岩屋谷 雄滝(大峰)

岩屋谷雄滝(いわやたにおすたき)
奈良県 吉野郡 上北山村

基本データ▼
ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・分岐瀑
水系・・北山川⇒熊野川
落差・・130m(推)
ーーーーーーーーーーーーーー
(沢登)
危険・・・★★★★★
体力・・・★★★★★
時間・・・入渓から300分程

(陸路)
危険・・・★★★★☆
体力・・・★★★★☆
時間・・・バス停から240~300分程
ーーーーーーーーーーーーーー
完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的にハイペースで進んだ場合に基づいています。

目次
|▶行き方・場所・アクセス
|▶沢登りルート
|▶岩屋谷 雄滝
|▶陸路 (遊歩道・稜線)
|▶Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

R1.8.4

 


行き方・場所・アクセス▼

岩屋谷は大峰山から北山川池原貯水池へ流れ込む2つの大きな支流の一つ、白川又川の南端の支流で、岩屋谷雄滝もそこに掛かります🌊

行き方は「沢登りルート」と「陸路ルート」の2通りありますが、どちらから行くかで若干入り口が異なります📍

奈良県吉野の主要道路の一つ、国道169号線を上北山村役場のある集落の南側、池原貯水池沿いの道路沿いにどちらとルートも入り口があります(=゚ω゚)ノ

沢登りの場合は白子又林道へ入り橋の先を岩屋谷沿いの林道終点まで行った所から入渓、
陸路の場合は水尻のバス停の奥の道から遊歩道と稜線沿いに登っていきます🐾

それぞれ詳しいアクセス・行き方は▶岩屋谷子滝を参照してください(=゚ω゚)ノ

 

 


沢登りルート▼

まずは沢登りルートの続きです(=゚ω゚)ノ
岩屋谷は下流から岩屋谷子滝➡岩屋谷雌滝➡岩屋谷雄滝の順に掛かります🌊

ココでは雌滝~雄滝への行き方について見てみたいと思います🐾
雌滝までの沢登りルートは▶岩屋谷子滝、▶岩屋谷雌滝のページを参照してください


岩屋谷子滝
45m段瀑

岩屋谷雌滝
70m分岐瀑

岩屋谷雄滝は岩屋谷雌滝のすぐ上流にあり、ぶっちゃげ水平距離にしたらすぐ近くにあります📍
ただ、当然ですが70mの雌滝の上まで行かなければなりません(´・ω・)

 

ーーーーーーーー

岩屋谷雌滝越え▼
少し分かりにくいですが、岩屋谷雌滝の真下の右岸側 (向かって左側) の奥の方に、雌滝を登るためにあるかのような道が続いています🐾

そこへ入った先はがガレになっています👀
まずはそこを登っていきます٩( ”ω” )و

体力も限界に近いですが、もう少し辿り着くと分かれば不思議と体も動くものですw(∩´∀`)∩

しかし、距離が短く落差がきついという事は、当然傾斜もきつく短いけど急な登りになるので覚悟しておきましょう(。-`ω-)




抜け道の様な登り口に入ると、急な登りの開始です🐾
後ろを振り返れば徐々に雌滝が遠ざかっていきます👀

このガレは最初はまだ良いのですが、高度を増すにつれてどんどん崩れやすく、滑りやすく、傾斜もきつくなり危険度もなしていきます⚠



ココで肝となるのはガレから上流側の茂みへ抜けるところでしょう🌳
まずこのガレ登りがしばらく続きますが、明らかに雌滝の滝頭より上に来たよな?という所まで来て少しすると、左側に赤テープが見えます👀

赤テープに従ってガレの左側から少し巻き上がると、またガレの方へ寄って行き今度はガレを渡ります🐾
ココは一歩間違えるとズルリと滑りそうなので慎重に⚠

渡った先で上流側へ抜けていきます🌳
多分前回来た時は赤テープを見落としてたので、ココまでガレを直接登ってきたと思います…


ココまでガレから上流側を見ても越えていけそうな箇所はなく、多分唯一ココが抜けれるポイントになります📍
ただ、決して油断してはなりません❕
滑りやすい足場が続き、最後は垂直に近い登りで、崩れたようなところを弱点を縫ってよじ登ります🌳

登り切ったら雄滝の姿が確認できます(∩´∀`)∩
赤テープの姿も点々と確認できます👀
この辺りはもうココまで程危険ではないですが、決して歩きやすい足場ではないので油断しないようにしましょう⚠


あとは川へ下っていくだけです🌊
ホントのラストスパートです٩( ”ω” )و
いざ分岐瀑の頂点へ!最後まで気を引き締めていきましょう!!(。-`ω-)

ちなみに、陸路で雌滝へ行く場合はこのガレ登りを逆に下って行かなければならず、登りよりも危険が伴います(=゚ω゚)ノ
特に上からだとどこが降り口なのか非常に分かりにくく、結局たどり着けない可能性もあります(´・ω・)

 

 


岩屋谷 雄滝▼


落差130m(‘Д’)。日本の分岐瀑の頂点に立つ滝です👑🏆✨
さすがにでかい❕
雌滝もでかいと思ったけどさすがにこれはでかいです🌊
⊂⌒~⊃。Д。)⊃


しかし大きさに対して随分とやさしく静かに流れる滝です(´・ω・)
大きな器で優しい、この岩屋谷雄滝は理想の男性像のようです✨✨

滝前は広々と開けており、日当たりも良く気持ちが良いです
落差130mの巨瀑も全景を写せるだけのスペースが十分にあります📷
下流側を見ると雌滝の落ち口がすぐ近くにあります( ゚Д゚)
ただ、あんまり近寄ったら水と一緒に流されそうなので近づきすぎないように⚠❕

傾斜は緩めでやさしい流れですが、滝壺もちゃんとあります🌊
この滝壺は正にこの流れ方の典型的な形と言えそうです💡
滝が大きすぎて滝壺が小さく感じますが、わりと深みもあり幅もかなりあります( ゚Д゚)






1段の滝でこの滝の上は知る中ではもう那智の滝と高瀑くらいです👀
それも1m~3mの僅差なのでTOPクラスと一括りでいいでしょう(‘ω’)
子滝、雌滝と雄滝以外にも名瀑があるのと渓谷の深さから、谷や川単位で考えたらコチラの方が上です🌳

キレイな末広がりです
高さがあり落ち口付近は細いので分かりにくいですが、滝壺付近の下の方になってくると、最終的に滝幅は雌滝より多分あります💧

滝前の広々とした空間は岩屋谷雄滝をいろんな角度から見ることができます(∩´∀`)∩
そしてこれだけの規模なので、どこから見てもさすがに見応えがあります( *´艸`)


 

 

時期によっては滝の麓にはココまで来たことを祝福するかのようにきれいな花が咲いています( *´艸`)🌷✨

川と花の相性が何とも合っています⊂⌒~⊃。Д。)⊃
まるで別世界にいるようです🏞🌻
最高の心地よさがあります🌈

 

ーーーーーーー

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★★★
幻想度・・・・★★★★★
清流度・・・・★★★★☆
到達感・・・・★★★★★

一段で落ちる滝としてはおそらく和歌山の那智の滝・愛媛の高瀑に次ぐ国内3番目だと思います。
到達は困難ですが見る価値はありすぎます。
130mの落差と黄金比率のような幅は素晴らしいの一言に尽きます。
滝に実際に触れられるのもうれしいです。
雌滝との距離は近く、もしかしたら見る場所によっては一つの段瀑のように見えるかもしれません。

 


岩屋谷子滝へ戻る

岩屋谷雌滝へ戻る

 

 


陸路 (仙道・稜線) ▼

で、残念ながらこれで終わりではありませんΣ((; ゚Д゚)
当然、帰らなければなりません🐾🌳
この沢はそのまま直接下るには危険なので、下りは陸路ルートを取ります(=゚ω゚)ノ

なので、陸路ルートの紹介は岩屋谷雄滝~水尻までの下りルートで紹介しますので、ご了承ください(´・ω・)

ルートとしては、右岸の稜線まで登り、国道169号線の方へ向かって稜線沿いに小峠山まで進みます🐾
小峠山からもしばらく稜線沿いが続きますが、途中からは赤テープなどの目印もだいぶ増えてくるので、見落とさないように進んで行きます(=゚ω゚)ノ

 

ーーーーーーーー

稜線へ▼

まずは滝の右岸 (滝に向かって左側) の方から稜線 (登り切ったところ。馬の背とも言ったりします) へ登っていきます🐾
所々まばらに赤テープがありますが途中で見失います(;´・ω・)

前回はキレイに稜線まで出れたのですが、今回はかなり回り込んで行く羽目に…
ただ、道なんてあるようでないようなものなので、あまり無理をせず登れる所から登っていく方がもしかしたら良いかもしれません🌳

まぁとにかく、ヘトヘトのところ体に鞭打って登ります(;’∀’)

 

ーーーーーーーー

小峠山へ▼

登ったら程よい水の流れの音と山々の姿が広がります👀👂
ココからがまた長い(;´Д`)…。
稜線沿いに小峠山までひたすら歩きます🐾💦

ちなみに稜線は小峠山までは上北山村と下北山村の境界線と重なっており、GPSなどを利用すれば地点確認はしやすいです📍

それでも不鮮明で迷いやすいです⚠
水の流れの音も次第に小さくなり、消えていきます👂
今回ワタシは、途中でルートが左に曲がる箇所で迷ってしまい焦りました(ノД`)・゜・。


この辺はホントに迷い込みやすいので、もし進んでいておかしいと思ったら必ず引き返してルート確認をするようにしましょう。

 


途中から稜線沿いに網が張ってるので、ココまで来ればしばらく迷い込む心配はあまりないかと思います(;´Д`)

 

ーーーーーーーー

水尻バス停へ▼

稜線をひたすら歩き、小峠山まで来たらようやく折り返しといったところ🌳
休憩地点としてはちょうど良いところでしょう(=゚ω゚)ノ

 

で、問題は小峠山を越えた先ですが、相変わらず不鮮明な踏み跡道が続きます👀
それでもまだ網沿いを歩いている間は良いですが…💦



唯一、時々見える景色の良さが癒しですw👀

 

最後の方は網もなくなるので、目印と極めて不明瞭な踏み跡を頼りに進んで行きます(;´・ω・)

長いうえにイマイチ道があってるかどうかも分かりにくいので、疲れている所に精神的不安で気力も捥がれます(ノД`)・゜・。
が、次第に水の流れる音がまた大きくなっていきます👂

 

前回は目印を見失いましたが、幸い林道のすぐ近くまで来ており、岩屋谷の最初の堰堤よりも先だったので、GPSを頼りに無理やり川へ降りて橋まで戻れました(。-`ω-)

堰堤より下流なら川へ力づくで降りるのも手ですが、よく見ると道が続いているので出来ればちゃんと踏み跡をたどっていきましょう🐾👀

岩屋谷と白川又川の合流地点に近づいても、行き着く先は169号線なのでその先で少し離れます📍

 

やがて右側にお墓が出てきます👀
そこを越えるともうすぐです٩( ”ω” )و
ちなみに水尻のバス停ですが、新宮向き側の方になります(=゚ω゚)ノ
途中で169号線のトンネルの上から回り込んできます🐾

 

登りの場合はコレとは逆になり、基本的には水尻のバス停の奥から遊歩道及び作業道を登っていき、赤や黄のテープを目印に極めて乏しい踏み跡をまず小峠山まで行き、上北山村と下北山村の境界の稜線沿いに進んで行きます🐾

小峠山の先で網がなくなってからが特に迷いやすく、また川への降下ポイントが難しいところだと思います📍

GPSを必ずオンにし稜線から外れてないか、川へ降りるポイントは岩屋谷雄滝の位置まで来てからと、しっかり見極めなければなりません🔎

 

 


Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

ーーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

奈良県の滝に戻る
近畿の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

 

TOPに戻る

岩屋谷 雌滝(大峰)

岩屋谷雌滝(いわやたにめすたき)
奈良県 吉野郡 上北山村

基本データ▼
ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・直下型、分岐瀑
水系・・北山川⇒熊野川
落差・・70m(推)
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★★★★★
体力・・・★★★★★
時間・・・入渓から240分程(沢登)
ーーーーーーーーーーーーーー
完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的にハイペースで進んだ場合に基づいています。

目次
|▶行き方・場所・アクセス
|▶ルート
|▶岩屋谷 雌滝
|▶Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

R1.8.4

 


行き方・場所・アクセス▼

奈良県南部、吉野の主要道路国道169号線を上北山村役場のある集落の南側、池原ダムが始まりだして少し南側の橋の横から白川又林道へ入ります(=゚ω゚)ノ

細い林道をしばらく進み、岩屋谷に掛かる橋を越えたところの分岐を左へ、岩屋谷沿いの林道を終点まで行った所から入渓することができます🐾

 

ーーーーーーーー

ルート的には、川を直接登る沢登りルートの他、水尻から遊歩道及び稜線を通り雄滝手前から下る陸路ルートがありますが、どちらも非常に危険が伴います⚠

岩屋谷雌滝は岩屋谷子滝(仮)の上流にあり、ココでは子滝から雌滝までの沢登りルートを紹介したいと思います🌳

岩屋谷までの詳しいアクセス、入渓から岩屋谷子滝までの沢登りルートは▶岩屋谷子滝を参照してください

また、陸路については▶岩屋谷雄滝を参照してください

 

 


ルート▼

岩屋谷子滝越え▼
日の当たるよ頃に爽快に落ちる岩屋谷子滝は推定45mくらいあります🌊
まずこいつを越える必要がありますが、大変です(=゚ω゚)ノ

前回来た時は右岸 (向かって左側) から無理やり巻き上がりましたが、今考えればこれはかなり危険で無謀です⚠

現に今回は途中で足場が崩れて滑落し、死にかけました💀

ホントに生まれて初めて死んだと思いましたが、奇跡的に落ち方と落ちた場所が良く助りました⊂⌒~⊃。Д。)⊃

 

実際右岸側を見れば何となく行けそうな感じはするのですが、途中まで登った所でどうしても詰まります✖
ココはホントに危険で、登り過ぎると引き返すことも困難になるので手は出さないようにしましょう❕

今回は滑落して血だらけで足を引きずりながらも骨は大丈夫そうだったため、諦めの悪いワタシは別ルートを発見👀✨
まずは少し引き返します🐾

岩屋谷子滝の手前の小っこい滝、そしてさらにその前の小滝の上あたりから右岸 (向かって左側) を登っていけるので、そこから大きく巻き上がります🌳
途中足場が悪いところや垂直に近いところもあり、どちらにしても非常に危険ですが、ケガをした状態でも行けたので、前回よりはまだ安全です⚠



岩屋谷子滝を越えて少し上流へ進んだあたりから川の方へ降りていきます🐾
とにかく最後まで気を抜かないようにしましょう❕

 

ーーーーーーーー

ココからさらに山は深くなっていきます🌳


岩屋谷子滝を越えた先はまたしばらくきれいな川原をグイグイ進んで行きます🐾
序盤はわりと快適に進めます(∩´∀`)∩


途中から傾斜がやや強まってきて険悪な表情へと徐々に変わってきます(´・ω・)
まあなんせちょっとした巻きが必要な小滝もあり、直登するにもやや危険な所も出てきます👀



小滝や渓流もこの辺りからは見ものと言える景観を創っている箇所も見られます🌳
場所によってはすごく絵になるので、時間に余裕がありそうなら足を止めて写真を撮るのも良さそうです⊂⌒~⊃。Д。)⊃




この辺りまでは岩屋谷子滝までのルートよりは全体的に難易度が少しだけ上がる程度で、基本的にグイグイ進んで来られると思います🐾

 

ーーーーーーーー

ココからは岩屋谷雌滝までの道のりの、そしてこの岩屋谷全体の中でも正念場となります(。-`ω-)
川幅は狭まり両岸は狭まり傾斜も一気に増します💦
おそらく岩屋谷逆行の中でも最も危険で、ルートも不明瞭な個所です( ゚Д゚)

写真の滝▼からは川を直登していくのは基本的にしばらく不可能となり、ずっと右岸 (向かって左側) を巻いていきます🐾🌳


この滝を越えてからも所々に川に降りれそうな箇所もあるのですが、ココから先は十数mクラスの滝が行く手を阻み、どの道巻き上がりを余儀なくされます(´・ω・)
川から目線を上げれば荘厳な岩壁が目に映ります👀✨


右側に険相な滝を見ながら、途中川よりだいぶ上の方を進む箇所も出てきます🌳
これまでと違い、危険度は一気に増すので慎重に⚠
やはりどう見ても川を直登するのは無理でしょうね~(;´Д`)

写真の滝▲が見えてきたら、岩屋谷雌滝までのラストスパートです٩( ”ω” )و
ココまで来るのも基本的に右岸を進んできますが、そのまま右岸から巻いていきます (と言うか、この辺は多分川に降りること自体かなり難い…) 🌳

ココを越えると上方奥の方に素晴らしい光景が映ります( ゚Д゚)✨

ちなみに前回来た時は多分もっと上の方まで巻き上がっていたのか、この光景は見ていません(;´・ω・)
その代わり、一歩間違ったら川へ滑落しそうな恐怖の岩のトンネルをくぐっていったのを鮮明に覚えています(;´Д`)。
どんな感じかは行った人には分かると思います( *´艸`)

今回はココから一旦また河原側へ降ります🐾
岩壁に隔てられ、川の流れは奥の方にほとんどあるため、降りた先の手前側はほぼ水が流れてないですし、崖の中間地点です(;´Д`)

ココから上流側に向かって、狭い岩の合間を手足を突っ張ったりしながらよじ登っていきます🐾
この辺りの岩々は見もので、コース内容的にも面白いポイントですが、危険も伴うので気を抜かないように⚠


ある程度登った所で、岩壁に隔てられて見えなかった川の流れが見える箇所もありますが、そのまま岩の合間の弱点を縫って登っていきます💦


やがて、最後まで登り切れるのかと不安な岩間登りも終わりを迎えます(=゚ω゚)ノ
垂直に近い登りも落ち着き、長かった道のりも一旦一区切り迎えます🌳

切り立った岩々から開けた空間へと抜けだし、岩屋谷雌滝が目の前に現れます🌊

沢登りルートでは、この岩屋谷子滝から岩屋谷雌滝までが時間的にも掛かり、危険個所も多く、そして核心部分とも言えます🌳
特に後半戦は危険度も非常に高まる分だけ素晴らしい渓谷を見ることができます🌊🍃

 

 


岩屋谷 雌滝▼


いやしかしでかいです( ゚Д゚)❕
落差70mも確かにびっくり大きいですが、横幅があります🌊
そして何よりストーンと落ちる直下型の直瀑です(‘ω’)






大きさや形、いろんな素晴らしい要素が揃っています✨
そりゃ岩屋谷子滝、霞むわ…(´・ω・)
へとへとに疲れたところになのでよけいでかく見えます👀
落石も結構痕跡があるので、あんまり滝の直下にいすぎると危険そうです⚠


雌滝の滝前は、ここへ到達するまでの傾斜のきついゴツゴツした岩々の目立つ道中からは想像できないくらい広々とした心地よい空間で、まるでココだけ計算されて造られたかのように台のようになっています👀

ストーンと幅広く落ちる雌滝は、ある意味この上流にある落差も倍近くある雄滝よりも豪快に見えます🌊
どの角度から見ても非常に絵になります✨✨







右岸側 (向かって左側) から見ると遠くの景色も一緒に見えます(∩´∀`)∩
ちなみに雄滝へは右岸の奥の方から登っていきます🐾

 

ーーーーーーー

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★★★
幻想度・・・・★★★★☆
清流度・・・・★★★★☆
到達感・・・・★★★★★

正直、到達はかなり危険で困難を極めます。
しかし極めて素晴らしい見ごたえのある滝です。
豪快さでは上流の雄滝に引けを取らないどころかこちらの方が上かもしれません。

この岩屋谷の雄滝と雌滝を夫婦に例えるなら、加賀百万石の前田利家様とおまつ様といったところでしょうか?w
豪傑を支える女傑と言った感じかもしれませんね。

ココまででも有数の秘境・景勝と言えますが、さらにこの上で雄滝が待ち構えています。
この岩屋谷自体が極めて素晴らしい渓谷と言えます。

 


岩屋谷雄滝へ進む

岩屋谷子滝へ戻る

 

 


Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

ーーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

奈良県の滝に戻る
近畿の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

 

TOPに戻る

 

岩屋谷 子滝(大峰)

岩屋谷子滝(いわやたにこたき)
奈良県 吉野郡 上北山村

基本データ▼
ーーーーーーーーーーーーーー
種類・・段瀑
水系・・北山川⇒熊野川
落差・・・45m
ーーーーーーーーーーーーーー
危険・・・★★★★☆
体力・・・★★★☆☆
時間・・・入渓から90分程(沢登)
ーーーーーーーーーーーーーー
完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的にハイペースで進んだ場合に基づいています。

目次
|▶行き方・場所・アクセス
|▶ルート
|▶岩屋谷 子滝
|▶Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

R1.8.4

 


行き方・場所・アクセス▼

奈良県南部は吉野の主要道路、大峰山と高台山の間を抜ける国道169号線を進んで行きます🚘🏍

上北山村役場のある集落の南側から池原貯水池が始まりますが、そこからさらに南側に進んだところから白川又林道へ入ります🌲

林道入り口は白川又川に掛かる橋のすぐ横にあり、白川又川沿いに林道が続いています(=゚ω゚)ノ

 

細い林道をしばらく進むと、伏流した川 (岩屋谷) に掛かる橋があります👀

その橋を越えたところで白川又川沿いの道と岩屋谷沿いの道に分岐しており、そこを岩屋谷沿いの左側の道進んで行くと入渓できます🌊

ただし、左側へ入ったところは落石などがひどく、車両は極めて進むのが困難なうえ、ろくにUターンをする場所もないため、その手前のどこかで駐車しましょう (橋の手前あたりが無難かと思われます。) 🚘🏍

 

ーーーーーーーー

ちなみに大峰や高台は険悪な立地なため自然災害も多く、国道とは言え169号線もたまに通行止めなどがあるので、道路交通情報は見ておいた方が良いでしょう🚘
奈良県 道路規制情報
和歌山・奈良・三重 合同道路規制情報

 

ーーーーーーーー

本数は少ないですが、公共交通機関は白川又川林道の少し南側まで奈良交通バスが来ています🚍

近鉄電車 福神駅六田駅大和上市駅 (土日祝は福神駅は無し) から出ているので、利用する場合は時間を必ず確認しておきましょう⌚

近鉄電車 南大阪線 時刻表
近鉄電車 吉野線 時刻表
・・・阿部野橋~吉野駅

 

奈良交通バス
南部地域連携コミュニティバス
・・・R169ゆうゆうバス
・・・(水尻停留所下車)

 

ーーーーーーーー

林道終点~入渓まで▼
橋を渡り、分岐左側の岩屋谷沿いの林道を進んで行きます🐾
すでに上流側を見ると秘境感があふれています🍃

この日は運よく快晴(∩´∀`)∩
林道を進んで行くと程なくして道路の舗装はなくなり、普通の車は入る事すら困難な路面に変わります(;´・ω・)

途中で堰堤の方へ降りる道が分岐していますが、そちらは行き止まりです✖
真っすぐ林道を終点地点まで進みましょう❕

 

林道終点▼
以前林道終点にあった意味の分からない産業廃棄物の量が減っています👀

左:以前
右:この日
少しづつ処理しているのでしょうか❓
道が完全に途切れますが、その奥から川へ無理やり降りることができます🐾

 

 


ルート▼

まず先に言っておきますが、岩屋谷は険悪な谷なため非常に危険です⚠
真面目に不用意には近づかないことをおすすめします。

この谷に入る目的は、おそらく大多数の人が分岐瀑の頂点と言われる岩屋谷雄滝だと思います🌊

岩屋谷雄滝へは川を直接登る沢登りルートの他、水尻から陸路で行くルートの2つがありますが、雌滝と子滝は沢登りルートでないと到達は困難です(´・ω・)

そのため、遊歩道及び稜線を通る陸路ルートは雄滝の項で紹介したいと思いますので、ココでは沢登りルートの紹介になります💦

 

ーーーーーーーー

入渓地点▼
タイムはココからスタートしての目安です⌚
ちなみに自分で言うのもなんですが、私の場合かなり速いと思うので慣れない人は倍くらいの時間で考えておいた方が良いでしょう(。-`ω-)

最初はいかにも掘削された感じの川原です👀
が、徐々に人の手が入った感じが薄れてきて、この悪渓の姿が露わになってくる感じは何とも言えません(∩´∀`)∩

だんだんと上流へ進むにつれ渓谷っぽさがでてくると共にただならぬ雰囲気を感じます🌳🐉
何せこの岩屋谷最大の雄滝は、分岐瀑で日本の頂点に立つ滝です🌊✨

 

ーーーーーーーー

長々と川原を進んだ先に小滝が出てきます🌊
この滝を越えるとこらへんから本格的にそれらしくなってき、沢登り開始といったところでしょう🗻🌳


冒頭でも述べましたが、この谷は長いうえかなり危険です⚠
進むほど引き返すのも困難になります(;´・ω・)
基本的に最終の雄滝まで行かないと帰りのルートも無いに等しいので、その前提で覚悟して進んでください❕

 


川が自然のままの姿になってから少し行くと川が左へ直角に曲がっている所があります👀
水量がある程度ある状態だと横に細々と支流が流れています( *´艸`)
水は少ないですが、高さがあり見応えがあります🌊

まぁココまでは難なく来れると思います(=゚ω゚)ノ

さて、進みましょうか🐾
この直角のすぐ先にある小滝▼
ココが最初のポイント📍(;´Д`)

ココは左岸 (向かって右側) の岩壁をトラバースしていきます(=゚ω゚)ノ
泳げばすぐいけるかもしれませんが、滝壺は深くまあまあ恐いです(;´・ω・)
途中からロープが掛かっているので、うまく使いましょう🐅

 

ーーーーーーーー

これを越えるとしばらくきれいな小滝が連続し、素晴らしい情景です🏞
難易度も少し増しますが、基本的にはぐいぐい進めるでしょう🐾


きれいな川原をジャブジャブ進んで行きますが、途中から直接登るのが困難な個所も出てきます(;´・ω・)
基本的には右岸 (向かって左側) を巻きに使います🌲


右岸の巻きが終わると一旦落ち着く箇所に出ます👀
川幅もやや開け、天気の良い日は気持ちの良い空間です(∩´∀`)∩
奥に見える流れは非常に美しく、しばらく見つめていられます💦



流れがグニャリと曲がり、このすぐ上に小滝が掛かります🌊
12~13mくらいですが手を付けれるところがほとんどありません(;´・ω・)


前回来た時は右岸 (向かって左側) から必死に草をつかんで登りました🌳
ある程度登るとスッと行けたのですがかなり危険です⚠

よく見れば、もっと簡単に超えれる巻き道があります👀❕
ほんの少しだけ引き返し、この滝の空間を囲むようになった右岸側 (向かって左側) の岩壁から登っていきます🐾


途中、足場は斜めで細く非常に滑りやすい箇所があるので慎重に!⚠
そのまま進んで行けばこの滝の上に出れます(=゚ω゚)ノ

 

ーーーーーーーー

ココを越えるとあっち巻きこっち巻きで、またグイグイ進みます🐾
岩屋谷子滝まであともう少し頑張りましょう٩( ”ω” )و



途中、非常に美しい釜があります✨✨
ココも右岸 (向かって左側) からよじ登ります🐾
岩に同化したつもりのカエルが何とも言えぬ表情で張り付いています🐸

支流の滝も本流も涼しげできれいです🌳
この辺りまで来たら岩屋谷子滝まであと一息です(。-`ω-)

 

小滝の上に木々の隙間から大きな滝発見!!(*‘∀‘)
神々しい姿が見えてきます🌊✨


もちろん、これが岩屋谷子滝です✨
あとは手前の小っこい滝を越えるのみ🐾
なのですが、この滝壺がまた美しい( ゚Д゚)✨


ココは右岸ではなく左岸 (向かて右側) から越えます(=゚ω゚)ノ

 

 


岩屋谷 子滝▼

手前の滝を回り込み進んで行くと、徐々に日の当たる大滝の前へと出ていきます(=゚ω゚)ノ

ちなみに岩屋谷子滝とは勝手に私が名付けただけです(=゚ω゚)ノ
この上流の雄滝雌滝に霞んでしまって、表に出て来ることが無く、実のところぶっちゃげ無名瀑なのです🌊

おそらく他の場所に存在していれば名前の一つもついていたでしょうし、日本の滝100選とかに入ってもおかしくはないクラスの滝です( ゚Д゚)
非常にきれいで優雅な滝です( *´艸`)✨

一見直瀑に見えるのですが、少し離れて良く見ると上部の方で微妙に段になっているのが分かります👀
やや傾斜は緩いですが、絶壁を流れる姿は素晴らしいです🌊



下流側を見ても清々しさがありますね🌳
ご覧の通り滝前は開けた感じになっているので、休憩にもちょうど良いです(=゚ω゚)ノ





 

ーーーーーーー

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★☆☆
幻想度・・・・★★★☆☆
清流度・・・・★★★★☆
到達感・・・・★★★★☆

全体的に何とも納まりの良い美しい滝です。
間近で見るとどことなく父親の雄滝に似ている気がします。
滝前も開けておりおきめの滝壺と辺りの木々や緑の感じも非常によく、快晴だとかなりいい感じになります。

ちなみに雄滝雌滝は川以外から何とかして行けますが、この滝だけは川を直接行かないと見ることはないと思います。
そんなわけで上流の雌滝雄滝に続きます(=゚ω゚)ノ

 


岩屋谷雌滝へ進む

岩屋谷雄滝へ進む

 

 


Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

ーーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

奈良県の滝に戻る
近畿の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

 

TOPに戻る