天ヶ滝(奥野川)

天ヶ滝(てんがたき)
愛媛県 北宇和郡 松野町

基本データ▼
ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・分岐瀑
水系・・広見川⇒四万十川
落差・・30m(推)
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★★☆☆☆
体力・・・★☆☆☆☆
時間・・・すぐ
ーーーーーーーーーーーーーー
完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的にハイペースで進んだ場合に基づいています。

目次
|▶行き方・場所・アクセス
|▶天ヶ滝公園
|▶天ヶ滝
|▶Information


R2.3.16

 


行き方・場所・アクセス▼

天ヶ滝は愛媛県南西部、宇和島の東側の松野町にあります(=゚ω゚)ノ
四万十川の支流の広見川のさらに支流、奥の川に掛かり、ほとんど高知県との県境付近に位置します📍

四万十長と宇和島市を結ぶ国道381号線から愛媛県道106号線へ入ります🚘🏍
江川崎から出目までは国道441号線と重なります🛣

国道381号線はJR予士線が並走しており、江川崎からは四万十川の支流の広見川と並走します🌊
ちょうどJR真土駅の対岸付近に県道106号線の入り口があります(=゚ω゚)ノ

県道106号線をしばらく進むと、ぐるっと回って高知県方面へ伸びていきますが、そのカーブで川沿いに伸びる林道が分岐しています👀

そのまま林道を進んで行くと入口が出てきます🌳
入口の少し手前で木々の間から滝の姿が確認できるのですぐに分かると思います🍃

 

ーーーーーーー

公共交通機関ではJR予士線 真土駅が最寄り駅になりますが、天ヶ滝公園までは10kmくらいあります(;´・ω・)
その他松野町の森の国バスが日祝に1日5便ほど出ています🚐

JR予士線 時刻表
・・・宇和島駅~窪川駅
・・・(真土駅下車)


新幹線+ホテルセットプラン

 

森の国バス
・・・蕨生・奥野川方面
・・・(天ヶ滝停留所下車)

 

 


天ヶ滝公園▼

天ヶ滝公園入り口▼
川側の方にちょうど車が数台停めれそうな所が出てきます🅿
その奥に入り口があります(=゚ω゚)ノ

入口を降りたら水車小屋が出てきます🌊
その先で橋が掛かり公園と遊歩道へ🐾
公園と言ってもぶっちゃげ社があるだけで広場ですらないですが、見晴らしは悪くないです( *´艸`)


入口からまっすぐ行くと社があり、左側の上流の方に天ヶ滝へ続く遊歩道が伸びています🍃
すでに心地よいせせらぎに音がします👂


 

 


天ヶ滝▼


大きな岩を利用したキレイな滝見台があります( *´艸`)
ココから滝の全景がきれいに見えます👀✨
いや、やっぱ上の方は緒と見えにくいかな(;´・ω・)

滝見台からさらに登り道が続いています🌳
ココから滝の中腹までにぼることができますが、途中で滝壺の方にもよれます🐾
滝の真下に行ってみましょう٩( ”ω” )و


滝壺の方へは道はないですが比較的簡単に降りれます🐾
ただ、メチャクチャ滑るので気を付けて⚠
茶色く濡れた所はほぼ全て滑ります(;´Д`)












木々に囲まれた形の良い天ヶ滝ですが、周りの雰囲気もとても良いです🌳
下流側の流れ、少し上から見る滝見台👀
この空間全てがまるでマイナスイオンに包まれた癒しの空間のようです(∩´∀`)∩
滝をメインとする公園としては模範のような場所です(‘ω’)


 

ーーーーーーー

ではさらに上へ登っていきましょう🐾
ココからは踏み入る人が少ないのか、道が結構あれています(;´・ω・)
特に、滝の方へ寄って行くところは途中からやや危険で、滑ったらちょっとヤバそうなので注意しましょう⚠

目の前で流れる天ヶ滝(∩´∀`)∩
ココは南向きなので、夕方に差し掛かってもこの位置はまだ日が当たります☀
日に照らされた新緑と滝の流れが素晴らしいです🍃




いつまでも見ていたくなる眺めです(´・ω・)
こんな所にゲゲゲの鬼太郎の小屋みたいな家を建てて住んでみたい✨✨

少し乗り出して滝壺の方▼
危険なのでマネしないでください⚠
しかしなかなかの迫力です👀

 

ーーーーーーー

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★☆☆☆
幻想度・・・・★★★☆☆
清流度・・・・★★★☆☆
到達感・・・・★☆☆☆☆

深い緑に包まれヒッソリと少しだけ隠れるようにして流れ落ちる天ヶ滝。
その滝の正面は非常に心地よい空間で、またこの空間にぴったりのサイズ感と流れ方、流れる音が素晴らしく調和します。
滝見台もどことなく雰囲気あふれる存在感で、この滝と周りの景観におどろくほど溶け合っています。
都心部からはやや時間のかかる場所にありますが、道路からすぐの所にあり到達は容易なので、近くに切ったら是非立ち寄りたいところです。

 

 


Information

おすすめホテル予約サイト▼

☆Hotels.com☆~世界最大級のホテル予約サイト
「一休.com」~心に贅沢させよう
「ゆこゆこネット」~日本の温泉はゆこゆこで

 

ーーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

愛媛県の滝に戻る
山陽山陰・四国の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

お手軽 観光滝一覧に戻る

 

TOPに戻る

雪輪の滝

雪輪の滝(ゆきわのたき)
愛媛県宇和島市

ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・渓流瀑
水系・・四万十川
落差・・300m(全長)(公)
日本の滝100選
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★☆☆☆☆
体力・・・★★☆☆☆
時間・・・入口から30分程
ーーーーーーーーーーーーーー
アクセス▼
愛媛県の西側の宇和島市、国道381号線JR松丸駅付近から県道8号線に入ります。
雪輪の滝がある滑床渓谷は比較的大きいレジャースポットで、この辺りからちょこちょこ滑床渓谷への案内が出てくるので比較的道は分かりやすいと思います。
県道8号線に入ったら次は県道317号線、そして滑床渓谷へ伸びる県道270号線へと入ります。
270号線に入ったらしばらく走っていると滑床渓谷が出てきます。
滑床渓谷に着いたら車を停めて、川沿いに歩いていくと雪輪の滝の滝見小屋に着きます。


H30.4.30


滑床渓谷の駐車場▼
結構広めです🚘🏍
わりと人も多く、休憩所や食事何処などもあるようです(´・ω・)

橋の所まで行くと遊歩道が伸びています(=゚ω゚)ノ
ちなみにルートは2~3あるようですが、とりあえず川の横を歩いていきます🌊✨

遊歩道を歩いていくのも良いのですが、ここは遊歩道は川のすぐ横にあり難易度は低く、沢登りを始めたての人が練習するにはもってこいの川です٩( ”ω” )و
川歩き、岩場登り、泳ぎなど一通りの要素はそろっています( *´艸`)


最初は平坦な岩の上を進んでいきます(*‘∀‘)
途中で泳げそうな所もあります🌊✨



ちょっとづつちょっとづつ険しさを増していきます🌳
後半は途中から小滝が出てきます(=゚ω゚)ノ
傾斜はあまりないのでほとんどやり過ごせます(∩´∀`)∩




あれよあれよという間に雪輪の滝が近づいてきます( *´艸`)
遊歩道を通っても渓流を眺めながら歩いて行けます🐾

 

雪輪の滝▼


一枚の岩を滑り落ちるナメ滝で、ここで一応全長60mとのこと( ゚Д゚)
岩肌も赤みがかった特殊な感じの滝です( *´艸`)
その横でいかにも水の削られた感のある滝壺と、それを作った感のある小滝があり、本流はそちらに続いています🌊


雪輪の滝の向かいに滝見小屋があります👀
しかし、木が邪魔でちゃんと雪輪の滝が見えません(;´Д`)



さて、ここから川を渡って雪輪の滝の上へ行きます٩( ”ω” )و
が、ココからはベテランゾーンなので慣れない人同士や単独では行かないようにしてください⚠


まずは滝の左岸 (向かって右側) の茂みから巻き上がっていきます🌳
途中から滝身によっていきますが、見た目より傾斜があり非常に滑りやすいので割とヒヤヒヤします(;´・ω・)💦

滝を左に見ながら登っていくと徐々にその上が見えてきます👀
そして遠目に見るよりも川幅は広く、この滝もやはり大きいのだなと感じます( ゚Д゚)
滝の上に出ても傾斜はあり気が抜けません(。-`ω-)
一度ツルっといったら下まで転げ落ちるでしょう(;´Д`)

雪輪の滝の上の滝▼
というより、これら上の滝も含めて雪輪の滝です🌊
こんな感じで、インターバルを挟みながら雪輪の滝と同じくらいの規模の滝が6つくらい連続する、全長300mの大きな渓流瀑です⊂⌒~⊃。Д。)⊃

この滝は右岸 (向かって左側) から越えていきます٩( ”ω” )و
最下部は傾斜がきつく茂みから登り、あとは滝身によっていきます🌊

登り切ったらまたインターバル(*‘∀‘)
その先で分岐する川🌊
何カ所かこうやって小さく川が分岐していきます(‘Д’)

その上の滝▼
右に左に時には滝身を直接と、弱点を縫って登っていきます(´・ω・)
しかし基本的に流れとその周辺はムチャクチャ滑ります💦

更にその上の滝▼
かなりそれぞれ個性があり、苦労して登って見に来たかいがあります( *´艸`)

その上の滝▼
これで5つ目くらいでしょうか🌊🌳
滑らないよう必死だからか、長いです(;´・ω・)
300m以上あるんじゃないかな(´・ω・)⁇

ココまで来たらかなり登ってきた感があります( ゚Д゚)
足場もどんどん悪くなってきます🌳🍂

更にその上▼
かなり山奥に入ってきてしまったという感じです🗻🌳
途中川の近辺は全く手が出せそうにないところがあり、茂みをかき分けて登っていきます🍃


そしてついに終点、いや渓流瀑の起点らしこところが見えてきました(∩´∀`)∩
ココからず~っと雪輪の滝の所まで全部ナメ床です( ゚Д゚)
全部ナメ滝渓流です⊂⌒~⊃。Д。)⊃
これはすごいです( *´艸`)

起点▼
さて、日も落ちてきたし降りましょうかね( *´艸`)🌇🌳

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★☆☆☆
幻想度・・・・★★★☆☆
清流度・・・・★★★☆☆
到達感・・・・★★☆☆☆

滑床渓谷はほぼ全域が岩の床で、雪輪の滝から上も途切れることなきナメ床です。
雪輪の滝の所までの工程でも十分堪能できるため、上級者から初心者まで楽しめる渓谷です。
実際に沢登りの練習をしている人、家族連れの人なども多く、いろんな人が休みにレジャーを楽しみに来ています。
雪輪の滝はナメ滝としては規模も大きく、なかなか珍しい形の滝であるため一見の価値はあります。

愛媛県の滝に戻る

長沢の滝(ハートの滝)

長沢の滝(ながさわのたき)
高知県高岡郡津野町

ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・潜流瀑
水系・・梼原川⇒四万十川
落差・・34m(公)
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★☆☆☆☆
体力・・・★☆☆☆☆
時間・・・入口からすぐ
ーーーーーーーーーーーーーー
アクセス▼
国道439号線、愛媛県と高知県の境にある四国カルストの南側に流れる四万十川水系の梼原川の支流、北側に流れ込む源流に掛かります。
滝のすぐ前まで林道があり、国道439号線から林道へ入ることができます。
トンネルのすぐ近くの川沿いの林道で、小さくですが案内も出ています。


H30.4.30


国道439号線沿いの長沢の滝へ続く林道の入り口👉
川沿いをまっすぐ登っていきます🚘🏍
ココからはまっすぐ走るだけなので迷いません(=゚ω゚)ノ

しばらく走ったら川側に入り口が出てきますが、駐車スペースは狭いです(;´・ω・)
車は1台、無理して停めれたとして2台くらいでしょう(;´・ω・)
入り口まで来たら滝は目の前です👀

 

長沢の滝▼

人の手がうまい具合に入って調和しています(∩´∀`)∩
まるでちょっとした庭園です🏞
橋を渡ったところには社があります👼

この滝は岩の中から流れ出る滝で、小さな隙間から湧き出るのではなく大きくあいた岩の穴から流れ落ちる極めて珍しい方ちん滝です🌊✨
ちなみにその岩の穴の形がハートに見えることから、別名ハートの滝とも呼ばれ恋愛のパワースポットにもなっています💕🌳
⊂⌒~⊃。Д。)⊃💑


ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★☆☆
幻想度・・・・★★★☆☆
清流度・・・・★★☆☆☆
到達感・・・・★☆☆☆☆

木々に深く囲まれたマイナスイオン漂う滝です。
岩に開いたハート形に穴から流れ出る姿が特徴的です。
橋の手前、橋の上からがベストアングルで、ハート形がきれいに見えます。
滝前は庭園のような落ち着いた空間で、静かに時の流れを感じることができます。

高知県の滝に戻る

四国の滝 その1~日本の滝100選巡り~

H30.4.29~5.1


四国は四万十川はじめ、水の非常にきれいな清流で知られています。仁淀川、吉野川などは上流に方は非常に済んでおり他になかなか類を見ない美しさです。
そんな四国の川の上流には壮大な自然の芸術とも呼べる滝がたくさん存在しています。
今回はそんな中でも日本の滝100選に選ばれているものをメインに周っていきたいと思います!!٩( ”ω” )و🌊


H30.4.29
1日目
雨乞いの滝・大釜の滝・九十九滝・轟の滝

まずは一日目!。私は大阪在住なので淡路島を経由して徳島から攻めます🏍

明石海峡大橋は阪神高速から来るとまだ良いのですが、私の様に貧乏だと高速代を端折って垂水インターから乗ります。
が、これが何処から乗るのかびっくり分かりにくいです。神戸や明石の人は逆に明石海峡大橋は使いにくいんじゃないかな…。なんであんな風に作ったんでしょ?

ま、それはさておき一日目の道のりです

~・~・~・~
1・雨乞いの滝

まずは最も近い雨乞いの滝です。雄滝と雌滝があり、メインは雌滝で高さは40mくらい。
シーン静まるような緑と岩の自然の中にあり、雰囲気はとても良いところです🌳。
雨乞いの滝の前にいくつか小滝があります。

途中にある励ましの看板も憎めないところですw。
距離自体はあまりありませんが、結構急な登りです。ポイントポイントで休憩できるので焦らずいきましょう!。
体力のある人なら30分~40分くらいで到達できると思います。

:雄滝、:雌滝

 

~・~・~・~
2・大釜の滝
続いて大釜の滝です。雨乞いの滝から林道を引き返して国道438号線に戻り国道193号線へ出ます。大釜の滝はこの国道193号沿いにあります。

途中、とても展望の良い景色のきれいな所を通ります。

大釜の滝は道路沿いに看板がありますが、分かりにくいので見逃さないようにしましょう。
下へ降りる階段のところまで来たら滝が見えますが、驚くほど水が美しいです。
天気が良いのも後押ししてますが、ここまで透明で蒼い水はそうそう見れません。

ちなみに下流の方に小釜の滝がありますが、泳がないと見えません。
コチラも水はびっくりキレイですが泳ぐには少し勇気がいりそうです。

 

~・~・~・~
3・轟九十九滝
193号線をそのままずーっと南下していくと九十九滝の入り口江続く林道(県道148号線)が出てきます。
この滝は九十九滝という滝群で、メインの滝が轟滝です。

林道をずっと進んで行くと駐車場やお土産屋さんなどが出てきます。
なかなか雰囲気の良い所です(‘ω’)

この滝も非常に美しい水の色をしています。
そして何より水量が多く、吸い込まれそうなほど迫力があります。
両側から岩が迫り、滝壺は深いため滝の真下へは行けそうにありません。そこら中に飛散した霧が立ち込めています。

この上流に九十九滝があります。二重滝、横見滝、船滝、丸淵滝、鍋割滝などがあります。

 

~・~・~・~
4・轟の滝
一日目ラストの轟の滝。193号線を引き返して今度は国道195号線を西へと進んでいきます。高知県へ入って大栃ダム湖の方へ入っていきます。
途中、若干道がややこしいので地図をよく確認してください。近くまで行くと所々に看板が出てきます。

展望台から轟の滝の全景が見れます。
水に削られた奇怪な岩をキレイに段々になって落ちる様は自然の脅威を感じます。
展望台からさらに下へ降りていくと滝壺まで出ることができます。
滝壺は非常にきれいですが、水量が多く深いです。落ちたらただでは済みそうにありません。気を付けてください。
そして残念ながら下から全貌は見えません。しかし元が80mと大きな滝なうえに水量もあるので、それでも迫力があります。

 


H30.4.30
2日目
龍王の滝・大樽の滝・長沢の滝・雪輪の滝

1日目は高知市街での泊まりです。そこから愛媛方面へと向かっていきます。二日目の道のり

~・~・~・~
5・龍王の滝
さて西へ向かう前に少し回り道して龍王の滝へ向かいます。国道32号線を北上します。
国道439号線から林道に入ってからが少しややこしいです。道も細く路面の悪い所もあるので注意してください。

細い林道をしばらく進んでいくと、龍王の滝の駐車場と展望台にたどり着きます。そこから歩くこと30分ほどで到着します。

滝自体はそこまで大きな滝ではありませんが、周りの空気間との調和が絶妙な滝です。

 

~・~・~・~
6・大樽の滝
龍王の滝から439号線に戻り予定通り西側へと進んでいきます。途中で国道194号線に入りしばらく進み県道18号線へ。大樽の滝が近づいてきます。
ココも少しややこしいので注意してください。

駐車場から遊歩道をしばらく進んでいくと到着します。
なんか入り口は二カ所あるっぽいですが、看板通りいくのが良いでしょう。

手前の橋と絶妙にマッチしています。
橋の上からの撮影も良いですが、無理やり橋をくぐっての撮影も良いです。
橋をくぐると大きな岩とのコントラストになり、2重3重に楽しめます。
高さ自体は32mとそこまでないのですが、やや下方向からのショットが多く、もっと高さがあるように見えます。

 

~・~・~・~
7・長沢の滝
大樽の滝から引き返して国道33号線を西側へ進み国道439号線へ。
この長澤の滝は日本の滝100選ではないのですが、ちょうど通り道にあって面白い滝なので寄り道します。
この滝は439号線から林道に入ってしまえば、後は進んでいけばすぐに分かると思います。

普段あまり人はいないようですが、駐車スペースが非常に少ないので注意してください。

この滝はハート形の穴から流れ出ていることから、ハートの滝などとも呼ばれ恋愛スポットとしても有名みたいです。

中央の橋から全景を見ることができますが、橋と一緒に撮るのも、まるで庭園の中にあるような雰囲気になり良いです。

車を降りてすぐなので、車やバイクがあればとても訪れやすいです。

 

~・~・~・~
8・雪輪の滝
国道439号線、197号線、320号線、県道280号線などを経て滑床林道へ。
雪輪の滝は滑床渓谷にありますが、滑床渓谷には周辺施設もあるのでカーナビなどがあれば比較的すぐいけると思います。

駐車場は広く、シーズン中は遊びに来る人も多いようで( *´艸`)
沢登りなどの練習に来ている人もいてます。休憩するとこや食事するとこもあり、観光スポットとしても良い所です。


キレイな滑床渓谷を進んでいくと、雪輪の滝の展望所に出ます。
緩い円形の溝を滑り落ちる様は滝の中でもかなり特殊な形です。
少々危険ですが、この滝は登れます。登った先には雪輪の滝にも劣らぬキレイなナメ滝が連続しています。
ちょうど数十メートル進んでインターバルゾーン、また数十メートル進んでインターバルゾーンという具合に5~6本くらい規模の大きいナメ滝が連続しています。

滑りやすく非常に危険ですが、自身のある方はこのナメ滝群もかなり見ものなので、ちゃんと装備を整えてチャレンジしてみるのも良いかもしれません。

 


H30.5.1
3日目
面河本谷・御来光の滝

2日目は四国カルストを抜けて松山方面へ抜け泊。
そして3日目はメインの御来光の滝。四国の日本の滝100選の中で最も大きく最も難関とされている滝です。
松山からのアクセスは比較的しやすいです。国道11号線から国道494号線へ、もしくは国道33号線側から494号線へ抜け、石鎚山スーパー林道(県道12号線)へ入ります。

~・~・~・~
9・御来光の滝
御来光の滝へは2つ行き方があります。
一つは関門・鶴ノ瀬橋方面から遊歩道を通っていくルート。基本的にはコチラから行くことをおすすめします。
もう一つはスーパー林道沿いの御来光の滝展望台から直接面河川へ降りるルート。こちらは時間的には短縮できますが、上級者向けで決して慣れない人は踏み込まないようにしてください。

私は自称上級者なので展望台から直接降りていきます。
しかし何度も言いますがこのルートは危険です。道もありません。
滑落と迷子の可能性が高い確率で付きまといますので、慣れている人でも不用意に立ち入らない事。
20分~30分下ったところで川に出ます。帰り道をしっかり覚えておかないと大変なことになります。
出た先は堰堤です。とりあえず帰りの登り地点を見失う心配はないでしょう。

堰堤を登ったところで赤テープ発見。しかし道という道はないので川を直接登ります。
それにしても水がきれいです。つい見惚れてしまいタイムロスするくらいきれいです。

川に降りてしまえば意外と傾斜はあまりなく、高巻きする箇所も穂とんとないのできれいな川を堪能しながら楽しく逆行できます。
写真のびっくりするくらいきれいな滝壺の滝のあたりから少し傾斜が出てきます。

ラストスパートは少し傾斜がきつくなります。岩場を直接登って行く事になるので注意が必要です。
正念場となりますが目の前に御来光の滝が見えています。

最後の急な登攀を越えると目の前に正に御来光の名にふさわしい大滝が現れます。

 


これで四国の日本の滝100選制覇です(∩´∀`)∩🎊!!。
あとはしまなみ海道を抜けて本州へ戻ります。

ただ、四国にはまだまだこれ以外にも名瀑がたくさんあります。それらはまたこれから紹介したいと思います。
最後までご覧いただきありがとうございます!