小木森滝(熊野)

小木森滝
(おごもりたき)

目次
|▶行き方・場所・アクセス
|▶ルート
|▶小木森滝
|▶Information

種類
・・段瀑
水系
・・往古川
落差
・・120m(推)
危険
・・★★★★★
体力
・・★★★★☆
時間
・・入口から200分程(沢登)
【🚘】【💧 【🍃】H30.7.14

落差や滝種などは完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的に休憩なしのハイペースで進んだ場合に基づいています。

🔗外部リンク
大峰や高台は険悪な立地なため自然災害も多いので、道路交通情報は見ておいた方が良いでしょう🚘
奈良県 道路規制情報
三重県 道路規制情報
和歌山・奈良・三重 合同道路規制情報

 

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

 


行き方・場所・アクセス▼

三重県 北牟婁郡 紀北町

小木森滝は台高山脈南東部、大台ケ原の東側にある加茂助谷ノ頭のさらに東側に位置します📍

紀伊半島の主要道、国道42号線を尾鷲の北側の船津にある往古橋から小木森林道へ入り、往古川沿いに上流へ登って行きます🚘🏍

しばらく登った先で右側にヘアピンカーブするところにカーブミラーがあり、その横から入渓します(=゚ω゚)ノ

小木森林道は路面舗装されておらず、途中から非常路面が悪いので車によっては進めないかもしれません(;´・ω・)

 

ちなみに小木森滝は三重県や台高山脈を代表できるほどの名瀑、巨瀑で、到達難易度が高いですがその分、目の前で見たら感激する存在感です( ゚Д゚)🌊

小木森滝へ行くには美しくも険しい川を登る必要があり、中でも落差60mのケン渕滝越えは肝になります🌳

ココではケン渕滝を越えた所から小木森滝までを見てみたいと思います(=゚ω゚)ノ

詳しいアクセスや行き方等、入渓前半は▶ケン渕滝を、
ケン渕滝越えは▶大渕滝を参照してください👈

 

 


ルート▼

序盤に掛かる支流の大滝
小木森滝の前衛滝であるケン渕滝
ケン渕滝の上の支流に掛かる大渕滝

 

小木森滝へ行くにはまずケン渕滝を越えなければなりません🐾(=゚ω゚)ノ
ココは左岸 (向かって右側) から高巻きますが、これがかなり危険が伴います⚠
少しでも無理だと思った場合は残念ですが諦めてください(ノД`)・゜・。
命の方が大事です👼

 

ーーーーーーー

ケン渕滝の上に出れたら、落ち口から上流に向かって右側の岩の流れの方が支流の大渕滝、左の方へ続く川が本流で小木森滝へと続きます(=゚ω゚)ノ

ケン渕滝を越えてしまえば小木森滝まで距離はあとわずか❕
なのですが…、
ここで問題が発生します(;´・ω・)

川原を少し進んだところでこの二つの小滝に阻まれます( ゚Д゚)

最初の小滝▲は越えられるのですが、その先の2つ目の小滝がどうしても直接越えるのが無理です(;´Д`)

仕方がないので、この2つの滝よりも手前から巻かなければなりません🐾
ココはこの2つの小滝の少し手前付近から左岸 (向かって右側) の方へ上がって行けます٩( ”ω” )و
右岸 (向かって左側) は行き詰ります✖

 

この巻きが小木森滝への最後の難関になりますが、これがまた危険です⚠
足場が非常に悪いため、掴まれる木々が頼りになります🌳

最後は小滝の落ち口の上の非常に細い岩の足場を通り過ぎていきます🐾

これを越えたら小木森滝が見えてきます👀✨
ラストスパートは巨大ゴーロ帯を越えていきます٩( ”ω” )و

 

 


小木森滝▼




 

ーーーーーーー

滝真下▼

これはすごいですよ⊂⌒~⊃。Д。)⊃
スゴイ迫力です✨✨
前衛のケン渕滝もデカいと思いましたが、さすがにこれは別格ですね( ゚Д゚)

両岸切り立つ滝の前は押しつぶされそうなほど圧倒的です( ゚Д゚)
上段の滝の落ち口はかなり遠くに見えます👀( *´艸`)
大きいうえにのしかかるような傾斜、しっかりした水量と、全て揃った名瀑中の名瀑です🌊

滝の麓はアーティスティックな岩があります(´・ω・)
これも自然の造形物だからすごいですよね~(∩´∀`)∩
この辺りから小木森滝を見上げたら、また違って見えます👀🌊



ちなみにこの滝も高巻くことができます(=゚ω゚)ノ
この上にもまだ30mクラスの滝があります👀

しかし今日はそんなことをしていたら日が暮れてしまうので、上段の滝壺までにします🌊🌄
正面のガレから登っていきます٩( ”ω” )و


途中から滝の方へ寄っていけます🐾🌳
この辺は少し危ないので注意です⚠

 

ーーーーーーー

滝上段▼



下段40mに対して上段は80m( ゚Д゚)
ココだけでもかなりの高さです(∩´∀`)∩
岩壁の傾斜と水量がすごいので水しぶきもすごいです(;´・ω・)




振り返れば素晴らしい高度感です🏞
まさに絶景ですね👀٩( ”ω” )و

この場所、上段と下段の間のこんな所によくまぁちょうど良いスペースがあるものです( ゚Д゚)
滝壺の水も非常にキレイな色をしています(∩´∀`)∩

 

ーーーーーーー

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★★★
幻想度・・・・★★★★☆
清流度・・・・★★★★☆
到達感・・・・★★★★★

この小木森滝は日本でも有数の名瀑であることは間違いないでしょう。
見る者を圧倒するその迫力は数ある滝の中でも別格です。
到達までには危険も伴いますし、それなりの体力と技量が求められます。
しかしそれでも一度は見ておきたい滝です。

ちなみに入渓地点で合流する真砂谷には、小木森滝と並ぶ名瀑である八町滝が掛かっており、2本揃って100m超クラスでその中でも極めて素晴らしい景観を持っています。

 

 


Information

往古川は100m級の巨瀑が双璧のように掛かるすごい川(=゚ω゚)ノ
小木森滝と隣の真砂谷に掛かる八町滝は共に、なかなかお目に掛かれないクラスの名瀑です🌊


ケン渕滝へ戻る

大渕滝へ戻る

八町滝へ行く

 

ーーーーーーー

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

ーーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

三重県の滝に戻る
近畿の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

 

TOPに戻る

六十尋滝(熊野)

六十尋滝
(ろくじゅっひろたき)

目次
|▶行き方・場所・アクセス
|▶六十尋滝
|▶Information

種類
・・直瀑
水系
・・宮川
落差
・・40m(推)
危険
・・★☆☆☆☆
体力
・・★☆☆☆☆
時間
・・すぐ
【🚘】【🏞 【🍃】H29.7.16

落差や滝種などは完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的に休憩なしのハイペースで進んだ場合に基づいています。

🔗外部リンク
三重県 道路規制情報
和歌山・奈良・三重 合同道路規制情報

 

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

 


行き方・場所・アクセス▼

三重県 多気郡 大台町

六十尋滝は台高山脈 大台ケ原の北東側、宮川ダムの南端に流れ込む支流に位置します📍

国道166号線、もしくは国道42号線から三重県道31号線 (大台宮川線) に入り、国道422号線へ🛣

国道422号線へ入ったら宮川ダム湖へ入る三重県道53号線 (大台ケ原線) へ入り、大杉峡へと進みます🐾

途中で床が溝の蓋みたいな網網の鉄の床の橋を渡り、道なりにまっすぐ行くと六十尋滝公園が右手に現れます🏞

 

 


六十尋滝▼

ダム沿いにずっと進みます🌊
六十尋滝公園🏞
と駐車スペース▼

 

小屋の奥から歩道を登っていきます٩( ”ω” )و
道路から滝は全く見えませんが、くるりと曲ったところに滝はあります🌊✨
ぶっちゃげすぐです( *´艸`)

 

ーーーーーーー

六十尋滝▼



すぐに到達できますが、高さもあり見応えのある滝です🌳
勢いよく流れ、下の方は霧っぽくなっているため虹ができています🌈
東向きなので午前中は虹が出やすいかもしれません( *´艸`)

 

ーーーーーーー

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★☆☆
幻想度・・・・★★★☆☆
清流度・・・・★★★☆☆
到達感・・・・★☆☆☆☆

思ったより谷の幅があり日当たりの良い美しい空間です。
滝は細身で高さがあり、真近くまではいけませんが迫力を感じます。
道路から入ってすぐなので見に行きやすく、また大杉峡に入る手前にあるため大杉峡の門番的な存在でもあります。

 

 


Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

ーーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

三重県の滝に戻る
近畿の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

 

TOPに戻る

隠れ滝(吉野)

隠れ滝
(かくれたき)

目次
|▶行き方・場所・アクセス
|▶不動七重滝
|▶前鬼遊歩道
|▶Information

種類
・・段瀑
水系
・・北山川⇒熊野川
落差
・・90m(推)
危険
・・★☆☆☆☆
体力
・・★☆☆☆☆
時間
・・すぐ
【🚘】 【⛄】H28.12.25
【⛄】R3.1.30

落差や滝種などは完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的に休憩なしのハイペースで進んだ場合に基づいています。

🔗外部リンク
奈良県 道路規制情報
和歌山・奈良・三重 合同道路規制情報

 

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

 


行き方・場所・アクセス▼

奈良県 吉野郡 上北山村

隠れ滝は奈良県南東端、大台ケ原の南側の三重県との県境付近に位置します📍

和歌山御坊市と三重鷲尾市を結ぶ国道425号線沿い、大台ケ原の南側の池原ダムを三重側に越えたあたりに道路から隠れるように流れ落ちています(=゚ω゚)ノ

国道425号線の大台ケ原付近は何かと通行止めが多く、通れない場合は国道169号線、池原ダムの北側の奈良県道226号線の南側、向谷川沿いの林道サンギリ線を登ってトンネルを抜けて右側、坂本貯水池へ抜ける必要があります🚘

付近は路面の悪い所も多いので注意が必要です⚠

 

 


坂本貯水池▼

林道サンギリ線▼

国道425号線は永らく池原貯水池の東側で通行止めで、この日も林道サンギリ線から坂本貯水池へ🌳
途中でトンネルを抜けるのですが、そこの眺望がまた素晴らしい(∩´∀`)∩


ちなみにトンネルの先分岐がありますが、そこは右側の方へ下っていきます🐾

 

ーーーーーーー

坂本貯水池▼

林道サンギリ線を進み、トンネルの先からずっと川沿いに下っていくと、やがて坂本貯水池が見えてきます(*‘∀‘)



坂本貯水池は上が道路になっており対岸へ渡れるようになっています(∩´∀`)∩
対岸へ渡った先で国道425号線に入ります🚘
そして上流側へ向かいます🐾

 

国道425号線は池原ダム湖、坂本貯水池沿いに通っています🌊
ダムの先、まだ多くの水が滞り池みたいになっている川を渡って少し行った所の岩壁に目移りするような滝が掛かっています👀✨

これは▶不動滝と▶銚子滝です(*‘∀‘)🌊
橋とのコラボレーションがまた何とも言えぬ絶景です(∩´∀`)∩

ココも素晴らしい谷です(=゚ω゚)ノ✨
ダムの水もきれいで不動滝の上からの眺めは極めて爽快です(*´Д`)🏞

さてココから少し進んだところに、道路から本当にすぐのところに大滝があるのですが、名前の通り隠れてます🗻🌳
普通に走っていると滝の姿は全く見えません👀

川の出会いのところで車も止めれます🚘🏍
奥の方へと進んでいきます٩( ”ω” )و
まあ、本当にハッキリ言ってすぐですが…。
足場は滑りやすい所もあるので注意❕

 

 


隠れ滝(鹿の子滝)▼

H28.12.25


かなり大きな滝です🌊
よくこんなすっぽり隠れてますね( ゚Д゚)
ちなみにこの滝は右岸 (向かって左側) から案外簡単に登れます🐾


 

ーーーーーーー

R3.1.30

前回と同じ冬の時期ですが、今回はちょっとだけ凍っています(*‘∀‘)
ヒヤッとした空気と渓谷に差し込む日差しが素晴らしく心地よい⊂⌒~⊃。Д。)⊃

 



 

実はこの滝、右岸側 (向かって左側) から登れたりして( *´艸`)
せっかくなので途中まで登ってみます🐾
と言っても危ないのでマネしないでね⚠



お落ち口付近は流石に恐ろしいですね(;´Д`)
所々凍ってるから余計恐い(;´・ω・)
下から見ると全く分かりませんが、間にはちゃんと滝壺もあるんですね~👀

 

ーーーーーーー

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★★☆
幻想度・・・・★★☆☆☆
清流度・・・・★★★☆☆
到達感・・・・★☆☆☆☆

流れは優しいのですが、なんせ高さがあるので迫力はあります。
こんな大きな滝が道路のすぐ脇に隠れているという事もおもしろいところです。
上北山村はやはり大滝の宝庫です✨
別名鹿の子滝というそうです。

 

 


Information

台高南部R425沿いの名瀑▼


ツキ谷大滝

千尋滝

ナル谷大滝

不動滝

銚子滝

 

ーーーーーーー

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

ーーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

奈良県の滝に戻る
近畿の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

お手軽 観光滝一覧に戻る

 

TOPに戻る

南股滝(吉野)

南股滝
(なんまただき)

目次
|▶行き方・場所・アクセス
|▶ルート
|▶南股滝
|▶Information

種類
・・段瀑
水系
・・吉野川⇒紀の川
落差
・・40m(推)
危険
・・★★★☆☆
体力
・・★★☆☆☆
時間
・・入口から15分程(沢登)
【🚘】【💧 【🍃】H28.8.7

落差や滝種などは完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的に休憩なしのハイペースで進んだ場合に基づいています。

🔗外部リンク
大峰や高台は険悪な立地なため自然災害も多いので、道路交通情報は見ておいた方が良いでしょう🚘
奈良県 道路規制情報
和歌山・奈良・三重 合同道路規制情報

 

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

 


行き方・場所・アクセス▼

奈良県 吉野郡 川上村

南股滝は吉野台高山脈吉野川源流部の北股川流域に位置します📍

国道169号線大台ケ原へ向かうループトンネルの北側、大迫ダムから奈良県道224号線に入ります🚘

しばらく県道224号線沿いを進んでダムを抜けたところで、まっすぐ本流側の本沢川沿いの県道224号線と、左側の北股川沿いの林道との分岐があります🌳
南股滝へは左の林道へ(=゚ω゚)ノ

そのまま林道をまっすぐ進んでいくと、小さい山の神様があります⛩
そのさらに先で対岸から支流が合流し、その支流の奥に南股滝があります🌊

 

ーーーーーーー

大迫ダム湖▼

吉野川および紀ノ川の最源流部🌊
すぐ南側には大台山の山々が広がります⛰


ダム湖沿いにはまだ住宅地もあります(‘Д’)
ダム吊りや温泉施設などもあり、山々に囲まれた穴場的スポット(∩´∀`)∩
基本的には上流側へ向かって進んで行くだけです🐾


素晴らしい眺望ですが、当然上流へ向かって行けばダム湖も終わりを迎えます(´・ω・)
ちょうどダムが終わった所くらいで道が分岐(=゚ω゚)ノ
ココを左側、川を渡って北股川沿いに進んで行きます🐾

 

 


ルート▼

入渓▼

ダムが終わって川沿いから少し離れた先で分岐します(=゚ω゚)ノ
分岐を左、北股川沿いにまっすぐ進んでいきます🐾

途中から道路の舗装が終わります( ゚Д゚)!
確かこの辺は車求めれたと思います🚘🏍
ココから支流合流地点までは歩いてもそうかかりません🐾

ちょうど出会いから少し行ったトコに降りれそうなトコがありました▲

入口は林道の対岸側の出合いなのですが…
正直どこが入口か林道からでは分からないので、GPSを頼りに近くで川に降りれそうな所を見つくろって無理やり降ります٩( ”ω” )و
南股滝は滝のすぐ上で二股に分かれているので、地図を見てその川が合流する地点付近で川へ降ります🌊


ちょうど降り立ったところから少し下流へ行くと、川の出会いです👀

この辺も結構な渓谷です🌊
支流の方へ上がって行きます(=゚ω゚)ノ

 

ーーーーーーー

逆行▼

支流に入ったらそのまま川を登っていきます٩( ”ω” )و
支流に入ってさえしまえば距離は短く難なく滝前まで出られると思います🌊

 

 


南股滝▼



なかなか面白い形をした滝です( *´艸`)
上段は段々になっていてカブトガニみたいな形をしています✨
滝壺も非常にきれいで、程よい広さの空間はとても心地よいです🌳



 

ーーーーーーー

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★☆☆☆
幻想度・・・・★★★☆☆
清流度・・・・★★★★☆
到達感・・・・★★☆☆☆

上段の2段がウロコみたいな面白い形の滝です。
広めの滝壺にポコッと出た岩もいい感じです。
全体的に頭に残る形の滝ですが、滝の規模自体もそこそこ大きく周辺の流れも美しく、また濡れるのは必須ですがわりとすぐ見れるのも良いですね。

 

 


Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

ーーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

奈良県の滝に戻る
近畿の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

 

TOPに戻る

明神滝(吉野)

明神滝
(みょうじんたき)

目次
|▶行き方・場所・アクセス
|▶ルート
|▶明神滝
|▶Information

種類
・・直下型
水系
・・吉野川⇒紀の川
落差
・・35m(推)
危険
・・★★★☆☆
体力
・・★★☆☆☆
時間
・・入口から30分程
【🚘】 【🍃】H28.8.7

落差や滝種などは完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的に休憩なしのハイペースで進んだ場合に基づいています。

🔗外部リンク
大峰や高台は険悪な立地なため自然災害も多いので、道路交通情報は見ておいた方が良いでしょう🚘
奈良県 道路規制情報
和歌山・奈良・三重 合同道路規制情報

 

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

 


行き方・場所・アクセス▼

奈良県 吉野郡 川上村

明神滝は吉野台高山脈馬ノ鞍峰西側の三ノ公川流域に位置します📍

奈良市と新宮市を結ぶ国道169号線大台ケ原へ伸びるぐるぐるトンネルの北側のダム、大迫ダムから奈良県道224号線に入ります(=゚ω゚)ノ

しばらく県道224号線沿いを進んでダムを抜けたところに、まっすぐの本流側の本沢川沿いの県道224号線と、左側の北股川沿いの林道との分岐があります🌳
明神滝へは左の林道へ🐾

しばらく行くと三之公川の出会いがあり、折り返す勢いで右に曲がり橋を渡ります👀橋を渡って三之公川沿いの林道をまっすぐ行くと山の神の祠と共に、入口と林道終点の駐車場所に出ます🚘

大迫ダムを渡った先、そこは一大名瀑地帯🌊
左▲の写真が入口の目印です👀
大迫ダムの上を通って県道224号線へ入ります🐾

この県道224号線はダムを取り囲むように沿っています(=゚ω゚)ノ
非常に景観の良い所です✨🌳🏞
ちなみに途中にある入之波温泉 山鴨湯は人気の温泉宿で、日帰り温泉もあります( *´艸`)♨

 

 


ルート▼

林道▼

ダムが終わって川沿いから少し離れた先で分岐します(´・ω・)
分岐を左、北股川沿いに進んでいくと折り返し気味くらいの勢いで右から分岐が出てきます▼

右から合流してくる三之公林道をまっすぐ進んでいきます🐾

しばらくして山の神様の祠と林道の終点に出ます▼
ココは駐車スペースもあり、ちゃんとUターンもできます(‘ω’)

そのすぐ横に入口があります👀
何やらここら一帯は水源保護のため水に入ってはいけないそうです💧

 

ーーーーーーー

遊歩道▼

ルートは至って単純です🌳
遊歩道沿いをひたすら進んでいきます🐾
距離もそこまでないので割とすぐです(‘ω’)
足元には注意しましょう!!

 

途中、しとしとと岩を伝う雫と、それによるキレイな苔があります👀
水源の森なだけあって美しい景観(∩´∀`)∩

 

この案内が見えたらもう目の前です٩( ”ω” )و
案内の方向へ降りていきます🐾

 

 


明神滝▼




見事な直下型の直瀑です🌊
水の落ちた先は深くえぐられ、大きく深い非常に美しい滝壺を形成しています。
とても収まり良く、どの角度から見てもきれいです✨



滝壺はとてもきれいな色合いです(‘Д’)
恐ろしくも美しい、何とも言えない空間🌳
足場はなく滝壺もかなり深いので、裏側へは回れそうにありません✖


 

ーーーーーーー

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★☆☆☆
幻想度・・・・★★★★☆
清流度・・・・★★★★☆
到達感・・・・★★☆☆☆

ストーーンと落ちる直下型の形と深いエメラルドグリーンの滝壺、辺りの木々、岩盤に広がる緑色が幻想的な雰囲気を醸し出しています。
登山道にもシトシトと湧水が落ちていたりと緑の多さを裏付ける豊かな水源が垣間見えます。

 

 


Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

ーーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

奈良県の滝に戻る
近畿の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

 

TOPに戻る

千尋滝(吉野)

千尋の滝
(せんひろのたき)

目次
|▶行き方・場所・アクセス
|▶ツキ谷大滝
|▶ルート
|▶千尋滝
|▶Information

種類
・・段瀑、分岐瀑
水系
・・北山川⇒熊野川
落差
・・85m(公)
危険
・・★★☆☆☆
体力
・・★☆☆☆☆
時間
・・入口から5分程
【🚘】 【🌺】R1.5.26

落差や滝種などは完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的に休憩なしのハイペースで進んだ場合に基づいています。

🔗外部リンク
大峰や高台は険悪な立地なため自然災害も多いので、道路交通情報は見ておいた方が良いでしょう🚘
奈良県 道路規制情報
和歌山・奈良・三重 合同道路規制情報

 

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

 


行き方・場所・アクセス▼

奈良県 吉野郡 上北山村

千尋滝は吉野南東部、下北山村の池原ダム坂本ダムの間にある支流の一つに掛かります(=゚ω゚)ノ

基本的な行き方としては、吉野の主要道路である国道169号線から池原ダムの上を渡って国道425号線に入りしばらく行くと入り口に到着します🐾

付近に公共交通機関等は皆無で、必然的に車かバイク等の足が必要になります🚘🏍

 

ちなみにこの池原ダムは日本最強クラスの貯水量を誇る大規模ダムで、ココだけでもダム好きにはたまらないスポットとなります( *´艸`)

 

ーーーーーーーー

注意しなければならなのは、道は細く急カーブが多い点と、災害等で通行止めになっていることが多い点です(´・ω・)

その場合、池原貯水池の始まる手前の上北山村役場の所から北山川を渡ったところのから分岐する奈良県道226号線 (大台河原線) の横の林道から迂回し、坂本ダムの方から来なければなりませんが、こちらも道は悪いので注意です⚠

 

 


ツキ谷大滝▼

国道425号線をず~っと進んで行くと千尋谷の入り口にたどり着きますが、千尋滝へ向かう前に一つ大滝を紹介しておきます(=゚ω゚)ノ

その滝は千尋滝入口のすぐ近くで落ちています🌊

千尋滝はツキ谷と言う支流に掛かりますが、このツキ谷が池原ダムに流れ込むところで大きな滝をかけています( ゚Д゚)

実は千尋滝の入口の手前のカーブの所からちらりとその姿が確認できます👀✨

 

千尋滝入口と駐車場所▼:
ツキ谷に掛かる橋▼:

千尋滝の入口の手前のカーブの所に掛かる小さな橋▼
この辺りから大滝が確認できます(‘Д’)
そしてこの橋の横から谷へと侵入していきます🐾


ぶっちゃげココは遊歩道とかは一切なく、力づくで降りていくことになるので十分注意が必要です⚠
橋の手前まで降りたら後はゴロゴロした岩を伝って降りていきます٩( ”ω” )و

しばらく降りると眺望が開けてきます(∩´∀`)∩
池原ダムに流れ込むツキ谷▼

 

ーーーーーーーー

ツキ谷大滝▼

池原ダムを正面に右手に大きな滝が掛かります(‘Д’)
ざっくり40m~50mくらいかな❓
ちなみにツキ谷大滝は私がそう呼んでるだけで、正式な名前はあるのかどうかすら分かりません(;´・ω・)




滝の規模も大きく、コレだけでも見に来る価値のある滝ですが、普通に訪れると見落としたままスルーされることも多いにではないでしょうか❓
上に見える橋も、これはこれでいい感じです(∩´∀`)∩





池原ダムに流れ込んで行く様もいい感じです⊂⌒~⊃。Д。)⊃
広々としていて、目の前にエメラルド色の湖が広がる、個人的な穴場です٩( ”ω” )و



思いのほか水量も多く、見た目以上に水が飛散します💦
考えてみれば、千尋滝が上北山村の滝の中でも水量が多いことで知られているので当然と言えば当然か…(;´・ω・)


 

ーーーーーーー

 

 


ルート▼

さて、話を千尋滝に戻しましょう❕

池原ダムを渡ってから入り口まで結構遠いです🐾
備後川沿いのナル谷林道と分岐するところの橋を渡ったらあと少し٩( ”ω” )و

そこから425号線をしばらく走ると入り口です(=゚ω゚)ノ

少しわかりにくいですが橋の脇に写真▼のような小屋があり、小屋の正面に車を止めるスペースがあり、横に奥へ入る入り口があります🐾


入口の少し先の橋から川を見下ろすと、
:上流側
:下流側
先ほどのツキ谷大滝が流れ落ちているのが見えます🌊

 

ーーーーーーーー

遊歩道▼

遊歩道に入ったら少し山道を行きますが、ものの5分くらいで着きます(=゚ω゚)ノ
道も一本道なので迷わず行けると思います🌳
ただ、足場はそんなによくありませんので注意してください❕




少し進むとすぐに川と遊歩道は並走し、キレイな川原道を歩きます🐾
すぐに開けたすがすがしい空間と共に滝が見えてきます٩( ”ω” )و

 

 


千尋滝▼

日本屈指の名瀑自治体、上北山村を代表できる名瀑の一つです🌊
規模、水量ともに素晴らしい滝です⊂⌒~⊃。Д。)⊃


それにしても大きい滝です( ゚Д゚)
こんな大きな滝が林道のすぐ近くに隠れているのが奈良県の上北山村です( *´艸`)
近づいて言ってみましょう٩( ”ω” )و



滝壺はキレイに透き通っていて、広く滝のふもとまで行くと深みを急激に増していきます(‘Д’)
何とも心地の良い空間です( *´艸`)



遠目に見るよりも、近づいたら水量が思っていたより多いと感じます💦
近くまで行くと飛沫で結構濡れます(´・ω・)
日の当たり方によっては虹もかかるでしょう🌈



 

遠くからは分かりにくいですが、千尋の滝壺の正面は岩が立ちはだかっており壁を作っています👀
早速岩の内側の方へ行ってみます🐾
一歩間違えれば滝壺にドボン💦なので注意です⚠






岩の内側からのショット📷✨
ココからの写真はまた全然違った表情で、非常に見応えもあります(‘ω’)
個人的にはココから眺めるのが好きですね~٩( ”ω” )و

 

岩の中から滝の方へはい出ると今度は滝の真近くまで行きます🐾
もうびしょ濡れですw⊂⌒~⊃。Д。)⊃
夏場はとても気持ちが良いでしょうね~🌊








左から見た感じと右から見た感じでも全然違う滝に見えます( *´艸`)
大きさもある分、岩壁も変化に富みます🌳
機会があればこの上にも登ってみたいな~👀✨


 

ーーーーーーー

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★★☆
幻想度・・・・★★☆☆☆
清流度・・・・★★☆☆☆
到達感・・・・★☆☆☆☆

迫力、形、水量全てにおいて申し分ない滝です。
堅固で力強いこの滝はまるで強力なボディーガードのよう。
林道から近く、子供連れなどでも訪れやすい滝です。車から降りてすぐにこれだけの巨瀑が見られるのはうれしいですね。

また、滝前もキレイに開けているので、休憩やキャンプにもよさそうです。その際はゴミはちゃんと持って帰りましょう!。
来た時よりキレイに!✨。

しかし日本の滝百選ではないんですね👀。
名瀑が犇めく奈良吉野はこんなに素晴らしい滝でも日本の滝百選から落ちざるを得なかったのでしょう。

 

 


Information

台高南部R425沿いの名瀑▼


ナル谷大滝

不動滝

隠れ滝

 

ーーーーーーー

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

ーーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

奈良県の滝に戻る
近畿の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

 

TOPに戻る