陣馬の滝(富士)

陣馬の滝(じんばのたき)
静岡県 富士宮市

基本データ▼
ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・直瀑、潜流瀑
水系・・芝川⇒富士川
落差・・10m(推)
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★☆☆☆☆
体力・・・★☆☆☆☆
時間・・・すぐ
ーーーーーーーーーーーーーー
完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的にハイペースで進んだ場合に基づいています。

目次
|▶行き方・場所・アクセス
|▶陣馬の滝
|▶滝の裏
|▶滝の上
|▶Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

R2.8.13

 


行き方・場所・アクセス▼

陣馬の滝は富士山の西側、朝霧高原の南側に位置し、芝川水系に掛かります📍

ちなみに源頼朝が陣を敷いたことから陣馬と言うのが付いたそう📚
下流には日本の滝百選の▶白糸の滝などもあります🌊

静岡県道414号線 (富士富士宮線) 沿いに入り口があり、県道自体は富士市街から朝霧高原まで通っていますが、名神、新名神および国道1号線方面からは、途中まで国道139号線を通る方が速いです(=゚ω゚)ノ

国道139号線へは東名高速からは富士I.C新東名高速からは新富士I.C国道139号線 (西藤道路) へ入りそのまま北上🚘🏍
国道1号線富士由比バイパスになっており、富士東I.Cから国道139号線へ(‘ω’)

 

国道139号線に入ったらしばらくそのままずっと進んで行くと富士宮道路となるので、白糸の滝の方へ抜ける上井出I.Cから白糸の滝の前を通り県道414号線に入るか、もう少し先の畜産試験場北交差点から入ります🐾

甲府側からは国道358号線 (精進ブルーライン) から精進湖横の赤池交差点で国道139号線に入り、朝霧高原のファミリーマートの所からそのまま県道414号線に入れるので、入ってそのまま真っすぐ南下します🏔

県道414号線に入るとそのまま県道を進み、陣馬の滝の入口の交差点には案内も立っています👀
そこからすぐに駐車場と入り口が出てきます🅿

 

ーーーーーーー

公共交通機関富士急静岡バスJR新富士駅JR富士宮駅から出ています🚍
停留所数が多いので、快速バスで朝霧高原などまで出てから乗り換えた方が良いかもしれません🚏

東海道・山陽新幹線 時刻表
・・・東京駅~博多駅
・・・(新富士駅下車)

JR東海道本線 時刻表
・・・東京駅~神戸駅
・・・(富士宮駅下車)

 

富士急静岡バスHP
👉路線バス
・・・白糸の滝・休暇村富士(田貫湖)・朝霧高原・富士五湖方面
・・・(陣馬の滝入口下車)

 

 


陣馬の滝▼

駐車場の手前にはキレイな川?か用水路?が流れています✨
こういうのを見ると何だか水のきれいな所に来たなぁって感じがします(∩´∀`)∩

第一駐車場のすぐ前に入り口があります(=゚ω゚)ノ
ちなみに第二駐車場は第一駐車場へ曲がる所より少し奥にあるようです。

なかなかの人気スポットで、夏場は結構賑わいます🌊
駐車場も入り口に近い第一駐車場はそれほど広くなくすぐいっぱいになります🅿

 

入口からすぐに陣馬の滝が見えてきます🐾
川の水温が低いからか、木々に囲まれているからか、それとも雰囲気か、とてもヒンヤリと涼しい感じです🍃

川の横はいたるところから湧き水が流れ出し、それに屯した草木が日に照らされてとてもキレイです🌳✨
水しぶきが飛び交い光が視覚的に捉えられます👀

 

ーーーーーーー

陣馬の滝▼
川からの直瀑に潜流瀑が何本か横から流れています🌱
水の透明度と蒼さには驚くばかりです( ゚Д゚)✨


 


 

横からの潜流瀑もキレイです🌳💦
この流れは上から見ると特によくわかるのですが、川のすぐ下を伏流してきているみたいです🌊

 

 


滝の裏▼


この滝は滑りやすい岩場をヨジヨジと回り込んで滝の裏にも行けます(∩´∀`)∩
まぁ水に浸かればすぐなんですけどね🌊
キレイなだけでなく遊び心もくすぐられます(*‘∀‘)




滝の裏からもいたる所から水が湧き出ています👀
何だか洞窟に中にいるみたいですね✨
浦から見た流れも水量があり見応えがありますね~🌊

 

滝の裏からの方が暗がりから明るいとこを見るので滝壺が蒼く見えます(=゚ω゚)ノ
流れ落ちる水も極めて純白でキレイなのが見てとれます🌱
ただ足元滑りやすいので注意しましょう❕



 

 


滝の上▼

さて今度は滝の上に行ってみましょう٩( ”ω” )و
滝の上へは右岸側の潜流瀑の横にある小屋の横から上がって行きます🐾
登った先には祠があり、その先は日み跡はありますが道はないです🌳

滝の裏へは私が入ったとたんにチビッ子筆頭にマネして入ってきましたが、流石に滝の上までは誰もついて来ませんねw(´_ゝ`)
まぁ踏み跡は一部抜け落ちていて危険なのであんまり来ない方が無難ですけどね🐾


潜流瀑の上の部分は緒受節水が流れ込んでいるわけではなく、わき出した水が流れ落ちているようです🌊
非常に透明できれいな水です🍃


上流の流れも極めて美しい🌳
滝の上から滝壺の方が見えます(∩´∀`)∩
私に気づいている人はいるのかな( *´艸`)❓

上流も水は真夏でも冬の水みたいに冷たく、ずっと使っていたら足がだんだん痛くなってきます(‘Д’)
さすが富士山からの伏流です🗻

 



▲落ち口
:上流
:下流

 

ーーーーーーー

 

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★☆☆☆
幻想度・・・・★★★★☆
清流度・・・・★★★★★
到達感・・・・★☆☆☆☆

非常に透明感が高く、空の青さを投影したかのような青い滝壺を持つ陣馬の滝。
水の冷たさからもその水質の良さが分かります。
その水の美しさもさることながら、草木の緑や木陰から差す陽の光の感じ、いろんなところから湧き出す湧水、などなどキレイな景観の総集編のような空間です。
また、滝の裏に回ったり下流側で川遊びをしたりなど、滝を眺める以外にも楽しみ方が様々です。
非常に煌びやかな容姿は夏以外の季節でも訪れる価値があることでしょう。

 

 


Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

ーーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

静岡県の滝に戻る
中部・北陸の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

お手軽 観光滝一覧に戻る

 

TOPに戻る

白糸の滝・音止の滝

白糸の滝(しらいとのたき)
音止の滝(おとどめのたき)

静岡県 富士宮市

基本データ▼
ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・直瀑、潜流瀑
水系・・芝川⇒富士川
落差・・20m(公)
🏆日本の滝100選
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★☆☆☆☆
体力・・・★☆☆☆☆
時間・・・駐車場からすぐ
ーーーーーーーーーーーーーー
完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的にハイペースで進んだ場合に基づいています。

目次
|▶行き方・場所・アクセス
|▶お鬢水
|▶白糸の滝
|▶音止の滝
|▶Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

H29.1.6
R2.8.13

 


行き方・場所・アクセス▼

白糸の滝は富士山の西側やや南に位置します📍
ちなみにお隣の音止の滝と合わせて日本の滝百選になっています🌊

富士山の西側を通り、富士市と奥多摩を結ぶ国道139号線 (富士宮道路) のすぐ近くにあり、上井出I.Cから静岡県道72号線 (富士白糸滝公園線) に入りその先上井出交差点静岡県道414号線 (富士富士宮線) に入ります🛣

県道414号線に入ったらすぐに小っこいロータリーみたいな交差点があり、その先芝川を渡りすぐです(=゚ω゚)ノ
この辺りになると案内もあるので分かると思います👀

東名高速からは富士I.C新東名高速からは新富士I.C国道139号線 (西藤道路) へ入りそのまま北上🚘🏍
国道1号線富士由比バイパスになっており、富士東I.Cから国道139号線へ(‘ω’)

 

ーーーーーーー

公共交通機関富士急静岡バスJR新富士駅JR富士宮駅から出ています🚍
停留所数が多いので、快速バス白糸の滝入口で降りた方が良いかもしれません🚏

東海道・山陽新幹線 時刻表
・・・東京駅~博多駅
・・・(新富士駅下車)

JR東海道本線 時刻表
・・・東京駅~神戸駅
・・・(富士宮駅下車)

 

富士急静岡バスHP
👉路線バス
・・・白糸の滝・休暇村富士(田貫湖)・朝霧高原・富士五湖方面
・・・(白糸の滝下車)

 

 


お鬢水▼

駐車場は道路沿いにいっぱいありますが、基本どこも有料です💰
駐車場沿いの県道414号線からは富士山が良く見えます🗻☀
冬場は雪をかぶっていい感じですね~(‘Д’)☃


冬の富士山▲
まさに絵に描いたような理想的な山の形ですね(*‘∀‘)

どう回るかはそれぞれですが、とりあえず展望場の方へ行きそして川へ降りて音止の滝の方へ回ります🐾
入り口を入るとすぐにお貧水というのがお出迎えしてくれます(=゚ω゚)ノ

 



凄まじいまでの透明感を帯びた湧き水( ゚Д゚)
本当に美しい水というのは何かこう吸い寄せられるかのような不思議な力があるように思います👀

ちなみにココから微妙に白糸の滝の上の方がのぞけます✨☀🌳

 

 


日本の滝百選 白糸の滝▼

白糸の滝 展望場▼


お鬢水の入り口のすぐ先に白糸の滝の展望所があります👀
正面に富士山がいい感じに見えます🏔
そして視線をそのまま下にやると白糸の滝が見えます(*‘∀‘)

非常に澄んだ滝壺は日が当たりだすと美しいエメラルド色へと変化します✨
この展望所からの富士山と白糸の滝のツーショットは有名ですが、距離間や対比、調光の加減、そしてまずかなり広角なレンズでないと収まらず、なかなか一緒に写すのは難しいです📷

 

ーーーーーーー

ぶっちゃげ白糸の滝は入口に入ったらすぐです٩( ”ω” )و
展望場の先の階段を降りていくだけです🐾

しかし、散策路はどうやら色々あるみたいです(=゚ω゚)ノ

そんなわけで、とりあえずとっとと階段を下りて目的の白糸の滝へ直行٩( ”ω” )و!!

 

ーーーーーーー

白糸の滝 滝壺▼

H29.1.6


キレイな滝ですね~🌊🌈⊂⌒~⊃。Д。)⊃
スゴイ数と水量の伏流水です💧
さすがは富士山からの地下水です٩( ”ω” )و
天気が良いので、より一層キレイに見えます( *´艸`)


 

ーーーーーーー

R2.8.13



前回とは反対に真夏の白糸の滝🌊
木々の緑具合がやはり違いますね🍃

下流側もいい感じです(*‘∀‘)
スプラッシュがすごい💦

 

ーーーーーーー

遊歩道を下流の方へ進むと橋があります(=゚ω゚)ノ
まだ真っすぐどこかへ続いています🐾
橋を渡り階段を登って行くとお土産屋などの並びがあります👀

 

 


日本の滝百選 音止の滝▼


川を渡ったら食事何処やお土産屋さんがあります(=゚ω゚)ノ
この場所を挟んで隣の川に音止の滝があります🌊
白糸の滝と音止の滝はセットになっています(‘ω’)
一応2つ揃って日本の滝1百選です📖

 

ーーーーーーー

音止の滝▼


白糸の滝とは打って変わって、まとめて一撃で落ちる豪快な滝です🌊
落差はほぼ一緒かな👀❓
水量もあり迫力があります(*‘∀‘)

 

ーーーーーーー

白糸の滝公園内🏞
とてものびのびした雰囲気の広場です🌳
天気の良い日は一日のんびりできそうです⊂⌒~⊃。Д。)⊃

 

ーーーーーーー


▲音止の滝の上流
上流側の流れも美しいです🌊
これだけ観光地かしてながらこれほど水が美しいのもスゴイです( ゚Д゚)
▼白糸の滝の上流

 

ーーーーーーー

 

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★☆☆☆
幻想度・・・・★★★★☆
清流度・・・・★★★★☆
到達感・・・・★☆☆☆☆

一番奥の大きい奴は上流からの直瀑であとは地中を流れてきた伏流水です。
一カ所にこれだけの数流れる様はとても豪華です。
かなり観光地化されているにもかかわらず水はとてもキレイに見えます。

音止の滝は、計算高く手数で勝負する白糸さんとは対照的で豪快な一発屋さんです。
しかし地味に両横に伏流水が流れ落ちているところが可愛いところです。
どうにかしたら滝壺へ行けそうですが水量があるので危険です。

 

 


Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

ーーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

静岡県の滝に戻る
中部北陸の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

日本の滝100選に戻る
お手軽 観光滝一覧に戻る

 

TOPに戻る