高滝(奥香肌)

高滝(たかたき)
三重県松阪市

基本データ▼
ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・直瀑
水系・・櫛田川
落差・・50m(推)
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★★★☆☆
体力・・・★★★☆☆
時間・・・入口から90分間程(沢登)
ーーーーーーーーーーーーーー
完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的にハイペースで進んだ場合に基づいています。

目次
|▶アクセス・行き方
|▶ルート
|▶高滝
|▶Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

H30.4.1

 


行き方・アクセス▼

高滝は松阪市の内陸部、台高山脈北東部の池小屋山を源とし奥香肌峡の蓮川に合流する宮ノ谷の川に位置します📍

まずは国道166号線から三重県道569号線 (蓮峡線) に入り奥香肌峡の蓮ダムを目指します(=゚ω゚)ノ

県道569号線を進んでいくと蓮ダムがありますが、まっすぐ道なり県道569号線を進んでもダムを渡っても後で合流するので良いです。

ダムは途中で分岐しますが、南側の蓮川本流に沿って県道569号線を上流に向かい走っていくとダムが終わり、ダムを渡った先の林道が合流します🛣

 

合流してから2本目の林道、川を渡り宮ノ谷へ続く林道に入りまっすぐ行くと林道終点に駐車スペースと入口があります🅿
ちなみに奥香肌峡は桜の名所でもあります🌸

奥香肌峡までの詳しいアクセスは▶奥香肌峡・蓮ダムを参照してください。

 

ーーーーーーー

台高山脈周辺は自然災害による通行止めなども多いので、道路交通情報は見ておいた方が良いでしょう🚘
三重県 道路規制情報
和歌山・奈良・三重 合同道路規制情報

 

ーーーーーーー

高滝へは池小屋山の登山道を通りますが、途中の分岐まで風折の滝と同じルートを通ります🐾

なのでココでは風折の滝の分岐から高滝までを見ていきたいと思います(=゚ω゚)ノ

途中までの詳しいルート等は▶風折の滝を参照してください

 

 


ルート▼


入口から先は登山道です🐾
この登山道は最初はいいのですが、高滝から先は不明瞭で滑りやすく上級者向けの道となっています🌳


途中にある蛇滝🐍▲
この先で川は90度折れ曲がり岩間へと入っていきます(´・ω・)

岩間を抜けて開けたとこに橋が掛かります👀
そこで風折の滝方面と高滝方面とルートが分かれます🐾

高滝へはこれを右側へ(=゚ω゚)ノ
ぶっちゃげココから高滝はそう遠くありません🌊

橋の先で少し休憩(*´Д`)

 

高滝の手前まで遊歩道がありますが、川を進むのも良いです(‘ω’)
せっかくなので川を直接登っていきます٩( ”ω” )و🐾
ゴーロ帯からの小滝の連瀑です🌊

ココ👉から小滝が連続しますが、ほとんど越えていけます(=゚ω゚)ノ
なかなか登り応えのある滝です🌊


巻きの途中で登山道に合流します(=゚ω゚)ノ
最後の階段▼を越えると高滝が見えてきます👀

 

 


高滝▼

 


細身のルックスに反してなかなか豪快な流れで、遠くからでも轟音が響き渡ります(‘Д’)
ちなみに滝の真下付近まで行こうと思ったら、岩をよじ登ってトラバースしなければなりません(=゚ω゚)ノ



かなり水量が多く迫力があるとともに、物凄い水しぶきが飛んできます( ゚Д゚)💦

滝の真下付近までは行けますが、スゴイしぶきのため真下まで行くのには覚悟がいります(;´Д`)

滝の近くではなかなかシャッターもまともに押せません📷

ちなみにこの高滝は左岸 (向かって右側) に巻き道があります🐾
そちらから見た感じも良い感じです(∩´∀`)∩
ココから登山道は急に険しくなります🌳

 

ーーーーーーー

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★★☆
幻想度・・・・★★★☆☆
清流度・・・・★★★☆☆
到達感・・・・★★★☆☆

水量が多く迫力があります。
大きさも実際に見たらかなり大きく見えます。
滝の下流部は荘厳な岩間を縫って流れていきますが、滝の流れる岩肌と合わせて雰囲気があり見応えがあります。
滝の真下へは岩を登っていきますが、滝の真下は飛散した水しぶきでずぶ濡れになります。
ちなみにこの高滝のすぐ上に猫滝があります。

 

 


Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

ーーーーーーーー

奥香肌峡・宮ノ谷の滝▼


猫滝へ進む

風折の滝

 

奥香肌峡・蓮ダム(櫛田川)

 

ーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

三重県の滝に戻る
近畿の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

 

TOPに戻る