回顧の滝(羽後)

回顧の滝
(みかえりのたき)

目次
|▶アクセス・行き方
|▶神の岩橋
|▶抱返り渓谷
|▶回顧の滝
|▶Information

種類
・・段瀑
水系
・・玉川⇒雄物川
落差
・・40m(推)
危険
・・★☆☆☆☆
体力
・・★☆☆☆☆
時間
・・入口から20分程
【🚘】【】【🍁】
【🍂】R2.10.21

落差や滝種などは完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的に休憩なしのハイペースで進んだ場合に基づいています。

🔗外部リンク
仙北市HP▶https://www.city.semboku.akita.jp/index.php

秋田県 道路規制情報

 

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

 


行き方・場所・アクセス▼

秋田県 仙北市

回顧の滝は仙北市南端付近、田沢湖の南側の抱返り渓谷に位置します📍

盛岡から大仙北部へ岩手県と秋田県を横断する国道46号線JR神代駅北側から秋田県道50号線 (大曲田沢湖線) へ入ります🛣

県道50号線が玉川を渡るあたりから入り口の方へ伸びる道が分岐します🌳
地図では分かりにくそうですが、案内も立っているので分かるかと思います(=゚ω゚)ノ

JR田沢湖線神代駅が最寄りになりますが、そこから歩きでは1時間ほど掛かるため車がある方が良いです🚘

 

 


神の岩橋▼

抱返り渓谷の駐車場▼
あちこち回って夕方になってしまった(;´・ω・)
河川敷は公園みたいに整備されてていい感じです🏞


まずは神の岩橋へ行ってみましょう٩( ”ω” )و
駐車場手前の赤い橋👀
下流側になりそのまま橋を渡って進んで行くと抱返り渓谷とは反対方向になります🌳



水は蒼くかなりキレイです✨
これほどとは思っていなかったので少し感動(*‘∀‘)
秋田県もホントに水がきれいな所が多いです(‘Д’)
そのまま進むと抱返神社などのあるもう一方の入り口へ出ます🌳

 

 


抱返り渓谷▼

橋とは反対側、駐車場の奥の方から抱返り渓谷の遊歩道が伸びています🐾
入口ら辺は工事中なのかな👀❓
四季折々の抱返り渓谷の写真などがあります(*‘∀‘)

遊歩道へ入ります(=゚ω゚)ノ
回顧の滝までは特に傾斜などもなく、わりと整備状態の良い1本道の遊歩道を進んで行くだけでございます🐾

まず驚くのは水の蒼さ(*‘∀‘)
橋のとこら辺よりもこちらの方が蒼さが際立っています🌊
夕方の日が暮れかけた状態でこの蒼さなので、日の当たるお昼間はもっとキレイでしょうね~✨✨



所々で看板が立っていてその場の見所を説明してくれます👀
ここへ来てから知ったのですが、回顧の滝からさらに進んで行くと百尋の滝や神代ダムがあるそうです📚
いや~、ちゃんと調べて来ればよかった…、
もう日が暮れかけなのでそこまでは行けず、水の蒼さも全開ではなく、これはまたここへは来なければなりませんね🐾

 



遊歩道もバラエティに富んでいます(∩´∀`)∩
スゴイ柱状節理の岩壁⛰

しばらくして吊り橋が出てきます👀
この辺りは紅葉がとてもキレイですが、まだちょっと早かった感じです🍁

 

その先トンネルや堰があります(‘Д’)
堰の周辺は瀞状になっていて蒼さがより深まります🌊



 

その先またまたトンネル(*‘∀‘)
楽しいですね~(∩´∀`)∩
紅葉もキレイなんですが、水の蒼さや遊歩道の感じもホントに良いです🐾
このトンネルを越えると回顧の滝真も目前です(=゚ω゚)ノ

 

 


回顧の滝▼


遊歩道はまだ上流の方へ伸びています🐾
日がかなり落ちてしまいましたが水面がとてもキレイです(‘Д’)
回顧の滝は支流にあたり、遊歩道から右に曲がってすぐです(=゚ω゚)ノ

 

2段になって流れる回顧の滝🌊
下の段は2条になっています👀
上の段は少し離れたところにありそうですが、落差は合わせるとそこそこ高くなりそうです(‘Д’)


ずいぶん暗くなってしまったので写真も少しぼけてます(;´Д`)
遊歩道は滝の正面まで来てますが少し離れています👀

かなり険しい感じの岩場に流れる感じが良いです🌊
振り返ると橋とそそり立つ岩壁がいい感じです⛰

 

ーーーーーーー

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★☆☆☆
幻想度・・・・★★★☆☆
清流度・・・・★★★★☆
到達感・・・・★★☆☆☆

東北の耶馬渓とも呼ばれる抱返り渓谷、その主瀑である回顧の滝。
険相な岩間を流れ落ちる姿は見応えがあります。
上段は曲りながら一筋で流れ、下段は2条になって流れる、上と下で違った表情の段瀑です。
道中は水の蒼さが素晴らしく、対岸の紅葉も美しいです。
柱状節理の岩壁、トンネルなど、バラエティに富んだ遊歩道も見ものです。
無計画で訪れたため、夕方のあまり日が当たらない時間帯であまり散策できませんでしたが、それでもこの渓谷の美しさを見ることができます。

 

 


Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

ーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

秋田県の滝に戻る
東北の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

 

TOPに戻る

川原毛大湯滝(羽後)

川原毛大湯滝
(かわらげおおゆたき)
川原毛地獄
(かわらげじごく)

目次
|▶アクセス・行き方
|▶泥湯大滝
|▶川原毛地獄
|▶遊歩道
|▶川原毛大湯滝
|▶Information

種類
・・分岐瀑
水系
・・高松川⇒雄物川
落差
・・20m(推)
危険
・・★★☆☆☆
体力
・・★★☆☆☆
時間
・・駐車場から15分
🔱日本三大霊地
【🚘】【.⛩】【🏞
【🍁】【
【🍂】R2.10.3

落差や滝種などは完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的に休憩なしのハイペースで進んだ場合に基づいています。

🔗外部リンク
湯沢市HP▶https://www.city-yuzawa.jp/

秋田県 道路規制情報

 

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

 


行き方・場所・アクセス▼

川原毛大湯滝は秋田県南東部、小安峡の西側に位置します📍

湧出した源泉が川の水と一緒になり流れる温泉滝で、滝壺がそのまま露天風呂となった国内有数の豪快な野湯となっています♨

東北地方のほぼ中央部を斜めに横断する国道398号線から、もしくは国道13号線 (湯沢横手道路) 須川I.Cから秋田県道51号線 (コスモスライン) に入ります🌺

その先、田螺沼桁蔵沼の間の交差点で秋田県道310号線へ入り道なりに進んで行くと、川原毛地獄の駐車場と入り口へ出ます🌋
ちなみに11月中旬ごろ~5月頃まで道路は冬季閉鎖されるそうです🛣

 

高速道路は秋田自動車道 横手I.C湯沢横手道路に乗り換えることができるので、湯沢、雄勝方面へ進み須川I.Cで県道51号線へ🛣

 

ーーーーーーー

ちなみに川原毛大湯滝と川原毛地獄の間にも駐車場があり、上記のルートの途中から直接回り込んで来れます(=゚ω゚)ノ

県道51号線にある御地蔵様と閻魔様が背中合わせになっているとても印象深い三途川橋があります👀(‘Д’)

その少し上流側の斜めに分岐する道からは行くことができます🚘

 

三途川橋▼



川原毛地獄の駐車場からの場合、川原毛地獄を歩いて通過して滝の方へ行きます (車両通行不可✖) 🐾
川原毛大湯滝へ直接行きたい場合はコチラから行きます(=゚ω゚)ノ

 

 


泥湯温泉▼


何かモコモコしています👀
アレはおそらく東北電力の地熱発電ですね⚡

その先、川原毛地獄へ向かう途中に泥湯温泉があります(=゚ω゚)ノ
宿はめっちゃ少ないですが、明治開業という歴史ある宿だそうです📚
温泉地の開湯自体は平安時代初期頃とされており歴史があります📖


ココは自噴源泉が多くあり、泉質は様々あるそうです📕
しかし、有毒ガスが出ている箇所もあるようで、立ち入り禁止区域も多いです(´・ω・)
ガスというのは基本的に目に見えないから怖いです(;´・ω・)
殺風景の静かな雰囲気は独特の良さがあり、ハマる人はハマりそうですね👀

 

川原毛地獄へはココからさらに奥へ進んで行きます🐾
この先でグニャグニャと坂を登ります(=゚ω゚)ノ
白い大地が印象的です(‘Д’)

 

 


川原毛地獄▼

川原毛地獄駐車場🅿
ココから道路を少し下ったところに入り口があります(=゚ω゚)ノ
ココからすでに異世界のような景色が垣間見えます( ゚Д゚)

 

おわ~~!!(*‘∀‘)
何か見えてきた✨✨
先ほどの泥湯温泉も印象的でしたが、ココはホントに真っ白な大地です( ゚Д゚)


これはまさに異世界ですね(‘Д’)
さすがは日本三大霊地、まるで死後の世界への通り道の様です (個人的な想像) 👼
あの池みたいなのはやっぱり温泉なのかな👀❓

 

ーーーーーーー

川原毛地獄入口▼

さあ、いよいよ死後の世界へ٩( ”ω” )و
ココから川原毛大湯滝の駐車場まで約20~30分くらいかな❓

 

ーーーーーーー

川原毛地獄遊歩道▼

川原毛大湯滝の方へ降りていく道は行けますが、さっきの池の方へ登って行く道は閉鎖されてしまっているようです✖
惜しい(ノД`)・゜・。
近くで見てみたかったなぁ(´・ω・)


真っ白な大地を進んで行きます🐾
所々にガス化水蒸気か、真っ白な地面から何か噴き出しているのが見えます(‘Д’)
今でも活動を続ける火山という事ですね🌋



 

ーーーーーーー

さて噴出がある崖から少し遠ざかって下っていきますが、キレイな紅葉です🍂
10月頭、まだ少し早いですがいい感じに色付いています(∩´∀`)∩
これから本番といったところかな❓
楓の姿はなく、違う種の紅葉です(‘Д’)




左側を見ると木々が生い茂っているのに右側を見ると真っ白です( *´艸`)
ちょうどこの遊歩道の横の溝が白と緑の境界線になっています🌳
土壌の質が違うとこうも景色が変わるものです( ゚Д゚)

そして休憩スペースがあります🌳
振り返るとやはり絶景ですね~👀


 

ーーーーーーー

道は曲って更に伸びていきます🐾
遠くに見える山々がまたキレイです⛰
この辺りも色付き始めた葉がいい感じです(∩´∀`)∩


 

ぐるりと回り込んで先ほどのがけの裏側へ出てきたようです(=゚ω゚)ノ
何とも言えぬ景色です(‘Д’)
途中から白から茶色へ大地の色が変わっています👀



けっこうな高さがありますが、何mくらいあるだろう(´・ω・)❓
こちら側にも噴出口があるようです(*‘∀‘)
地質がちょうど変わり目なのか、僅かに木や草が生えていい色になっています🍂


 

ーーーーーーー



上を見ても下を見ても絶景(*‘∀‘)
やはりせっかくここまで来たなら滝だけではなくこの川原毛地獄も見ておくべきですね🌋

ココを過ぎると駐車場のような広場の様なとこが下の方に見えます(∩´∀`)∩
その手前には堰堤があります🌊



堰堤があるという事は雨が降ると増水するのかな❓、それとも土砂様でしょうか❓
水はチョロチョロ流れてます💧

その先は駐車場と仏さまが見えます👀
ずいぶん緑が増え始めましたね🍃

 

小さな神社に奥には川が流れています🌊
川原毛大湯滝はこの下流に掛かります(=゚ω゚)ノ

しかしこの川、いったいどこから来たのだろうか(´・ω・)❓
湯気があちこちから立っています(‘Д’)
この辺りも源泉が湧き出しているという事でしょうか♨
ちなみに源泉の温度は90度越え、ここで川に浸かると火傷するかもしれませんね💦



 

 


遊歩道▼



駐車場の手前には仏様が立っています( ゚Д゚)
そして駐車場のお手洗いの横から川原毛大湯滝へ続く遊歩道が伸びています🐾

道中は1本道で、迷う事は無いかと思います🌳
この辺りは植物もしっかり生えていて、オレンジや赤の葉を見せてくれています👀



遊歩道に入って程なく、先ほどの川を渡ります🐾
ここら辺がこの遊歩道で一番きれいな景色かもしれません🍂

少し川の方へ寄ってみます٩( ”ω” )و
この独特の感じが良いですね~(∩´∀`)∩


何か青いと思ったら苔だったんですね🌱
苔の鮮やかな緑と温泉混じりの川の水が絶妙に溶け合って、ぱっと見の川の色がとても形容し難い感じになってます🌊

上流側も下流側もしんみりした雰囲気でたまりません⊂⌒~⊃。Д。)⊃
ムムム…!?(´・ω・)
よく見ると川底からブクブク湧き出ている(‘Д’)
これはやはり温泉が湧き出ているのだろうか…♨


岩壁の向こう側はほんのりと湯気が上がってていい感じです♨
ここら辺の川の水は暖かいです(=゚ω゚)ノ🌊
熱いわけでもなくちょうどいい温度(∩´∀`)∩
でも湧き出していることを考えると底の方は熱いかもしれませんね(´・ω・)

 

ーーーーーーー

温泉の川を楽しんだところで先へ進みましょう٩( ”ω” )و
ココから徐々に普通の山の感じになってきます🌳



階段が出てきたらあと少しで到着です(=゚ω゚)ノ
というか下っていく途中で川原毛大湯滝が見えてきます(*‘∀‘)
ずいぶん異世界の雰囲気が薄れてきたところで、この滝の前だけはやはり異世界ですね🌊♨

 

 


川原毛大湯滝▼



大きく2条に分かれた温泉滝♨
ちなみにココの泉質は世界に3とつしかない言われる強酸性で、皮膚炎や外相に効能があるとされています📚


酸性が強いので水しぶきがかなり目に沁みます👀💦
ここは水着着用で温泉に浸かることができます(=゚ω゚)ノ
滝の横から少し奥の方に脱衣所もあります👀

 




ストーンと落ちる右側の滝と段々に落ちる左側の滝と、温泉滝という事以外にもそもそも滝としての面白みもある川原毛大湯滝(*‘∀‘)
岩肌を見ると明らかに温泉であることが見た目にもわかります♨

滝壺は2つ、その手前にちょっと深くなったところが何ヵ所か🌊
深さは入浴するにはちょうど良い感じです(∩´∀`)∩


 

ーーーーーーー

滝中程▼

さて、ちょっと冒険します٩( ”ω” )و
横の方から登れそうなので登ってみます🐾
危ないのでマネしないでね❕


スコーンと流れ落ちる右側の滝の様子がよく見てとれます🌊
正面には段々になった方の流れが👀

ちょっと危ないですがちょうど段になったとこの滝壺にも浸かれます♨
後から登ってきたお兄さんたちが滝に打たれています( *´艸`)

 

あとちょっとというところで岩壁に阻まれ、滝の上まで行くのは無理そう(´・ω・)
落ち口まで見えてるんだけどな~👀
ちなみに遊歩道の途中からは滝の上の部分が見えます(‘Д’)


 



 

ーーーーーーー

 

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★☆☆
幻想度・・・・★★★★☆
清流度・・・・★★★★☆
到達感・・・・★★☆☆☆

全国でもトップクラスの温泉瀑、川原毛大湯滝♨
源泉と水が混ざり流れ適度な温度、ちょうど良い深さの滝壺や周辺の深み、見応えのある豪快な滝と岩壁、いろんな要素が奇跡的に揃った名瀑&温泉です(=゚ω゚)ノ
川原毛地獄の景観も素晴らしく見応えがあります🌋
どちらとも他ではなかなか見れない景色で、真っ白で殺風景の様な異世界の楽園の様な、何にせよ印象深い場所であることには間違いありません(´・ω・)

 

 


Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

ーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

秋田県の滝に戻る
東北の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

 

国内旅行~旅ぶらり~
▶秋田県の観光へ
▶東北の観光へ

日本の温泉一覧に戻る

TOPに戻る