那智の滝

那智の滝(なちのたき)
和歌山県東牟婁郡那智勝浦町

基本データ▼
ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・直瀑(大滝)
水系・・那智川
落差・・133m(公)
🏆日本三大名瀑
🏆日本の滝百選
🏆
🏆一段落差日本一の滝
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★☆☆☆☆
体力・・・★☆☆☆☆
時間・・・入口からすぐ
ーーーーーーーーーーーーーー
完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的にハイペースで進んだ場合に基づいています。

目次
|▶アクセス・行き方
|▶ルート
|▶那智大滝
|▶Information


H29.10.1


行き方・アクセス▼

和歌山から松坂まで紀伊半島をぐるりと回る国道42号線から、県道43号線・県道46号線に入ります🚘🏍
那智勝浦道路 (無料) 那智勝浦I.Cで降りると46号線に出ます(=゚ω゚)ノ

最終的には県道46号線 (那智山勝浦線) を那智川沿いに道なりに進んで行くと、大門坂・那智の滝駐車場へと出ます🐾🌳

 

公共交通は鉄道の最寄り駅はJR那智駅🚋
ただし那智駅から歩くのは少々大変💦

JR那智駅JR紀伊勝浦駅からバスが出ています🚍

バスも電車も本数はあまりないので、時間は確認しておいた方が良いかもしれませんね👀

JR紀勢本線 時刻表
・・・和歌山市駅~亀山駅 (紀伊勝浦駅or那智駅下車)

熊野交通
・・・31番系統 那智山線
・・・那智山行き (那智の滝前停留所下車)

 

 


ルート▼

駐車場と観光通り▼
那智の滝の駐車場自体は入り口前の数台分だけみたいですね🚘🏍
あとは入り口前の通りに並ぶ飲食店やお土産屋さんの駐車場に止めることになります(‘Д’)
何百円かくらいですが有料っぽい?💰

駐車場まで来る間の途中にある大門坂▼
バスで来る場合、ココで降りて大門坂を登ってくるのも良いです( *´艸`)
下の入り口▼:
上の入り口▼:

 

那智大滝への入り口▼


入り口から鳥居をくぐって階段を降りていきます(=゚ω゚)ノ

まあぶっちゃげ滝自体は大きすぎて林道からでも見えますが…👀🌊
でもやっぱり下に降りてみた方が、迫力と景観が違いますね( *´艸`)

 

 


那智大滝▼



しかし流石に大きいですね~(*´Д`)✨
こんなに近くまで人の手が入っているにしては水がとてもきれいです🏞

ちなみに滝の正面まではぶらりと行けますが👀、延命長寿のお瀧水と滝に最も近づける場所へは有料です(;´・ω・)

まったく…
商売上手なんだから(∩´∀`)∩


この先へ進むともう少しだけ滝へ近寄ることができます🐾👀
左下側からになりますが、やはり少しでも近くに行った方が迫力も臨場感も増します🌊
⊂⌒~⊃。Д。)⊃


滝の形も非常に美しいので、神社の赤基調の造形物との相性が非常に良いです( *´艸`)
もちろん周りの緑とも荘厳な岩壁ともよく合います🌳🍃



この那智の滝は落差は一段で落ちる滝では日本一ですが、何がすごいって…、
源泉となる那智山は900m台の山なんですよね🗻

山の規模としては決して大きくないんです。
そこに日本一の、水が流れる断層があるってのが神がかっています🌊

切り立っているというのもありますが、山が含んでいる水や降水量も多いという事です🌳

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★★☆
幻想度・・・・★★★☆☆
清流度・・・・★★★☆☆
到達感・・・・★☆☆☆☆

やはり何度見ても見ごたえのある滝です。
滝が神格化されるのが改めて理解できますね。

すぐ横にある熊野那智大社は熊野三山の一角ですが、本宮・新宮と異なり那智滝を神聖視する原始信仰が起源とも言われています。
那智大滝と共にユネスコの世界遺産に登録されています。

ちなみに予約制でお金もかかりますが、お祓いなどをしてもらいこの那智大滝の上にある二の滝 三の滝や、那智四十八滝を周ることができるそうです。

熊野那智大社・青岸渡寺へ

国内旅行~ぶらり旅~

 

 


Information

ページ先頭へ戻る

 

その他那智勝浦の滝▼

仙人滝
貴久滝

和歌山県の滝に戻る
近畿の滝一覧に戻る
日本の滝一覧に戻る

日本の滝100選に戻る
お手軽 観光滝一覧に戻る

 

宿・温泉情報▼

那智の滝から那智駅の方へ下ると、紀伊勝浦方面へ向けて温泉宿が点々と続きます♨
勝浦は南紀でも白浜などに次ぐ温泉街です(∩´∀`)∩

また勝浦はマグロも名物で、宿泊先の料理には使われていることも多いでしょう🍴
日本一の滝、温泉と海、おいしいマグロ、魅力がたくさんありますね(*‘∀‘)

 




リンク先はすでに那智勝浦周辺に絞られています。

 

レジャー体験予約サイト▼

リンク先はすでに那智勝浦周辺に絞られています。

 

TOPに戻る

 

国内旅行~ぶらり旅~
▶和歌山・熊野の観光へ
関西・近畿の観光へ
国内旅行~ぶらり旅~へ