絹掛の滝(備中)

絹掛の滝
(きぬがけのたき)

目次
|▶アクセス・行き方
|▶絹掛の滝(増水)
|▶絹掛の滝(紅葉)
|▶Information

種類
・・段瀑
水系
・・高梁川
落差
・・60m(推)
危険
・・★☆☆☆☆
体力
・・★☆☆☆☆
時間
・・一瞬
【🚘】【💦】【🍁】
【🍂】R2.11.9

落差や滝種などは完全な憶測である場合もございます。その点はご了承ください。
タイムは基本的に休憩なしのハイペースで進んだ場合に基づいています。

 

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

 


行き方・場所・アクセス▼

岡山県 新見市

絹掛の滝は新見市南部、両岸岩山がそびえる高梁川に流れ込む細い支流に掛かる滝で、備中松山城の北側に位置します📍

一帯は高梁川に沿って国道180号線JR伯備線が伸びており、町や建物も概ねそれに沿って広がっています🏢

備中高梁駅のある高梁市街から国道180号線を北上したところに、国道沿いに流れています📍

JR井倉駅方谷駅のちょうど間辺りの位置し、駅からは1時間ほど歩く必要があるため車があると便利です🚘

 

 


絹掛の滝(増水)▼

絹掛の滝駐車場▼
国道180号線沿いに看板が出てきます(=゚ω゚)ノ
道路からも滝が見えています👀🌊
昔は駐車場内にコンビニがあったそうです🏪


滝の横には洞窟状になったところに不動明王が安置されています( ゚Д゚)
なので別名、不動の滝ともいうそうです(´・ω・)

ちなみに絹掛の滝は基本的に水量が少ないため、この日の感じでも水量はかなり多い方ではないかと思います🌊
滝壺周辺に何かいます( ゚Д゚)⁉🐟

 


まさに白い絹が掛かったような姿の滝です(‘Д’)🌊
木に隠れて分かりにくいですが、上の方は段になっています👀🌳
一応全3段です(=゚ω゚)ノ
落差は結構あり、細長いのでよけい高さが増して見えます(*‘∀‘)


滝の麓にいるやつらは、どうやら鯉のようです( *´艸`)
滝を登ろうとヨジヨジしていますw
⊂⌒~⊃。Д。)⊃(゜))<<

 

ーーーーーーー

 

 


絹掛の滝(紅葉)▼


前回訪れた時も同じ秋ではあったのですが、やはり10月と11月では全く違います👀
山陽地方は11月が過ぎる間に一気に季節が変わります🍂
新見市は内陸部にあたり、瀬戸内海側に比べて紅葉の見頃は若干速いです(‘Д’)

しかしなかなか見事な紅葉です🍁
上の方は特に赤さが際立ちます(‘Д’)
これはちょっとした紅葉の名所ですね(∩´∀`)∩

 




水は少なめですが、この方が絹掛け感があります(‘ω’)
水の流れはその質で見え方がかなり変わるので面白いですね🌊

滝壺へ向かって登る恋たちも相変わらず( *´艸`)
思わずガンバレ~と言いたくなる愛くるしい光景(゜))<<

 

改めてこう見るとすさまじい岩壁です( ゚Д゚)
高梁川の両サイドはけっこう長い範囲にわたってこんな感じで、国道180号線は所々で絶景を目の当たりにできます(=゚ω゚)ノ


 

ーーーーーー

 

ーーーーーーーーーーーーーー

迫力度・・・・★★★☆☆
幻想度・・・・★★☆☆☆
清流度・・・・★★☆☆☆
到達感・・・・★☆☆☆☆

道路沿いにあって駐車場も広く、休憩するのにももってこいの場所です。
名前通りの白い絹を掛けたような見た目で、高梁川の断崖絶壁に流れる姿は運転中に目に入ると目移りしそうです。
滝は細いですが落差はあるので見応えはあります。
不動明王がある洞窟もなかなか雰囲気があって良いです。
なんせ国道沿いなのでとても見に行きやすく、観光滝としては非常に良いスポットです。

 

 


Information

ホテル・宿泊予約はコチラ!!
おすすめサイト3選(click👇)

 

ーーーーーーー

ページ先頭へ戻る

岡山県の滝に戻る
山陽山陰・四国の滝に戻る
日本の滝一覧に戻る

お手軽 観光滝一覧に戻る

 

TOPに戻る