極楽滝(十津川)

極楽滝(ごくらくだき)
奈良県 吉野郡 十津川

基本データ▼
ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・直瀑
水系・・十津川⇒熊野川
落差・・35m(推)
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★★★★☆
体力・・・★★★☆☆
時間・・・駐車場所から90分程
ーーーーーーーーーーーーーー
完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的にハイペースで進んだ場合に基づいています。

目次
|▶行き方・場所・アクセス
|▶地獄の滝越え
|▶極楽滝
|▶Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

H28.6.19

 


行き方・場所・アクセス▼

極楽滝は奈良吉野の大峰山、釈迦ヶ岳の西側に流れる旭川・宇無の川の支流、中の川に位置します📍

下流には地獄滝が掛かり、極楽滝へはこの地獄滝を越えるのがポイントとなります🌊

 

まずは吉野の主要道である国道168号線、谷瀬の吊り橋の北側の田長瀬トンネルの南側の交差点から旭川沿いの林道 (もみじ街道) に入り、釈迦ヶ岳の登山口と旭川の上流の宇無の川沿いの林道の分岐まで行きます🐾

分岐を左側の川の方へ下る道に入り川沿いに進んで行くと、朽ちかけの吊り橋と共に中の川出会いが出てくるので、川を渡り中の川を逆行して行きます🌊

 

 


地獄滝越え▼

この滝一番の威容の地獄滝👉
逆行自体は地獄滝まではそんなに難しい所はなく、ズイズイと行けると思います(=゚ω゚)ノ

極楽滝はこの上流に位置するため、ココまでの詳しい行き方は▶地獄滝を参照してください(‘ω’)

まず問題は地獄滝の巻きです🌳
と言うかココだけが問題とも言えます(‘Д’)

とりあえず直接は登れそうな感じではありません(´・ω・)

ココは左岸 (向かって右側) が登って行けるので、そちらから少し大きく巻いていきます🐾

 

少し大巻になりますが、まだ比較的ルートは読みやすいのではないかと思います(´・ω・)
途中で地獄滝の落ち口が見えるのが何ともうれしいところ( *´艸`)

支谷を渡るところなどもあり、決して油断はできません(;´・ω・)

足場は極めて悪く、崩れている所もあるので十分注意して進みましょう⚠

ぐるっと回って落ち口を越えて、落ち着いたところで再び川へ降ります🐾

その際、少し川から離れるので必ずどこから降りてきたかちゃんと覚えておきましょう❕
川へ降りる途中でロープもあったので良い目印になります🐅

川へ降りたら、ホントにあっという間に極楽滝へ出ます🌊。

 

 


極楽滝▼

地獄滝とは対照的に、落ち着いた直瀑です(∩´∀`)∩
こんなすぐ上流と下流でこんなにも雰囲気が違うもんですね~👀
ホントに滝も色々です✨


この極楽滝は右岸 (向かって左側) から巻くことができます🐾
本当はこのさらに上流の黒滝まで行く予定だったのですが…。

まさかの急に大雨に☔(´・ω・)。
さすがにまずいので急いで引き返す羽目となりました…(ノД`)・゜・。
またそのうちリベンジしたいと思います٩( ”ω” )و

 

ーーーーーーー

.

 


それにしても、
入り口の吊り橋はホントにもう二度と渡りたくない…

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★☆☆☆
幻想度・・・・★★★☆☆
清流度・・・・★★★☆☆
到達感・・・・★★★☆☆

下流の▶地獄滝とまた違ってどちらかと言うと優しい印象?です。
名前だけではなく、雰囲気や見た目もすごく対照的で面白いです。
流れ方は比較的おとなしいのですが、滝壺はわりと大きく深く直下までは行けそうにありません。

ぶっちゃげ地獄と極楽という名前だけで少し興味がわいた滝ですが、名前と滝の姿が思っていたよりマッチしていて、何かネーミングにすごく納得して川を降りていきました。

 

 


Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

ーーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

奈良県の滝に戻る
近畿の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

 

TOPに戻る