乙字ヶ滝(磐城 阿武隈)

乙字ヶ滝
(おつじがたき)

目次
|▶アクセス・行き方
|▶乙字ヶ滝(春)
|▶乙字ヶ滝(秋)
|▶Information

種類
・・直瀑
水系
・・阿武隈川
落差
・・6m(公)
危険
・・★☆☆☆☆
体力
・・★☆☆☆☆
時間
・・駐車場からすぐ
🏆日本の滝百選
】【🌸】
【🌸】H31.4.29
【🍂】R2.10.29

落差や滝種などは完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的に休憩なしのハイペースで進んだ場合に基づいています。

🔗外部リンク
福島県 道路規制情報

 

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

 


行き方・場所・アクセス▼

福島県 石川郡 玉川村

乙字ヶ滝は福島県中南部、須賀川市と玉川村の境界にあります(=゚ω゚)ノ
位置的にはちょうどJR須賀川駅福島空港中間くらいになります🚋✈

水戸から須賀川を結ぶ国道118号線がちょうど須賀川市と玉川村の境界で阿武隈川を渡りますが、その周辺から乙字ヶ滝駐車場の方へ入れます🚘🏍

高速道路は東北自動車道 矢吹I.Cから阿武隈高原道路に入り玉川I.Cで国道118号線へ出られます(´・ω・)

118号線沿いには案内看板もあるので、近くまで来たら分かると思います(‘ω’)

 

ーーーーーーー

公共の交通機関では、JR水郡線 須賀川駅JR水郡線 常磐石川駅から福島交通バスが出ています🚌
ただし、本数はかなり少ないので時間は見合わせた方が良いでしょう⌚

JR東北本線 時刻表
・・・上野駅~盛岡駅
・・・(須賀川駅下車)

JR水郡線 時刻表
・・・水戸駅~安積永盛駅
・・・(磐城石川駅下車)

 

福島交通
👉路線バス
・・・竜崎経由 各駅前行き
・・・(乙字ヶ滝下車)

 

 


日本の滝百選 乙字ヶ滝(春)▼

駐車場からはホントにすぐなので、ルート説明は省きたいと思います(=゚ω゚)ノ
乙字ヶ滝は橋側の入り口と、駐車場奥の滝見不動側の入口があります👀

 

橋と入口▼

乙字ヶ滝の駐車場▼
キレイで広めの駐車場があります(∩´∀`)∩
ちなみにココはこのゴールデンウイークシーズンは、桜と鯉のぼりの両方を楽しめます🌸🎏


駐車場から道路へ出て少し行った所に赤い橋が架かっています(‘ω’)
この辺りは何と言うか、雰囲気の良い田舎町って感じですね~( *´艸`)
駐車場側の橋の横に入り口があります🐾





阿武隈川沿いの遊歩道は非常に良い雰囲気です(∩´∀`)∩
少し日が暮れかけで写真はやや暗めですが、このくらいの時間帯もとても良いものがあります🌇

 

ーーーーーーー

芭蕉の句碑・滝見不動▼

駐車場から奥へと進んで行くと、神社や公園があります🏞
松尾芭蕉の奥の細道にも登場するようで、芭蕉の句碑や聖徳太子石像などいろんな石碑があります👀




石碑や神社の所から川の方へ🐾
川沿いに進んで行くと滝見不動と乙字ヶ滝が見えてきます👀🌊

 

ーーーーーーー

乙字ヶ滝▼

まさに情緒あふれるという言葉が似合う渓流瀑です( ゚Д゚)
落差や迫力があるわけでもなく、長さがあるわけでもない…🌲
しかしそこには風流があり、見る人の心を穏やかにする景色が確かにあります( *´艸`)


東北地方は気候的に4月末ごろまで桜が咲いている所も多いですが、さすがにシーズンオフになりかけ(´・ω・)
しかし葉桜もこうしてみると非常に情緒あふれるものがあります🍃🌸
もっと本格的に咲いている時期は非常にキレイでしょうね~( *´艸`)


赤い橋とのツーショットも非常に良い感じ( *´艸`)
松尾芭蕉が足を止めた理由もうなずけます(∩´∀`)∩
下流側の風景も良いです🌳


 

 


日本の滝百選 乙字ヶ滝(秋)▼



変わって秋の乙字ヶ滝(=゚ω゚)ノ
残念ながら常緑針葉樹が目立つため紅葉といった感じではないです🍂
しかし全体的に秋感と哀愁漂う雰囲気で、いい感じです👀

前回より明らかに水量があります🌊
一体どっちが本来の姿なのか分かりませんが、少なすぎるよりはこの方が見応えがありますね(∩´∀`)∩



 

ーーーーーーー

 

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★☆☆☆☆
幻想度・・・・★★★☆☆
清流度・・・・★★☆☆☆
到達感・・・・★☆☆☆☆

落差は無いですが、川幅いっぱいにハッキリと段になった滝です。
比較的町中にあり、周辺は人工的に整備された公園になっていますが、雰囲気は非常によくずっと眺めていられる眺望です。
桜や松の木が多く、滝単体だけでなく当たりの景色と含めて楽しめます。

 

 


Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

ーーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

福島県の滝に戻る
東北の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

日本の滝百選に戻る
お手軽 観光滝一覧に戻る

 

TOPに戻る

 

笠木不動滝(熊野)

笠木不動滝
(かさきふどうたき)

目次
|▶アクセス・行き方
|▶公園
|▶雄滝
|▶雌滝
|▶Information

種類
・・段瀑(雄滝)
水系
・・宮川
落差
・・40m(公)(雄滝)
危険
・・★★☆☆☆
体力
・・★★☆☆☆
時間
・・入口から15分程(雌滝)
【🚘】【🏞】【🌸】 【🌺】H31.3.31

落差や滝種などは完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的に休憩なしのハイペースで進んだ場合に基づいています。

🔗外部リンク
三重県 道路規制情報
和歌山・奈良・三重 合同道路規制情報

 

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

 


行き方・場所・アクセス▼

三重県 度会群 大紀町

紀伊半島を和歌山市から松阪市までを結ぶ国道42号線、三重の尾鷲市と松坂市の間にある大紀町 大内山から林道を進んだところに笠木渓谷があります🌳

紀勢自動車道大内山I.CJR紀伊柏崎駅の間、大内山川の北側の三重県道538号線から踏切を渡って林道へ入ります🚘🏍

林道に入ればほとんど一本道のうえ、案内もあるのでだいたい分かると思います(‘ω’)
左:県道538号線から林道に入るところ
右:笠木渓谷入口

 

ーーーーーーー

公共交通機関JR紀勢本線 紀伊柏崎駅が最寄りですが、そこから笠木渓谷までは歩いて1時間ほどは掛かります🐾

JR紀勢本線 時刻表
・・・和歌山市駅~亀山駅
・・・(紀伊柏崎駅下車)

 

 


公園▼

門のような建物をくぐると、広々とした駐車場が現れます🚘🏍
道路は続いてますが、行き止まります✖
対岸には紅葉茶屋があり、紅葉の時期の美しさを示唆しています🍂

辺り一帯は公園みたいな感じになっています🏞
目の前に広がる渓谷は迫力があります🗻
正面に見える桜は忠五郎桜です🌸

 

ーーーーーーー

ひや水の滝▼

門をくぐってすぐ左側にある小ちゃい滝( *´艸`)

滝の正面にトンネルがあります٩( ”ω” )و
これをくぐると川に出ます🌊
秘密基地みたいですね( *´艸`)


駐車場の所にある梅?か桃?か分からないけどキレイな花(*´Д`)
基本的に景観の良いところです🌳✨

 

ーーーーーーー

忠五郎桜▼

滝の遊歩道の前に大~きな桜の木があります(*‘∀‘)🌸
滝を見に来て思わぬ収穫です(∩´∀`)∩
1本の桜に木としては、歴史も深く、広く長く伸びた枝に風格と迫力を感じます✨
⊂⌒~⊃。Д。)⊃






 

 


笠木不動滝 雄滝▼

忠五郎桜の少し奥から遊歩道が始まります🐾🌳
雄滝までは、ぶっちゃげ一瞬です(=゚ω゚)ノ
説明するまでもないでしょう🌊


入口から少し行った所で滝見台と雄滝が見えてきます👀🌊

 

ーーーーーーー



緑の多い心地よい空間です🌳🍃
椿が映えますが、だいぶ落ちてます(;’∀’)

 


少し足場が悪いですが、滝の目の前まで行けます🌊
下の段の上まで行けます(∩´∀`)∩
滑落注意⚠



滝に近寄っていくと小さな滝壺が現れます( *´艸`)
上段と下段のスペースが狭いので、全景を写すのは難しいです(;´・ω・)




振り返ると滝見台が見えます( *´艸`)
岩伝いに降りていくと、苔むした岩が良い感じ✨
落ちた椿も、どことなく寂しげではありますが雰囲気があります🌺



 

ーーーーーーー

 

 


笠木不動滝 雌滝▼

雄滝の滝見台からさらに奥へと進んで行くと、ほっそりと流れる雌滝があります💧
途中、笠木大和の分岐がありますが案内もあるので分かるでしょう👀

 

ーーーーーーー

雄滝の雰囲気とはまるで違い、今にも途切れそうです( ゚Д゚)
沢登りをしていると、こういった滝はたくさんあるのですが、岩々の荘厳さは迫力があります👀



雰囲気のある岩壁、静かで細い流れ、静寂な雰囲気と祠が妙にマッチしています(´・ω・)
この空気はこの空気でまた良いものがありますね🍃



 

ーーーーーーー

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★☆☆
幻想度・・・・★★☆☆☆
清流度・・・・★★☆☆☆
到達感・・・・★☆☆☆☆

雄滝雌滝とも違った雰囲気や性質を持っており、落差もそこそこあります。
雄滝に至っては、お手軽滝としてはクオリティも高いです。

また忠五郎桜や紅葉茶屋など、時期によっては滝とは別の景観も楽しむことができ、公園としても非常に雰囲気も空気感も良いです。

 

 


Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

ーーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

三重県の滝に戻る
近畿の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

お手軽 観光滝一覧に戻る

 

TOPに戻る