羽黒の滝(日光)

羽黒の滝(はぐろのたき)
栃木県 日光市

基本データ▼
ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・段瀑
水系・・鬼怒川⇒利根川
落差・・20m(推)
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★★★☆☆
体力・・・★★☆☆☆
時間・・・堰堤から10分程
ーーーーーーーーーーーーーー
完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的にハイペースで進んだ場合に基づいています。

目次
|▶行き方・場所・アクセス
|▶ルート
|▶羽黒の滝
|▶日光の温泉・ホテル
|▶Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

R2.1.1

 


行き方・場所・アクセス▼

羽黒の滝は女峰山の南側に源を発する田母沢川に掛かります🌳

日光の主要道路の一つである国道120・122号線 (日光街道) から、栃木県道194号線 (寂光滝線) に入りまっすぐ進んで行けば入り口にたどり着きます🐾

なお、駐車場所や入り口は寂光の滝と一緒の場所になるため、駐車場及び入口までの行き方については▶寂光の滝を参照してください(=゚ω゚)ノ

寂光の滝とは違い、ある程度ちゃんとした遊歩道があるわけではないので、多少は濡れても良い服装が望ましいです🌊

 

 


ルート▼

駐車場所▼

この駐車場の奥に入り口があります(=゚ω゚)ノ
駐車スペースは、舗装はされてませんが広いです🚘🏍

左側には寂光の滝の入り口、そして右側に田母沢上流堰堤への入り口があります(‘ω’)

羽黒の滝は田母沢上流堰堤の上流にあるので、右側へ進みます🐾
堰堤まではぶっちゃげすぐに着きます٩( ”ω” )و

 

ちなみに寂光の滝側から若子神社の横を回って堰堤まで無理やり回ってくることもできます🌲
神社の右横に踏み跡が続いているのでそちらへ進み、川と堰堤が見えるので途中から無理やり降りていく感じになります(=゚ω゚)ノ


降りた先は駐車場の方から入ってきた所と合流します📍
堰堤の前は開けていて爽快な空間なのですぐ分かりま👀

 

ーーーーーーー

田母沢上流堰堤▼

この堰堤がまたいい感じです(∩´∀`)∩
羽黒滝までの前座というところでしょうか( *´艸`)
ココまではぶっちゃげ簡単に来れるうえに広々とした気持ちの良い場所なので、堰堤だけ見にこちら側に来るのも良いですよ🐾✨

この堰堤は左岸側 (向かって右側) に登り口があります(=゚ω゚)ノ
ココまでは反対の右岸側から来るため、川を渡歩しなければなりませんが、岩伝いに簡単に渡れます🐾

渡ったら登ってくださいと言わんばかりに踏み跡があるので進んで行きます٩( ”ω” )و
堰堤の釜がまたいい感じです⊂⌒~⊃。Д。)⊃
ある程度登ると堰堤の上流側に階段が続いています🐾

 

ーーーーーーー

堰堤を越えると川の方へ向かって行きます🌳
最初は伏流した所を歩いて行きます(=゚ω゚)ノ
対岸側には水の流れがありますが、ある程度川に入らなくて進める所まで上流側へ進みます🐾

しばらく進んだら川が蛇行し始め、渡らなければならなくなります(´・ω・)
とは言え、特にそれほど超えるのが難しい箇所はなく、ほぼ平坦な川原を進んで行く感じです🌊

そしてしばらくすると羽黒の滝が見えてきます👀
それほど大きな滝ではないですが、他に滝と呼べるほどのものが無いためすぐに分かると思います(‘ω’)

 

 


羽黒の滝▼

羽黒の滝の姿が見えてきたので、もう少し近づいてみましょう٩( ”ω” )و
ここらは足場が少し弱めなので注意してください⚠


何とも面白い形をした滝です(*‘∀‘)
正直な話、上の滝だけを羽黒の滝と言うのか、下まで合わせて羽黒の滝というのかは知りませんが、私としては後者の方で解釈したいです🌊

それほど大きな滝ではありませんが、とても個性的な滝ですね( *´艸`)






 

ーーーーーーー

さてもう少し近づいていきましょうか٩( ”ω” )و
と言うか上段の方へ登っていきます🐾

上段へは右岸側 (向かって左側) からなら割とすんなり登れます(=゚ω゚)ノ
上段と下段の間は正面から見た感じより距離があり、間近まで行くとちょっとした渓流です🌊
まぁ段瀑あるあるですね( *´艸`)


 

ーーーーーーー

上段▼



見た目に反して水量は多く、飛沫がそこら中に富んでいます💦
近づきすぎるとびしょ濡れになってしまいます(;´・ω・)
カメラも早くとらないとレンズに飛沫が掛かりぼやけます📷





付近を見渡すと、飛んできた水しぶきが枝や岩に引っ付いて凍っています( ゚Д゚)
この日は付近に雪は全然ありませんでしたが、何か寒いと思ったらやっぱり氷点下だったんですね(∩´∀`)∩

 

ーーーーーーー

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★☆☆☆
幻想度・・・・★★★☆☆
清流度・・・・★★★☆☆
到達感・・・・★★☆☆☆

独特な流れ方をする羽黒の滝は、決してそれほど大きな滝ではないですが、とても個性的でしばらく眺めていても飽きない滝です。
日光には数多くの名瀑がありますが、羽黒の滝は日光の変わりモノみたいな印象ですね( *´艸`)

また、田母沢上流堰堤も日当たりがよく広々と開けた景観で心地よい場所なので、それらも合わせて良い滝と言えます。

寂光の滝もすぐ隣にあり、また日光東照宮へも国道122号線まで出ればバスですぐに行けるため、合わせてぶらりとするのも良いです。

 

 


日光の温泉・ホテル▼

羽黒の滝および寂光の滝へ続く県道194号線はバス停からも近いので、日光各地の宿泊施設へ行きやすいのもうれしいところ🏨
日光駅や東照宮周辺、奥日光など温泉やホテルもわりと好きなところを選べると思います(=゚ω゚)ノ



画像はリンク先からの引用です。時期や提携状況によっては画像の宿がない場合もありますのでご了承ください。

ーーーーーーーー

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

ーーーーーーーー

その他ツアー等▼

「asoview!(アソビュー)」~遊び予約・レジャーチケット

 

 


Information

ページ先頭へ戻る

栃木県の滝に戻る
関東・甲信越の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

 

TOPに戻る

華厳の滝(日光)

華厳の滝(けごんのたき)
栃木県日光市

基本データ▼
ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・直瀑
水系・・鬼怒川⇒利根川
落差・・97m(公)
🏆日本三大名瀑
🏆日本三大神瀑

🏆日本の滝百選
🏆
🏆日光三名瀑
🏆奥日光三名瀑
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★☆☆☆☆
体力・・・★☆☆☆☆
時間・・・すぐ
ーーーーーーーーーーーーーー
完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的にハイペースで進んだ場合に基づいています。

目次
|▶行き方・場所・アクセス
|▶中禅寺温泉
|▶華厳の滝
|▶奥日光の温泉・ホテル
|▶Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

R1.12.31

 


行き方・場所・アクセス▼

華厳の滝は栃木県最大の湖である中禅寺湖の流出口のすぐ下流に掛かります📍

男体山のすぐ南側 (やや東寄り) にあり、国道120号線いろは坂を登ってきてすぐのところに華厳の滝とそれに伴う施設があります(=゚ω゚)ノ

日光でも東照宮に次ぐ有名観光スポットなので、バスの本数もそこそこあり駐車場も広く、公共交通機関と車共にアクセスはしやすくなっています(∩´∀`)∩

 

覚えておくべき主要道路は、宇都宮・日光駅から日光東照宮の南側の神橋の交差点までが国道119号線で、神橋交差点を左折したら国道120号線と122号線の縦走になります🛣

そのまま奥日光方面へ進むと、いろは坂の手前の細尾大谷橋の交差点で国道122号線は足尾方面へ分かれて、国道120号線はそのまま奥日光 (いろは坂・中禅寺湖・湯元) 方面へと延びていきます🌳

 

ーーーーーーー

遠方からでアクセスする場合は、東北自動車道宇都宮I.C日光宇都宮道路へ乗り換えてそのまま終点の清滝I.Cまで行けば国道120号線のいろは坂の少し手前に出ます🚘🏍

あとはそのままいろは坂を登り、長いトンネルを抜けて中禅寺温泉に出たら二荒橋のT字路交差点を右折 (下流側へ) して少し行けば華厳の滝の駐車場などが出てきます(=゚ω゚)ノ

 

ーーーーーーー

公共交通機関東武日光駅JR日光駅から東武バスに乗ります🚌
華厳の滝入り口停留所がありますが、日光駅方面行のみになります👀

その手前の中禅寺温泉バスターミナルから歩いてすぐなうえに停車時間が数分あるので、そちらを利用した方が良いかもしれません🚏

湯元温泉行のバスはほぼ全て中禅寺温泉は経由する他、当停留所で折り返すバスもあります🔄

日光駅から中禅寺温泉までざっくり40分ほど、運賃も比較的高く1000円を超えてきますが、観光バスサイズのバスが多く快適に行けることが多いです⊂⌒~⊃。Д。)⊃

JR東北本線 時刻表
・・・上野駅~盛岡駅
JR宇都宮線 時刻表
・・・上野駅~黒磯駅
JR日光線 時刻表
・・・宇都宮駅~日光駅
・・・(日光駅下車)

東武鉄道 伊勢崎線 時刻表
・・・浅草駅、北千住駅~伊勢崎駅
東武鉄道 日光線 時刻表
・・・東武動物公園駅~東武日光駅
・・・(東武日光駅下車)

 

東武バス 時刻表
👉日光エリア
・・・湯元温泉・中禅寺温泉方面行
・・・(中禅寺温泉 or 華厳の滝入口下車)

 

ーーーーーーーー

日光へのアクセス詳細は▶コチラ参照👈

 

 


中禅寺温泉▼

中禅寺湖の周りには温泉ホテルなどが点々としてはいますが、基本的には中禅寺温泉バスターミナルは言わば奥日光の玄関口のようなもので、ココを中心に中禅寺温泉街が形成されています

中禅寺湖近辺にあるホテルや施設や観光名所は、中心部から離れていてもだいたいは中禅寺温泉バスターミナルからバスと歩きで行けます🏨

バスターミナル周辺は飲食店にお土産屋などが集まり賑やかな雰囲気です(∩´∀`)∩

 

ーーーーーーー

華厳の滝入口▼

町の雰囲気を楽しみながら少し歩くと華厳の滝の入り口が出てきます(=゚ω゚)ノ
入り口は何ヵ所かありますが、どこから入ってもそのまま奥 (川の方) に行くと滝を上から見れます👀✨

駐車場はかなり広く、観瀑台へのエレベーターの乗り口の他にココにもご飯屋さんやお土産屋さんなどがあります🍴
なんだかとてもいい感じです(∩´∀`)∩

駐車場からは男体山がきれいに見えます🏔
男体山は標高2500m近くある山で、本来並の標高地点からだともっと大きく見えますが、こんな感じに見えるくらいにココの標高もかなり高いです⛄

そして日光と言えばおサル🐒🐵
運がよければいますw
前回来た時はかなり近くまで来ました(∩´∀`)∩
意外と小さくてかわいいです( *´艸`)
ほんとに足が手みたいに手摺を握っています✋

しかし、おサルたちは野生です❕
かわいいけどなかなか狂暴です⚠
人が集りだすと暴れ始めたのでみんな散っていきます…。

 

 


日本三大名瀑 華厳の滝▼

華厳の滝はエレベーターで観瀑台に言ってみるというのが大多数の人のイメージかもしれませんが、駐車場の奥まで行くと上からも見ることができます🌊

 

ーーーーーーー

上から見た華厳の滝▼




上から俯瞰してみると、華厳の滝の落ちていく岩壁に囲まれた空間って思ってたより丸っこいんですね~( *´艸`)

ちなみに上にも観瀑台がちゃんとあります(=゚ω゚)ノ
ここらは有料ではないですし手軽にすぐ見れるので、あまり時間が無い時でも華厳の滝は実は楽しめるのです٩( ”ω” )و✨

ココから見た華厳の滝も観瀑台から見た華厳の滝に劣らぬ迫力があり、また違う角度から見れるので表情も少し違って見えます( ゚Д゚)





 

ーーーーーーー

エレベーター▼
さてでは、おなじみのエレベーターに乗っていきましょう٩( ”ω” )و

エレベーターは駐車場の奥の方にある飲食店などがあるところにあり、まぁだいたいどこにあるかは行けば分かります🐾

数百円ですが当然有料です💸
しかしココまで来たらいかなきゃ損です🌊

エレベーターを降りて展望台へ出ると滝が一望できます✨

 

ーーーーーーー

観瀑台からの華厳の滝▼

さすがに爽快です!!( ゚Д゚)
周りの岩壁やそこから湧き出る水も素晴らしい景観を作り出しています💧




中禅寺湖から直接落ちる水量は凄まじいです( ゚Д゚)🌊
あの岩壁がもし崩壊したら非常に大変な事態になります(((;´Д`)))



観瀑台は全部で3階建て構造になっています🔭
こんな所にもお土産屋があるんですね~( *´艸`)
折角なのですべての階に行って一番移りの良いところを探しましょう٩( ”ω” )و

それにしても超巨大な要塞のようなこの景色も自然の力の賜物ですね🌱
滝は多くのものがそうですが、この華厳の滝も火山活動によってできたものです🌋
言ってみれば天然のダムみたいなもので、中禅寺湖を形成するうえで重要な場所になります🏞






 

ーーーーーーー

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★★☆
幻想度・・・・★★★☆☆
清流度・・・・★★★☆☆
到達感・・・・★☆☆☆☆

さすがに日本三名瀑と言われるだけに爽快感溢れる滝です。
落差と水量、それを取り囲む岩壁など、全てにおいて圧倒されます。
大昔には落ち口の岩はもっと張り出していて、ホントにストーンと落ちる滝だったようですが、現在でも十分すぎるほど素晴らしい滝です。

観光地化が進んでも滝の姿は自然のままで、利便性やアクセス性だけを高めた、観光滝の素晴らしい見本ともいえるでしょう。

ちなみにそう遠くないので、1日あれば日光東照宮も一緒に回ることもできます。

 

 


奥日光の温泉・ホテル▼

華厳の滝は中禅寺温泉のど真ん中にあるため、周辺に温泉ホテル等たくさんあるので宿泊に困ることはあまりないと思いますが、時期によっては早めに予約しておいた方が良い場合もあります📖

また湯元と日光駅の中間に位置するため、他に観光したい場所によっては湯元温泉日光温泉まで出るのも良いです📍



画像はリンク先からの引用です。時期や提携状況によっては画像の宿がない場合もありますのでご了承ください。

ーーーーーーーー

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

ーーーーーーーー

その他ツアー等▼

「asoview!(アソビュー)」~遊び予約・レジャーチケット

 

 


Information

ページ先頭へ戻る

栃木県の滝に戻る
関東・甲信越の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

日本の滝100選に戻る
お手軽 観光滝一覧に戻る

 

TOPに戻る

寂光の滝(日光)

寂光の滝(じゃっこうのたき)
栃木県日光市

基本データ▼
ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・段瀑
水系・・鬼怒川⇒利根川
落差・・40m(推)
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★☆☆☆☆
体力・・・★☆☆☆☆
時間・・・遊歩道入口から5分程
ーーーーーーーーーーーーーー
完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的にハイペースで進んだ場合に基づいています。

目次
|▶行き方・場所・アクセス
|▶バス停~入口
|▶遊歩道
|▶寂光の滝
|▶日光の温泉・ホテル
|▶Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

R2.1.1

 


行き方・場所・アクセス▼

寂光の滝は女峰山の南側に源を発する田母沢川の支流に掛かります🌊
遊歩道入口手前で田母沢川と分岐し、遊歩道まで来てしまえばすぐです🌳

日光に主要道路の一つである、東照宮から奥日光方面へ向かって伸びる国道120・122号線から、栃木県道194号線 (寂光滝線) に入ってまっすぐ行くと駐車スペースと入り口へたどり着くので、道のり自体は単純です(=゚ω゚)ノ

入り口付近には案内が出ていますがやや見逃しやすく、田母沢川の橋より少し東側の環境省の日光国立公園管理事務所の横から県道194号線が伸びています🛣

 

ーーーーーーー

で来る場合は日光宇都宮道路日光I.Cで降りてすぐの、日光駅のところから国道119号に入り神橋交差点で左折すると、そのまま国道120・122号線に入ります🚘🏍

もしくはそのまま日光宇都宮道路の終点の清滝I.Cで降りると国道122号線に出るので、そこから東照宮・日光駅方面に引き返す形の方が分かりやすいかもしれません📍

 

ーーーーーーー

公共交通機関では、東武日光駅およびJR日光駅から県道194号線の入り口まで東武バスが来ています🚌
本数はそこそこあり、アクセス性はわりと良いです⌚

湯元温泉・中禅寺温泉方面のバスになりますが、県道194号線の入り口はちょうど停留所と停留所の間になり、バスを降りてから少しだけ県道194号線の入り口まで歩きます🐾

JR東北本線 時刻表
・・・上野駅~盛岡駅
JR宇都宮線 時刻表
・・・上野駅~黒磯駅
JR日光線 時刻表
・・・宇都宮駅~日光駅
・・・(日光駅下車)

東武鉄道 伊勢崎線 時刻表
・・・浅草駅、北千住駅~伊勢崎駅
東武鉄道 日光線 時刻表
・・・東武動物公園駅~東武日光駅
・・・(東武日光駅下車)

 

東武バス 時刻表
👉日光エリア
・・・湯元温泉・中禅寺温泉方面行
・・・(日光田母沢御用邸記念公園 or 蓮華石下車)

 

ーーーーーーーー

日光へのアクセス詳細は▶コチラ参照👈

 

 


バス停~入口まで▼

中途半端にバス停とバス停の間で県道194号線が分岐しているため、日光田母沢御用邸記念公園停留所で降りた場合は奥日光方面へ、蓮華石停留所で降りた場合は東照宮方面に、少しだけ歩きます🚏

まぁ言っても5分もかからないくらいですし、付近には案内もあるので県道194号線は歩きならすぐ分かると思います(=゚ω゚)ノ

 

ーーーーーーー

県道194号線 (寂光滝線)▼

県道194号線に入ったら川沿いをずっと道なりに進んでいきます🌳
距離的には2㎞ほどで、30分くらいあれば遊歩道入口まで着くと思います(‘ω’)

私のように歩くのが好きな人は日光駅からでも歩いてこれます🐾

途中道は川から少し離れたり寄ったりしますが、県道194号線をまっすぐ進んで行くだけです(=゚ω゚)ノ

 

この県道194号線沿線にも宿がちらほらと存在しており、なかなか良さそうなところもあります🏡

建物が集まっている箇所は微妙に道路自体は1:1くらいの分岐もあったりしますが、基本的には川から離れないように進んで行きます🐾

まぁ案内も点々とあるので大丈夫だと思います(=゚ω゚)ノ

 

進んで行くと次第に道も細くなり、雰囲気も何となく出てきます🌳
あともう少し頑張りましょう٩( ”ω” )و

 

ーーーーーーー

遊歩道入口▼
駐車スペース▼

車で来る場合はココまで一気に来れます🚘🏍
入り口からはものの5分ほどで滝前に到達するので、車があればかなり簡単に行けます(∩´∀`)∩

ちなみにこの駐車場の手前の橋のとこで田母沢川と寂光の滝の掛かる川とが分岐しています🌊

 

 


遊歩道▼

この駐車スペースの奥に寂光の滝の入り口があります🐾
駐車場の左奥に看板と若子神社の鳥居があるのでそちらへ向かいます٩( ”ω” )و

ぶっちゃげココからは、ものの5分ほどで寂光の滝まで到達します🌊
鳥居をくぐって階段を上がってしばらく行くと若子神社が見えてきます⛩
その手前で川の方に道が分岐するのでそちらへ🐾


すると…
キレイな空間と共に寂光の滝が見えてきます👀

 

 


寂光の滝▼



家族で見に来ている人と遭遇(∩´∀`)∩
アクセスが比較的しやすいので、子供連れや年配の方でも訪れやすいのもうれしいところです👪






おおまかに見ると微妙に3回軽く跳ねて、くねくねと曲っている姿が何とも言えぬ良さがあります( *´艸`)
下に行くほど微妙に幅が広がる感じも良いですね(∩´∀`)∩




滝壺から見上げると、上の方が見えないのに加えて意外と滝幅もあるので、それほど落差があるように見えないのですが、少し離れて見ると上の段が見えます👀

段瀑あるあるですが、段と段の間の距離が思っているよりあることが多く、落差が図りにくいのです🌊
上の段も案外落差があるように見えます(‘Д’)
さらにその上にも微妙にまだ上の段がありますね( *´艸`)

滝の左岸 (向かって右側) の上に若子神社があります(=゚ω゚)ノ
そして遊歩道は女峰山へと続いていきます🐾🌳

 

ーーーーーーー

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★☆☆☆
幻想度・・・・★★☆☆☆
清流度・・・・★★★☆☆
到達感・・・・★☆☆☆☆

神社の傍らで落ち着いた流れ方をする良い空気感を持った滝です。
大きさ、水量ともに平均的ですがそれが逆に調和がとれた滝らしさを演出しています。
また案外日中は日当たりも良く、静かでも比較的明るい雰囲気があります。

アクセスも悪くないので日光東照宮へ参拝したついでに訪れるのも良いでしょう。

 

 


日光の温泉・ホテル▼

寂光の滝へ続く県道194号線はバス停からも近いので、宿泊施設の多い日光において宿は選ばないと思います🏨
日光駅や東照宮周辺、奥日光など温泉やホテルにもアクセスは比較的しやすいので、好きなところを選べるのではないでしょうか?。



画像はリンク先からの引用です。時期や提携状況によっては画像の宿がない場合もありますのでご了承ください。

ーーーーーーーー

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

ーーーーーーーー

その他ツアー等▼

「asoview!(アソビュー)」~遊び予約・レジャーチケット

 

 


Information

ページ先頭へ戻る

栃木県の滝に戻る
関東・甲信越の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

 

TOPに戻る

雲竜瀑(日光)(氷瀑)

雲竜瀑(うんりゅうばく)
栃木県日光市

基本データ▼
ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・段瀑
水系・・鬼怒川⇒利根川
落差・・100m(推)
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★★★☆☆
体力・・・★★★★☆
時間・・・稲荷橋から150分程
ーーーーーーーーーーーーーー
完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的にハイペースで進んだ場合に基づいています。

目次
|▶行き方・場所・アクセス
|▶林道歩き
|▶雲竜渓谷
|▶雲竜瀑
|▶日光の温泉・ホテル
|▶Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

R2.1.1

 


行き方・場所・アクセス▼

雲竜瀑は女峰山の南東側にある雲竜渓谷に掛かります📍

日光東照宮の東側で大谷川と稲荷側が分岐しており、その先に掛かる栃木県道247号線 (日光今市線) 沿いの稲荷橋の右岸側 (上流に向かって左側) が実質的な入り口となります🌊

神橋交差点のT字路を日光美術館側に進み、美術館を越えた所で出てくる橋が稲荷橋です(=゚ω゚)ノ

稲荷橋まで来れば、ぶっちゃげ後はほぼ林道を道なりにひたすら進むだけで、雲竜渓谷に降りる所までは迷うことはないと思います🐾

 

ーーーーーーー

公共交通機関では、東武日光駅JR日光駅から東武バス神橋停留所が最寄りになり、稲荷橋までは神橋からすぐです🚌

で来る場合は、日光宇都宮道路日光I.Cで降り神橋交差点を右折してすぐに稲荷橋ですが、駐車スペースはもうしばらく林道を進んで行った所になります🚘🏍

JR東北本線 時刻表
・・・上野駅~盛岡駅
JR宇都宮線 時刻表
・・・上野駅~黒磯駅
JR日光線 時刻表
・・・宇都宮駅~日光駅
・・・(日光駅下車)

東武鉄道 伊勢崎線 時刻表
・・・浅草駅、北千住駅~伊勢崎駅
東武鉄道 日光線 時刻表
・・・東武動物公園駅~東武日光駅
・・・(東武日光駅下車)

 

東武バス 時刻表
👉日光エリア
・・・湯元温泉・中禅寺温泉方面行
・・・(神橋下車)

 

ーーーーーーーー

日光へのアクセス詳細は▶コチラ参照👈

 

 


林道歩き▼

稲荷橋の横に雲竜渓谷の看板が立っています👀
ココ👉から上流の方へ向かって進んで行きます🐾

車の場合はココをまだそのまま進んで行きます🚘🏍
林道は途中から細くなってくるので注意しましょう⚠

上流は女峰山へと続き、目前の山々は冬の靄が掛かりいい感じです(∩´∀`)∩

 

ーーーーーーーー

ちなみに余談ですが、道中で初日の出を見るため夜明け前の出立で、上の写真は実際に訪れた日の前日のものです📷

夜の林道は照明がほとんどなく非常に不気味なので、東照宮の参道の東側の通りから林道の合流地点まで抜けていきます🐾

元旦の未明なので、さすがにすでにお参りに来ている人も結構いてます⛩
真っ暗でも林道から1本入ると東照宮の敷地なので雰囲気ががらりと変わります👀

 

ーーーーーーーー

次第に明るくなってきたので先へ進みます٩( ”ω” )و
ひたすら歩きます🐾
本当にただひたすらに歩きます🐾🐾


しばらく林道を登っていくと車止めゲートがあり、車はココの正面に停めれます🅿

林道は車止めの所でぐるりとヘアピンカーブを描き上っていきます🛣

場合によっては立ち入り禁止になっていることもあるので、状況を見て自己責任でお願いします⚠

ちなみにまっすぐ進むと堰堤散策歩道に入ります🐾

 

ーーーーーーーー

初日の出(∩´∀`)∩☀


▲2020年の初日の出です🌄
この日は元旦🎍
良い1年になりそうです( *´艸`)

この林道は基本的に東向きか南向き、南東向きの部分がほとんどなので、日の出がきれいに見えます✨✨


林道を進んで行くほど標高も高くなっていき気温も下がってきます🌡
東照宮や日光駅周辺は1ミリも雪など積もっていなかったのに、次第に雪が多くなっていきます⛄

随分日も昇ってきて非常に眺望の良い林道です( *´艸`)

 

ーーーーーーーー

稲荷川展望台 日向坊砂ダム▼

雪も深まりさらにしばらく歩くとダムがあります👀
凍っているわけではないですが水の気配はほぼしません💧
伏流しているのかな(‘ω’)?


この辺を越えて来ると雪もかなり増えてきますが、日も完全に顔を出し雪景色がとてもきれいに映ります(*‘∀‘)

何より肌を指すを通り越して気持ちの良い空気の冷たさが何とも心地よいです( *´艸`)
ココまでずいぶん坂道を登ってきたので標高もだいぶ上がっていると思います٩( ”ω” )و


 

ーーーーーーーー

林道分岐▼
さらにそこから歩いていくと…、
切り立った山々の爽快な絶景が広がります🗻
この光景が見えてきたら雲竜渓谷への降り口までもう少しです🐾

この爽快な景色を見ながら進んで行くと、林道の横から下へ降りていく脇道みたいなのがあり、その先にコンクリの橋があるのが見えます👀
ココから降りていきます(=゚ω゚)ノ


ちなみに少し先でその道に合流する分岐がありますが、こちらの方が早いです🐾
そのまま林道をまっすぐ行くと何処に行くかは行ったことないので分かりません(;´・ω・)
この日はココから先はホントに雪が深くなってきます⛄


しばらく降りたところに開けた場所、分電小屋みたいな小屋とその奥に大きな堰堤、小屋の横に渓谷への降り口があります🐾

 

 


雲竜渓谷▼



林道を下りきった先には最後の堰堤と渓谷入口、そして目の前に広がる雲竜渓谷が( ゚Д゚)✨

雪だらけですが小休止にはキリの良いところ🐾
前回来た時より気温は少し高めですが雪は確実に多いです(;´Д`)

入口となる階段は雪が深いと非常に危険です⚠
氷瀑で有名な雲竜瀑ですが、この時期はホントに足元は注意が必要です❕

 

ーーーーーーーー

降りた先は川です🌊
ココまで来たら距離的にはあと少し٩( ”ω” )و
しかし気を抜かないように❕
危険がたくさんあります⚠

ハッキリとした踏み跡があり、どうやら先客がいたみたいですね( *´艸`)


所々凝った川も日の出を浴びて流れ始めています💧
大阪住まいの私には新鮮な光景です✨
当然ですが凍った箇所をうかつに踏まないように❕


雪が深いと、そこがホントに踏んでいい箇所かどうかわかりにくいので慎重に進んで行きます(;´・ω・)
渓谷に降りて最初はやや人工感が残りますが、少し進むと幅は狭まり自然の姿になっていきます🌳

 

ーーーーーーー

氷柱・氷壁▼
ココからが個人的にすごく好きな光景です(∩´∀`)∩
バッキバキに凍った岩壁を横目に進んでいきます🐾
滑ります( ゚Д゚)☃



ココで一つ十分に注意しておいてほしいのが、当然ですが殺人級の氷柱がいてることです(;’∀’)

壁に薄く張り付いて手でもぎ取れるくらいのものなら良いですが、数十m頭上に直径数十cmのやつもいたりします⚠
そういった氷柱には絶対に近づかない事❕ましてや下になど行ってはいけません✖


巨大氷柱の落ちてきた残骸▲
美しいですが人が持ち上げられる重さではありません(;´・ω・)
やむを得ず通らなければならない時は、立ち止まらず速やかに🐾

それにしても少し地形が変わったような気が…
多分前回の時から左岸側は少し崩れてますね(;´Д`)

 

 


雲竜瀑▼

滑らないように足元を見て進んでいると…、
ふと目に映る光景✨▼
岩壁の奥に凍った巨瀑が!!!!( ゚Д゚)




いい感じに凍ってますね(*‘∀‘)✨
拡大してよく見ると氷の上や中で水が流れているのが分かります💦
そしてやはり大きい滝です(‘Д’)

しかし雪が深くて今回はちょっと真下までは行けそうにないです(;´・ω・)
水に浸かれば行けなくはなさそうですが…
既に濡れた所が凍り始めており、後で後悔しそうなのでやめておきます(;’∀’)




ちなみに雲竜瀑は支流から流れ込んでいます🌳
本流はまだこの先も続いていますが、今回はココまで(=゚ω゚)ノ
この先はもっと暖かくなってからそのうち行こうと思います🐾

 

ーーーーーーー

前回方瀑 (2016年) の雲竜瀑▼



微妙に水が流れてます( *´艸`)
どうやら氷瀑の中を液体の水が流れているようです🌊

そしてよく見ると足元の氷の下を水が流れているのが分かります👀

そして振り返ると…


危ない奴がこっちを狙っている(;´Д`)
上の木と比べてもらったら分かると思いますが、でかいです( ゚Д゚)
あんなところに引っ付いているのが奇跡に思える大きさです❅

奴らの残骸👉
あんなのに埋もれるのは御免被る!!。
出来るだけ近くに立ち入らないようにしましょう💦


 

ーーーーーーー

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★★☆
幻想度・・・・★★★★☆
清流度・・・・★★★★☆
到達感・・・・★★★★★

今回は日が日だけに氷瀑でしたが、おそらく水量もあると思います。
100m級の落差は流石に圧倒されます。
長い長い道のりを経てくる価値は十分にあると言えます。
氷柱だけは本当に怖いので気を付けてください。
夏場にも一度訪れてみたいです。

ちなみに日光東照宮からも近い?です。
参拝ついでに行くにはかなりハードですが…

 

 


日光の温泉・ホテル▼

雲竜瀑は長い林道歩きを強いられますが、日光東照宮のホントにすぐ横が入り口になるので、降りて来れば徒歩圏内でも宿はありますし、神橋からバスに乗れば1本で日光駅周辺にも奥日光のも行けます🐾
名瀑に温泉ホテルの組み合わせは滝好きにとっては至福ですね( *´艸`)



画像はリンク先からの引用です。時期や提携状況によっては画像の宿がない場合もありますのでご了承ください。

ーーーーーーーー

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

ーーーーーーーー

その他ツアー等▼

「asoview!(アソビュー)」~遊び予約・レジャーチケット

 

 


Information

ページ先頭へ戻る

栃木県の滝に戻る
関東・甲信越の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

 

TOPに戻る

霧降の滝(日光)

霧降の滝(きりふりのたき)
栃木県日光市

基本データ▼
ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・分岐瀑、段瀑
水系・・鬼怒川⇒利根川
落差・・80m(公)
🏆日本の滝百選
🏆日光三名瀑
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★★☆☆☆
体力・・・★★☆☆☆
時間・・・入り口から5分程
ーーーーーーーーーーーーーー
完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的にハイペースで進んだ場合に基づいています。

目次
|▶行き方・場所・アクセス
|▶ルート
|▶霧降の滝
|▶日光の温泉・ホテル
|▶Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

R1.12.31

 


行き方・場所・アクセス▼

公共交通機関東武日光駅およびJR日光駅から東武バスが出ています🚌

時期によって経由地や行き先が変わりますが、どのバスが霧降高原へ向かうかは見たらだいたい分かると思います(‘ω’)

ただ、本数はとても少ないので時間はあらかじめ確認しておいた方が良いでしょう⌚

東武日光駅から霧降の滝入り口までだいたい3㎞ちょいで上り坂になりますが、歩くのが好きな人には歩けない距離ではないです🐾

JR東北本線 時刻表
・・・上野駅~盛岡駅
JR宇都宮線 時刻表
・・・上野駅~黒磯駅
JR日光線 時刻表
・・・宇都宮駅~日光駅
・・・(日光駅下車)

東武鉄道 伊勢崎線 時刻表
・・・浅草駅、北千住駅~伊勢崎駅
東武鉄道 日光線 時刻表
・・・東武動物公園駅~東武日光駅
・・・(東武日光駅下車)

 

東武バス 時刻表
👉日光エリア
・・・大笹牧場・霧降の滝方面行
・・・(霧降の滝下車)

 

ーーーーーーーー

でのアクセスの場合は日光宇都宮道路日光I.Cで降り国道119号線から、日光駅のすぐ先の交差点を曲り栃木県道169号線 (栗山日光線) へ入ります🚘🏍

大谷川を越えてそのまま道なりに行くと、霧降の滝入り口の案内があるのでそれに従い進むと、駐車場とレストラン、そして入り口があります👀

日光駅付近まで来ると、霧降の滝や霧降高原方面の案内が出てくるのでだいたい分かると思います(‘ω’)

 

ーーーーーーーー

日光へのアクセス詳細は▶コチラ参照👈

 

 


ルート▼

東武日光駅▼

…から歩くと速い人で40分くらい🐾
私は歩くの好きなので平気ですが(。-`ω-)
歩くのにが嫌いな人にはつらいでしょう(;´・ω・)

 

まずは日光駅のすぐ奥に流れる利根川・鬼怒川水系の大谷川を渡り、霧降高原へ続く栃木県道169号線 (栗山日光線) へ向かいます٩( ”ω” )و
ちなみにこの大谷川は「だいやがわ」と読みます

日光駅からすぐの橋を渡ってまっすぐ進めば、そのまま169号線へと入ります(=゚ω゚)ノ

169号線まで行けば後はぶっちゃげ道なりに進んで行くだけなので、そこから迷うことはないと思います👀

車で行く場合も基本的にこの道を通ることになります🚘🏍
日光駅の最寄りの橋を渡ってまっすぐと覚えておくと良いでしょう💡

道中には温泉やホテル、飲食店に陶芸館など色々な施設があります(∩´∀`)∩
お参りや滝観賞も良いですが、この辺も面白そうですね(*‘∀‘)

道なりにしばらく進んで行くと県道169号線から霧降の滝入口方面へと分岐するのでそちらに向かいます(=゚ω゚)ノ
もうぶっちゃげココまで来たらすぐです٩( ”ω” )و

 

ーーーーーーーー

入口・山のレストラン▼
道が分岐したらすぐに入り口と駐車場が見えてきます(‘ω’)
案内所みたいなのとバス停もあります📍
バスはぶっちゃげ1時間に1本無いです(´・ω・)

ポツンと1軒レトロな建物があります🏡
山のレストランだそうですが、大晦日だからかこの日は開いてません(;’∀’)
手前の方の駐車場は山のレストランの駐車場みたいです🚘

そして山のレストランの右奥の方に霧降の滝の観瀑台へと続く遊歩道の入り口があります🌳

 

ーーーーーーーー

遊歩道▼
遊歩道を少し歩くと県道からは見えなかった山々の姿が見えるとともに滝の音が聞こえてきます👂
ごく小さくですが、途中で滝の上部が見えます👀

霧降の滝霧降の滝はこの入り口に入ってから遊歩道をまっすぐ進むだけです🐾

遊歩道の状態も良く、特に傾斜もそれほどなく距離も短いですが、段差などはあるので足元には注意しましょう❕

遊歩道の終点に滝展望台があります(∩´∀`)∩


 

 


日本の滝百選 霧降の滝▼

滝展望台からは霧降の滝がやや遠くにですが、全貌がきれいに見えます(∩´∀`)∩
この日はお天気雨ならぬ、お天気雪ですごく不思議な感じです( ゚Д゚)






上段と下段の間に案外距離があります👀
これはもし真下から見たら下の段しか見えないかもしれませんね(‘Д’)
上の段が傾斜がきついのに対して下の段は直登できそうなくらいな感じです🌊


 

ーーーーーーー

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★☆☆
幻想度・・・・★★☆☆☆
清流度・・・・??
到達感・・・・★☆☆☆☆

白い布を垂らしたようなキレイな段瀑です。
滝自体は落差もありかなり大きく、遠望でも迫力があります。
そのうち隙を見て滝壺まで行ってみようと思います。

ちなみに日光東照宮からも近く、参拝のついでとかにも行ける滝スポットです。

 

 


日光の温泉・ホテル▼

霧降の滝は日光駅から歩けばこそ少し遠いですが、距離的には日光市街からほど近く、東照宮へのお参りのついでなどにも行けるような距離感と手ごろさでもあります(=゚ω゚)ノ
日光駅や東照宮近辺の宿ならアクセスに便利ですね(∩´∀`)∩



画像はリンク先からの引用です。時期や提携状況によっては画像の宿がない場合もありますのでご了承ください。

ーーーーーーーー

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

ーーーーーーーー

その他ツアー等▼

「asoview!(アソビュー)」~遊び予約・レジャーチケット

 

 


Information

ページ先頭へ戻る

栃木県の滝に戻る
関東・甲信越の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

日本の滝100選に戻る
お手軽 観光滝一覧に戻る

 

TOPに戻る