歐仙滝(上野 吾妻)

歐仙滝
(おうせんたき)

目次
|▶行き方・場所・アクセス
|▶ルート
|▶歐仙滝
|▶Information

種類
・・分岐瀑
水系
・・吾妻川⇒利根川
落差
・・35m(推)
危険
・・★★☆☆☆
体力
・・★★☆☆☆
時間
・・入口から20分程
【🚘】【🍁】【
【🍂】R2.10.27

落差や滝種などは完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的に休憩なしのハイペースで進んだ場合に基づいています。

 

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

 


行き方・場所・アクセス▼

群馬県 吾妻郡 草津町

歐仙滝は草津温泉で有名な群馬県 草津町の東端付近、草津温泉の南東側に位置します📍

長野原から志賀高原信州を抜け上越妙高へ伸びる上信越の主要道国道292号線、草津温泉東側のベルツ通りとの交差点から斜めに伸びる道へ入ります🛣

一応ベルツ通りの道路案内があり、セブンイレブンがあるので (無くならなければ…) 目印に👀

そこから少しまっすぐ進むとカーブの所で道が分岐しているので、そこを左側の細いまっすぐ進む方の道へ入ります🌳
その先小さく案内があります(=゚ω゚)ノ

そこからは道なりに進んで行くと創価学会草津平和会館の横を通り過ぎ、林道終点で駐車場と入口へ出ます🚘

案内などは直前になるまで全然なく分かりにくいですが、下流側からではなく草津温泉の横から上流側から回り込む感じになります🐾

 

 


ルート▼

歐仙滝駐車場と入口▼
林道終点がそのまま広くなって駐車場になってるみたいな感じです🅿
その奥から遊歩道が伸びています🐾

迂回路と書いてあります👀
帰りはそちらを通りましたが、距離が延びる分傾斜は優しくなります🌳
どちらか好きな方で行きましょう(=゚ω゚)ノ


とりあえず私は迂回路ではなくそのまま行くことに🐾
分岐のすぐ先で休憩場所🍂
それを過ぎたら道は下り始めます(‘Д’)
辺りの木々がとても心地よく、紅葉も遠くに見られます(∩´∀`)∩

 

いつの間にか気が付いたら尾根になってます🌳
ちょっと日当たりの良い所まで来たらその先一気に下ります🐾
これは帰りしんどいなぁ(;´Д`)



まだある程度高い位置にいる時は木々の隙間から見える眺めも良いです(∩´∀`)∩
奥に行くほど紅葉も増えていく感じです🍂
というか常緑樹が減って落葉樹が増えてきた感じですかね(=゚ω゚)ノ
夕方前でしたが、尾根になった箇所はわりと日当たりが良く明るかったです⛰

 

どんどん下っていき最終的には木々の隙間からの見晴らしもなくなってきますが、代わりに川の流れる音がどんどん近づいてきます🌊
上流側に木々の隙間からチラッと歐仙滝の一部が見えたらもうすぐです٩( ”ω” )و

 

 


歐仙滝▼

川の音が大きくなってきてしばらくすると赤茶色の川へ(=゚ω゚)ノ
そしてその先に何とも印象深い歐仙滝の姿が見えています(*‘∀‘)




滝も特徴的ですが滝前も特徴的です(‘Д’)
水は基本的に澄んでいてキレイなのですが、赤茶色の岩床に灰色っぽい砂が入り込んだくぼみ❓
すごく不思議な感じです👀

 

左岸側が微妙に進んで行けます🐾
ただ滑りやすいわ片足分ある可動が暗い細いわで、結果的に無傷で行けましたが濡れる覚悟はしておいた方が良い感じです🌊

手前の小さな段差のあたりまで来ればそれほど濡れる心配はなさそうです(=゚ω゚)ノ
そして近づいてくる歐仙滝🌊
障害物もなく、ここら辺が一番きれいに全景が見れそうです(∩´∀`)∩




まだもう少し近づけそうです٩( ”ω” )و
しかし幅が広く、だんだん収まり切れなくなってきます(;´・ω・)

と言うか、思ってたよりデカくてびっくりします( ゚Д゚)
近付くほどによりそう思います🐾
甌穴もデカい👀

 

この異形の姿に気を取られて忘れていましたが、岩壁に点々と見える紅葉の姿もすごく良い感じです(∩´∀`)∩
ココは紅葉穴場スポットかもしれませんね🍁




近付くと思ってたより大きいのに加えてもう一つ、水量もかなりあります🌊
近くまで行くとかなり水しぶきで濡れます💦
分岐瀑は流れが分散されるため一見あまりそう思わないパターンがしばしありますが、分散した流れを一つにまとめるとかなり水量自体は多かったりします(‘ω’)
右側の流れは岩の切れ目から流れ出してますね( ゚Д゚)




滝壺も結構大きいですが、それを取り囲むような滑らかな岩壁がまた特徴的です👀
甌穴や色だけではなく、いろいろと変わり者の様ですね( *´艸`)

 

ーーーーーーー

 

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★★☆
幻想度・・・・★★★★☆
清流度・・・・★★★☆☆
到達感・・・・★★★☆☆

写真ですら一度見たら脳裏に焼き付きそうな異形の姿はさすがにインパクトがありパンチがあります。
流れもしっかりしており幅もかなり広いため、実際に近付いて見てみるとかなり大きく感じ、また取り囲むような岩壁の形から落差以上の迫力があります。
色、形、甌穴、いろんな点で特徴的過ぎる歐仙滝ですが、岩壁に点々と生える落葉樹は秋にはキレイに色付き、景観全体を彩ります。

 

 


Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

ーーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

群馬県の滝に戻る
関東・甲信越の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

 

TOPに戻る

殺人の滝(上野 吾妻)

殺人の滝
(さつうぜんのたき)
世立八滝
(よだてはったき)

目次
|▶行き方・場所・アクセス
|▶大仙の滝
|▶段々の滝
|▶仙の滝
|▶金比羅山
|▶殺人の滝
|▶Information

種類
・・分岐瀑、滝群
水系
・・吾妻川⇒利根川
落差
・・20m(公)
危険
・・★★★☆☆
体力
・・★★★☆☆
時間
・・入口から100分程
🏞】【🍁】【
【🍂】R2.10.27

落差や滝種などは完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的に休憩なしのハイペースで進んだ場合に基づいています。

 

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

 


行き方・場所・アクセス▼

群馬県 吾妻郡 中之条町

殺人の滝は群馬県 吾妻地方、草津温泉草津白根山の東側に位置し、利根川水系白砂川の支流に掛かります📍

白砂川支流の八石沢川は断崖絶壁の合間を流れ多くの滝が掛かり、世立八滝と呼ばれる滝群を掛けますが、殺人の滝はそのうちの一つになります🌊

新潟上越妙高から長野信州を抜けて群馬草津へ伸びる国道292号線から分岐し、野反ダム湖方面へ北上する国道405号線沿いに入り口と駐車場があります(=゚ω゚)ノ

国道292号線へは南側からは国道406号線145号線146号線群馬県道55号線 (中之条草津線) などから入ります🛣

周辺に高速道路は無く、関越自動車道上信越自動車道などから各国道へ降りて一般道からアクセスします🚘

草津温泉分岐の先、国道405号線が白砂川を渡ったすぐ北側に入口があります🌳
そのすぐ先に滝見ドライブインがあり、車はそちらへ駐車します🅿

入口の方を振り返ればすでに鬼の登りを思わせる断崖絶壁(;´Д`)
この国道405号線沿いも素晴らしい景色です(∩´∀`)∩

 

ーーーーーーー

公共交通機関JR吾妻線 長野原草津口駅から中之条町の六合地区路線バスが出ています🚏

バスは1日4本ほど⏱
JR吾妻線は渋川駅起点ですが、高崎や前橋まで直通しています🚈

JR吾妻線 時刻表
・・・渋川駅~大前駅
・・・(長野原草津口駅下車)

 

中之条町HP
👉交通アクセス
・・・六合地区路線バス
・・・(滝見前下車)


長野原駅は広くてきれいな駅舎です(∩´∀`)∩
この先の降下をくぐるところが国道292号線の起点になります(=゚ω゚)ノ

 

 


大仙の滝▼

世立八滝入口▼

国道405号線が白砂川を渡りカーブする所に入り口があります(=゚ω゚)ノ
カーブミラーと遊歩道の案内看板が立っています👀

世立八滝は名前通り8つの滝から成りますが、現在ちゃんと見れるのは4つだけ🌊
殺人の滝は一番上流にあります🐾

 

ーーーーーーー

大仙の滝▼


まずは大仙の滝へ٩( ”ω” )و
この滝は一番下流に掛かり、入口も別になってます👀

まぁぶっちゃげココは入口入ってすぐです(‘ω’)
厳冬期は氷瀑になる事もあるみたいですよ⛄

ああ、紅葉がいい感じです🍁
ちなみにこの世立八滝は紅葉の名所でもあります(=゚ω゚)ノ
落差は10mくらいかな👀❓


 

 

 


段々の滝▼

さて序章は終わり(=゚ω゚)ノ
引き返して本格的に殺人の滝を目指します🐾
入口まで来たら分かりますが、本道はいきなり登り階段で始まります⛰


世立八滝遊歩道はかなり急な上り下りがあるので覚悟しておきましょう❕
登ったら分かりますが、そこから見える切り立った渓谷は当然鬼の登りや下りを伴って当然と思わされるような絶景です👀

いつまで登るの❓
と言いたくなるような急な長い登りを登りきると素晴らしい眺め⊂⌒~⊃。Д。)⊃


絶景を楽しんだら今度は一気に下ります🐾
帰りも鬼です(;´・ω・)
何か川沿いにもっと優しい道造れなかったのぉ❓と言いたくなります🌳


しかし下りの途中の眺めも絶景です( ゚Д゚)
やはりしんどい道中にはそこでしか見れない景色があるものです(∩´∀`)∩
人生もそうだと思います(。-`ω-)
うっすらと段々の滝が見えています👀
あ❕( ゚Д゚)、天狗の足跡(*‘∀‘)👺


 

階段を下り切ったら川へ出ます(=゚ω゚)ノ
いや~、すごい回り道でしたが、すごい景色でしたね(‘Д’)
ココまで来たら段々の滝は目の前です(∩´∀`)∩

 

ーーーーーーー

段々の滝▼

ちなみにコレ、「だんだんのたき」ではなく「だったのたき」と読みます📚
キレイに2段に分かれた段瀑(‘Д’)
この滝はそこそこ落差もありますよ🌊


上の方を見ると物凄い岩壁( ゚Д゚)
と言うか両岸との落差がすごい⛰
先ほどとは真逆の絶景🌳



 

 

 


仙の滝▼

さて先へ進みましょう🐾
まずは段々の滝を越えるため、またしばし登り💦
この辺も途中キレイな眺めの所があります🍁


 

しばらくして箱の滝分岐🌳
下の方に望むことができます🌊
しかしその先は通行止め✖



ココから久内の滝、不思議の滝、井戸の滝、は遊歩道からは見れません(´・ω・)
ま、どうせそんな大きな滝ではないですし、仕方ないので諦めましょう(=゚ω゚)ノ

その先もう少し登りが続きます🐾
最初のとこほど急ではないのでまだやさしいです🌳
ここら辺も時々振り返ると絶景( ゚Д゚)



で、今度は殺人の滝方面と仙の滝方面に道が分岐します🍃
仙の滝だけ八石沢川ではなく支流に掛かります🌊

ではまず仙の滝の方へ行きましょう٩( ”ω” )و
この辺も岩の感じとかすごいです(‘Д’)
ちなみにココはもう一つ入り口があり、そちらは仙の滝へ向かう途中の道から分岐しています🌳


 

ーーーーーーー

仙の滝▼


岩の隙間から現れる仙の滝(‘Д’)
支流という事もあって水量は控えめ🌊
落差は5mくらいかなめ❓
薄い膜のような流れ方(=゚ω゚)ノ



滝正面には休憩用のベンチ(∩´∀`)∩
おや(‘Д’)❓何か岩に引っ付いているぞ👀
蜂の巣かな⁇🐝

 


 

 


金比羅山▼


さてさて分岐まで引き返して殺人の滝へ٩( ”ω” )و
ココからまた鬼の登りです(;´Д`)
最初の登りのような急階段で、少しこちらの方が長いかな💧


徐々に高度が増してくる感じがたまらない(∩´∀`)∩
紅葉も心なしか増えてきた気がします🍁
そして途中にデカい岩、というかとんがった岩👀

 

またまた登るのがホントにだんだん嫌になってきます💦
やっと終わりが見えたと思ったら今度はあまり眺望が開けません👀
代わりにまだもう少しだけ登ります(;´・ω・)

 

ーーーーーーー

金比羅山頂▼



ついに来た❕頂です(∩´∀`)∩
目的地を勘違いしそうになる登りでしたが、流石にココまで来ると良い眺め👀
なんかすごい切り立ったとこを登て来たのですが、意外と民家とかがメッチャ見えるのでびっくり( ゚Д゚)

で、当然ここで終わりではありません(=゚ω゚)ノ
殺人の滝へ行くのに頂を越えなければならないといけないとは思わなかった(;´Д`)
しかしココまで来ればあと少し٩( ”ω” )و
登りも当然終わりです🐾

 

ーーーーーーー

殺人の滝へ▼



ま、当然頂まで来ればあとは下りしかないです⛰
このくだり加減次第で帰りのうんざり度が変わります(;´・ω・)
しかしよく見たら川がだいぶ上ってきてます🌊
とりあえず川へ向かってラストスパート❕頑張って進みましょう🐾

 

 


殺人の滝▼



ヒョングリ滝の代表格、やっと殺人の滝のお出ましです(∩´∀`)∩
一部分だけが飛び出すように流れています🌊
そして対岸上の方の紅葉がキレイです🍁

遊歩道はココまでですが、微妙に下に降りれるようになっています🐾
この先はちょっと危ないので無理して下りないように⚠

では早速下へ行ってみましょう٩( ”ω” )و
岩場はかなり滑りやすいので注意❕

 

ーーーーーーー

下の方へ降りていく途中でその全景が鮮明になってきます🌊
かなり極端な分岐瀑で、ヒョングリ損ねた流れが岩壁を伝うようにして流れ落ちています👀

川まで降りると当然ですがヒョングリが上に見えます(‘Д’)
正面から見ても跳ね具合が分かります🌊
滝壺もしっかりとあり、水もキレイです(∩´∀`)∩
しかしヒョングリの起点がどこかイマイチ分かりません👀


 

ーーーーーーー

しかし一体ヒョングリのとこどうなってるんだろう(´・ω・)❓
よく見たら落ちてくる途中から岩伝いに近寄れそうです🐾


しまった~~(;´Д`)
沢靴で来ればよかったわい(ノД`)・゜・。
濡れずに行けるのはこの辺までです🐾
足元濡れてもいいなら中程まで登れそう👀


ずいぶん近くまで寄りましたが結局どうなってるのかイマイチわからない(;´・ω・)
ただ飛び出る感じが間近で見れます(∩´∀`)∩
水量も結構あります🌊
ヒョングリの上まで行けばどうなってるか見えそうです👀
まぁ、またいずれ試みてみましょうかね🐾



 

ーーーーーーー

それにしてもホントに紅葉の名所ですね🍁
ちょうどよい時期に来れて運が良かったです(∩´∀`)∩
滝と紅葉とはホントに相性が良いものですね🍂

 

ーーーーーーー

 

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★☆☆
幻想度・・・・★★★★☆
清流度・・・・★★★☆☆
到達感・・・・★★★☆☆

ヒョングリ滝と言えば真っ先に思い浮かぶ人も多いのではないでしょうか?、この殺人の滝。
ゆるい傾斜からジャンプ台のようになった落ち口を滑り流れることでヒョンぐるには奥行きがいるのですが、殺人の滝はほとんど奥行が無くこれだけ勢いよく飛び出ているのでとても不思議な滝です。
道中はいろんな滝や断崖絶壁の絶景、そして秋には紅葉の名所と言わしめる色付いた山々の眺めと、急勾配だらけの道中ですが素晴らしい景色を見せてくれます。

 

 


Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

ーーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

群馬県の滝に戻る
関東・甲信越の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

 

TOPに戻る

棚下不動滝(上野 中毛)

棚下不動滝
(たなしたふどうたき)

目次
|▶行き方・場所・アクセス
|▶ルート
|▶棚下不動滝 雌滝
|▶棚下不動滝 雄滝
|▶Information

種類
・・段瀑
水系
・・利根川
落差
・・37m(公)
危険
・・★★☆☆☆
体力
・・★★☆☆☆
時間
・・駐車場から10分程
🏆日本の滝百選
】【🚘】【
【🌺】R1.5.4
【🍂】R2.10.27

落差や滝種などは完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的に休憩なしのハイペースで進んだ場合に基づいています。

 

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

 


行き方・場所・アクセス▼

群馬県 渋川市

棚下不動の滝は渋川市の中心の北側、利根川吾妻川の合流地点よりもまだ北側で、沼田市の中心と渋川市の中心のちょうど中間くらいで、赤城山子持山の間の辺りに位置します(=゚ω゚)ノ

利根川沿いに走る国道17号線の対岸側、群馬県道255号線 (下久屋渋川線) 沿いに棚下不動滝の入り口があります👀

最寄りの橋は北側の綾戸橋🌊
南側は伊熊交差点から群馬県道70号線に入りその先で県道255号線へ🛣
付近まで来るとチラホラと案内も出てきます🐾

 

ーーーーーーー

公共交通機関JR上越線津久田駅が付近にありますが、棚下不動滝までは2~3㎞ほど歩きます🐾
本数は1時間に1本程度🚋

その他関越交通バスの赤城山方面等ありますが、車がある方が圧倒的に便利です🚘

JR上越線 時刻表
・・・高崎駅~宮内駅
・・・(津久田駅下車)

 

 


ルート▼

棚下不動滝の駐車場と入り口▼


駐車場入り口のところにカワイイ芝桜がきれいに生えています🌺
天気も快晴
コンディションは最高です(∩´∀`)∩

いかつい鬼みたいな不動尊を左に、鳥居をくぐると入り口です⛩
ぶっちゃげ道なりに進むだけなので、ルート説明の必要はないと思いますが急な上り坂を進みます🐾

落石の痕跡も見られないほど遊歩道はキレイになっています(*‘∀‘)
所々で見晴らしがよく、利根川と周辺の町並みが見渡せます( *´艸`)


こういう所に行くといろんな花を見かけますが、この5月頃から初夏にかけては花も全盛期ですね( *´艸`)

 

ーーーーーーー

棚下不動尊▼

しばらく進んで行くと神社が出てきます⛩
ココもとても良い雰囲気です🌱


御堂の後ろに棚下不動滝が見えています🌊
ココまで来たらあともう少し٩( ”ω” )و
川を渡って階段が続きます🐾



遊歩道はココまでより細くなり最後は舗装もなくなります👀
日当たりが良くないので地面が湿ったままの状態が多く、滑りやすいので注意❕
そして滝の左岸側から裏へと回り込んで行きます🐾

 

 


棚下不動滝(雌滝)▼

棚下不動滝へ進む前に一つ、棚下不動滝には雄滝と雌滝があり一般的に知られているのは雄滝の方です(=゚ω゚)ノ
雌滝へは遊歩道などはなく基本遠望になります👀

雌滝は場所によっては駐車場や遊歩道からちらほらと見えます🍃
だいたいは涸れてますが、落差は40mで僅かに雄滝より高いそうです💦
棚下不動尊へ行く途中に左側へ上がる階段があります(=゚ω゚)ノ

雌滝まで行けるわけでもなく最終的には行き止まりますが、進んだ先で雌滝側の方を見渡すことができます(‘Д’)
途中から踏み跡は不明瞭で滑りやすく危険な個所もあるので、行く際は注意しましょう⚠

 

 

 


日本の滝百選 棚下不動滝(雄滝)▼

さて本題に戻りましょう❕
遊歩道を進んで行くと棚下不動滝 雄滝が現れます( ゚Д゚)✨


聞きしに勝る裏見の滝です٩( ”ω” )و
元々傾斜のきついところですがココに来てすごい岩壁です👀

 

ーーーーーーー

滝の裏▼

早速滝の裏側へ入ってみましょう❕
ちなみに10月終わり頃訪れた際、全然紅葉してなかったので写真はごっちゃにぢてます(´・ω・)


裏側から見れる滝は他にもありますが、ココまで空間が大きいと巨大なワイドスクリーンのようです(‘Д’)
裏側から滝越しに子持山が見えます🌳
中にはお堂が立っています⛩



遊歩道は滝裏をぐるりと回ってループしてきます🐾
滝の裏側、そして滝の目の前にも出れます🌊
角度を変えて見るとまた違った良さがあるのが滝の面白いところ( *´艸`)



 

ーーーーーーー

滝の正面▼





落ち口、中程、滝壺、どれをとっても素晴らしいですね~(´_ゝ`)
滝壺は傾斜がきつい所にあるためか、滝の落ち方に反して非常に浅いです👀

落ち口は絶壁の割れ目から一気に流れ出しています💦
ちなみに遠くから見ると上の方は段になっています👀

 

右岸側から▼

 

左岸側から▼


新緑の中に楓の姿が見えます🍃
紅葉の時期はこれまた見ものかもしれませんね🍁
それにしてもきれいな景観です(‘Д’)

 

ーーーーーーー


 

 

ーーーーーーー

 

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★☆☆
幻想度・・・・★★★★☆
清流度・・・・★★☆☆☆
到達感・・・・★★☆☆☆

棚下不動滝は数ある裏見の滝の中でも極めて大きな滝裏空間を有します。
日本の滝百選の中では間違いなく一番大きな滝裏空間でしょう。
急傾斜の中にありながら古くから信仰され、お堂が建てられたりなど人の手が入っていますが、その姿は見る者を魅了し神として祀り建てるにふさわしい雰囲気を纏っています。

 


Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

ーーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

群馬県の滝に戻る
関東・甲信越の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

日本の滝100選に戻る

 

TOPに戻る

吹割の滝(上野 北毛)

吹割の滝
(ふきわりのたき)

目次
|▶行き方・場所・アクセス
|▶吹割渓谷遊歩道
|▶吹割の滝
|▶鱒飛の滝
|▶秋の吹割渓谷
|▶Information

種類
・・直瀑
水系
・・片品川⇒利根川
落差
・・7m(公)
危険
・・★★☆☆☆
体力
・・★★☆☆☆
時間
・・駐車場から5~15分程
🏆日本の滝百選
】【💦】【🏞
】【
【🌺】R1.5.4
【🍂】R2.10.26

落差や滝種などは完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的に休憩なしのハイペースで進んだ場合に基づいています。

 

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

 


行き方・場所・アクセス▼

群馬県 沼田市

吹割の滝は群馬県北東部、足尾山地の西側に位置します🌊

国道120号線 (日本ロマンチック街道) 沿いに、飲食店などのある滝の駅 吹割と並んで駐車場があります🚘🏍

遠方から来られる場合などは、高速道路は関越自動車道沼田I.Cで降りるとそのまま国道120号線へ出ます(=゚ω゚)ノ

 

ーーーーーーー

公共交通機関JR上越線 沼田駅から関越バスが出ており、比較的本数は充実している方ではないかと思います🚌
本数は減りますが、上越新幹線 神毛高原駅からもバスが出ています🚏

また付近には老神温泉片品温泉など温泉街がいくつかあり、宿泊、日帰り温泉などにもよさそうです

JR上越新幹線 時刻表
・・・東京駅~新潟駅
・・・(神毛高原駅下車)

JR上越線 時刻表
・・・高崎駅~宮内駅
・・・(沼田駅下車)

 

関越交通HP
👉路線バス
・・・沼田・昭和村・たんばら・老神・猿ヶ京 方面
・・・鎌田線
・・・(吹割の滝下車)

 

 


吹割渓谷遊歩道▼

吹割の滝一体には、吹割の滝の上流下流ひいては対岸の方まで遊歩道が整備されており、だいたい30分~40分ほどでぐるりと回れるようになっています🐾🌳

遊歩道入口は駐車場の南側の端の横にあります(=゚ω゚)ノ


遊歩道は入り口を入ると川の方へ降りていくようで一旦登ります(´・ω・)
比較的整備が良くされている遊歩道なので、軽いトレッキングといった感じで良い運動になります🐾


登った先には観瀑台がいくつかあり、ココからは吹割の滝の全貌を上から見渡すことができます👀✨
まるで大地の裂け目の様です(‘Д’)



 

その先で遊歩道は下りに差し掛かり、川の方へと降りていきます🐾
川へ出ると開けた景色で爽快です⊂⌒~⊃。Д。)⊃


川は浮島を挟んで二つの橋を架けます(‘ω’)
この橋から眺める川もまた良いですね~👀✨
まさに山・川ですね~🌳




浮島には浮島観音堂があります👏
ここら辺も良い雰囲気です🍃

 

ココを過ぎるといよいよ吹割の滝へと続いていきます٩( ”ω” )و
川はナメ床で幅が広く、岩感が素敵です✨



 

 


日本の滝百選 吹割の滝▼

おーおー(*‘∀‘)
大地が避けてますね~🌊
直瀑7m、どうでしょうか?
写真では分かりにくいですが、思ってるよりもかなり大きいです( ゚Д゚)
落ちたらただでは済みません⚠





右岸側のポットホールみたいなのと、鮮やかな白濁した緑色の滝壺が特徴的です👀
一体なんでココだけこんな感じになっているのでしょう( *´艸`)
それにこの日はかなり水量も多いですね🌊
上流の山の方はまだ雪解けなのかもしれません⛄




全体的に水かさは浅く感じますが、案外深みもあります🌊
何より川幅も広いので、こうして落ち口に水が集まるとかなり水量も多いです(‘Д’)
水しぶきもがっつり飛び交っています.。o○


GWというのもあって観光客も結構いますね~👪
犬もいます🐕( *´艸`)
滝見台にはロープも張られていますが、危ないので身を乗り出さないように✋⚠



 

ーーーーーーー

 

 


鱒飛の滝▼

吹割の滝下流▼

吹割の滝の先には鱒飛の滝があります(=゚ω゚)ノ
吹割の滝のすぐ下流は美しいエメラルド色が特徴的な渓流で、こちらも多岐に負けないくらいの見所だと個人的には思います🌊





吸い込まれそうな緑色に荘厳な岩々👀
目を引く自然の姿が広がります( ゚Д゚)
この吹割の滝と鱒飛の滝との間はまさに絶景です🌳

 

ーーーーーーー

鱒飛の滝▼
両岸の岩が切り立ちキレイな大きい廊下やナメ床を形成ています🏞
赤茶けた床岩に所々深まるエメラルドがキレイです✨✨


渓流瀑の様な始まりだし🌊
からのその先で一気に落ちます🌈
豪快な音があたりに響き渡ります(*‘∀‘)



コチラも滝見台がありますが、まぁぶっちゃげ上からしか見れず、滝壺は全ては見えません(´・ω・)
ココも乗り出すと危険なので絶対しないように⚠
飛沫が日に当たり虹をかけています( *´艸`)

 

ーーーーーーー

遊歩道・国道沿いへ▼

ココを過ぎると階段を上り遊歩道の最終段階へ🐾
出口まですぐですが、その間にそば屋やお土産屋などがあります(=゚ω゚)ノ
途中で吹割渓谷がキレイに上から見えます(´_ゝ`)



 

ーーーーーーー


最後にお土産屋が並びます🐾
急な坂道に並んでいますが、雰囲気があり良いです(∩´∀`)∩
ここらは季節によってはキレイな花々が見られます🌺

 

 


秋の吹割渓谷▼



さすがは沼田の山中⛰
紅葉の時期はキレイに色付きます🍁
尾瀬や日光に比べるとこの辺りは構想の見頃も遅いですが、10月終わりごろはやや早めですがいい感じです(∩´∀`)∩

 

ーーーーーーー

観瀑台から▼



相変わらず第二観瀑台がどこにあるのか分かりませんが、ココからの眺めは良いですね(*‘∀‘)
すぐ下の吹割の滝を見ても遠くの景色を見ても、秋の紅葉の時期はやはりいつも以上に生えます🍁

 

 

ーーーーーーー

橋・川沿い▼




橋からの岩壁は改めて見てもスゴイです( ゚Д゚)
こんな内陸部でも川幅が広い🌊

広い川を割るかのような特徴的な滝の姿👀
その奥の山と紅葉🍁

 

ーーーーーーー

吹割の滝▼





さてメインディッシュ(∩´∀`)∩
この日は以前と比べて水が少ないです🌊
前回はこの辺りは春でしたが上流の山の方は雪解けの下のせいがあったので、これが本来の水量なのかもしれません👀

 

ーーーーーーー

吹割の滝下流▼



紅葉はいい感じなのですが…、残念ながらこの日は水がイマイチきれいではないのですよね~(´・ω・)
なぜだろう👀❓
前回とは天気も全然違いますが、やっぱ流れ方とかに影響を受けるのかなぁ(‘Д’)

 

ーーーーーーー

 

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★☆☆
幻想度・・・・★★★☆☆
清流度・・・・★★★☆☆
到達感・・・・★★☆☆☆

日本の滝百選の中でも、というより全国各地にある滝の中でも異形で特殊な滝といえるでしょう。
まるで地面が割れ、その中に流れ込むような姿の吹割の滝。
落差7mは実際にはビルの3階くらいの高さがあり、幅や水量なども相まって数字よりもよほど大きく見えます。
渓流の流れや水の色も非常に特徴的で美しく、一風変わったこの滝は正に一見の価値ありと言えるでしょう。

 

 


Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

ーーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

群馬県の滝に戻る
関東・甲信越の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

日本の滝100選に戻る

 

TOPに戻る