一乗谷滝

一乗谷滝(いちじょうだにたき)
福井県福井市

ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・直瀑
水系・・足羽川
落差・・12m(推)
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★☆☆☆☆
体力・・・★☆☆☆☆
時間・・・すぐ
ーーーーーーーーーーーーーー
アクセス▼
福井市と長野県の松本市を結ぶ国道158号線から朝倉氏庭園方面の県道18号線へ入ります。
県道18号線をしばらく進むと林道へ入りますが、朝倉氏庭園を越えたあたりから案内看板も出てくるので、それに従って進みましょう。


H30.10.21


駐車場▼
案内はわりと分かりやすいのでそれほど迷うことはないかと思います👀



駐車場からすぐの所に小次郎橋があり、それを渡ると佐々木小次郎がお出迎えしてくれます(∩´∀`)∩

ココは言わずと知れた、佐々木小次郎が必殺燕返しの修行をしていた場所と言われています٩( ”ω” )و

 

一乗谷滝▼




佐々木小次郎はこの滝の前で修行していたのでしょうか(´・ω・)⁇
今はある程度整備が行き届いているので、当然ですが当時の形そのままではありません🌳
昔はこの滝前はどんな感じだったのかな~( *´艸`)



滝の周辺に生えるコケや草などの緑がとても良い感じです🍃
決して大きな滝ではありませんが、良い雰囲気を纏っています(‘ω’)

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★☆☆☆☆
幻想度・・・・★★★☆☆
清流度・・・・★★☆☆☆
到達感・・・・★☆☆☆☆

福井は佐々木小次郎ゆかりの場所が目立ちますが、たしか諸説では越前が佐々木小次郎の出生地だったハズ…。
この一乗谷滝も小さな滝ですが、佐々木小次郎の名前もあって今日に残っていると思います。
近くには朝倉氏庭園もあり、合わせて見れる位置関係にあります。

福井県の滝に戻る

龍双ヶ滝

龍双ヶ滝(りゅうそうがたき)
福井県今立郡池田町

ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・分岐瀑
水系・・足羽川
落差・・60m(公)
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★☆☆☆☆
体力・・・★☆☆☆☆
時間・・・一瞬
ーーーーーーーーーーーーーー
アクセス▼
福井市と長野県の松本市を結ぶ国道158号線、もしくは国道476号線から県道34号線へ入ります。
龍双ヶ滝は県道34号線沿いにあります。
34号線は舗装はされていますが、基本的に道は細いので注意しましょう。


H30.10.21


国道476号線側から県道34号線へ入って少し進んだところ▼
龍双ヶ滝の文字が出てきます(=゚ω゚)ノ
道路の感じ、車通って良いのかっていう感じですが大丈夫です🚘🏍


ココから少し走った所で道路沿いの川の対岸から流れ落ちています🌊
その少し先に車を停める所もあります🚘🏍▼

 

龍双ヶ滝▼

美しい曲線を描きながら分岐する龍双ヶ滝🐉
幅広く優雅に流れています🌊
それでいて静寂を感じさせるやさしい流れです( *´艸`)
しかし看板は少し雑です⊂⌒~⊃。Д。)⊃




道路から川へ降りることができます(=゚ω゚)ノ
滝の真ん前に行くこともできますし、滝に触ることもできます(∩´∀`)∩
車があればアクセスも悪くはなく、日本の滝百選の中でもサービスの良い滝です( *´艸`)

上流側▲
下流側▼
下流側には大きな木が生えており、そのそばで橋が架かっています🌳



 

ーーーーーーー

 

おまけ▼
龍双ヶ滝の近くにある公園に面白いオブジェがあったので乗せときます(∩´∀`)∩





ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★☆☆
幻想度・・・・★★★☆☆
清流度・・・・★★☆☆☆
到達感・・・・★☆☆☆☆

大きな滝ですがやさしく落ち着いた流れで、静かに時を過ごすことができます。
キレイな水の流れの軌跡とサラサラと流れる音は、緑の豊かなあたりの風景とよく混ざり合い、とても良い雰囲気です。
車で目の前まで行けるのもうれしいですし、川に降りて滝に触れることができるのもうれしいポイントです。

福井県の滝に戻る