筥滝(扇ノ山)

筥滝
(はこだき)

目次
|▶行き方・場所・アクセス
|▶遊歩道
|▶筥滝(増水)
|▶筥滝(紅葉)
|▶Information

種類
・・段瀑
水系
・・袋滝⇒千代川
落差
・・40m(公)
危険
・・★★☆☆☆
体力
・・★★☆☆☆
時間
・・入口から15分程
【🚘】【💦】【🏞
【🍁】
【🌺】R2.4.3
【🍂】R2.11.14

落差や滝種などは完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的に休憩なしのハイペースで進んだ場合に基づいています。

 

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

 


行き方・場所・アクセス▼

鳥取県 鳥取市

筥滝は鳥取市を流れる千代川の支流の袋川の源流に掛かり、源となる扇ノ山の北西側に位置します📍

筥滝の掛かる川は日本の滝百選の雨滝の掛かる川の支流にあたり、雨滝公園の遊歩道を進んで行ったところにあります🐾

雨滝公園へは国道9号線、兵庫県と鳥取県の県境のところにある蒲生トンネル付近の交差点から鳥取県道31号線 (鳥取国府岩見線) に入り、しばらく行くと雨滝方面の道案内と林道があるのでそこを曲がってまっすぐです(=゚ω゚)ノ

 

重複するので雨滝公園までの詳しい行き方は▶雨滝の項を参照してください
筥滝へは雨滝の手前の左側の遊歩道を進みます🌳

 

 


遊歩道▼

雨滝▼

駐車場所と雨滝への入り口▼
まずはココを目指します(=゚ω゚)ノ
ちなみに雨滝は入口から降りてまっすぐ進んだところすぐにあります🌊

 

日本の滝百選にも選ばれている雨滝👉
この渓谷および雨滝公園のメインとなる滝です☔

水量もしっかりしており、断崖絶壁から流れ落ちる様は迫力があります(*‘∀‘)

筥滝へは、ココから遊歩道を15分~20分ほど進んで行きます🐾

遊歩道自体は一カ所だけ分岐がありますが、分岐地点には案内もあるので迷うような箇所はないと思います(‘ω’)

 

ーーーーーーー

遊歩道▼

この雨滝の前に橋▼が架かっています👀
この橋を渡ったら遊歩道の始まりです٩( ”ω” )و


クマ注意の看板があります🐻
まぁ筥滝はそこまで山深くまで入りませんが、一応警告されてるので鈴くらいは持っておいた方が良いでしょう⚠



橋を渡ってからまずは階段です🐾
基本的にこれを登り終えたら筥滝まではわりと道は平坦です🌳
階段を登った先は雨滝展望台があります(*‘∀‘)


ココから見た雨滝もいい感じです(∩´∀`)∩
その先少し進んだところで河合林道との分岐があります(=゚ω゚)ノ
ココは案内に従ってまっすぐです(‘ω’)

 

ーーーーーー

河合林道分岐▼

前回は行けた河合林道がこの日は通行止めになっています✖
多分どっか崩れたんでしょうね(´・ω・)
ちなみにこの河合林道は少し山奥まで回ります🐾

ちなみに河合林道には遊歩道入口の看板にあった通り、夫婦滝やとよ滝など小滝がいくつかある他、岩間から湧き出る水などが美しいです🍃

この雨滝渓谷には様々な滝があり、合わせて雨滝四十八滝と呼ばれたりしますが、その中でも筥滝は雨滝と並んで最大規模になります🌊

前回は河合林道の方も、とよ滝まで行ったのでその時の写真▼

 

ーーーーーー

さて分岐から先もまっすぐ進んで行きます٩( ”ω” )و
若干遊歩道が荒れてます🌳

この日は雨滝も水量が多く、全体的に水の量が多そうです💧
そのためか、遊歩道の横からシトシト流れる湧水や支流の流れが普段より美しく見えます(∩´∀`)∩

程なくしてザーザーと流れの音が強まってきます👂
遊歩道を寸断するように流れの姿が見えます👀
遊歩道は少し下って筥滝到着です٩( ”ω” )و

 

 


筥滝(増水)▼

この辺りは苔の感じが素敵です🌱
そして柱状節理も素敵です👀
そのまま筥滝の目の前へ出ます🐾


 



雨滝の断崖絶壁も迫力があってよかったですが、こちらはメチャクチャ個性的でまた素晴らしいです( *´艸`)

そしてやはりこの日はかなり水量は多め💦
全体の形としてはキレイな段瀑ですが、それを構成する岩々が特徴的です( ゚Д゚)



少し離れて見てみましょう٩( ”ω” )و
やはり全景までは見えませんね(ノД`)・゜・。
しかし木やコケとの相性も抜群にいい滝ですね~🌱🍃



 

ーーーーーー

筥滝上段▼

では上の段の方へ登ってみます٩( ”ω” )و
階段がありますが、スカスカなうえ滑るので注意⚠
以前はこんな階段あったっけ(´・ω・)❓




上の段の方が箱っぽさがすごいです(∩´∀`)∩
下の段はこれに比べたらどちらかと言うと柱状節理感が強いです🌱
下の段へ流れ落ちていく感じもいいですね🌊



にしても岩にあたりまくって飛沫がすごいです💦
階段を登り切ったとたんにビチャビチャになってしまうくらい水しぶきがこの空間を飛び回っています(;´・ω・)
当然、写真もうまく取れません(´・ω・)

 

ーーーーーー


 

ーーーーーー

通常の筥滝▼

ちなみに前回来た時▼
水量も落ち着いており、この時は上段の空間も飛沫はなく心地かったです(∩´∀`)∩
夏だったので緑が強いですね🍃

ちなみに滝前から見ると40mはなさそうです👀
当然です📚
全部で4段らしく、どうやらこれが全景ではなくこの上に段が隠れているようです🌊
駐車場の所から遠望するとよく分かります(=゚ω゚)ノ

ちょっと日光がすごいので拡大すると見えにくいですが、滝前からは想像もできないような形をしてますね( ゚Д゚)
段瀑はこういう所が面白いですね(∩´∀`)∩
次方瀑する時はこの上にも行ってみたいですね~(*‘∀‘)

 

ーーーーーー

 

 


筥滝(紅葉)▼

秋の遊歩道▼

11月中頃、雨滝の前から橋を渡り階段を登ると一気に秋の眺望になります(∩´∀`)∩
雨滝渓谷自体はかなり紅葉の名所と言えます🍁

 

ーーーーーーー

筥滝▼

見事な紅葉の筥滝です( ゚Д゚)
雨滝が岩壁だらけであまり紅葉感が無いのに対して、筥滝は遊歩道ともどもかなりいい感じです🍁
この時期は頑張ってここまで来るべきですね~🐾




正直ここまでキレイに色付いているとは思ってなかったので驚きましたね( ゚Д゚)
間違いなく雨滝四十八滝の中ではこの筥滝が一番の紅葉滝でしょう🌊
にしてもこの日は一番いい見頃だったのではないでしょうか👀❓

 

ーーーーーーー

筥滝上段▼

さて上の方へ行ってみましょう🐾
上段と表記してるものの、筥滝全体で見るとココでもまだ下段なんですけどね🌊
水量は落ち着いてるので滝壺の横まで回り込めます(=゚ω゚)ノ




この名前の由来にもなってると思われる箱の様な岩壁はやはり間近まで行ってみると面白いですね( *´艸`)

横の方からこの上へ登れないかと試みたのですが、途中で行き詰ります🐾
ちょっと高くなった所から見るとまた違って見えますね👀

 

 

ーーーーーーー

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★☆☆☆☆
幻想度・・・・★★★★☆
清流度・・・・★★★☆☆
到達感・・・・★★☆☆☆

箱を積み上げたような岩壁を流れる滝で筥滝。
筥滝という名は、岩が箱を積んだみたいに見えることからついた名前らしいです。
写真で見る以上に、実物はとても不思議な空間で面白い形をしています(*´Д`)

柱状節理を流れるだけでもちょっと特徴的で個性的になりますが、こんな奴にはなかなか出会えません。
そして11月中頃は紅葉が見事です。
一見の価値ありなので、雨滝を訪れたら是非ココも見てみてほしいところです。

 

 


Information

周辺の滝▼
日本の滝百選・雨滝は筥滝へ向かう場合は必ずこの滝の目の前を通ります(=゚ω゚)ノ
断崖ぜっぱくから落ちる直瀑は迫力があり、ぜひ間近まで寄ってみたいところ🐾
兵庫県側にも岸田川源流に多くの名瀑が掛かります🌊


雨滝へ戻る

シワガラの滝

霧ヶ滝

 

ーーーーーー

合わせて訪れたい見所▼

雨滝公園からは湯村温泉がとてもに近くにあります
国道9号線 (山陰道) を京都方面へ少し、9号線沿いです🛣
湯けむりの郷」と称され古くから由緒ある温泉街です📚
湯村温泉へ進む

 

ーーーーーー




▲湯村温泉のホテル

画像はリンク先からの引用です。時期や提携状況によっては画像の宿がない場合もありますのでご了承ください。

 

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

ーーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

鳥取県の滝へ戻る
山陽山陰・四国の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

 

TOPに戻る

雨滝(扇ノ山)

雨滝
(あめだき)

目次
|▶行き方・場所・アクセス
|▶瀧の傘・雨滝入口
|▶布引滝
|▶雨滝(春)
|▶雨滝(秋)
|▶雨滝渓谷 四十八滝
|▶Information

種類
・・直瀑
水系
・・袋滝⇒千代川
落差
・・40m(公)
危険
・・★☆☆☆☆
体力
・・★☆☆☆☆
時間
・・すぐ
🏆日本の滝百選
】【🚘】【💦】
🏞】【🍁】
【🌺】R2.4.3
【🍂】R2.11.14

落差や滝種などは完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的に休憩なしのハイペースで進んだ場合に基づいています。

 

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

 


行き方・場所・アクセス▼

鳥取県 鳥取市

雨滝は兵庫県と鳥取県の県境にある扇ノ山を源とする袋川の源流部に掛かり、扇ノ山の北西側に位置します📍

まずは国道9号線、兵庫県と鳥取県の県境を越える蒲生トンネルの鳥取県側の入り口付近にある鳥取県道31号線 (鳥取国府岩見線) に入ります(=゚ω゚)ノ

しばらく行くと雨滝方面の道案内と共に県道31号線は山手の方と分岐するので、曲がって蒲生川を渡ります👀

そこからしばらくグニャグニャ山道を走って行き、その先走りやすい道路に変わりしばらく行くと、看板と共に雨滝入口の分岐が出てきます(‘ω’)

そこを曲がって道なりに進んで行くと、瀧の傘という建物と共に駐車スペースが現れます🅿

 

ちなみに扇ノ山の北側には兵庫県を代表する温泉地の一つである▶湯村温泉があり、この付近の国道9号線沿いに案内看板なども見られます
案外近くなので合わせて寄ってみるのも良さそうです(*‘∀‘)

 

ーーーーーー

公共交通機関では日ノ丸自動車バスの停留所が雨滝入口の分岐にありJR山陰本線 鳥取駅まで行きますます🚌

が、上りのみでしかも朝のみ、行きは山崎橋停留所からタクシーになるなど、面倒な点も多いのであまり現実的ではありません(;´・ω・)

JR山陰本線 時刻表
・・・京都駅~下関駅
・・・(鳥取駅下車)

 

日ノ丸自動車
👉高速バス・路線バス
・・・中河原線

 

 


瀧の傘・雨滝入口▼

朝が早いのでまだ閉まってる瀧の傘▼
ポカポカと気持ちのいい陽気です(∩´∀`)∩

その裏手には筥滝の展望所があります🌊
筥滝は雨滝と同じ落差40mで、雨滝の横の遊歩道から滝前まで行けます🐾
ただし、滝前からは上2段は見えません(´・ω・)

 

瀧の傘の横に駐車場があります(=゚ω゚)ノ
結構広いです🅿
そしてココから林道を少し進んだところに雨滝入口があります👀

 

 


布引滝▼

入り口を降りていくと屋根付きの休憩所みたいなところがあり、ゆっくりできそうです🏞
でもこれは滝見小屋ではなく、ココから滝は見えません👀


しかし、ぶっちゃげ雨滝はこのすぐ奥にあります(=゚ω゚)ノ
ホントに入り口を降りてすぐなので、車やバイクがあればすぐにご拝謁することができます🚘🏍


小屋の横に流れる川も、何か苔の感じとかがすごく良いです🌱

そしてすぐ下流側へ出ると布引滝が見えます(*‘∀‘)
20mくらいの細い潜流瀑です💧





壁が崩れたような感じの所に滑り落ちる布滝🌊
普段はほぼ一筋なのですが、この日はいっぱい流れてます👀
これは雨滝の水量も多そうですね(*‘∀‘)

 

 


日本の滝百選 雨滝(春)▼

もはや奥の方に雨滝が見えています(∩´∀`)∩
そんなわけで奥へ進んで行きましょう٩( ”ω” )و

 

ーーーーーーー

きれいな直瀑です🍃
程よい大きさで派手過ぎず、周りとよく調和した納まりの良い滝です🌊
ホントに断崖絶壁に掛かる、the 直瀑ですね(*‘∀‘)✨




それにしてもこの日はすさまじい水量です💦
もともと比較的水量は豊富な雨滝ですが、この日の雨滝のテンションの高さはスゴイです✨
正面まで行くと、あっという間に水しぶきングです(;´・ω・)



相変わらずこの岩壁も迫力があります( ゚Д゚)
滝を中心に両岸ともせり上がるこの岩は玄武岩らしいです🐢
ココだけこんな絶壁で、まるで人工的に造られたかのようです👀



そして滝前の不動明王がまたカッコいいです(*‘∀‘)✨
滝とも岩壁ともよく合います(∩´∀`)∩

滝前の橋を渡ると、筥滝の前へ出る遊歩道が続きます🐾
コチラもおすすめです🌳

 

ーーーーーー

以前訪れた時の雨滝▼

夏場だったので緑が生い茂り、岩壁も緑色してます🍃
ちなみに多分これくらいが普段の水量だと思います🌊

 

ーーーーーー

 

 


日本の滝百選 雨滝(秋)▼

色付いた山々と朝の冷えた空気はとても秋を感じさせてくれます(∩´∀`)∩
ぶっちゃげ雨滝自体は岩壁ばっかりであまり紅葉しません(´・ω・)
が、周囲は紅葉の名所です🍁

 


布引の滝見紅葉してますね(∩´∀`)∩
ちなみに筥滝はもっとすごいですよ(=゚ω゚)ノ

では雨滝へ向かいましょう🐾
この日も水量はかなり多め🌊


ご覧の通り滝周辺はあまり紅葉感が無いですな(;´Д`)
岩壁に張り付いた草や苔の色は微妙に違います👀
上の方は紅葉の姿が見られます(=゚ω゚)ノ


 

橋を渡って上から見ると紅葉も出てきます🍂
この先の遊歩道は紅葉だらけです🐾

 

ーーーーーーー

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★☆☆
幻想度・・・・★★★☆☆
清流度・・・・★★☆☆☆
到達感・・・・★☆☆☆☆

一条で程よく広がる形は理想的な直瀑です。
断崖絶壁の迫力のある荘厳な岩壁から流れ落ちる様は凄まじく、流れるというよりも飛び落ちるに近いです。
ちなみに毎月6月1日には雨滝祭があるそうです。
車があればアクセスしやすく、登山経験などの少ない人でもすぐに見れるのでおすすめです。

滝手前の左側の遊歩道を進むと▶筥滝があります。
そちらも面白い滝なのでぜひ一緒に見ていただきたいです。

 

 


雨滝渓谷 四十八滝▼



雨滝から上流は雨滝渓谷と呼ばれ、雨滝に筥滝、布引の滝など合わせ大小48の滝があると言われ、雨滝四十八滝などとも呼ばれたりしています🌊

ただ、2020年現在は途中の橋の方かいのため通行止めとなっており、道中は少々道も荒廃しているので、ざっくりとだけ紹介したいと思います(=゚ω゚)ノ


 

名前の付いた滝が連続して掛かります(=゚ω゚)ノ
脇から流れ込むもの、湧水が滝になっているもの、川に直接かかるものなど様々🌊
それともう一つ、この雨滝渓谷遊歩道は紅葉が非常にキレイです(∩´∀`)∩


 

 


Information

周辺の滝▼
雨滝から遊歩道をさらに奥へ進んだところにある筥滝は箱を積み重ねたかのような特徴的な火山岩の岩壁に流れる面白い滝🍃
兵庫県側にも岸田川源流に多くの名瀑が掛かります🌊


筥滝へ進む

シワガラの滝

霧ヶ滝

 

ーーーーーー

合わせて訪れたい見所▼

雨滝からは湯村温泉がとてもに近くにあります
国道9号線 (山陰道) を京都方面へ少し、9号線沿いです🛣
湯けむりの郷」と称され古くから由緒ある温泉街です📚
湯村温泉へ進む

 

ーーーーーー




▲湯村温泉のホテル

画像はリンク先からの引用です。時期や提携状況によっては画像の宿がない場合もありますのでご了承ください。

 

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

ーーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

鳥取県の滝へ戻る
山陽山陰・四国の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

日本の滝100選に戻る
お手軽 観光滝一覧に戻る

 

TOPに戻る