灌頂ヶ滝(東四国山地)

灌頂ヶ滝(かんじょうがたき)
徳島県 勝浦郡 上勝町

基本データ▼
ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・直下型
水系・・勝浦川
落差・・80m(推)
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★★☆☆☆
体力・・・★☆☆☆☆
時間・・・入口からすぐ
ーーーーーーーーーーーーーー
完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的にハイペースで進んだ場合に基づいています。

目次
|▶行き方・場所・アクセス
|▶灌頂ヶ滝
|▶Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

H30.8.3
R2.8.3

 


行き方・場所・アクセス▼

灌頂ヶ滝は徳島県中程の勝浦郡 上勝町の北東端、勝浦川支流に掛かります📍

まずは四国最大の河川 吉野川の南側を流れる勝浦川沿いに伸びる徳島県道16号線 (徳島上那賀線) に入ります🛣

徳島市側からは四国の主要道の一つである国道55号線勝浦川橋南詰交差点から、は那賀町の国道193号線大轟の滝の北のT字交差点から入ります🌳

県道16号線は正木ダムの北側で灌頂ヶ滝の掛かる支流を渡る橋の横で曲がりますが、そこから上勝小学校慈眼寺方面の道が勝浦川の支流沿いに伸びています(=゚ω゚)ノ

その林道を川沿いにずっと登っていくと灌頂ヶ滝に着きますが、途中分かりにくい所もあるので地図をしっかり確認して進みましょう👀

 

 


灌頂ヶ滝▼

県道16号線から慈眼寺への分岐は、橋の所で道が曲がり信号もありすぐの分かると思います(‘ω’)
その先がやや分かりにくい所があります(´・ω・)

途中ヘアピンカーブがあり、そこにあるオブジェみたいな淵神の塔雄淵(´・ω・)
ココまで来たらあとは道なりにもう少しです٩( ”ω” )و
基本的には慈眼寺へ行くまでの途中にあるので、慈眼寺の案内に従います👀

 

ーーーーーーー

少しして道路沿いに物凄い岩壁と共に入口が見えてきます👀
車はその周辺に停めれそうです🚘🏍
まだ夜が明けたての空です(´・ω・)

 

階段を登って行けば灌頂ヶ滝の真下まで行くことができます(=゚ω゚)ノ
階段の先はお堂へと続きます🐾🌳
それにしてもこの岩壁は迫力があります( ゚Д゚)

 

ーーーーーーー

灌頂ヶ滝▼

H30.8.3






岩壁の迫力と滝の形から、かなり高さはあるように見えます👀( ゚Д゚)
近くまで行ってみると水量も思ったよりもあります🌊( *´艸`)
階段の途中で滝の方に寄れるところがありますが、非常に滑りやすいので注意です⚠



一度上の方で岩にあたり水が飛散しているため、下の方は霧状になり流れの形が崩壊れています(´・ω・)
滝の真下はまるでそこだけ雨が降っているかのようです(∩´∀`)∩⛆
この付近にいるとびしょ濡れになってしまいます(;´・ω・)


滝の真下付近から振り返ると山々が見えます🌳(‘Д’)
時期によっては足元には小さな沢蟹がちょろちょろしています( *´艸`)
踏まないように気を付けてあげてくださいね(=゚ω゚)ノ

 


途中の岩壁の角度は90度を超えています👀
神社から見た滝も素晴らしいです( *´艸`)
正に行場にはもってこいといった雰囲気です🌳

 

ーーーーーーー

R2.8.3






相変わらず素晴らしい滝です(*‘∀‘)
高さと角度があるので、いつ見てもやはり迫力がありますね~🌊
前回よりもやや水量が多いかな👀❓



 

ーーーーーーー

 

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★★☆
幻想度・・・・★★★☆☆
清流度・・・・★★☆☆☆
到達感・・・・★☆☆☆☆

見上げるような岩壁に掛かる灌頂ヶ滝は、近くまで行くとさらに見上げるような角度で落ちています。
近くまで行くと遠目に見るより水量があるのが分かります。
霧状になった水が近くならよく見えるため、迫力も増します。
木々が立ち並びますが高さがあるため道路からでも見え、自然の大きさが伺えます。

林道を登った先には慈眼寺があるので、そちらも興味のある人は立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

 

 


Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

ーーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

徳島県の滝に戻る
山陽山陰・四国の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

お手軽 観光滝一覧に戻る

 

TOPに戻る