夫婦滝(大和谷)

夫婦滝(ふうふたき)
三重県多気郡大台町

ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・段瀑・双瀑
水系・・宮川
落差・・50m・60m(推)
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★★★★☆
体力・・・★★★★☆
時間・・・入口から150分程(沢登)
ーーーーーーーーーーーーーー
アクセス▼
国道166号線、もしくは国道42号線から県道31号線に入り、国道422号線へ。
国道422号線へ入ったら宮川ダム湖へ入る県道53号線へ入り、大杉峡方面へと進みます。
そのまま宮川の北岸を進むか53号線から宮川ダムを渡って、宮川ダムの北岸沿いに奥へと進んでいきます。
途中で網網の床の大和谷橋を渡り道なりにまっすぐ行くと、林道終点に駐車場と入り口があります。


H29.9.3


ダムを通り過ぎてしばらくすると、川を渡ったところで林道が終わります🌳
そこに駐車場と入り口が現れます🚘🏍
林道は途中から路面が悪いので気を付けてください(=゚ω゚)ノ

駐車場所の奥に入り口があります(‘ω’)
奥の方にも駐車できそうです🚘🏍

入り口に入ってからはしばらく川沿いに遊歩道があります(´・ω・)
遊歩道と言うか、作業道かな(‘Д’)❓


途中から大和谷ダム方面に向かって、モノレール沿いに山の方へ登っていきます🗻
ココがまた傾斜があってしんどい登りになります(;´・ω・)
一応踏み跡がありますが不明瞭な所もあります。



初っ端で出ばなをくじかれるしんどさです(;’∀’)
モノレールと分かれて尾根に出たら今度は下りです。
下りきったところで川と合流します(∩´∀`)∩


ココからは川を直接行くのもアリです(‘ω’)
しかし、まだ川沿いに作業道が続くので、景観としてはイマイチ🏞
ただ、水はかなりきれいです( *´艸`)🌊



作業道から来たらダムのところで道は終わります。
写真のハシゴが作業道の下に伸びているので、川に降りて対岸に渡りましょう(=゚ω゚)ノ


右岸 (向かって左側) の方からダムを越えていきます🌊
ココまでが前哨戦です(。-`ω-)


さて、ココからが本番!沢登り開始です٩( ”ω” )و
早速ダムの横から支流の滝がお出迎えしてくれます🌊

では本流を奥へと進んでいきましょう(=゚ω゚)ノ
ダムの直前では伏流していた川もすぐに復活して蒼い深みを作ります👀




ダムの先からは人口造形物は無く遊歩道などもありません🏢
きれいな川原を直接登っていきます(=゚ω゚)ノ🌳
この川は支流が多いですが、本流は見ればだいたい分かると思います👀🌊

しばらく進んでいくと、落差25mほどの美しい滝壺を持つ巴滝が現れます( *´艸`)
ここまではそれほど難しいところはないと思います🗻

巴滝▼



ココは川が左にカーブしますが、左岸 (向かって右側) からぐるりと回るように滝の上へ登れるようになっています(‘ω’)
途中きわどい箇所もあるので気を抜けません(;’∀’)

巴滝を越えればあと少しです(∩´∀`)∩
気を抜かずに行きましょう!(‘Д’)

 

夫婦滝▼
まず最初に見えてくるのが、落差50mの雌滝です🌊
独特の岩壁で、滝前は広く開けておりなかなか幻想的🌳✨
天気がよければビバークにも良いかも゙🎪



そして右奥の方に見えるのが落差60mの雄滝です🌊
実際に見える部分は30m~40mくらいで、上の方は岩に隠れて見えません(;´・ω・)
こちらの滝前は絶壁に囲まれた空間で、また違う感で幻想的です🌳✨




滝の対岸側の岩壁からシトシトと水が流れています( ゚Д゚)
落石には注意!!

ちなみに帰りは途中山を越えてきたところも、川から直接下ります🌊
登りは手が届かないところも下りならぴょんと飛び降りれます(=゚ω゚)ノ
が、なかなか手ごわいです(;´・ω・)。
高いところから岩に飛び降りたり飛び移ったり、泳ぎがいる所もあります🐠
自信が無ければやめた方が良いです。


しかし夏場の暑い時期なら気持ちが良いです( *´艸`)
水もきれいなので泳ぐのも楽しいです🌊
最終的にはコース序盤の作業道に合流します(=゚ω゚)ノ

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★☆☆
幻想度・・・・★★★★☆
清流度・・・・★★★★☆
到達感・・・・★★★☆☆

夫婦滝は雄滝・雌滝以外にも巴滝や支流の滝などが楽しめます。
水もかなりきれいな方で、難易度的にも程よく楽しめるコースです。
雌滝の滝前はとても開けており、他の支流なども合流しています。
休憩にはもってこいですが、風通しがよくコース入り口付近より気温も下がるので冷えないようにしましょう。

三重県の滝に戻る