ω゚)ノ


四の滝の右岸は崩壊後になっており、ガレ他ヵ所もあって少々危険(;´・ω・)
しかし振り返るとなかなかの絶景(*‘∀‘)
横から見る四の滝もなかなか良いです(∩´∀`)∩

 

ーーーーーーー

四の滝落ち口▼

落ち口横の段差▼
ココまで来ると案外足場が広く、絶景を眺めながら座って休憩もできる(∩´∀`)∩♪



落ち口横まで来ると、そのまま落ち口上まで登っていけるところがあります👀
ただ当然ですが、滑落は死を意味するので慎重に⚠
四の滝落ち口▼
ココは全滝落ち口中一番見晴らしがよさそう( ゚Д゚)

 

ーーーーーーー

四の滝上流▼

上流側を見れば早速険相が広がっています(;´・ω・)
ココは右岸から進みますが岸へ上がりすぎると行き詰ります✖
右岸川のすぐ横を慎重に進み、その先どんどん川を直登していきます🐾



四の滝と五の滝の間も少し長めのインターバルです(=゚ω゚)ノ
やがて流れは二手に分かれます👀
別れ滝 (仮称) ▼🌊

本流は右側からの流れ🌊
これを直登すると前衛滝👀
そして前衛滝のすぐ上に五の滝が見えます( ゚Д゚)

 

ーーーーーーー

前衛滝▼



すぐ上にすでに見えている五の滝🌊
ぶっちゃげ前衛滝と五の滝の間には滝壺があるだけなので、前衛滝含めて五の滝とする見方もできるでしょう👀
時期によっては花の姿も目立ち、とても素晴らしい景観です🌻


⚠さて、この前衛滝は左側から直接登りますが、足場やグリップは狭く分かりにくく、そのうえ非常に滑るので十分注意が必要です👀
特に、下りもココを通る際はどこを掴んでどこを踏んだかまでしっかり覚えておく必要があります❕
高さこそそれほどないですが辺りは張り出した岩、滑落すれば間違いなく無事では済みません⚠

 

🌳

 


大栃谷大滝 五の滝▼



コチラに覆いかぶさってくるかのような岩壁( ゚Д゚)
落差もあり、これまでの滝の中で最も迫力もあります👀
一段の落差としては大栃谷の中では一の滝の上段を越えて一番あるかもしれません🌊


右岸側には洞窟みたいなのがあります(*‘∀‘)
左岸側は岩壁が続いているようです👀
滝つぼは浅め、イモリの幼体だらけです(゚Д゚;)


岩壁の下の方は張り出していますが、上部はほとんど垂直(‘Д’)
滝の流れ出しは水量に対して勢いがあります🌊
大栃谷大滝の連瀑は上二つは大滝としての洗練度も高いです✨

 

ーーーーーーー

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★☆☆
幻想度・・・・★★★★☆
清流度・・・・★★★☆☆
到達感・・・・★★★☆☆

大栃谷深部、上から二つ目の大滝、五の滝。
見上げるような張り出した岩壁に広く流れ落差もあり、この連瀑中で最も迫力を伴っている大滝です。
大きさとは相反して深部の静寂が空間を包み、静と動の良い所をとったかのような居心地の良さがあります。
大滝としての洗練度も高く、大栃谷へ挑戦した際はココまでは来たいところですね。

 

 


Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

ーーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

奈良県の滝に戻る
近畿の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

 

TOPに戻る